スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4号田んぼの作業準備

1107-4号準備

 暗渠を掘るための準備を開始した。まず、ほぼ中心(背骨)の位置に園芸用ポールを5本立て、基準となる糸を張った。たった4カ所だが、プラスマイナス4cmの高低差があることが判明。暗渠を掘ったあと、細かく高低差を測って土の移動もやりたいところだ。

1107ドジョウすくい

 あともう一点、これまでドジョウたちの越冬場所だった4号田んぼの西側の深いところに入れていた水を止め、工事のために干すことにしたので、そのあたりの泥をすくってドジョウを探してみた。本当のドジョウスクイだ。鍋に入れられるような大きなものは少なかったが、30匹くらいは捕れた。一番大きなヤツは水槽に入れたが、あとは上の池に放した。まだまだ居ると思われる。
 田んぼの状態だが、歩くと足が少し潜るくらい柔らかい。今月後半まで大雨が降らなければ工事に入れそうだ。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
スポンサーサイト

籾摺り完了、今年の収穫量

1016村工場

 急に新耕耘機がやってくることが決まったので、まだやり残していた籾摺りを本日行うことになった。午前中からやろうと思ったらコメ袋が足りないことが判明、急きょ買いに出かけたし午後一番でアグリカ(耕耘機)が届いたので、14時ごろから開始して黒米まで終了して片付け終わったのは夕方になった。しかし、これで一段落である。
 結局、ミルキークイーンが700Kg、黒米が47Kg(いずれも玄米ベース)という収穫量であった。これまでの収穫量は、
   2009年   320Kg   3俵/反
   2010年   600Kg   6俵/反
   2011年   130Kg   
   2012年   400Kg   6俵/反
   2013年   560Kg   5俵半/反
   2014年   747Kg   6.8俵/反  うち47Kgは古代米
総量・反収ともこれまでの最高となった、
 今年の好調の原因としては、今まで1本植えだった苗を3本程度に増やしたことが大きい。やはり、山から湧き出る水や川から揚げる水は温度が低いため、分けつが少なめだったにもかかわらず、これまで1本植えにこだわっていたところにも問題があったようだ。
 この冬は田んぼの改修も行うし、収穫量はもう少し増やしたいところだ。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

 

籾摺り機のトラブル→収束

0926籾スリ

 一回目の籾摺り分250Kg強はそれぞれの行先に行ってしまったので、天気がいい本日は2回目の籾摺りを行うことにした。午前中は準備で午後開始だったが、間もなく籾摺り機から煙が出て焦げる匂いがし始めた。籾摺りが終わったコメもほとんど出なくなってしまった。いつもお世話になる農機具店さんに電話をしてチェック箇所を聞きながら排出するが、動かすと煙が出る状態が続く。

0926籾摺り機2

 仕方なく一旦完全に止めて色々なところを開けてみると、中に玄米が大量に詰まっていることが判明、すべて取り出す。一応全部取り出して再稼働するが、それでも事態は改善しない。そこでまたすべてあけてコメを取り出す。一度目と二度目は同様にやったはずなんだが、今度は何とか動き始めた。

0926籾摺り機

 今回の異常の直前には、モミをガンガン投入しており、メーターは真っ赤なところに跳び込んでいたので、グリーンにとどまるよう投入量を厳密に管理した結果、夕方までは問題なく動いた。一時的には過負荷になったと思われるし、焦げ臭いにおいもしたので当分気をつけて使うことにした。これで玄米480Kgが出来上がり。残りは250~260Kg程度とみられる。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

脱穀・終了

0923天日干し完了

 直売所を月曜日のみで切り上げて昨夜農場に戻ってきたが、先週末からの好天で乾いたイネを、水曜に降るらしい雨の前に脱穀してしまうのがその目的だった。イネの乾燥状態は十分で、一番悪い条件(柿の木の下とか、北側など)でも15%内外という数字だった。

0923脱穀後

 朝露が乾く昼前ごろから作業開始、カミさんが運搬車で稲束を運び私がハーベスターで脱穀するフォーメーションで、夕方までで古代米(黒米)まで終了。一部のワラは雨に濡れないようにハウスに避難させた。脱穀した量だが、ミルキークイーンは15袋と黒米2.3袋。ミルキークイーンは脱穀前のものがこのほかに9袋ある。

0923ワラ保存

 今年はイノシシの被害はゼロ、サルの被害は軽微なものだったが、これですべてのコメは袋の中におさめ、ホッと一息というところだ。
 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

予定外の休養日

0920イネ刈り終了

 天気予報は外れて、農場エリアは一日中ぐずついた天気で終始した。昨日まででミルキークイーンの大体半分を脱穀したが、これでは明日続きをやることは無理になってしまった。ちょうど、元いた会社の大学OB会の仕事(案内の発送)を片付けるという仕事があり、休みはうまく使えた。昨夜、往復はがきを買いに出たのだが、このあたりのコンビニでは手に入らず、今日鴨川のゆうゆう窓口に出かけて行ってようやく購入、そこから始めたから午前中いっぱいの仕事だった。

0920天日干し

 ところで、イネ刈り完了後の田んぼを撮ってみた。6月から7月前半までのほとんどを草取りに費やしたにもかかわらず、結構コナギは生えている。さっき出かけたときに他所の刈り取り後の田んぼをいろいろ見たが、そこが大きな違いだった。除草剤はよく効くらしいが、逆にそれはそれでかえって心配である。うちの方は草の影響はゼロではないだろう、1割減くらいか。

1号田んぼ
0920イネ刈り終了1号

2号・3号田んぼ
0920イネ刈り終了2号3号

4号田んぼ
0920イネ刈り終了4号

 これで、この田んぼで6回コメをつくった。今年のシーズンオフには大改造をしようと思う。計画しなければ、
 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

イネ刈りと脱穀は順調  

手こずった田んぼのぬかるみもようやく落ち着き、天気も何とか大丈夫なので今日は仕事が捗った。イネ刈りはほとんどバインダーを使え古代米を残しほぼ完了し、脱穀は(4m単管)10本分終了し、昨日分と合わせて250Kg(玄米換算)は確保した。台風も発生して来週の天気は不安要因を抱えており、脱穀も今週中にできるだけ片付けるつもりだ。
 
0918イネ刈りほぼ終了
    今日の夕方、4号田んぼの残りも刈った。
    昨日は横浜から友人が手伝いに来てくれ、ひどく倒れていたところを手刈りで片付けてくれた
    おかげで今日はすべてバインダーで刈ることができた
    バインダーは結構優秀で、倒れていても穂が浮いていれば大体刈れる
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

脱穀開始

0915モミの乾燥

 朝から、4号の比較的ましな部分をバインダーで刈りはじめたが、2列ほどやったら刺さりそうになり中断。他の田んぼの残りの部分を確認したが、意外に水分は残っている。ということで脱穀に方針変更すべく、モミの水分を測ってみると16.1%だった。このぐらいが一番うまいはずだから脱穀をやることにした。

0916ハーベスター

 納屋の奥からハーベスターを出そうとガソリンを入れたが、何と一発でエンジン始動である。農機とは頑丈なものだ。外に出して雑巾できれいにする。ネズミが巣を作っている様子もないので田んぼの方に持ち出してセットする。

0916脱穀中

 普段だと少なくともカミさんはいるので手分けしてやるんだが、今日は私のみ。運搬車に乾いた稲束を積んでハーベスターのところに持って行き、脱穀が終わると溜まったワラ束を片付けるが、そのうちにワラの大きな山になり手を付けられなくなってしまった。

0916本日脱穀分

 今日は単管(4m)7本分脱穀してモミは142Kg、これは玄米にすると95Kg程度になるはずだ。残っている天日干し中のワラ束は29本分、比例計算ではすでにかった分で490Kg(玄米)程度取れると期待できる。刈り残しは4割程度なので200Kgを加えると700Kg程度が今年の収穫か(いつも外れる見通し)。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

イネ刈り、粛々

 カミさんが直売所開店のため横浜に行き、私のみ農場でサルの番。昨日は16時半ごろサルがやってきたが、花火で追い払った。きっと、食糧(稲穂)が減ってきているので焦っているに違いない。

0915-4号田んぼ
    楽なところだけ刈ったという感じ、残りの倒れた稲は相当大変

 今日は一人の作業で能率はなかなか上がらない。干し場の問題であえて(捗らない)倒れた稲の刈り取りをやろうと思っていたが、干し場を詰めたら7割くらいに圧縮できたので、バインダーで刈り運搬車で運ぶという楽な仕事にした。
 2号と3号の残りの部分はまだぬかるみが残っていたため、4号の乾いているところなど、約150平米を刈った。数字にすると悲しいほど少ない、田んぼ全体の1割弱だ。結局は干し場が増えたので、明日はこの続きでできる限り刈ることにした。

0915モミの乾燥

 ここへきて雨が多く、天日干しはなかなか十分に進んでいない。今日の測定では18%だった。風が強めの好天の日がくればいいのだが。いざとなれば18%くらいでも脱穀して、去年もやったようにシートに広げて乾かすという手もある。やっぱりイネ刈りの今頃が、毎年最も忙しい時期だ。
 
 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

イネ刈りはようやく進展

0914イネ刈り手伝い

 今日は横浜から友人の一家がやってきて手伝ってくれた。バインダーも何とか使えるような田んぼの状況になったこともあり、かなり進展した。横浜からの応援組は、うちと先方の娘・息子が同じ小学校同学年(級)ということから30年以上前からの付き合い。小学校5年生はイネ・コメ作りを習うらしく、まえから色々質問対応をしていたお嬢ちゃん、付き添いのママ、それにグランマさんの3名が来てくれた。このお嬢ちゃんはイネ刈りと天日干しの作業を特に気に入ってくれたようで、もちろんそばで私がつきっきりで見ていたが、バインダーや運搬車の操作も経験して満足してくれたようだ。

0914イネ刈り手伝い2

 結果、1号はすべて完了、2号は6割完了、3号は古代米(25%)残り、4号は4割完了、全体では3分の2程度が終了となった。稲架は 34/38(4mを1単位)=89.5%埋まった。このため、脱穀を行わないと干す場所がないという状態になってきた。明日は一人だが、4号の倒れているところを刈り(捗らないから)、明後日に脱穀という段取りを考えている。
 
0914天日干しA

0914天日干しB

 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今日も手刈り

 このあたりは昨日午後まで雨が降っていたから、今朝になっても状況はほとんど改善されておらず、納屋から持ち出したバインダーも使えない。仕方なく、カミさんと二人で手で刈ることに。カミさんは7割方終わっている1号田んぼ、私はほとんど手がついていない4号に挑戦する。1号が片付いてからはカミさんも4号に参戦、しかし4号田んぼはくるぶしまで潜る状態だから簡単には進まない。4号の2割くらいを刈って本日終了。4号よりは状態がいい1~3号は、明日になればバインダーを入れられそうだ。私は今週末も横浜には帰れそうにない。
 
0912田んぼの様子
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

大人の泥んこ遊び

 朝まで降り続いた雨はたっぷり田んぼに溜まっている。
 
0909水抜き1
 
 これは1号田んぼで、7割くらいは刈ってあるのだが、ご覧の通りの状況だ。しかし、これから他の田んぼを刈っていく際には通路として使うことにしているし、まだ残っている部分の刈り取りもこのままではやりづらい。ということで、縦に通った溝に水を集めて向こう側に出すという作業を行った。

0909水抜き
 
 他の田んぼについても同様の作業を行ったが、まあやらないよりはましという程度かもしれない。ただ、去年まではここまではやらなかったので、効果を確認したい。

0909天日干し
 
 天日干し中の稲束はビショビショになったけれど、今日の強い風でかなり乾いたようで、天日干し独特の香りがあたりに漂っている。青空をバックに撮ると秋という感じがする。

0909天日干し2
 
 3号4号間通路にも干してある。ここは3段掛け。右の4号田んぼにも排水溝があり、向こう側まで水を流している。
 
 小学校のころ住んでいた目黒の家の庭は、まったく手入れをしていない土の庭だったが、雨が降ると東から西への勾配に従い、川のように水が流れるのだった。これを堰止めたり蛇行させたりという遊びが雨降りのあとの定番だったが、今も同じようなことをしていると思ったのである。これはなかなか楽しい。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

イネ刈りは中休み

 イネ刈りを始めてから雨が降り続いている。やんでも短い間だから田んぼはぬかるんだままで、バインダーはもちろん手で刈るのもちょっと無理な状況である。まあ、いい機会なので家の中でできる仕事をやりはじめた。
 1カ月ほど前から始めた溶液栽培の実証実験は順調に推移しており、キュウリもミニトマトも実ができ始めているが、使っている肥料:ハイポニカ(2L×2種類)が残り少なくなっている。コストなどの観点から大塚ハウス(OATハウス)の肥料に変更すべく購入済みだが、これは液体ではなく粉なので、水に溶かして濃縮液を作ってそれを薄める形で使おうとしている。いろいろ検討した結果、ハイポニカと同程度の500倍希釈で培養液を作ることにした。配合方法や容器を含めた運用も考えて決めたので、明日溶液を作る予定だ。
 一方田んぼの方だが、明日の朝まで雨が降るらしいから、すでに掘った溝に何本か追加して、水を絞り出して何とか早く田んぼを乾かそうと足掻く予定。考えてみると毎年こんなことをやっているなあ。
 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

稲刈り続行中

 土曜の夜くらいから雨が降るという予報であり、モタモタしてはいられない状況になってきた。だが、まだバインダーが入れるところはそれほど多くはない。1号の半分ほど(200平米)、3号の4分の1ほど(100平米位)、終わったのは十数パーセントというところ。ちょっとでも油断するとぬかるんだ田んぼに刺さりそうになるバインダーを騙し騙し使っての作業だった。

0904働き者運搬車

 運搬車は例によって大活躍だ。今回は刺し板に更に角材を打ち付け、相当量積んでも大丈夫なようにしてある。ただ、バインダーの足元を確認しながら進めており、1列刈ったらバックして次の列を刈るという効率の悪い作業を余儀なくされ、なかなか満載にはならない。本日の刈り取り作業終了後、明日に備えて要所に溝を切った。流れるほどの水は出てこないが、それでも両脇からの絞り水が溜まってくる。
 ところで、サルの来襲を心配していたのだがが、朝のうちは音沙汰なしであり、イネ刈り作業が始まったらこちらは二人掛かりで田んぼに出るため、今日のところは姿を見せなかった。天日干しが終わって脱穀が済むまで油断はできない。当分横浜には帰れそうにない。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

稲刈りはボチボチ進行中

 今日の午前中は、昨日に引き続き田んぼの水を出す作業を進めた。しかし、もう溜まっている水はなく、土の中に潜り込んでいるぬかるみの原因になる水のみ、あとはお天道さんと時間が頼りである。

0903天日干し

 昼過ぎにカミさんが到着したので、手で刈って少しでも早く乾かそうということになり、手分けして手刈り、一部バインダーも利用、ということで天日干し中の稲束が少し増えた。明日はこの延長で、乾いたところにバインダーを入れて少しずつ刈ることになりそうだ。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田んぼの手術の一日

0902溝切機の溝

 昨夜は、短時間だったが50mm位のひどい雨が降った。おかげで一応乾きかけていた田んぼはほぼ水浸しとなった。こうなると毎年の苦労するパターンになってくる。。もちろんそうはしたくないから、色々なところに手を入れてみている。昨年までとの大きな違いは溝切機があることだ。それほど高度な働きをするものではないが、一応キレイな溝を作ってくれる。昨日、雨の降る前に各田んぼの山側に溝を切っておいたのだが、今日はそれを水出口までつないで、下の田んぼに流れる道を作った。

09024号排水路

 ただ、田んぼ自体は真ん中が下がっている感じなので、3号田んぼについては畦を切開して水を出した。4号田んぼも一番下側に水路を設置した。明日は引き具合を見て溝を追加できることにしている。

 
0902サルの桟敷

 ところで、昨日サルがいたところはこんな具合である。イネを倒してそこに座り込み、周りの籾を食べていたようだ。桟敷席といった感じである。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

イネ刈り(バインダーの試運転)

08291号田んぼ

 うちではバインダーでイネを刈り取り天日干しを行っているが、バインダーについてはいつも紐をかけるのに苦労する。そんなこともあるので一度動かしておこうと思った。一番硬いと思われる1号の山側を刈ってみたのだが、案の定去年付けたままだっ紐が切れてしまった。1年経つと紐の掛け方もすっかり忘れてしまうため、マニュアル片手に何とか通した。

0829イネ刈り試運転

 一応2列のみだったが、バインダーの動作には問題ないことが確認できた。ただ、低圧タイヤも危うく潜りそうな感じだったので、本日はこれで終了。ちょっと雨が続くようなので、本格的開始は来週になるだろう。それまでは水が残りそうなあたりを刈って溝を切ることにしよう。

0829天日干し
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

稲架(田んぼ側)一応完成

0829稲架完成

 昨日、元からあった4スパンを再整備したが、今日はさらに2スパン延長した。ついでに昨日詰め切れていなかった横パイプのレベル調整を行ない、クランプの増し締めもやった。これで去年のような無様な落ち込みなどはなくなるはずだ。ただ、パイプ杭は1m強地中に入っているけれど、結構グラついている。稲束をフルに載せて台風の風邪が真横から吹いたりすると大丈夫とは言えない。台風がきそうだったら補強が必要だろう。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

稲刈りの準備(稲架=はざ編)

 色々な経緯があって、昨年のイネ刈り前に単管パイプ製の稲架を増設し、基本はこれに架けようということにしたのだった。そのうちのメインは、3号と4号田んぼの間の通路脇、3号谷側の土手に作ったもので、16m×3段の稲架である。

0827是正前

 ところがこれに問題が生じた。実際にイネをかけたところ、途中で柱の陥没あるいはパイプを留めるクランプの滑落が生じ、まるで吊り橋のように真ん中が垂れ下がるというみっともないことになってしまった。カミさんは、私が勤めていた「K建設の施工不良」などとからかっていたが、その後本家の方でも新聞に載るような状況が出てきたりしたので、シャレにならないことになっている。
 イネの様子を見ていると、予定している9月10日ごろよりも早くイネ刈り適期もやってきそうで、本日稲架の立て直しを行った。実はこの柱部分、単純に単管パイプを打ち込んだものではない。5本のうち1本については「くい丸」という杭専用の単管を使っており、残り4本は資材がなくなったので普通の単管(2m)を打ち込んである。これ2mの単管を継ぎ足している。2本の緊結は2個のクランプで行っているが、実はこれが滑って上部の柱が滑り落ちたことが今回の不具合の主な原因であった。

0827是正後
    柱が垂直には見えないが・・・・・・

 ということで、まずレベルを出して水糸を張り、横パイプを留めているクランプを緩め上の柱を持ち上げた。そのあと、クランプの位置を正しくセットして横パイプを持ち上げようとしたが、4本を連結しているため簡単にはいかない。結局一度外して1本ずつ取り付けなおした。ここで雨のため終了。明日増し締めをして完了だ。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田んぼの水抜き作業

0825-4号田んぼ

 いよいよイネ刈りの準備段階となってきた。私は直売所配達員の仕事を休ませてもらい、農場に詰めてサルを監視しながら田んぼの作業を始めている。既報の通り溝切機を使う予定で試運転もやったのだが、1尺1寸幅にしているにもかかわらず隙間が少ないこと(今年は分けつが多い)、イネが倒れている箇所もあることから、事前に溝を切る畝両側のイネを立てておく必要があり、本日は各田んぼに2~4本の予定箇所を決め事前作業を行った。これにはアルミパイプで作った草取りの道具がピッタリだった。今日はこれで終わりで明日機械を入れるつもりだが、雨が降るかも。水は、ちょろちょろの沢水だけだが、雨で増えるととちょっとやりにくい。

0825作業後
    櫛で髪の毛をとかすようなもんです

 作業中に、ちょっと離れたところで水の音が聞こえた。そばに寄ろうとすると、1羽の記事が飛び立った。色々なところでイネが倒れており、線状ではなく渦巻き状のところが多いため鳥の仕業かとも思っていたが、キジでは少し小さすぎる。アオサギかなあ。
 ということで、イネ刈りまでは天気の様子を見ながらの2週間となる。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

溝切機の試運転

0823溝切機

 注文していた溝切機が届いていたので、色々な作業の合間を縫って試運転してみた。簡単に言えば原付自転車のようなもので、田植え機のような前輪をエンジンで駆動し、後輪の代わりに付けられているステンレスの板で溝を作っていくものだ。一般には中干しの時に使うらしいので、もしかしたら私の使い方は普通じゃないのかもしれないが、少し両側のイネを倒しながらなんとか溝はできる。また、すでに稲が倒れているところもあるので、そんな場所では、一旦かき分けておいてから溝切機を通すといった工夫もいるだろう。これで、いつも稲刈りの時に田んぼがぬかるみ、バインダーをフルに使えないという悩みが解決すると期待している。

0823溝切後

 イネの穂は日に日に黄色くなっていくので、本日で川水の揚水をやめた。まだ沢水は入れているが、水量は少ないので次第に田んぼの水はなくなっていくだろう。水が残っているところを選んでこの機械で溝を作っていくことにした。来週いっぱいで水をなくし、9月10日ごろ稲刈りというスケジュールだが、まだ暑さが残っているような気がする。それまでサルやイノシシから護るのが私の仕事である。

0823ー4号田んぼ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

イネの生育状況とイネ刈りのスケジュール

 金曜日のこと、田んぼの向こう側が騒がしかったのでみてみると、サルが数匹騒いでいた。何か揉めているような声だったが、どうもうちの田んぼ(イネの様子)を見に来ていたのではないかと思われる。得意のロケット花火で追い払ったが、今年はカボチャ以来付近にサルが居着いているような感じだ。

0818黄金色の穂
    一番黄色になっているのは1号と2号田んぼ

 サルまで気にしているイネの生育状況だが、かなり順調だと思う。イネの穂自体はかなり黄色くなってきている。上に出ている尖った葉にはまだ緑が残っているが、この1週間ほどでそれも色を変え、田んぼ全体が黄金色になるのも間もなくだと思われる。そんな状況だから、これから2~3週間私は横浜に帰らず田んぼの番をすることにした。昼間はサル、夜間はイノシシがターゲットだ。その間、直売所の配達は休みをもらうことになるので、今日配達したお客さんにはその旨お伝えしておいた。
 
0818黄金色2
    4号はもっとも青色が残っている、しかし穂は一番重そうだ

 ところでイネ刈りに向けた予定を検討してみた。毎年稲刈りの時は田んぼがぬかるみ、バインダーを使えないところがかなりあったので、今年は溝切機を購入した。一般の農家は中干しの時に使うらしいが、うちはイネ刈り対策である。ただ、33cmの幅は開けてあるが、今年のイネは元気に開帳しているので、溝切機がイネを傷めずに溝を作れるかどうかはやってみないとわからない。この溝切作業は来週行い、そのまま水を止めて9月の10日前後に稲刈りを行う予定だ。これは例年より1週間~10日程度早い。イネ刈り作業自体は1週間ほどで終わるはずだ。台風やケモノの襲来なしで無事終わらせたいものだ。
 
0818黄金色3
    手前は古代米(黒米)で、少しイネや穂の色が異なっている
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田の草取りが一段落

 5月末日に「田んぼの草(コナギ)対策に突入」という記事を書いたが、ほぼ予定通り6月いっぱい+αの期間、田んぼの草取りに追われた。アイガモンで一通り、削ったろうそのあと自作の草取り道具で1回、これで2号と3号はOKとなり、残りのうち軽傷の1号はカミさんにやってもらい、最もひどくて広い4号を私がやっていた。本日1号と4号の草取りが終了し、一応完了ということになった。

0703草取り後の田んぼ

 まだコナギは諦めていないと思うが、イネもまたげないほどの大きさに育っていくし、田んぼを歩くとイネの根を切る時期に入ってきたので、あとはイネが葉を広げてコナギに陽光があたらないようにしてくれるのを期待しよう。
 毎年田の草取りには苦労させられているが、どうやら年々ひどくなってきているように思う。2号と3号は大したことはないが、その代わりイネの生育・コメの収量もちょっとさえない。秋からのシーズンオフにいろいろ検討してみよう。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

宿敵コナギとの戦いは一応ヤマを越しつつある

0701-4号のコナギ

 先週撒いた肥料が効いているのか、イネもコナギも毎日目に見えるほど育っている。イネは高さと本数、コナギは太さである。ずっと4号田んぼにかかっているが、イネの周りに密着して生えているコナギはかなりの太さになっており、田んぼの外に放り投げるのも骨が折れるほどである。あと一日半くらいだろうか。

07024号のコナギ
一度は畝間をアイガモンで除草済み、もう一度手で除草したはずなんだが実に執念深い。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田んぼの草取り、まだ途中

 相変わらず田んぼの草取りは続いている。道具については、自作の第2バージョン(金鋸刃利用)も作って試してみたが、最初の方が使いやすいため、替えずにそれを使っている。

0625TYPEⅡ製作
    右側が第2バージョン、イネの根元ギリギリのコナギを取るには刃の幅が邪魔

4枚の田んぼのうち2枚はこちらの勝ち、1枚は優勢だが、一番広い4号田んぼは拮抗していて、必死で優位に立とうとしているところだ。一番ひどいところではイネの根元にコナギが群生しているため、今日は道具だけでなく手でも取りはじめた。

4号田んぼが一番ひどい、最もひどいところは作業中で、写真のあたりは平均的な部分
0627-4号田んぼ

1号田んぼは、4号ほどではないが草が目立つ
0627-1号田んぼ

0627-1号の草

2号は草がほとんど見られない
06272号田んぼ

3号も草は少ない
0627-3号古代米
  古代米部分、手前に草が見えるがここだけ、他はほとんどなし

06273号ミルキー
  ミルキークイーンのエリアも草は少ない

今年の草は6月中では片付かず、7月の半ば以降まで草取りが続くことになりそうだ。
イネの生育状況は、1号と4号が比較的好調、2号と3号は若干遅れ気味であり、草の発生状況と関係があるかもしれない。ただ、全般的には昨年までよりも生育状況はいい。今までの1本植えから数本植えに変更したためと思っている。このあたりで永年コメ作りをしていたご近所さんから、会所のイネは分けつが少ないという話を聞いたが、おそらく水温が低いからではないかと思った。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

草取り道具の部品と組立について

 無農薬でコメを作ろうと思うと、一番大変なのが草対策である。実は、虫や病気はこれまでの5年間を振り返る限りでは全く問題がなかった。イネ自体が健康に元気に育てばそういう敵は跳ね返せるが、足元に生える草はイネが自分で取るわけにはいかないので、我々の協力が必要なのだ。そんなわけで、6月の1か月間の私の主な仕事は田んぼの草取りになってしまう。これまでも市販の道具を使っていたが、もうちょっと楽で使いやすいものがないかを考えて試作したものがなかなか具合がいいので、一部繰り返しにはなるが材料や作り方などをここでまとめることにする。

 今日は1番目の試作品材料を購入したHOMES新山下店に出かけ、あらためて品名などを確認しながらもう一組分買ってきた。畑の仕事の合間にカミさんにもやってもらおうと道具も作っておくことにしたのである。
 さて、部品を説明する。点数は極めて少ない。

0624草取り部品1

0624草取り部品2
  
  (1)アルミ丸パイプ  1.0×18φ L2000 1本
  (2)HI継手 HI-FS13青           1個
  (3)ブループラグ V133BP 13       1個
  (4)HI継手キャップ HI-C13青       1個
  (5)ホースバンド                 2個
  
 今回は(3)をテストプラグ(赤)に変更した。単に識別用のために色を変えてみた。また、1号機では端末をソケット+HIパイプ+キャップとしたが、今回は(4)1個で簡単に済ませることにした。

0624草取り部品3


0624組立図
 
 組み立ては簡単だ。アルミパイプをHI継手に突っ込み、その継手にプラグをねじ込む。プラグにはドリル(4mm)を使用して対面する2カ所に斜めの穴をあける。この穴に折り曲げた4mmの番線を差し込み、ホースバンドで緊結する。ホースバンドは針金端部を止めるようにすると、何かに引っ掛かったり、持っていて怪我をしたりすることを防止できると思う。
 針金の形だが、最初は単なる円形に近いものにしたが、イネの向こう側(背中側)の草を取る際にやりやすいように最終的には変形ホームベース型とした。

0619改良型

 前に使っていた「削ったろう」は、刃または鋸刃状になっていたので、深く潜らせると根ごと引き抜き、表面で引くと木が切れて根が残る感じだったが、これの場合は切れないので根っこごと引き抜くことになる。どちらがいいのかはまだちょっとわからない。浮いている草が再び根を降ろす可能性もあるので、現在は深水管理としている。また、根が針金に巻き付きがちなので、このあたりは何か考えたいところだ。パイプは2mあるため、守備エリアは広く効率は良い。ただし、いくらうまくやってもイネにくっついている草は取りずらいので、這いつくばって手で取るという最終作業は残っている。それはどんな道具を使っても仕方のないところだろう。

0624草取り中
 
 材料費は千円程度のものである。冒頭に書いたように、コメ作りで最も大変だから除草剤も使いたくなるのだが、それでは世の中にあるコメと結局同じものになってしまう。せっかく自分で自分や家族のために米を作るのだから、この辺もこだわって作ってみたらどうだろう。とはいうものの、私も現在60代半ばである。いつまでどこまで体が言うことを聞くかはわからない。体がついていけなくなったら、田んぼを潰して水が流れる庭にでもするとしようか。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田の草取り、ヘビーローテーション

 本日もほぼこれのみ、ただ、休憩は十分とっている。なにしろ田んぼを歩き回るので足の疲れは相当なものだし、軽い道具にしたけれど押したり引いたりの力が意外に必要である。

0619改良型
 
 今日は、昨日の使用結果をフィードバックして一部作り直した。針金のアルミパイプ側を単なるカーブではなく、直線部を加えたのである。これは、イネの向こう側の草を取るための変更。これにより、イネの向こう側の草も取れるようになった今日1日で、4号の4割程度、2号のほとんど、1号の3分の1、これだけ草取りをやった。あちこちやっているのは、田んぼが濁って草の状態がわかりにくくなるため、適宜他に遷っているため。

0619手前の草取り
    手前の草を取る

0619向こう側の草取り
    向こう側の草を取る
 
 明日もこれが続く。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

草取り道具の製作と試用

0618草取り道具詳細

 農場にやってきて、さっそく道具の製作に取り掛かった。一番重要な部品はφ18mm・厚1mm・L=2Mのアルミパイプで、これに被さる塩ビの継ぎ手、それにねじ込める塩ビ製の継ぎ手をはめ込んでいる。先の方(青色)の部品にドリルで穴をあけ、適当に折り曲げた番線(φ=4㎜)を差し込む。番線の先は2個のホースバンドで止めておいた。
 
0618取れた草
 
 使ってみるとなかなか具合がいい。今まで使っていた市販の道具は鋸状の刃がついており、引くと根の一部が切れて残る感じだが、これはすべて抜ける。目論見通り軽く、2mという長さをフルに活かして遠くの草も抜くことができる。大体シビアな意見を吐くことが多いカミさんも「なかなかよさそう」という反応だった。

0618草取り中

 ただ、単なる針金のため、取った草はそのまま絡みついたままになりがちで、そのあたりは要改良点。明日一日使ってみて改良する予定。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

草取り道具の製作

0617コナギ
    田んぼのコナギ、このあたりは随分ましなところ

 今年は田んぼの草取りの道具を2種類使用している。1つは「アイガモン」、もう一つは「削っ太郎」だ。アイガモンで畝間をガーッとやったあと、株間や残りを削っ太郎で地道に取っているわけだ。しかし、けずっ太郎には少々不満がある。ちょっと重いことと、もう少しリーチが欲しいという点だ。

0617削ったろう
    今使っている道具、自作のものは明日作ってから記事に掲載予定

 今日はホームセンターに出かけて行っていろいろ物色し、アルミのパイプ(φ18mm、厚1mm、L=2m)とピアノ線などを買ってきた。明日農場入りして作ってみる。軽いことに加え、2mという長さは圧倒的で、かなり能率が上がると期待している。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田んぼの作業

0613田んぼ01

 今日は久しぶりの好天で、まぶしいほどの青空の下で仕事をした。仕事は例の草取り。昨日、カミさんの協力もあって4号(2回目)がほぼ完了したので。今日は私一人で1号と2号(いずれも2回目)を済ませた。イネは、例年になく元気である。たいして肥料もやっていないのに緑がかなり濃い。一時期ついていた泥負い虫もいなくなったようだ。

0613田んぼ02

 実はそのあと3号田んぼに入って草取りを始めたのだが、音を立てて漏れている穴を見つけ、急きょ畦と土手の修理にとりかかる。まあ、慣れたもので、1.5m程度の畦波シートを2枚重ねにして、スコップで畦際に溝を掘り、シートを叩き込む。前回同様、穴の正面に打ち込んだだけでは止まらない。モグラの穴を経由して土手に平行に水が走っているからだ。結局、トータル5mほど打ち込んで水が止まった。春先の畦塗りをサボったつけが来ている(毎年のことだが)。
 
0613田んぼ03

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

4号田んぼの草は手ごわいぞ

 日曜日の午後に補植をした2号田んぼは、アイガモンの効果でコナギが少なかったのだが、そのあと入った4号田んぼは、ちょっとひどい状態だった。畝の間はまあまあ取れているのだが、株の間に生えたコナギが残っており、わずかな間に大きく育っていた。アイガモンをやり忘れた部分もあり、そのあたりは悲劇的な状態になっていた。
0610コナギ
  浮いているのが削り取ったコナギ

 株間はアイガモンにとっては不得意なため、「削ったろう」でやらねばならない。今週は雨の合間を縫って4号の草取りに精を出さないと。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。