スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬タイヤに交換

1207冬タイヤ1

 今朝は霜が降りてあたりが真っ白になり、そろそろ路面の凍結への用心も必要になってきたので、腰は完調ではなかったけれど、冬タイヤに交換することにした。車載のジャッキはほとんど使えないことを先日のパンクの際に痛感しており、古いフロアジャッキも頼りなくなってきたので先日小さな油圧ジャッキを購入していた。2000円もしない小さなものだから、安物買いの銭失いかと思ったが、それなりに使うことができた。ただ、支持部はとても小さいため、滑りそうで怖い。ジャッキアップ後ただちに馬を履かせて交換を行った。

1207ジャッキ

1207冬タイヤ2

 交換するスタッドレスは非対称パターンであり、販売店では左右だけでなく前後も指定してきた。外した夏タイヤは、先日のパンク(使用不可)で1本だけ類似の別タイヤになっており、しかも他の3本より7000キロほど走行が少ないということになるため、後ろに履かせていた。そんなこともあって、新タイヤの前後左右のラベルを貼り直して、春になったら元の位置に装着することにした。

1207冬タイヤ3


 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
スポンサーサイト

冬タイヤ、準備完了

1129冬タイヤ

 これまで、スタッドレスは大昔のインプレッサ時代に一度しか買ったことがなく、雪が降ったら乗らないという考え方でやってきた。しかし、今年は大雪が降ったし、毎週必ず行ったり来たりという生活なので、今回スタッドレスを購入した。12月の後半になったら履かせることにしよう。今回買ったのはBSの非対称スタッドレス、4本ともつける位置が決まっている。

 ところで、先日のパンクの時に痛感したのだが、車載のジャッキは酷いことになっている。ハンドルが細くて実に頼りない。まるで、パンクはしないという前提で作ったようだ。仕方がないので、この前ホームセンターで油圧ジャッキを買ったのだが、これも安物を買ったのであまり使えないような気がする。銭失いにも困ったものだ(自戒)。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

パンクのその後

 新車の時の装着タイヤは意外に厄介な存在だ。メーカーとタイヤメーカーが相談し、コストも含めて開発するので特定のブランドでも詳細が異なるケースは結構あるらしい。家に帰って直売所の準備を済ませて検索すると、「Dunlop ENASAVE EC300 175/65R15 84H」というタイヤは、価格ドットコムでは値段が表示されていない。これは専用タイヤで通常の洋品店などでは買えないということになる。
 ディーラーで定価で買うのもあまりにもばかばかしいので、今回は車検を頼む近所のガソリンスタンドに相談してみた。しかし、昨日は祝日だったからタイヤメーカーの営業所は休みということで、待たざるを得ない状況になってしまった。水曜には天井裏の住人の駆除業者・屋根を直す大工さんがやってくるので火曜の夜に出発する必要があるので、あまり時間はなかったんだが。
 今日の昼前になってスタンドから電話が入ったが、そのタイヤは営業所にはなくメーカーに依頼する必要があり、午前中に発注して明日午後到着するそうだがどうしますか?とのこと。それでは間に合わないので一応断って、今度はDUNLOP系の販売店をあたる。しかし、そこでも状況は変わらない。「通常は系列販売店でも在庫は持ちませんが、藤沢の店には1本あることになっています。」というので、藤沢の店に電話すると「お客様の注文で用意したもので、行先が決まっています。」どうやら、同じようなトラブルに見舞われた人がいたようだ。そのタイヤのサイドウォールは弱いんじゃないか。
 ということで、エナセーブの一般向け商品EC202を買うことにして最初のスタンドに手配を頼んだ。間もなく電話が入り、EC202は終了して後継商品はEC203になるらしいですというので、じゃ、それで頼む。ようやく何とかなったが、1本だけちょっと違うパターンになった。すでに6,000キロ程度走っており、新品からは減っていると思われたので、後ろの2本を前に取り付けて新しいタイヤと残りの前のタイヤを後ろに取り付けてもらった。
 中古だと9分山が4,000円位で買えたりするので、スタッドレスを買って春まで履き、それまでにゆっくり換えるという選択肢もあったと気が付いた。まあ、1カ月ほど早いので、そちらの方はじっくり探すことにしよう。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

久しぶりのパンク

1103パンク1

 木更津金田のホームセンターに立寄って、さて帰ろうと思ったら異様な音がしてハンドルがゴトゴト、この前パンクしたのはいつだったか?、全く記憶がよみがえらないほど久しぶりの出来事だった。プリウスαならスペアを積まず修理キットで直す必要があったのだが、どうにも心配で今度のフィールダーにはオプションでスペアをつけたから、仕方がないタイヤ交換しようということになった。

1103パンク2
    実際は、こうではなく荷物満載だった。まるで八百屋のクルマ状態

 幸い、ホームセンターの駐車場のライトの下に停められたのだが、問題は荷物が満載であること、山積みの野菜などを一旦降ろし、トランクの底からスペースセイバータイヤを取り出した。続いて工具だが、ここで困ったことが持ち上がった、ジャッキが見当たらない。取説をみるが、そこにも記載がない。もうちょっと探すと別のところに収納場所の記載を発見したが、なんと助手席のシート下だった。トランクから移住していた荷物をどかしてなんとか発見、それでも手の入りにくいシート下で、知恵の輪のように出すにはコツが要った。

1103パンク3

 貧弱なジャッキのハンドルに苦労しつつなんとか交換し、スタンドに跳び込み修理を頼んだが、ここで普通のパンクではなくサイドウォールが切れていることが判明した。駐車場内で一度車止めに当たったのだが、その際に切れたらしい。これでは修理は不能、仕方なく細いスペースセーバーで家に帰った。
 それにしても最近のクルマはパンクをしないことを前提に作られていると痛感した。今回は私の不注意だったが、パンクというとトレッド(踏面)ではなく側面の壁を切るケースが多いかもしれない。そうなると修理は不可能だ。私自身はいやというほどタイヤ交換した経験はあるが、それでも近年まれだったから少なからず手こずって手間取った。パンク修理剤を入れて電動ポンプで空気を入れるという方法は、きっともっと大変だと思う。皆さんも一度明るい広い場所で手順確認・あるいは訓練をやっておかれた方がいいだろう。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ついに大台を超えた(燃費)

 今週の日曜日、イネ刈りも終わったからほぼ1カ月ぶりくらいに横浜の家に帰った。留守番中は軽トラしかないので、フィールダーで長距離も1カ月ぶりということになる。その間、カミさんが横浜往復を一人でやっていたわけだが、ようやくコツがわかってきたようで、大体26Km/L程度で走っていたらしい。

0926燃費

 で、今回はついに30Km/Lを上回った。エアコンが要らない時期になったということが効いていると思う。経路の中で燃費の面からマイナス要因となるのは、
   小櫃と木更津矢那間の峠(標高差90m)
   アクアライン
   ベイブリッジ
   横浜の家がある山
この4カ所だが、アクアラインが渋滞していてEV走行の割合が高かったことも効いているだろう。これで次の目標は33Km/Lのカタログ値だ。

 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

帰りの燃費

0713霧の農場

 昨日の日曜日、台風の雨はさほど降らなかったため田んぼの水が少なくなっており、昼から川水を揚げていたが、帰るころになってちょっと強い雨が降り、農場は霧に包まれた。どうも今年の天気は思うようにならない。
 そんな農場を出て横浜に向かう。来るときは28.5Km/Lだったので30Km/L以上は固いと思ったが、結果は予想外の28km/Lに留まった。確か往路はエアコンなしで走って来れたのだが、昨日は暑かったためフル稼働せざるを得ず、これが通常の感覚とは逆の結果に終わった最大の理由だろう。フィールダーハイブリッドのエアコンは、プリウスシリーズと同様の電動コンプレッサーで、エアコンのためにエンジンが動くということはないはずなのだが、それでもエアコンの負荷はかなりのものなのだろう。

0714帰りの燃費

 プリウスαに比べ300Kgも軽いため、走行感覚はかなり違う。とくにエンジンをかけずに走るときの頑張り感が違う。感覚と数値のずれは大きいので、これからいろいろ慣らしていくことにしよう。
 
関連記事  「農場までの初走行」


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

農場までの初走行

 夕方、横浜の家を出発していつものルートで農場に向かう。ベイブリッジを一般道で渡り、大黒から生麦に抜けて、あとは産業道路。川崎のコストコの角を海側に曲がり、産業道路と並行に走る道をたどって六郷川沿いの道に出て浮島からアクアラインに入る。ずっと平均燃費をチェックしながら走っているが、アクアラインに入る時点で30Km/Lを若干下回る程度、アクアラインの途中で30Km/Lを超えた。トンネルの登り坂で28.5に落ちる。
 木更津金田からは下に降りて空いた田舎道をずっと走る。今日は最短ルートではなく、久留里から410号線を下り、名殿から465号に入るという国道ルートで老川交差点まで来て、あとは県道178号で大多喜町会所の農場まで、全経路は95.7Km。465号までは30Kmを少し下回るレベルで推移していたが、465号線に入ると山道が混じり、少しずつ数字が下がって行く。老川からはさらに下がったが、最終的には28.5Km/Lとなった。

0707農場に到着

 標高200mの農場から出発し、最初の好数値を維持しながら走る横浜への帰路(西行き)ではプリウスαでもときどき出る数字だが、ちょっと混雑した街中を出発し、山道を通って海抜200mの農場に向かう方(東行き)ではこんな数字は出せたことがなかった。
 
プリウス燃費グラフ20111109
 
 例として挙げたプリウスαの購入後しばらくの間の実績値でみると、西行きは東行きの2割増し平均である。おそらく習熟のためと思うが、次第に東と西の差が小さくなっているところは面白い。二代目のフィールダーではどんな推移になるのだろう。今度の週末横浜に帰るときの数字が楽しみである。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日納車

0707納車1

 七夕の日である本日、新しい農民車が納車となった。目論見通り、鮮やかな赤で今のところの印象は悪くない。年寄りも派手な色にすべきだろう。まだ納車に来たセールスマンを最寄り駅に送り届けただけだが、シフトレバーが一般的なものに変わったほかは、あきれるほどプリウスαと同じ操作感で違和感がないが、それは当然のことだろう。しかし、横浜の家の周辺の道路は超がつくほど狭いから、10cmの幅減少は非常に楽である。本日、サル対策で私のみ農場に向かうが、初めての中距離ランが楽しみである。

0707納車

 問題は、決して広くない駐車スペースにどうやって収めるかである。弟の軽自動車は道路脇の狭い駐車スペースに移動してもらったが、一回り大きいプリウスαとフィールダーを収めて出入りするにはいろいろ工夫が要りそうだ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

プリウスαの燃費確認

 昨日、農場から横浜に帰ってきた。次のクルマが来るまではおそらく1カ月もないと思うので、一度燃費を確認しておこうと思い、ちょっと意識して走った。ただ、他のクルマの邪魔になるような走り方ではなく、普通に流れに乗る感じだ。房総半島内は国道を含む一般道を走り、木更津金田からはアクアライン、浮島からは産業道路メインの一般道を走ってきた。アクアラインからはエアコンを入れている。

0616燃費

 ベイブリッジを渡る途中で30Km/Lを割り込み、さらに横浜の家までの登り坂(標高差40m程度)で低下し、家の前でちょうど29km/Lとなったが、充電量が低下したためエンジンがかかり、見る間に0.3Km下がってしまった。しかしながら、公表燃費26.2Km/Lを1割ほど上回る数字は立派なものだ。1トン半もあるボディを100km近く移動させているのだから。エアコンをつけていなかったら30を超えた可能性もある。タイヤを純正とは違うもの(エコタイヤだが)にしたことのマイナスはなさそうだ。
 次のクルマはαより300Kgほど軽く、公表燃費は33.0km/Lと26%も上回るのでちょっと期待がわいてくる。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

次期農民車(2)契約

 今週の月曜日にセールスマンがやってきて、次の車の契約をした。車種はフィールダーHybridG シートヒーター装着車である。
 寒いときはヒーターをつけると冷却水を温めるためにエンジンがかかることが多く、結構燃費を押し下げる要因となる。今の時期はエアコンもヒーターも不要であり、農場から横浜までの帰りは27~28Km/Lの時もあるくらいだ。ということでシートヒーター装着。色は赤、唯一メタリックでないこの色は、非常に商用車的な雰囲気を打ち消そうというもの。(といっても農民車なんだが。)同じ発想でルーフレールもつけることにした。まあ、これは長尺ものを買うときには十分役に立つものである。スペアタイヤもセットに入れた。プリウスαもスペアレスだったが、パンクはめったにしないのだろうけれど、修理セットとエアポンプだけというのはどうも気分が悪いため、今回は購入。ヘッドライトはHIDにしてみた。房総の山道は暗くてくねっているので年寄りにはつらくなっていたが、これで走りやすくなるはず。そのほかのメーカーオプションはスマートエントリーと寒冷地仕様だ。
 ディーラーオプションとしては、ETCやナビに加え、バックガイドモニターをつけた。あと荷室のマットは取り外せるプラ製のものにしておいた。野菜を満載で運ぶ車だから。ということで、ちょっと気取った百姓用・防寒・燃費・安全対策車は7月ごろ納車予定。プリウスαは最後の車と思っていたんだが、諸般の事情で比較的短期間で交代となった。とはいうものの、免許取ってから20台以上は乗ったから、以前のアベレージからするとそんなものなんだけれど。しかし、運転能力は年々低下するので、どこかで軽に乗り換えるということがないとは言えない。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

次期農民車について

0514次期農民車

 前の車カローラフィールダーから、究極の農民車として選んだプリウスαには2年と9カ月ほど乗っている。大量のコメ芋野菜を載せ、毎週大多喜と横浜を往復するには絶好の車である。しかも、呑み込むガソリンはごく少ない。だが、幅179cmのサイズは年々低下する私の運転能力では厳しくなってきていた。特に横浜の家のあたりの道は、車がすれ違いできないどころか、バックミラーと電柱が触りそうなくらいで走らねばならないほどなのである。ということで、アメリカから帰国した娘が向こうで乗っていたプリウスV(日本ではα)と同じだから引き取ってくれることになっていた。
 夫君が帰国する夏過ぎまで娘はうちに仮住まいしているため、増車と車の移管はまだ先の予定だったが、我々は週の大半は農場だし、やはり車はあった方がいいということで、急きょ購入することになった。以前から、軽も含めて色々検討はしていたが、まあやっぱりこれしかないということでフィールダーのハイブリッドになった。前のフィールダーとプリウスの2台を担当したセールスマン君は、今週の月火水と3連休だったが、こちらはディーラーには出向いてほぼグレード・スペック・オプションは決めてしまった。横浜に帰ってからの月曜日に、うちに来てもらって最終決定と注文の予定。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

アクアラインにて

 いつも通り農場に向かってアクアラインを粛々と走っていたら、後ろから異様なモノが追いかけてきた。まずは音、うちの軽トラ(AT)で100Km/h位出しているような金属音が響いているが、音質はグッと低い。バックミラーで様子をうかがうが、低く幅広いものが追いかけてくるラシイという程度しかわからない。だが、その異様なプロポーションから「ハマー」としか考えられないという結論になった。
 どうせならよく見ようとスピードを落とすが、結局向こうも高速は不得意のようでなかなか近づいてこない。トンネルを出て明るくなったところで本当の「ハマー」であることを確認し、カミさんに写真を頼んだ。芸能人がよく乗っている偽物「ハマー2」以降とは全く違う本物を何とか撮影してもらった。

0514ハマー
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

新しい道路

 千葉の方ではちょっと前に圏央道の延伸があったが、横浜でも新しい道ができていて驚いた。
 昨日のこと、上大岡の親戚の家に野菜などを配達したのだが、往きに通った357号から環状2号に乗るルートで行ったら、今までと全く違う流れができていた。帰りは逆を辿ってきたのだが、従来のルートではなく本牧ふ頭方面という看板ができていた。当然そちらを選択してみる。

0513新道路

 結局、先行してできていた首都高速湾岸線の下に一般道路ができており、これまで決して流れがよくなかった根岸駅周辺や八幡橋などを通らず、一本の高架道路で走ることができるようになっていた。ずいぶん前にベイブリッジの首都高湾岸線の下に一般道ができたときも大きな変化ではあったが、今回もかなりびっくりしてちょっと興奮したのである。
 いつか、ベイブリッジの下からこの道も繋がるのだろうし、南の方も金沢沖埋め立て地の方に伸びていくのだろう。これは楽しみだ。私が運転できる間にできるかな。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

タイヤ交換(冬から夏)

 昔はよくパンクしたものだった。ラジアルになってパンクが減り、スチールラジアルになって更に減った。チューブが入っていた時代は、パンクしたら即座にペチャンコになったが、チューブレスになってからは徐々に空気が減るようになり少し余裕もできたている。この数十年間でのタイヤの進歩は著しいものだったと思う。また、昔の車では装着する位置で減り具合が異なるため、タイヤのローテーションも必要だったけれど、足回りの制度性能も向上したからだろう、ローテーションのことはあまり考える必要がなくなってきた。

0323タイヤ交換1

 そんな具合だからタイヤを交換することもめったに無くなってきた感じである。昨日はプリウスαのタイヤを冬から夏に交換したのだが、ずいぶん久しぶりのことだった。もっとも、この前の雪の時にチェーンを装着した際、新しい非金属チェーンが固くて慣れていないこともあって、ジャッキアップしてタイヤを外したりして着けたから予行演習はやっていたということになる。

0323タイヤ交換2

 以前、頻繁にメンテが必要だった車を持っていたこともあり、フロアージャッキがあるのでこれを利用する。昔使った十字レンチはないので、ツールボックスの工具を使う。どうせ安物のジャッキなので信用せず上げたあとはタイヤを入れておく。外した冬タイヤのトレッドには沢山の小石が挟まっていた、最近出番が減ったマイナスドライバーで取っておく。これをやっておかないと、次の出番の時にペチャンコになっているかもしれない。刺さっている釘は小石程度に小さいのである。ホイールによっては合うなとが違うこともあるので、ちゃんと区別してしまっておく。タイヤを取り付けるのは、実は結構力がいる仕事だが、座り込んで足を手伝わせると楽にボルト位置と穴を合わせることができる。

0323タイヤ交換3


 そんな注意を払いながら4本のタイヤを交換していく。それにしても農家は便利で、運搬手段や収納場所は何とかなる。私の小屋の一部、ユンボの横田植え機の手前に納まった。冬夏タイヤが揃ったため、年に二回はこんな作業が必要になった。

0323タイヤ交換4


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

久しぶりのロングドライブ

 ロングドライブといっても300Km+程度、昨日の走行距離だ。プリウスαで200Kmほど走り、帰ってからキャリイに乗り換えて農場まで寄り道をして100Kmだったけれど、この頃は走っても横浜と農場の片道100Km弱だから十分に長距離であった。このくらいならば今のところ充分走れる。昔は(というのは年寄りの常套句だが)、毎週大阪まで出張するのに車で行ったりしていたのだけれど、やっぱり歳を取ったからこのくらいにしておくべきだろう。

0320富士山ナンバー
 
 そういえば、運転中に富士山ナンバーを見つけたが、やはりこの数字は希望が多いのだろう。消した3以下の2桁は結構大きかった。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

お客さんのCUB型炬燵

0312カブ1

 直売所のお客さんで火曜日の夕方閉店直前に来られる方がいる。いつも財布の中の小銭分だけ残っている野菜を買ってくれるスイーパーのようなお客さんで、当然サービスもさせてもらう。このお客さんは、毎回違う乗り物で現れる。それは車だったり自転車だったり、スーパーカブだったりするのだが、今週はスーパーカブだった。

0312カブ2

 ところが、タイヤがちょっと普通ではない。「何ですか?」といったらスノータイヤだという。バイク用のスノータイヤは初めて見た。このあいだの雪の時もすいすい走れたらしい。さらに話をしているとグリップヒーターをつけてあるらしい。それと布団のようなカバーもついていて、聞けば炬燵のように温かいということだった。いつも乗り物について話をすると果てしなく続くのである。今回もグリップヒーターがどれほど温かいかを、ずっとアイドリング状態で温めて試させてくれた。それにしても、これは冬用で夏用には別のカブがあるというのだ。そういえば、やはり普通ではないところの多いカブの説明を聞いたことを思い出した。

0312カブ3
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

相変わらず雪景色

0212雪景色

 会所農場では、1回目の雪が融けぬうちに次の雪が被さり、厚い布団のように雪があたりを覆っているが、本日出かけて行った鴨川ではほとんど雪は残っていなかった。というより1回目も雪は降らなかったのである。鴨川への途中、うちからトンネルを1つ抜けると勝浦に入るが、1回目には積もっていたはずのこのあたりの雪はずいぶん減っており、海岸に近づくにつれて急になくなっていく。5~6Kmも行くと全くなくなってしまった。今朝は凍結している可能性もあるのでチェーンを履かせて出発したが、すぐに場違いな感じになり外してしまった。
 振り返ってみると、かなり永い車人生でもチェーンを使用したことはあまりなかった。通勤に使っていたロードスターにはチェーンは買っておいたけれどほとんど使わなかった。同様に通勤に使っていたインプレッサはスタッドレスを買っていたから、チェーンは使わなかった。当時松本にいた娘のところに行ったときはAWD+スタッドレスを楽しんだのだった。とすると40年くらい使ったことがなかったんじゃないかな。まあ、脱着はあまり楽しい作業ではない。今回はフロアジャッキを車に積んで、脱着の際に使用した。こんな具合で今年は雪が多そうなので、ついでに軽トラのチェーンも本日注文した。タイヤの裏側に手が入る隙間もないプリウスに比べればずっと装着しやすいだろう。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

タイヤ交換の記録

 購入後26か月で3万7千キロ走ったプリウスαのタイヤ交換を行った。前段は「プリウスαのタイヤ交換プロジェクト」に書いており、ミシュランエナセーブ+に決め、インターネット通販で定価の5割引で購入、10,040/本(送料代引き手数料込)。交換は、結局大多喜町の297号線バイパス沿いにあるSHOPに決めた。交換工賃は前記事通り6000円+消費税、これに馬込の暇人さんのアドバイスを容れバルブ交換(315円/本)を追加、持ち込みついでに昨晩あわててアマゾンに発注して届いたMOBIL1(4078円!/4L)の交換も行った、工賃は500円。
 持ち込んだ店はカーコンビニクラブの看板も揚げており、どうかなと思わないでもなかったが、待っている間に社長が出てきていろいろ店の来歴や考え方を説明してくれ、印象は悪くなかった。3週間後に軽トラの車検が来るため、横浜の最寄スタンドに予約をしているのだが、今日の店に車検の費用について尋ねたら、「うちはやるべきことはちゃんとやるので安くはありません」ということなので、今回の車検は予約通り横浜でやることにした。
 なお、届いたミシュランタイヤはイタリア製、刻印などはしっかりしており偽造品ではないようだ。コストコや大手自動車用品店の2万円安でタイヤを交換することができた。なお、オイルも2~3000円は安く交換できたはずだ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

プリウスαのタイヤ交換プロジェクト

 先週パンクを発見して修理し、タイヤ交換の必要性を認識したが、今日は直売所店番の傍らいろいろ調べてみた。まずはメーカーやブランドの調査、一応エコタイヤの範疇に入るものから選ぶことにした。業界団体とみられる日本自動車タイヤ協会というところが、ラベリング制度というものでメーカーブランド横断的に性能の比較をやっており、これが役に立つように思えた。例えば転がり抵抗で言えばAからAAA、ウエット性能では a b c d となっている。どうせならAAAでa といきたいところだが、サイズ面で制限があり(プリウスαは205/60R16)、結局AA(b)のミシュランエナセーブ+にすることにした。
 価格.comで調べると最安値は1万円前後、このあたりを確認して最寄りのオートウエーブとコストコ金沢シーサイド店に電話をかけて聞いたところ、どちらも6万8千円前後と相当高い。ここで、近いうちに軽トラの車検を頼む最寄りのスタンドに電話をして聞いてみたところ、交換工賃が1万2千円程度(4本)という回答だった。タイヤは送料代引き無料だから4本で4万円程度、スタンドで交換なら5万2千円とずいぶん安くなった。
 もうちょっと調べてみることにして、大多喜町の自動車屋を探して聞いてみたら、今度は6千円(4本)という返事。いよいよ安くなってきた。ただ、窒素封入はやっていないらしい。バランスをとる機械もちゃんとしたものがあるかどうか不安もあるが、実力を試してみるのも面白そうだ。ということで、とりあえずタイヤの発注は今済ませたところだ。それにしても、値段の開きは大きなものだ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

昨夜は東京ゲートブリッジ経由ルート

 昨日は秋葉原に立ち寄って農場に来たのだが、たまにはアクアラインを使わずに湾岸線回りで向かおうと考え、新木場まで下ってきた。もう20年以上前になるが、このあたりに仕事場があって臨海副都心地区の大型ビルなどを建設するという仕事に携わっていたので、ある意味思い出が深い場所である。いろいろ変わったろうと考えるうち、そういえば新しい橋ができたということを思い出した。
 経路を変更し、若洲を抜けて東京ゲートブリッジを渡り、大井から浮島に抜けてアクアライン経由で帰ることにした。大井までの道はトンネルも多く、(昔考えていた)未来都市的、そこから先は第1京浜をちょっと通り、大鳥居から川を渡り大師から浮島に向かうのだが、こっちは昭和の道かな。

1024東京ゲートブリッジ

 途中では写真が撮れなかったが、海ほたるでご飯を食べたついでにゲートブリッジを撮影した。東に行ったり西に向かったり、右往左往したので少し時間はかかったけれど、新しい道を通るのはいいもんだ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

プリウスαがパンク

 プリウスαは26か月が経過して3万7千キロを走破している。最低でも毎週200キロは走らせているので通常の自家用車よりは距離は伸びているだろう。その間、一切トラブルはなかったのだが、月曜日に初めてのパンクを経験した。
 午前中に乗った際、右後ろのタイヤのエアーが減っていると感じたのだが、午後再度乗った時には減り具合が増えていた。窒素を入れているので目でわかるほど減るのはどう考えてもおかしい。プリウスαは標準ではスペアタイヤがつかず、パンク修理キットとエアポンプが載っているという潔さだが、実際にパンクした時には少し困ることになる。二度目の発見は新山下のオートウェーブのそばだったからさっそく持ち込んでチェックをしてもらう。まずは脱着点検ということで525円を支払う。隣のヤマダ電機でぶらぶらしていると電話が入り、釘らしいものは刺さっているが、タイヤが減っているけれど修理しますか?と聞いてきた。交換しろということらしい。確かに減っているのは気になっていたところで、雨が降っているときに踏切を渡った時にメーターの中のスリップ警告灯も点いたりするほどだった。とりあえずパンクの修理はして交換の見積を用意するよう伝えた。
 修理が完了して追加の金額1050円を支払ったが、見積は簡単なもので、アジアンタイヤが4万円、トーヨーなら6万円というものだった省燃費のハイブリッド車にそれはないだろう。ということで、プリウスαのタイヤ選択が課題として加わった。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

毎週の通勤経路と燃費について

 この頃は、雨が上がった時を狙っていろいろ片づける必要があり、火曜日夕方の直売所閉店と同時に農場に出発することになっている。今日の場合、19時ごろに出発してベイブリッジ(下道)を通り、産業道路をコストコのあたりまで使ってあとは海寄りの道経由でアクアラインに入る。平日の20時ごろだとガラガラである。海を渡り木更津金田で降りて、あとは田舎の道を淡々と走って(50km弱)農場に到着。今日は2時間5分程度でやってきた。サラリーマン時代は週末のみの農業で時間も大事だったから、首都高速湾岸線と圏央道を使っていたので、1時間5~20分程度だったから、40~50分程度余分にかかっていることになる。
 後半は田舎道だが、特に木更津東IC付近の三田という交差点からの約30kmは途中の信号も2か所しかなく、すれ違う車も10台もなかったりするほどの田舎道である。こういう道では、プリウスαの燃費は良く伸びる。やはり停止からスタートするときに燃費が悪化するし、速度の変化を抑えて走れば数字は伸びる。なんだか電車のような運転である。
 燃費といえば、往きと帰りでかなり違うということをハイブリッドに換えたころに計測して書いたことがある。この頃でもその傾向は変わっていない。今日の横浜から農場までは24Km/Lで来たが、横浜に帰るときは28~20Km/Lも走っている。農場のある会所地区は海抜200m位であり、横浜に帰るときはそこから下ることになる。下っている間に30Km/L以上を確保し、木更津以降の平坦な区間でそれをできるだけ悪化させないように走るといい燃費になるというわけだ。先日、プリウスαのオドメーターは3万キロを超えた。ガソリンだけでみると7円/Km程度走るが、それまで乗っていたフィールダーは倍くらいガソリンを食っていたから、3万キロで25万円程度はコストをセーブできていると思う。ハイブリッドのコストアップ分を回収するには6~7年程度は必要らしい。ガソリン代で元を取るということはあまり考えない方がよさそうだ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

タイヤのローテーション(プリウスα)

 昔はもっと頻繁にタイヤのローテーションをやっていたような気がする。車の性能や精度が上がり、偏摩耗が少なくなったのかもしれない。タイヤ自体も丈夫になったのかもしれない。その上私自身についても、走行距離も減ったし、乗る車も少なくなった。
 今日の味噌作りのあと、24,000Km走ったプリウスαのタイヤローテーションを実施した。キレイに減ってはいるのだが、前タイヤの方が余計に減っている。今回左の前後・右の前後をそれぞれ交換すればあと2万キロくらいで交換時期を迎えるはずである。ということで作業を開始したのだが、久しぶりということもあって色々な問題が噴出した。まず、油圧ジャッキが油漏れで使えなくなっていた。オイルを入れたが、それでもシールが傷んでいるらしく、一度に少しずつしか上がらないしオイルは漏れる。片側を2台のジャッキで上げるつもりでキャリイのジャッキも動員したが(プリウスはスペアタイヤなし、パンク修理キットのみ)、揚程が不足しているため垂れ下がる後ろタイヤが地面に着いたままになった。しかたなく、油圧ジャッキで前を持ち上げてウマを履かせ、油圧ジャッキを後ろに移動させて後ろを持ち上げる方法にした。その次は21mmのナットを回す道具がないという問題が露見、22mmのメガネはあるんだが。これはインチサイズのソケットでOKなものを探しだし代用した。
 交換後のジャッキの取り外しも、後ろの油圧を外して前に持っていき、ウマを外すということになる。片側やると油圧ジャッキのオイルが減り、継ぎ足す必要があるという厄介な状況である。これを左と右2セットやったら何だか体中が痛くなった。次回は、油圧ジャッキを買うくらいならどこかに持ち込んで頼むことにしよう。しかしまあ、タイヤをメンテナンスしたことで気持ちよく走れるんじゃないかな。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

低公害・低燃費車に係る有料駐車場料金割引措置について

 火曜日は私にとっての研修日にしているが、今日は日本橋人形町で開業医をやっている高校時代の友人のところに行くことにした。ちょっと咳が出るのと、慢性化している蕁麻疹の薬(対症療法)を処方してもらうためだ。いつも通り、第2京浜を通る一般道最短コースである。

 今朝、まだ一度もやっていなかったカーナビの地図更新をやって、マニュアルも見たのだが、一番燃費が良いルートを'e'マークで表示するという機能を初めて知った。大体は距離最短ルートがもっとも良いはずだけれど。まあまあのんびり目に走り、昼頃現地着。駐車場を探したら中央区営のPが見つかり駐車する。
 いつも満員の待合室は珍しくガラガラで、すぐに診察してもらい、薬局経由で駐車場に戻ったんだが、エコカー割引があるようなことが書いてある。さっそく、受付のヒマそうなオジサンに聞いたら、車によっては割引があるよとのこと。車検証を取りに行って見せたら、やはり対象だった。ハイブリッドだから当然だろう。おかげで1時間まで無料、医者が空いていたので楽々間に合った。
 今思い出して調べてみたら、東京都が旗を振っていて、表題のような措置を促進しているらしい。 中央区もそれに従っているということだろう。都のHPからは、実施駐車場のエクセルデータもダウンロードできる。時間貸しが割引になるところははそれほど多くないが、どうせなら活用した方が良いと思う。今日はエアコンを使ったから、燃費は20キロ+αと大したことはなかった。しかし、駐車料金も不要だったし、ガソリン3Lだけで行ってきたことになる。相変わらず最廉価交通手段である。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

ナビもなかなかやるじゃないか

 火曜日のこと、定例の図書館通いの他に田園調布に立ち寄る用事があった。例によって高速は使わない、その延長で今までは当たり前のように使っていた第3京浜も通らずに完全一般道で行くことにした。
 軽トラに載せているナビ(SONY NAV-U最初期型)の設定は一般道距離優先にしてあるが、走り出すと六角橋を右折だから、「綱島街道なんだなあ」と思いながら走っていた。ところが、妙蓮寺の手前あたりを右折し、東横線の下をくぐって山に上る。この道は前からあったなあ、と思っていると予想外のところで右折。どうやら綱島街道と平行の抜け道らしい。
 その後、北寺尾・二ツ池・第2駒岡・木月とあまりなじみのないところを通る。そのあと武蔵小杉に出た。最近できた高層マンション群のそばを通る。
 
摩天楼
 
 そのあとガス橋を渡るのかと思ったら、結局綱島街道に戻り丸子橋を渡って都内へ。学生時代から横浜-城南地区間は数え切れないほど通っていた。大体第3京浜・ときどき第2京浜・まれに綱島街道という感じで、今回の道は初めて通った。一般道距離優先という設定はこういうことがあるから好きなんだが、意外性の程度は、機種による固有差が大きいようだ。たとえばプリウスの純正ナビなどは、距離優先と設定してもありきたりの道しか選ばない。もしかすると狭い道では擦りそうとドライバーのことをおもんばかっているのかもしれない。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

飛行機で「カーズ」

 12時間も乗っていたので、前のシートのヘッドレスト裏に貼り付けられたTVは愛用した。しかし、ちょっと衝撃的に面白かったのが「カーズ」だった。子供向けのアニメだし、孫も見たんだろうから一応見ておくかというスタートだったが、引き込まれるように最後まで見てしまった。字幕無し、英語という障壁はあったが一気に乗り越えた。
 ストーリーは「水戸黄門」のような直球型でわかりやすいものだが、出てくるくるまたちのキャラクターがなかなか面白い。どうやら長いくるまとの生活でそれを擬人化することには全く抵抗がないらしいし、そもそもくるま自体が身近なのである。それに、主役のライトニングマックィーンというやんちゃな坊主が、なんとなくロードスター的雰囲気で、それも親近感を一層あおっている。しかし、ハドソンという脇役(50年前にピストンカップというレースのチャンピオンという秘めた歴史を持っている)がいい味出していると思うのは私の年齢のせいだろう。くるま世代はぜひとも見るべき動画である。帰国後、2も含めAMAZONで買わなければ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

今日は荷物の引き揚げ

 農場に来る途中、仕事場に立ち寄って段ボール箱3つ半の荷物をピックアップした。カミサンからはできるだけ捨てて最小限にするよう厳命があったので、一旦入れたものを3分の2に絞ったが、それでも仕事場には色々ネズミのように持ち込む癖もあり、これ以上は減らせない。それにしても、ACアダプターとかメガネケーブルなどはどれだけ捨てたかわからない。その他、IT関連のおもちゃ類も多かった。これで、いよいよあと一日で終わり。
 カミサンはまだ赤坂サカスに行ったことがないというので、ピックアップしたあと寄って、ちょっと遅めの昼はその中で済ませた(Tops)。その後、浮島からアクアラインを使い、途中で色々買い物をしながら農場まで来たら、もう暗くなる時間。本日は移動で終わってしまった。ただ、途中で灯油とガソリンに加えて軽油(20L)も買ったので、マイクロバックホーは当分働けるはずだ。
 今日はアクアラインと圏央道以外は一般道を走った。トータルでは結構時間がかかった気もするが、横浜から赤坂見附までは1:40ほど。もう時間に追いかけられることもないので、実質値上げになる1月以降は首都高速を基本的には使わないことにしよう。本日の燃費は20キロ台/Lとそれほどよくはなかったが、それでももっとも安価な輸送手段である。電車も使わないかもしれない。まあ、農場往復以外はあまり移動の機会もなくなるだろう。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

車載工具不要時代

 最近の車はいわゆる車載工具をほとんど積んでいない。最近買ったばかりのプリウスαなどは、スペアタイヤも積んでいないので、ジャッキやレンチすらない。その前に買った軽トラ(スズキ・キャリー)は、パンク修理用のジャッキ・レンチが辛うじてある程度。昔から車に乗っている人間としては、何とも心細いのである。少し前まで乗っていたスーパーセブン(中古)は、走ったら何か異変があるのが当たり前で、一般的な工具に加えてワイヤー類・プラグ・バルブ類・針金・電線・ヒューズ・ボルトナット類・・・・・、挙げだすと止まらない。まるでサービスカーのようなものであった。

 確かに最近の車は滅多に壊れなくなった。パンクもスチールラジアルが一般的になったからか、滅多に発生しない。それに、もしメカニカルトラブルが起きたら、直せるものは電球の交換などほんの一部だろう。なにしろ、サービス工場ですら原因はコンピューターの診断機を使わなければわからないのだから。

工具1

 とはいうものの、やっぱり何もないのは心配だ。だから、ホームセンターなどに行くと必ずよさそうな工具セットを探すのだが、なかなかいいものがない。キャリイを買ったときに購入したものはあったのだが、同じものもなあ、ということで見送った。本日、家の中を整理していたら、セブンを買ったときに買ったモノじゃないかと思われる工具入れが見つかった。これは、工具を入れてぐるぐるっと巻いて置くもので、少し中身を足して使うことにした。第1次選考では膨れすぎて閉まらないため厳選。まあまあまとまったので、運転席の横にセットした。溢れたものはトランクの下にこれまで使っていた工具箱にいれてしまってある。これで安心なんだが、おそらく車以外のことに使うのがほとんどだと思われる。キャリイのものもそんな使い方ばかり。まあ、車は壊れない方がいいのではあるが、何となくもの足りない気分でもある。
 
工具2

工具3

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

プリウスαがやってくる

 10日も家を空けていたので、そろそろ進展があるだろうとディーラーに電話したら、
   19日にナンバーが取れて、報告しようと何度も電話しました。
   最速で納車は26日金曜日になります。
ということなので、じゃあそれで・・・。

 3/23日、プリウスαの発売延期が決定したその日に注文し、ほぼ5ヶ月目にようやく納車とあいなった。いよいよ11年間もほとんどノートラブルで13万キロを走ったフィールダーともお別れである。今回もリッター15キロ以上は走っている雰囲気だが、次の給油はプリウスαになる。

15.7キロ/L

 日曜日の農場からの帰り、前回給油後200キロ程度でそれほど減ってはいなかったが、ガソリン単価も上がり気味なので給油してみた。セルフスタンドだから、思い切り時間をかけて丁寧に満タンにしたつもり。それで、計算結果は15.7キロと今までの最高値、これはカタログの燃料消費率(10/15モード走行)である15.2km/Lを上回っている。エアコンはずっと使っており、その点を考慮すると相当な好記録といってよいだろう。これがフィールダー最後の給油になる可能性もあるが、今頃になって始めて、この何の変哲もないステーションワゴンの思わぬ実力が判明したのである。なお、運転時には例の惰行走法を多用した。やはりかなり有効ではないかと思う。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。