スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウドの整理

 今度購入したwindowsタブレットのディスク容量は64Gである。この手のものとしては少なくはないが、十分ではない。容量確保のために64GのマイクロSDXCカードを買って入れたので、トータルは128Gと必要最低限のレベルにはなった。しかし、問題がまだ残っていた。
 最近はクラウドを活用しているので、基本的に本体内にデータを入れる必要がないように思ってしまうのだが、クラウドをバックアップする形で本体内に保管しているのだ。これはオフラインでも使えるようになっているのだろう。MicroSoftのOneDriveは、一応オンライン専用とオフライン対応の2つの状態を選択できるようにはなっているけれど。私の場合、カメラのデータはDropboxその他のデータはOneDriveというふうに使い分けしてきたが、OneDriveでは25G、DropBoxは11Gと結構な量となっている。デジカメデータは今年の分のみで、昨年以前のものはHDDに移しているのだが、それでもその程度ある。
 これでは少ないCドライブも溢れてしまいかねない。ということで、まずOneDriveはSDXCカードに移管した。しかし、DropBoxはリムーバブルメディアには移せないと文句を言ってくる。なんとかしてしまうソフトもあるのだが、本家の方が鍵をかけることもあるようで、ちょうど今は使えるようにはならなかった。結局、データも写真もOneDriveを使うことにして、すべての端末の設定を変更した。この他に、amazonやgoogleのクラウドもあるのだが、当分OneDriveに集約することにした。
 
 クラウドといえば、iTunes Matchという音楽のクラウドサービスは頼んでいる。androidは枠外ということを知らずに頼んだが(そりゃそうだろうな)、音楽はPCといPhone限定ということで我慢することにした。まあ、androidの世界ではいつか問題解決する可能性は高い。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
スポンサーサイト

やってこなかったタブレット

 注文した lenovo のタブレットは、今朝6時ごろ市川のアマゾン配送センターから発送された。これは困った、うちのあたりは僻地だから、ヤマトの配達担当者は昼過ぎに一度来るのみである。このままだと明日到着になってしまう。並行して注文したキーボードとマウスは本日届いたので、顔なじみの配達員さんに、もう一つ来る予定の荷物があってそれは急ぐからセンターにとりに行く旨伝えた。いつも夕方電話をかけてきて、申し訳なさそうに明日でいいですか? と聞いてくる配達員さんは、ちょっとホッとした様子だった。
 ちょうど夕方前にもみ殻を取りに大多喜町の方に出かけたので、帰りに御宿センター(配達担当)に立ち寄ったら、5時ごろだったけれどまだ着いていなかった。朝6時に市川を出たはずなのだが、同じ千葉県でも勝浦は遠いところらしい。家に帰ると無駄なので、そばのコンビニなどでちょっと時間をつぶしたら、ようやくセンターから届いたとの電話があった。ということで、配達ではなくこちらから取りに行ったのだった。帰ってからずっとセットアップして躾け中だ。

1218wintab.jpg

 ここで困った現象が起きた。新しいキーボードでキーリピートが発生するのだ。これは初期不良だと返品手続きをして荷造りをし、すでにあったK480で入力をし始めたのだが、なんとこちらでも同じ現象が発生する。どうやらキーボードではなくタブレットに問題があるのかもしれない。と考えながら検索すると、どうやらbluetooth と無線LANの電波が干渉しているということが分かった。ほかの端末(windowsタブレットやandroid)では起きないので、lenovoの初期不良かとも思ったが、試しに2.4G帯ではなく5G帯の無線LANにつないだら、問題なく動き始めた。横浜の家の無線LANも5GHz帯を装備しているので、まあどちらでも使えそうだ。いろいろなことがあるものだと改めて思った次第。一応躾けも済み、これは新タブレットで書いている。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

新しいタブレットを購入

 昨日書いたあと、いろいろ考えた。一旦は windows10 が出るまで待とうと考えて、当分の間手持ちの windowsタブレットを持ち歩こうと決めたのだったが、ここで何か買っておかないときっと nexus 6 を買ってしまうんじゃないか(実に勝手な理由だが)ということで、いろいろ調査を進めた。その結果、lenovo Miix 2 8 という小型のタブレットを買ってしまった。これじゃ、7inch 8inch 9inch の3種類のタブレットを持つことになってしまうが、仕方がない(といっておこう)。

1217キーボード
これがk480、ダイヤルの切り替えで3台のPCやタブレットで使うことができる
1217キーボード2

 で、今 windowsタブレット と共に持ち歩いている(お気に入り)キーボードである logicool k480 をもう一台購入して、横浜と農場のそれぞれに置くことにした。windowsタブレットは横浜に置いたままにしよう。と考えると、メッセンジャーバッグにはタブレット3台を入れて持ち歩くことになりそうだ。早ければ、新windowsタブレットは明日到着だ。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

BlueToothキーボードも色々だった

 「安くて大きいものをみると、必要なくても買ってしまう」という性癖から、「安物買いの銭失い」的な状況は枚挙に暇がない。最近痛感したのはキーボードだった。横浜の家にも農場にもデスクトップはあるけれど、現在のメインはタブレットPCであり、最初からついていたフタ兼用のキーボード(BlueTooth)は具合が悪く使えなかった。このBLOGの「格安キーボード(TK-FBM036)を何とか使う」で紹介した安物は2台も買ったが、どっちも壊れてしまった。使えているときも、ちょっと時間があくとスリー後の再開時に反応がなかったりするので、きっとBlueToothキーボードは使い物にならないのだろうと、USB接続の(安い)キーボードを使っていた。

1021キーボード
    キーボード左側の丸いダイヤルで切り替える
    もちろん、普段は3台並べたりはしない

 この前、Logicoolから PC/android/iOS 3種類をダイヤルで切り替えられるBlueToothキーボードが発売になるというので、清水の舞台から飛び降りるような気分で(といっても4千円位)購入した。まあ、NEXUS9が来たらPCでやっていることをある程度移行させようというつもりもあったのだった。使い始めて驚いた、3種の切り替えは単に便利だと思ったのだが、びっくりしたのはスリープ状態になっても復活の時の取りこぼしはほとんどないのだった。なんだかバッファメモリのようなものでもあるんだろうか、少し遅れはするが追いかけて入力した文字が出てくる。やっぱりちゃんとしたものを買うもんだ。もう一つのマン・マシン・インターフェースであるマウスも、1000円以下のものはやめてちゃんとしたものを試してみる気になっている。こんなことが何度あっても、安物買いの銭失いは直らないんだよ。




 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

iOS8の日本語入力

 わたしはかなりのandroidマニアだが、実は音楽を携帯するという目的からiPodも最低限保有していた。一番最初のiPodも愛用していたがもちろんどこかに行ってしまった。一番長いのはiPod classic(120G)で、一応ほとんどのCDをこれに入れてある。ただ、2万曲以上というのはさすがに多すぎるので、☆☆☆以上(4000曲)を入れたiPod Touch(息子からもらった古いヤツ)をもっぱら持ち歩いていた。しかし、どちらも旧式になっていたので、そろそろウォークマンを買ってハイレゾに挑戦してみようかと思い始めていた。
 昔ほどモノを気軽には買わなくなったので、買おうか買うまいか迷う時間が結構あったのだが、昨年からはまっているオンラインゲームのサブアカウント用にも使えるということで、8月初めにiPod Touch(第5世代)を衝動買いしてしまった。幸い、家にはWiFiがあるし、出かけてもモバイルWiFiは必ず持ち歩いているので、オンラインゲーム以外にも使える端末が一つ増えたわけだ。それに、BlueToothでカーナビとつながるので、4000曲くらいの☆☆☆以上のライブラリーを聞くのが簡単になった。ハイレゾに興味はあったが、聞くのはオールディーズとかモータウンなど、ハイレゾとはほとんど縁がないのでこれでよかった気がする。
 しかし、日本語の入力がちょっとひどかった。ゲームのチャットはこれで入れざるを得ないが、普通のメールなどはちょっと躊躇していた。ところが、今回のiOS8へのアップグレードはiPod Touch5にも適用となるため、androidでは愛用しているmazecの手書き入力を使うことができるようになった。優待価格でも700円はちょっと高いが、格段に便利になった。nexus5,7に比べると認識にちょっと時間がかかるが、スペックの差はあるから仕方のないところだろう。iPhone6なら遜色はないだろうが、NEXUSは両方とも次世代が出るはずなので、乗り換えることはないだろう。Touch(32G)だが、新古品で2万+消費税とずいぶん安い。まあ、androidの方が肌に合う気がするが、iOSの世界を覗く窓として格好のものである。

0919TOUCH

 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

googleアカウントの危機

 昨日のこと、いろいろあるgoogle端末の一つにアプリを入れようと、PCで google playを開いた。該当端末は android 2.3 (最新は 4.4.4 )という古典的なものなので、組み込めるアプリは少ないのだが、何とか希望のものを探してインストールしようとすると、(私の)デバイス一覧の中に所有していないもの(softbank samsung GT-I900)が見つかった。これは絶対におかしい、ということでとりあえず googleアカウントのパスワードを変更し、デバイスマネージャーでその端末の現在所在地を調べたがわからない。「発信音を鳴らす」とか「端末ロック」の操作もやってみた。また、この端末は8月13日に登録したものであり、最新では9月8日にログインしていたという情報も得られた。まあ、持っていないのだからどちらにも心当たりはない。
 今日は朝から田んぼの仕事をやっていたが、雨が降ってきたため家に入り、昨日からの懸案問題を調べてみることにした。状況としては「アカウントを乗っ取られた」としか思えない。いろいろ普通ならやらないようなこともトライしているから、何かまずかったかもしれない。まあとにかく・とりあえず情報収集ということで、googleのフォーラムでいろいろ検索をしてみた。そうしたら「BlueStacks」という怪しいキーワードを発見して、「あっ、これだ」と思った。この「BlueStacks」はwindows上で(Macでも可能らしいが)androidのアプリを動かす、いわゆるエミュレータソフトで、androidマニアとしてはぜひ使ってみようとインストールしていたものだ。当然、androidだから googleアカウントは必要だし、端末の種類もgoogle側では確認するのだろう。おそらくエミュレータソフトの中に softbank samsung GT-I900 という端末種別が埋め込まれているんじゃないかと思う。インストール用のファイルをダウンロードしたのは8/14(JST)だから、登録日の問題も解決である。

0910起動画面
    エミュレータの起動画面、androidのアプリがいろいろ

 ということで、心配したアカウントの乗っ取りではなさそうだが、gmailだけでなくgoogleアカウントにはかなり依存しきっており、これに何かあった際の影響は計り知れないものがある。少なくともメールのデータくらいはバックアップしておかねばならないだろう。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

XP以降の対応策

 以前はOSを入れ替えたりバージョンアップする、あるいはPCを取り換えるといったことは結構大変な手間のいる作業だった。その大きな理由は従前の機械の中に入っているデータを移管することの面倒さだった。一般のデータもさることながら、メールやアドレスブックなどの移動は面倒である。OSのバージョンアップと同時にメールソフトも変わっていたりするからさらに大変。まあ、ソフトウエア会社はユーティリティソフトなどを用意してくれるケースも多いが、経験のないことをやるわけだから通常容易ではない。
 ところでXPだが、もう使えなくなってしまった。以前ならwindows7あるいは8にバージョンアップするところだが、今やPCの出番は激減してしまっている。辛うじてBLOGの更新のみがPCの仕事として残っている程度。そのほかはandroidのタブレットとスマートフォンに移ってしまった。特にメールはプロバイダーのメールはとっくに使わなくなっており、Gmailに移行済みである。これはメールボックスを自分の方にもたずどこか(クラウド)に預けてしまうから、どの機械でもチェックができるという自由度が高いものだ。

0605ubuntu.jpg

 そんな状況なので、LINUXにしてみようと考えた。以前はPCも捨てるほどあったから、LINUXでサーバーを作って掲示板やHPを自前で運用したりもしていたが、今度は普段使いのPCとしての利用を目指すものである。ubuntuというディストリビューションを利用したが、日本での活用を目指す活動もあり、システムの入手とインストールは実に簡単に済んだ。また、ブラウザーもchromeベースのものが用意されており、大した違和感なく使えることを確認した。一つ心配だったのはクラウドの利用である。今使っているものはdropboxとOneDrive(旧skydrive)だが、前者はこの環境でも使えることがわかったが、microsoftのOneDriveは今のところ方法を見いだせていない。DropBoxは写真の管理に使っており、BLOG更新の際に使うことが多い。色々なデータはOneDriveの方に入れているため、これを何とかして使えるようにしたいと考えている。これを解決したら、横浜と農場に一台ずつUBUNTUマシンを置くことにしよう。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

私のコンピューター小史(5)コミュニケーションメディアとしてのPC

 NHK-TVで猪熊源一郎美術館が紹介されていて、ずいぶん奥に潜っていた記憶がよみがえった。実はこの建物の建設中にここを訪れたことがあった。その当時、社内のパソコンネットというものをやっていたのだが、それにNHKが目をつけて朝のニュース番組の中で取り上げた。その中の一シーンとして現場でネットをやっている人を撮りたいという要望があったので、ここにしたのだった。このまえの(4)では、仕事場での処理にPCを適用したことなどを書いたが、それとは別にコミュニケーションメディアとしてPCを利用するということもやっていたのである。
 そのきっかけは、ある時上司から投げかけられた質問だった。私のいた会社はゼネコンだったから、国内で2000位の現場に分かれて生産活動をしていたのだが、「それぞれの状況をつなぐような手段があれば、現場の運営が画期的に進歩すると思うので、何か方法を考えてほしい」、これが質問の内容。これは1987年8月のことだった。その際はNTTに問合せ、DRESSやDEMOSという大型機に電話回線経由で端末をつなぎ、データの処理や集積などを行うシステムを紹介してもらったが、かなり大げさなシステムになることが予想され、問い合わせのレベルからは進展しなかった。
 その後まもなく、SONYからなかなか面白い機械が発売される。1988年5月のことだがSONY IT-V1200というモデムがでてきた。単なるモデムとしても使えるが、実はこれだけでパソコン通信のホストの役割を果たすものだった。最初は面白半分でパソコンの付属品として購入しいじっていたのだが、会社の内線電話に繋いで、当時かかわっていたプロジェクトチームのメンバーに声をかけ、連絡手段として使い始めた。これがなかなか便利な代物だった。その当時はまだLANなどはなく、PCは単独で使うものだったが、簡単な付属品としてモデムをつける、あるいはモデムつきのワープロを使うとどこにいてもこのホストにつなげることができ、あの頃としては画期的といえるものだった。1回線しかつながらないこれはすぐにパンクして、ナツメ社から発売されていたBIG-MODELというソフトを4回線くらいのモデムを付けたPCに組み込み、「スマート通信」という名前を付けて運用を始めた。このことはたちまちのうちに経営者クラスの役員にも伝わって社内でも評判になり、PCを4台つなげて16回線での運用に拡大した。組織単位でメンバー登録をするところもあり、最終的にID発行数は3000を超えたはずだ。一日の接続数は400~500位だったろうか。
 これは社外にも伝わり、いくつものメディアで紹介されることになる。その中の一つは冒頭に書いたNHKの朝のニュースだった。取り上げたのは、通信系のメディアが多かったが、毛色が変わったものとしては、日経ビジネスにも載った。1991年5月13日号の「この人」というコーナーだったが、3ページにわたる記事となった。この時の記者は長妻昭さん、どこかで見た名前でしょう。版権に時効があるかどうかは不明だが、長妻さんの眼がとらえた社内ネットというものもなかなか面白いと思うので、ここに転載してみます。

 PCというものは、最初は計算や色々な処理に使うという形で入りましたが、実はコミュニケーションのツールでもあったわけでした。手の中にすっぽり収まるコンピュータを誰しも持つようになった現在、そのことは当たり前のことです。でも、色々な偶然や環境のおかげで、ずいぶん早くそれを実践し活用することができたのは、今思い起こすと大変貴重な経験でした。この「スマート通信」という社内パソコンネットは、社員全員がメールアドレスを持つようになるまで(1990年代後半か)、使われることになりました。ただ、使われ方としては公式と非公式の中間、仕事と遊びの中間といった感じでしたね。会社の幹部クラスもそのあたりは承知してくれており、会社は口を出すものではない、自主的にみんなで使うのがいい、なんていう言葉で応援してくれた方もいました。おおらかな時代だったともいえるでしょう。楽しく仕事ができた時代でした。
 
 
日経ビジネス 1991年5月13日号(no.144)

BIG-Model(ネットコンプレックス社)

0204NB01

0204NB02

0204NB03


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

私のコンピューター小史(4)仕事への適応

 BASICで汎用プログラムを組んだところまでは書いた。そんなことをやっていたから、所属していた部署でも私は便利な存在になり始めた。そこで、実務への組み込みを進めることになった。所属していたのはいわゆる企画部門で、毎月・毎期に行われる会議の資料作りというのがかなり面倒な定例業務として存在していた。今ならPCでの作業は当たり前なのだが、当時はPC自体がまだ海のものとも山のものとも解らない存在で、資料作りは職人芸の世界だった。グラフなどは、線はロットリングで書いてパターンはスクリーントーンを使い、数字はインスタントれ他を使うなんて言うことが当たり前だった。しかし、当時のPCのプリンターはドットインパクトタイプで、印刷結果はそのまま使えるものではなかったから、最初のうちは自作汎用ソフトで数値処理を行うといったところから導入していった。でも、データそのものは時系列的なものが多いし、全部の支店の数値を一括で処理するなんて言うフェーズも多く、画期的に楽になり時間的余裕も生まれた。この時間的余裕は、さらにいろいろな工夫のための時間となり、どんどん便利に使えるという状況が進み始めた。
 やがて、プリンターの機能向上で資料原稿をそのまま印字して使えたり、グラフテックという会社が出したプロッターという機械でグラフなどを自由に画ける(プログラムは要るけれど)という状況になり、所属していた部署の仕事の進め方は大きく変化していったのである。それに関して思い出すことがある。今では死語になってしまった単語(WYSIWYG)、これは画面で見ているものと出来上がり(印刷結果)が同じというようなことで、現在windows上で使うWordやExcelがそれそのものである。当時はそんな概念すらないといった時代だった。しかし、MSDOS上で独自のWindows環境を作り、みたままの資料作成を可能にするということを実現していたSOFTがあったのである。ダイナウエアという企業が出していたアップシリーズがそれ。ワープロとしてのデスクUPと表計算のチャートUPをメインにするソフトウエアパックで、これの導入で仕事は完全に変わってしまったのである。
 プロッターも道具として画期的だった。会議の資料などで折れ線・棒グラフ、レーダーチャートといったグラフをよく作ったが、確かこのあたりのソフトも自作したはず。もちろん、自作の汎用BASICソフトのデーターを使えるようにしてあったと思う、そんな気の利いたものはなかったから。
 インターネットはすごいもので、この当時使用したアップシリーズというソフトの開発者側(ダイナウェア)の様子を知らせてくれるページを発見した。文中に出てくる藤井さんや竹松さんはあって話したこともある。特に開発責任者だった竹松さんは、ソフトを開発する人に共通の緊張感と輝きを持った人として記憶に残っている。下に関連する部分のみをリンクしたが、全体はPCの歴史を綿密に記録したものであり、関係者にはお勧めしたい。私もこれから読破する。

    第214回 藤井展之とコンピュータグラフィックス

    第215回 竹松昇と魂の兄弟たち

    第216回 アラン・ケイの論文が残したもの

    第218回 PC-100とダイナウェア

    第229回 ダイナデスクとデスクトップパブリッシング

    第230回 マッキントッシュとページメーカー

    第231回 歴史の歯車は回り続ける

               いずれもパソコン創世記(富田倫生)より
               
 こんな具合で、1980年代後半には私の所属する部署はいわゆるOA化先進国となったのである。ソフトを作るという手間は最初に必要になるが、その結果生ずる余裕は毎月毎期の定例業務のたびに生まれてくるものだから、まとめると大きなものとなる。結果として、本来の企画部門としての仕事がいろいろできたのではないかと思い返している。見方によっては、タレント的にどこにでも顔を出すと思われたかもしれないが。(続く)

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

私のコンピューター小史(3)BASICでのプログラミング

 時間的な前後関係はあまり正確ではないが、留学から戻ったころはいわゆるパーソナルコンピューターは黎明期の少し前だったと思う。1977年創刊のアスキーは愛読書の一つだったし、基板から組み立てたコンピュータ(当時はマイコンと呼んだ)も2台あった。しかし残念なことにどちらも動かなかった。
 そのうちにNECからPC8001をはじめとする初期のPCが発売になり、すでにいろいろなプログラミングマシンを使っていた私としては仕事にもつかえるんじゃないかと思い始めた。そこで、会社の中で買ってほしいといい始めたが、なかなか簡単にはいかない。大型機は日立だったので電子計算機部門が口を挟んできたのである。それでベーシックマスターレベル3という機械を入れることになった。まだOSなどというものは概念すら存在せず、BASICにディスク操作機能を付け加えたものだったのである。ないよりましとは言うものの、マイナーな機種だから市販のソフトはないに等しい。今のように、Windowsさえ載せてあれば色々なソフトを組み込めるなんて言う便利な状況ではなかった。このあたりは今の時代しか知らない人には到底理解できないと思われる。
 そこでやったことは、汎用ソフト作りだった。第一番目はマトリックス計算のソフト、今でいうならエクセルだろうか。縦・横・頁のマトリクスでデータを持ち、色々な演算を行えるものにした。例えば、1ページ目の各数値と2ページのそれを掛け合わせて3ページ目に入れるといったページ単位の計算もできるようにしたはずだ。続いては、データーベースソフトも作った。DiskBasicの固定長ファイルという形式を使ったもので、項目を自由に設定でき、ほぼ無限大のレコードを処理できるというものだった。会社の中にはそのレベル3が色々なところに入り始めていたので、前者は「Hint」後者は「Base」と名付けて会社中に配布するようなこともやった。
 そのうち、PCは8ビットから16ビットにステップアップし、日本語処理機能が使えるようになってきた。世の中ではNECのPC9801が一般的だったが、日立にこだわる人たちもいて、B16という希少な機械がやってくることになった。このころになるとMS-DOSが載るようになっていたが、B16は漢字の表示はできるが、かな漢字変換の日本語入力がないという基本的な欠陥があった。そこで、かな漢字変換のサブルーチンを作ってHintやBaseなどの使用するソフトに組み込むというようなことまでやった。これは、何かの辞書データを手に入れ、熟語と読み仮名の組み合わせデータを取り出してファイル化し、読み仮名を入れると対応する熟語を選び出すというものだった。
 今となってはそのいずれの痕跡も残ってはいないが、それほど暇ではなかったはずなのにずいぶん一所懸命にやっていたみたいだ。HP-35で培ったプログラミング能力がずっと発展していったんだと思う。(続く)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

私のコンピュータ小史(2)プログラミング

 国内留学中に使用したGEのシステムを調べてみたら、こんなところに記載があった。どうやらGEがグローバルに展開していたTSS(タイムシェアリングシステム)らしい。私が使っていたのはFORTRANベースのものだったが、この時点では私のプログラミングの能力も大したことはなく、マネジリアルエコノミクスの副教科書に載っていたソフトを打ち込んで、何とか使うといった利用法だった。そのプログラムとは、確率が不確実な選択肢を数量的に分析するという不思議なものだったが、実はこの概念はあとで仕事の中でもしばしば利用できるようなものだった、人には言えないが。

 ところで、先ほどのHPの中に記載があったのだが、「今までもらった中で『最も気に入ったプレゼント』は、シアトルで過ごした中学時代にGE Mark IIIタイムシェアリング コンピュータがくれた時間」とマイクロソフト創設者のビルゲイツさんが行っているらしい。うーん、同じシステムを挟んでそんな人とつながっていたようだ。
 
 約1年間、遊ばしてもらったあと会社の仕事に復帰する。その時点の課題は、社員さんの年齢構成だった。留学していた頃は不況風が吹いており、会社は採用を思い切り絞っていた。どのくらいかというと、その前の一時期に比べて8分の1といった数字だった。私がいた建設業界は、景況で採用数を増減するという傾向があり、私の所属した企業のそのころはこれを相当極端に実施していたのである。私は企画部門にいたので、このままだと将来どんなピラミッドになるのか、という予測をするようにという大命題を仰せつかった。一応社命で留学し、電子計算機の勉強もしてきたということで、さっそく電子計算センターという部署に指令が飛び、先生役の専門技術者もつけてもらい、ただ一人の一般社員だったけれどHITACという大型機を使えることになった。ただ、当時の大型機ではFORTRANやCOBOLが幅を利かせており、さすがにそれは無理だろうと先生が見抜き、SAS(統計処理システム)を使ったらいいとアドバイスしてくれた。このSASというヤツは結構強力なシステムだったが、まだ出始めのころで実験的に使わせてみようということだったのかもしれない。
 そんなことをやりながら、10年後・20年後・30年後の会社の年齢構成を予測して報告書なども書いたのだが、残念ながら経営陣は約10年にわたって採用を抑えるという方針を変えることはなかった。私はとっくに会社からは離れたが、おそらく今でも大きな問題となって残っているに違いない。(続く)

(追補)いい加減な記憶では、GEのTSSで使用していたのがBASICと勘違いしていたが、FORTRAN Vという簡略化したものであったようだ。入出力のフリーフォーマットが可能とか、コンパイル作業不要でインタープリター的に使えるという、のちのPCでのBASICのような特徴を備えていたための勘違いである。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

コンピューターとのつきあいを振り返る(発端)

 私は(一応)建築技術者であったが、サラリーマン時代を振り返ってみても、その範囲の専門技術を深めたり使うということはそれほどなかった(と、今だから言える)。その代わり、決して専門ではないけれどコンピューターと近い、あるいは活用するような仕事が結構多かったように思う。手のひらに収まる小さな端末でインターネットに接続したりコミュニケーションを図れる現在に比べると、まさに原始時代といった時期から始まるのだが、ちょっと昔を振り返ってみることにしよう。
 
 勤め始めた1971年当時は、まだ電卓もほとんどオフィスには現れておらず、マイコンなどと呼ばれた今のPCの原型も出ていなかった。コンピューターは会社にあったけれど、電子計算センターというところに鎮座ましますという状況で、普通の仕事につかえる状況ではなかった。そんな状況の中で、何がきっかけだったか覚えてはいないが、HPのプログラマブル電卓を購入する。
世界初のポケッタブル科学技術計算用電卓/HP-35
   by電卓研究室 / Vintage Electronic Calculator Laboratory(リンク済み)
wikipediaのHP-35

532px-HP_35_Calculator.jpg


わずか48ステップだがプログラムを組むことができる。レジスタ(メモリー)は8個ぐらいあったんじゃないかと思う。ジャンプや条件判断というプログラムの必需機能もあったはずだ。価格は7万5千円だったと思うが、おそらくこの当時の月給(額面)1か月分くらいの高価なおもちゃだった。ちょうどそのころ、慶応大学ビジネススクールというところへの国内留学が決まり、1年弱ほど仕事を離れて勉強に明け暮れたのだったが、その中の経営・経済関係や会計などの科目の勉強にはこの機械がとても役に立ったのだった。ただ、毎晩寝るのは1時か2時という具合だったから、プログラムを組む時間などはありえないのだが、無理に作って使うことにより逆に何とか余裕ができるということの繰り返しであった。これが私のコンピューターとの最初の遭遇だったのである。
 この留学先では、コンピューターのプログラミングという科目も必須であり、それはアメリカのGEのコンピューターネットワークを衛星経由で使うという当時としては先進的なシステムを利用するもので、HP-35で火がついていた私はコンピュータールームに入りびたりとなるのだった。そして、システム利用料が異常な数字となり、教授会では対策が議論されたということを卒業時に聞かされたのだった。(続く)
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

格安キーボードはやはりそれなりだった

 今年の3月に、ちょっと前に購入した Acer ICONIA W700D 用のキーボードとして、bluetoothとしては破格の送料込み1080円のものを購入した。電池BOX部分が必ず壊れるためこの価格設定だったようだが、余分にもう1台購入して接着剤で補強して使っていた。(格安キーボード(TK-FBM036)を何とか使う)

1105KeyBoard.jpg

 ところがこの頃になって、接続できない状態が頻発するようになってしまった。予備の一台も同様、もともとタブレットPCについていたものも同様、3台のキーボードがいっぺんにダメになってしまった。もしかするとPCの問題かもしれないが、レジストリなどをめくってみるのももう引退したい。
 とにかく、最後は数分おきに接続が切れるようになり、BLOGを書くのにも差しさわりが出る始末。結局またアマゾンで購入することになった。といっても、例によって高級なものは買えずに格安キーボード2台分程度のものを買ってしまった。ただ、USB接続というのは確実性の面からはありがたい。これで、ちょっと勢いが落ちていたBLOGのテコ入れを図ることにしよう。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

格安キーボード(TK-FBM036)を何とか使う

win8_tablet.jpg

 先日、MM21のPC-DEPOTに行って物色していたら、ELECOMのTK-FBM036という Bluetooth キーボードを見つけた、値段は2,500円くらい。Bluetooth キーボードは比較的高く、だいたい平均はこの倍くらいだと思う。acer iconia W700D付属のKBは、かなり重いことに加え時々チャタリングが出るため早速NEXUS7で検索してみたら、アマゾンでは同じ品物を1,500円ほどで売っていた。店員を呼んで、この値段なら買うからまけろといったが、なぜかしどろもどろでできませんといった。明らかに在庫処分という感じで隅の棚に並んでいたが、普通なら黙って下げるだろう。しかし、あきらめて帰宅。
 夜になってからこのキーボードをもう一度探してみたのだが、今度は1,080円というところが見つかった。しかもアマゾンのprime配送で送料は無料。これは買うしかないだろうと購入。ただ、電池ボックスがすぐ壊れたという口コミもあったのが気になっていた。
 到着してから設定し、まあまあ使えるじゃないかとちょっと気に入っていたのだが、数日間使ったら反応がなくなってしまった。電池でもなくなったのかと思って確認すると、電池の端子がなくなっていた。そのあたりのプラスティックが割れて、金具が外れて行方不明になっていたのだった。そこで口コミを思い出す。

elecom_KB.jpg
 
 しかし、アマゾンは交換・返品がやりやすい。この安さは貴重だからと、懲りずに交換しようと思ったが、発送だけアマゾンの品物は返品のみらしい。一応手続きをしてそのまま全く同じものを購入した。本日品物が届いたので、分解して問題の電池受け部分をエポキシ樹脂で完璧に固めた。流れないようにボール紙でコの字型に囲って接着剤を盛ったからほぼ完ぺきな補強だと考えている。ということで、格安のBluetooth キーボードを手に入れることができた。

電池BOX元
    補強前

電池BOX改
    補強後

 そういえば、キーボードの上下を止めているねじはトルクスだったが、かなり細いもので私の道具箱には合うものがなかった。百円ショップに接着剤を買いに行ったついでに、インチサイズの六角レンチセットを買ってきたが、その中の0.05というものが何とか間に合った。ねじは全部で12本、ゴムの下や傾斜を変える足の陰にも隠れているので注意が必要だ。すべて外すと比較的簡単に割ることができる。作業で難しいことはほとんどない。
 よくよく壊れた部分をみると、絶対に壊れるといってもいいほど弱い。ほとんどは返品になるんじゃないかと思う。1,080円というと往復計の配送料並みで、一体どういうつもりなんだとこちらが言いたくなってしまう。しかし、逆手をとってこうやって補強して使うのもありだろう。もう一台買おうかどうか、真剣に迷っているところだ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

acer iconia W700Dの第一印象

 フクロウ騒ぎのさなかに購入し到着したWIN8タブレットは、最低限の面倒しか見ることができなかったが、それでも使い始めている。まず最初に感じたのは大きく重いということだった。これは暮れに買ったNEXUS7の大きさに慣れたからに他ならない。これが届いたらNEXUS7のようにいつも手元にと思っていたが、どうやらそんな感じではなさそうだ。そのこととも関係あるが、NEXUS7で愛用しているmazec(手書き変換)のwindows版を早速買ったのだが、実際にはカバーと一体になったキーボードを使うのが便利で、手書き変換はあまり使っていない。

acertab.jpg

 重要な要件と考えていたHD(1920x1080)だが、指やタッチペンの太さでは微妙な選択ができず、やはりマウスが便利である。USBは1つしかないので、bluetoothマウスを購入した。ついでにUSBハブにLAN端子が付いたものも購入。そういうときがあるかどうか不明だが、ホテルなどで優先LANしかない時に役立つだろう。
 ということで、当分はthinkpad+nexus7+w700Dを使い分けることになりそうだ。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

PC(Windows8)をついに購入

 たびたびこの話題を書いてきた。最初は秋頃で、ノートにもタブレットにもなるカメレオンタイプを買うつもりで、ソニーがいいかデルがいいか、それとも他のどれかかなどとあれこれ検討して楽しんでいた。それが12月になると状況が一変する。これもたびたび書いているGoogle NEXUS 7を買ってみて、タブレットの手軽さや便利さを味わうことになり、Windows8 については少し先送りにして値段がこなれたり新型が出るのを待って買おうと考え始めていた。

 その後、NEXUS 7はますます道具としての地位を確固たるものにしてきている。そうなると、じゃあ Windows8のタブレットという選択肢もあるんじゃないかと思い始めていた。1あれこれ考えた結果、Acer ICONIA W700がよさそうだと思っていたのだが、残念ながらSSD(半導体ディスク)が64Gしかなく、これが少なくとも128Gあればなあ、と思っていたところだった。
 昨日のこと、Acer ICONIA W700D が発表という小さな記事が目についた。確認してみると、まさにSSD128G、それにCPUも1グレード上がっている。これは買おうと決定したら、本日NTT-Xストアからのメールで、1割引で若干数売りますといってきた。これで、android と windows8の2種のタブレットを2本立てで使う日が続きそうだ。愛用中の Thinkpad も現在の使用形態の延長で当分使うことになりそうだな。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

facebookでの困った状況

 本日の午後、facebookの私のウォールに突然異様な事態が発生した。本人はわけがわからなかったが、私の友達の皆さんの名前が並びトルコ語らしいサイトの引用らしきものが書かれている。私自身は何もやっていないのにそれが5回ほど繰り返された。androidタブレットでみていて気付いたが、ノートPC経由でみたら、今度はアカウントをロックしているという事務局(本当かどうかわからないが)のメッセージが出てきて、chromeのpluginを組み込むよう指示が出て、その結果何だか落ち着いた状態になった。

 何しろ突然だし、その時の状態といえば寝転がってノートPCとアンドロイドタブレットを適当にいじっているという弛んだ状態で、先ほどのプロセスも「こんな感じ」の域を出ず、具体的に何が起きていたのかは全く把握できないという痛恨の事態だった。

 一つ原因ではないかと思われるのは、直前に見知らぬ人から友達申請がきたことだ。調べてみると、こういう状況でその人の情報を探すうちにどこかのサイトに誘導されてandroid端末にソフトがインストールされるというものだが、これが最も近い感じである。しかし、どこかのサイトに行った覚えはないんだけどね。しかし、もう一度繰り返して試してみようという気にはなれない。とにかくandroidの環境で、アヤシイソフトがインストールされたかどうかなどを調べなければならない。
 
 まったく締まらない内容だが、こんなこともあるということを伝えることも重要だ。それに、なにより友達の皆さんにも少なからずご心配とご迷惑を押しつける結果になってしまいました。本当に申し訳ないと小さくなっております。関係者の皆様、すみませんでした。
 

Windows8マシンの本格稼働

 Amazonで購入した中古CPU(core2duo E8500,Wolfdale)が到着したので、味噌作りとタイヤローテーションが終了してからCPU交換を行った。今日は大童の一日である。まあ、やらなくてもいいんだが、最後に一番面白い仕事を設定したので、勢いでやってしまった。

新CPU

 しかし、これは全く問題がなくてあっという間に交換完了。まあまあちゃんとしたCPUだから、マシンもちゃんと動いている。CPUとともにBOXに入っていたINTELのファンがついてきたが、もとのHPブランドのファンの方がどう見ても冷えそうなので、ファンはそのままにした。このデスクトップマシンはHPの安物サーバーなのである。

hpクーラー

 ただ、ディスプレイがちょっと貧弱なので、横1920のヤツを購入して当分使おうと思っている。これまでThinkpadを毎回持ち歩いていたが、これを使うことにすれば持ち歩くのはNEXUS7だけでいいということになりそうだ。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

Windows8への移行について

 昨年の晩秋くらいからWindows8への移行を考えていた。2年と少し前から導入したThinkpadが予想外に強力で使いやすく(corei3だが)、それまでのデスクトップを追い落としてメインの機械になっていたが、マルウエアが侵入したりして遅くなるなどの障害が出始めて使いにくくなっていたからだ。
 ところが、軽い気持ちで買い求めたAndroidマシン・NEXUS7が思いのほか使いやすく、常に手もとに置いてメールやFacebookのチェック、わからないことの検索に十分使えるため、実はThinkpadを使う頻度が目に見えて減ってきたのである。また、マルウエアの追い出しに成功し、Thinkpadも息を吹き返したという変化もあった。
 そんなところに息子から連絡があり、Windows8の優待価格が1/末で終わるよと念を押されたため、取りあえず3300円払ってほとんど使っていないサーバー上がりのデスクトップにインストールをしておいた。しかし、CPUがシングルコアのCeleronであったため、どうせならということでcore2duoの中古CPUをアマゾンで購入した、明日到着するんじゃないかな。手持ちのディスプレイはタッチパネルではないのでWindows8の特徴を十分発揮できるものではないが、かなりの部分をこなせるタブレット(NEXUS7)との組みあわせでは旧式のデスクトップでも生かせる道もあるんじゃないかと思われる。ただ、本筋のノートとタブレット併用マシンの購入はまだ視野に入れている。NEXUSまたは後継のタブレットが便利なら、PCのポジションもなくなってくる可能性がある。前にも書いたかもしれないが、30年以上のPCとのつきあいの中でも最も大きな変化の一つが起きているようにも思える。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

その後のNEXUS7

年が改まってもNEXUSは忠実なしもベとして常に側に居る。というより持主が手離さない状態という方が正解である。重要なデーターをクラウドとThinkpadに保存するようになってからは、確認や多少の修正などはNEXUSでできるから、常に持っている感じである。それこそ布団の中にも持込んでいる。この辺りはデスクトップPCから主役を奪ったThinkpadも真以ができないところである。

道具としていいところはかなりあるが、まず一番は大きさだろう。片手で楽に持ち続けられる重さもいい。ソフトではMAZECの手書き入力は秀逸だ。Gοοgleの音声入力もほとんど間違いがなく、ちょっと検索して調べたいときには便利である。それに、昨晩見つけたx-plane 9というフライトシミュレーターが素晴らしく、当分これに填まりそうである。

ということで、使い慣れたThinkpadをもう少し使うことにして、レジストリを整理したり使わないソフトをアンインストーするなどの延命対策を施した。タブレットとしても使える強力なノートも欲しいけれど、Androidのタブレットでも十分じゃないかと思いはじめた。その意味では発売か遅れているnexus 10も興味深い。まあ、同じ世代のものを2台買うこともないから、次世代のヤツ。ガ狙い目だろう。

過疎地帯で活躍したb-mobile+ideos

囲炉裏の宿
                七里川温泉でのショット

 今日は農場から30分ほどのところにある囲炉裏の宿(七里川温泉)に一族が集合、温泉と囲炉裏でのBBQをやった。ほぼ大晦日から元旦にかけて集まったメンバーだが、また飽食の時間が繰り返された。
 ところで、集まったメンバーのうちの大人はみんなiPhone所有(うちのカミサンは例外、私はAndroid)だが、SoftBankの電波は届かないエリア、そうなるとb-mobile+ideosの出番である。ベストエフォート300Kと速度的には貧弱だが、メールや写真が少ないサイトのチェックには全く問題がない。私はNEXUSで色々調べ物をすることができた。
 その後は会所農場に戻ってきたが、今度はこちらの囲炉裏で続きが始まった。飽食の時間には終わりがないようである。

囲炉裏の農家
      農家の囲炉裏で炭おこし中 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

通信手段を入手した

通信環境


これまで、横浜の家と農場双方のWiFi環境だけでそれ以上は不要と考えていたけれど、年末にAmazonをウロウロしていて面白いものを見付け、思わずポチリとやってしまった。
日本通信(b-mobile)のsimとAndroid smartphone のセットである。端末はAndroid 2.3だから時代遅れだし、simも300kとかなり貧弱なものだが、この端末はテザリング機能を持っているので、遅いモバイルWiFiと割切れば使えるのではないか、と考えたのだ。それに、Amazonで購入すると200日という有効期間が1年に延長となる。1ヶ月あたり1,500円でどこでもつながる環境が出現するわけだ。
今日は大和市まで出かける用があり、NEXUSをNAVIとして使ってみたが、途中の地図更新もできた。もちろんメールのチェツクなども問題ない。FOMAの電波を利用するので、今持ち歩く携帯が使えるところなら使えるはずだ。農場のあたりはFOMAプラスのエリアで、それでも使えるかどうかには若干の懸念もあるが、sim自体はdocomoのものだったので、おそらく平気と思われる。ということで、今年一年間はNEXUSとともにこの通信環境を持ち歩くことになった。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

NEXUS7はあいかわらず順調

前に書いたかもしれないが、mazecという日本語入力を使っている。これはなかなかのものである。何のソフトでも使えるが、7ノートという付属ソフトと組合わせて色々実験してみると「へえ―」ということがかなりある。もちろんテキスト変換もできるが、手描きのままも残すことができる。結局キーボード付きのフタは単なる蓋になってしまった。もう少し大きければ使ったと思うが、本体の大きさに合っている所に意味があるので贅沢は言えないのである。
昨日は、更にアドオン機能を組込んでEvernoteというクラウドサービスとの連携を図ることにした。クラウドについては更に利用を進めることにしている。というのは、今回のタブレット(NEXUS)の次にはwindows8(タブレット兼ノート)の購入を計画しているのだが、ドライブはSSDにしようと考えており、本体内にデータを保存するという考え方から脱却してみようと思うからだ。基本的にはMicrosoftのskydriveを使うが、音楽と写真(どちらも膨大な量あるが)をどうするかが当面の課題である。
こうやって現在の状況をみて考えると、私の25~30年位になるPCとのつき合い方の歴史の中で意外に大きな変革ではないかと感じる。年齢を考えると、ここで頑張っておかないと世の中から取残されそうだ。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

NEXUS7 のその後

 あまりBLOGには書いていないが、12月3日に購入したNEXUS7は順調に育っている。アクセサリーとしては、キーボードが着いた蓋を買ったあとにチャージング ステーションを購入し、移動するときと横浜の家に落ち着いたときの居場所を確保した程度。ソフトについては色々組み込んだので、もう家の中にいるときは手放せない。枕元にもおいて寝るくらいだ。キーボードとかぶるけれど、組み込んだ手書き認識の入力ソフトがなかなか便利で、文章書きもこれでかなりできるようになった。
 大きな変化はクラウドの活用で、これまではメモリーカードやHDDに頼っていたデーター保存をSKYDRIVEに入れ、PCとタブレットの共用で使い始めた。膨大な写真データと音楽データもクラウドかを検討中。ということで、大きな変化が進行中である。
 ところで、一時帰国中の娘がリンゴ(5代目)をアメリカで買ってきた。このところずっと一緒にいるので、二人ともそれぞれの機械をずっといじり通しである。NEXUSは画面が大きいし、負けてはいないと思うのだが、かなわないものもある。一つは漫画カメラ、対抗馬というソフトも入れたが勝負にならなかった。Androidにも本家が登場したが、4.2.1には非対応で使えない。なので、今回のプロフィールは娘が送ってくれた漫画カメラの画像を使っている。もう一つかなわないのはSCANだ。スキャンソフトはAndroidにもあるが、NEXUSには外向きのレンズがなく、ソフトではなくハードで負けてしまっている。この2点がちょっと残念だが、あとは全く文句がなくいい道具で満足しているところだ。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

100円ショップで見つけたタッチペン

あいかわらずNEXUSにはまっている。さっき立ち寄ったダイソーで見つけたタッチペンが結構役に立ちそうなので記事にしてみた。実はNEXUSでとった写真を送って見る実験でもあるのだ。
まずNEXSUSで写真を撮ることだが、これにはちょっと問題がある。コチラ向きのレンズしかないため、自分の顔を撮るとき以外はアクロバチックである。マックのテーブルの上において、下から覗き込みながらシャッターを押すのだが、傍から見ると相当あやしいオッサンだろう。
タッチペンの写真が載ればいいのだが、ちょっと先が太いがちゃんと使えるし、これにはイヤホン端子型のアダプターがついていて、イヤホンジャックに挿して置けるのだ。そうでもなければこの大きさのものはすぐになくなってしまいそうである。他のスマートホンはわからないが、NEXUSでは昔ながらのタッチペンは使えない。そういったものは何本も転がっているのだが、最近のディスプレイの構造は昔と違うのだろうか。

さて、NEXUSのFC2ソフトからの書き込みで写真はアップできるだろうか、うまくいったらおなぐさみ。

NEXUSは(ほぼ)快調

NEXUS.jpg

 相変わらずいじくり回している。昨日はAMAZONで注文した蓋兼用キーボードが届き、これだけでも色々できる化が進行中である。ただ、同時に注文したSDカードリーダー兼USBアダプターが使えず、デジカメのデーターを取り込んで処理してBLOGに使うというあたりがまだできていない。口コミでは使えた人もあり使えなかった人もいたんだが、賭けには負けてしまったらしい。
 今日は本屋に行って色々資料も購入した。AMAZONにも参考書を注文した。本体自体は32Gで25,000円以下だったが、この調子だと周辺のものですぐにそのくらいになってしまいそうだ。半年くらいこれで遊んで、色々出そろって値段もこなれてきたらWindows8ノートを購入するという感じになってきた。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

nexus7を購入

 今日の午後、マイカル本牧まで散歩に出掛けた。ここの旧五番街に入っている電気屋をみていたらnexus7が目に入った。google直販だけじゃないんだなと思いながら山頂公園を通って帰ってきたのだが、次第にwindows8ノートに換えないでこれを使ってみるのも一興ではないかと思い始めた。それで、夕食を食べたあとは、ノジマにまたでかけて購入してきた。
 実はandroid端末は4台目である。最初の中華タブレットはひどかった。次のNEC LifetouchNotehは結構優れものだったので、今でも使うことがある。ちょっと前にもらったやつは、これまたひどいものだった。という具合に色々だったけれど、どうも白いヤツにする気にもならなかったのである。
 さっそく使い始めてBLOGの記事を書いてみているが、結構使えるものである。これだけでは無理だろうけれど。

久しぶりに秋葉原へ

 直売所がない火曜日だから、秋葉原に行ってみることにした。思い起こせば、今から30数年前のアスキー創刊の頃から、当時マイコンなどと呼ばれていたパーソナルコンピューターの原型を作るために入り浸りだった街だが、赤坂見附までの通勤が終了した今年になってからはほとんど踏み入れることもなかったのである。
 本日のテーマは2つあった。第1点目はWindows8ノートの物色である。もう一つは CREE T6を搭載したヘッドライト探しである。といったテーマがあっても、実はルートは決まっている。まず、三月兎で Ultrafire H6 というT6のライトを発見し、まず購入。このLEDのライトは比較的安く、3,800円という価格でかなり明るいライトを購入できた。
 もう一つのWindows8ノートは、本日のルートではあまり実際に見たり触れたりできず、結局週間アスキーの増刊を買って読んで検討しながら帰った結果、DELLのXPS12がよさそうだとなった。直販のみで現時点では5週間待ちくらいだそうだから、来年になって他のメーカーの新製品などと見比べながら購入しようと思う。ただ、比較的新しいlenovo X201i(Windows7)が極悪ソフト(mystart.incredibar)に乗っ取られ、駆除に難航していたことが新規購入の主要因だったけれど、このほどそれをようやく駆除できたため、買わなくてもいいという状況になっており、若干揺れ動く可能性がある。たとえばGoogle Nexus 7または10などを買ってしまう可能性も否定できない。まあ、迷っている間も結構楽しいのである。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

結構便利なソフト:Microsoft ICE

 山の上から風景を撮ったりすると、いくら広角でも全ぼうを撮ることは不可能である。そこであとからパノラマ写真に合成するソフトを使ったりするのだが、意外に気の利いたものが少なく、大昔に買ったデジカメのオマケを騙し騙し使ったりしていた。しかし、ちょっと前になかなか便利なソフトを見つけ、今は好んでそれを使っている。そのソフトが「Microsoft ICE」で、Microsoft のサイトから無料でダウンロードできる。
 その使い勝手が私にとってはかなり画期的だった。例えばある風景の写真を好きなだけ撮影する。それは水平方向に一列でもいいし、上下の角度を変えて見上げた角度を横に何枚、真横向きを何枚、下を狙って何枚という具合に、縦何列横何段もの写真をICEに読ませると、多少の時間は掛かるが全部をうまく貼り合わせた写真ができる。まるで魔法のようである。
 残念ながら、Windowsでしか動かないらしい(ある意味当然だが)。iPhone iPad ではそんなソフトはあるんだろうか。ときまさに、Windows8が売り出され、iPadにも新型が出て、なんだか次は何にしようかとそわそわする時期である。Googleのタブレットなども面白そうだ。別にICEがあるからWindows8にしようとは思わないが、あれこれ調べて迷うという楽しい時間が続きそうだ。
 
 下の写真は、先日の松本旅行の時に長峰山の頂上から撮った9枚をICEでまとめたものだ。この間は何枚もパノラマを撮ってBLOGにもアップ済みだが、どれも満足な出来上がりである。
 
87-95_stitch.jpg

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。