田んぼの土手について

田んぼエリア整備前
    入居前、田んぼを造成する前の状態

 当農場の田んぼは、入植した2009年の冬から春までに傾斜地を階段状に造成したものである。2001年ごろまでは、前所有者のそのまた前の所有者が田んぼとして使用していたものだが、所有者変更後農業自体が行われず、単なる傾斜した草原に退化していたのである。

造成中
    11日間、バックホーを借りて自分で工事を行った(2009/3)

 昔の航空写真を見たところでは、以前の田んぼは3段の棚田であった。終戦後に開拓民として入植した前の前の所有者が国有林跡を切り開いて作ったものである。私の場合は、3枚にするか4枚にするか迷ったのだが、田んぼ間のレベル差を少なくして崩壊のリスクなどを小さくしたいと考えたので、結局4枚の田んぼにしたのであった。

改修断面図2
    当初は黒線が田んぼ、2010年正月の改修で赤線部に拡大

 2009年3月に第1回目の造成を行ってイネを1サイクル育てた後、2009年暮れから去年の正月にかけて再度造成をして田んぼの面積を拡大している。この作業では、田んぼ間の土手や畔の幅を絞っており、田んぼの正味面積は1,320㎡から1,923㎡に約46%増えて、一応の成功だったと思っている。

田んぼ拡幅作業
    4号の北側を拡幅している(2010/1)

田んぼ断面検討図200912
    2010年正月改修の計画断面だが、実際には法面の角度はもっと急

しかし問題もあった。去年のイネ刈りのころからイノシシが田んぼに入り始め、田んぼの間を行き来するようになったせいで、畔や土手が痛んでしまっている。場所によっては、土手にケモノ道のような駆け上がった跡が残っている。現在のところすぐに崩壊するというほどではないけれど、今シーズンに入って満水状態となってから大型獣やモグラなどにやられた場合には、被害を受ける可能性もある。
 今のところ、土手の補修については畔の漏水防止作業と合わせて4週末程度の手間を見込んでいるけれど、本当は石垣でも積んで恒久的なものとすることも必要かもしれない。例の本の第2章は「石を積み敷地をつくる」で、そこまで読んだらそんなことが頭に浮かんだ。読むに従い仕事が増えるかな。
 ただ、現在の敷地内ではほとんど石積みの箇所は見当たらない。開拓した人は、農業の傍ら土方仕事もやっていたようだから、あって不思議はないのだが。一部庭木の足元の段差に使っているのは、どこかの余りの石を持ってきたもののようだ。材料としての石の調達が難しいという可能性もある。

田んぼエリア整備後
    最初の整備後の田んぼ(2009年の収穫後)

tag : 米作り 2011年 田んぼ

comment

Secret

はじめまして

こんにちは。ブログ、時々拝見してます。
福岡の「私の田舎暮らし日記」の「fk]です。

田んぼの造成から自分でやられたんですね。
写真見て、びっくりです。

そこで質問ですが、

「バックホー」という機械はレンタルしたのですか、

免許は要りますか、

レンタルであればレンタル料金はいくらぐらいかかるものですか。

よかったら教えてください。

No title

fkさん ようこそおいでくださいました。

バックホーあるいはユンボともいったりする機械についてですが、説明し始めると長くなります。

私は2回ともレンタル業者から借りました。
私有地内であれば免許はいりませんが、一応講習を受けているということが原則のはずです。
レンタル費用は7~8000円/日くらいだったと思いますが、私のところは山の中で先方の置き場から離れていたため、配送費が往復で4万円くらいかかりました。
操作については、
私は全くゼロから始めましたが、半日もやれば基本操作はできますし、能力的には大変なものを持っています。ただ、山仕事のように傾斜があるようなところではそれなりに危険は伴います。

場合によっては、バックホーを持っている地元の土建屋さんに相談して、機械+オペレーターで一日いくら、という頼み方もあるかもしれません。

もう一つ追加しておきますと、バックホーでひたすら掘ったりすればいいというわけにはいかない仕事もありますね。たとえばうちの田んぼ作りも実はそうでした。傾斜地に棚状の田んぼを作ったので、事前に測量して田んぼの位置と高さを決め、それに合わせて測りながら掘ったり土を盛ったりする必要がありました。準備とあとの修正補正に結構手間はかかります。だから、上のような単純な頼み方ではなく、請け負ってもらうような形だと費用は相当かかります。

まあ大体そんなところですね。ご不明の点があれば何なりと。

ありがとうがざいました

詳しいお返事、よくわかりました。
私の畑は、元々は畑でないところに、父がクワとスコップで作ったものです。

排水路など、きちんとできておらず、一度自分なりに耕地整理というか、周りの土地を含めて、作業しやすいように作り替えたいと思っています。

自分で「ミニユンボ」なんか使ってやれるならと思って質問しましたが、結構大変なんだということがわかりました。

ルーキーファーマーさんの農地のような大規模な土地ではありませんが、じぶんなりにやれる未知を探っていこうと考えてます。
参考になりました。


Re: ありがとうがざいました

> 自分で「ミニユンボ」なんか使ってやれるならと思って質問しましたが、結構大変なんだということがわかりました。
> ルーキーファーマーさんの農地のような大規模な土地ではありませんが、じぶんなりにやれる未知を探っていこうと考えてます。

私のところは、田んぼが約2反歩と畑が6~7畝ほどですが、畑の面積は fk さんのところと同じくらいでしょうか。バックホーを使ったのは傾斜したところを田んぼに変換した作業だけで、同じように草原状態だったところを畑に変換した作業の方は、乗用耕耘機のみで何とかなりました。バックホーが非常に役立つのは土地の形状を大幅に変えるときだと思います。
畑の場合は、田んぼほど厳密に水平にする必要はないように思えますし、通路なども固定して使わずに柔軟にしておくほうがよいと思えますし、お持ちの耕耘機で大丈夫ではないかと考えます。ただ、土の移動とか石の廃棄などがある場合にはどちらかというと運搬車が有効かもしれません。(私は腰痛持ちなものですから特に有効です)ただ、新しいものだと耕耘機程度の金額にはなるので、迷うところかもしれませんね。私は古いハーベスターの上部を外し、荷台を取り付けた改造運搬車を使っています。お宅と畑が離れているということであれば、別ですが。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード