低い気温

 農場から帰るときに車の外気温計を確認するのは習慣になっているが、昨日出る時の気温は10度。夕方日が落ちてからも農場内を慌しく駆け回っていても、寒いなあと思っていたからウールのセーターを着ていたが、そこまで温度が低いとは思わなかった。田植えを終え、落花生やサツマイモを植えたのに、この寒さはないだろう。今みていた天気予報によると、今週は25度前後くらいに上がるといっていたが、あまり信用はしていない。やはり、前に書いたような冷害対策(「イネの低温対策」「アイスランド噴火は他人事ではない」)をやる必要はありそうだ。
 イネの対策のうち田植えを遅らせるというものについては、諸般の事情により実現できなかったが、植え付けも済んだ3種類のイモをしっかり育てていこうと思う。写真は撮れていないが、土曜日に20リッターの水タンクを2個買った。これはGS酵素や玄米アミノ酸といった怪しい物質の希釈と運搬用である、軽トラや運搬車に乗せて畑や田んぼの傍までいってじょうろで撒くという使い方だ。一種おまじないのようなものかもしれないが、とにかく低温や日照不足の状態でも育つような基礎体力を持たせる必要がある。
 



comment

Secret

No title

お天気はいけませんね。 日が当たっているときは暑く感じられますが翳ると急に寒く感じますので、今日から衣替えと言われても暫くは無理です。
冷夏の予報が外れることを、、、

No title

せっかく植えたのに、冷夏じゃ話になりませんね
今週から気温が上がってくれることを祈ります

うちの「みねあさひ」は緯度400mあたりの山間部ようの品種見たいです。少しは寒さに強いのかな?

re:今日から衣替え

山の中の盆地である会所は、特に朝夕の冷え込みは厳しいです。て、普通は6月にいうことじゃないんですがね。

re:うちの「みねあさひ」

秋にはぜひともうちのコシヒカリ(ありきたりですが)と食べ比べをさせてください。どっちも余るくらいできればですが。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード