スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二回りを終えて、そして次のサイクル

 去年の1月末に入植して以来二回り目のシーズンが終わろうとしている。計画と反省はそれこそ毎日のようにやっているのだが、大きな区切りとして振り返ることも重要なことだろうと思う。
 2年前というと、現在の農場を購入することを決めて契約をした時期で、なにも知らないそして経験のない農業の勉強をⅠから始めた頃である。そのころよりこのBLOGを始めていたから、足跡のほとんどを追うことは可能だが、だれもそれほどヒマではないはずだから簡単にまとめてみよう。
 
 まず農業そのものについてだが、これは挑戦する価値のあるものであることは間違いない。解決しなければいけないことはわりと頻繁にやってくる。しかし、それに完全に応えようとこだわることはないみたいだ。イネなどは典型的だと思うけれど、植物というものはしたたかである。こっちがあわてている間に大抵のことは跳ね返す力があるんじゃないかと思う。だから私は、保護者でも管理者でもなく、まあ露払いの係みたいなもので、様子を見ながら「頑張れよ、虫に負けるなよ」などと横で言っている応援団みたいな感じである。決して多くはないけれど、始めてから2年ともうまい米を作ってもらえたから、こういう話も自信を持ってかけるのである。ただ、これだけで生活を成り立たせることができるかと聞かれれば、それはNOといわざるを得ない。そういう意味では、まだ「農」に「業」をつけるのは尚早かもしれない。

 業ということにこだわらなければ、いろいろな問題をあれこれ考えるのはとても面白い。なにしろ考える範囲は森羅万象の全てに関わっているから、インターネットに助けてもらうのはもちろん、図書館の本や近所の先輩たちの助言、昔習った生物・物理・化学・数学まで総動員である。この2年でずいぶん偏っていた常識の範囲は広がりをみたといえるだろう。そして、どうやら今の延長で毎年その範囲は広がるのではと思う。忘れることも多いに違いないが。
 まあ、中でも著しいのは自然そのものに対する知見の拡大である。今頃になってヒノキとスギの違いがわかったなんていっているほどだから、まだ全然大したことないけれど、進歩には違いない。それにしても、冒頭の文にもつながるが、自然は確かにすごいと思うし、それにどっぷり浸かりながら生活することの醍醐味を知ることができたことは、いろいろ得たことが多い中でももっとも光っている事柄だと思っている。
 たびたび書いているけれど、このBLOGを書いている理由は、読んでくださる方々に私のやっていることを伝えることだった。できれば自分もやってみようという方々を期待したい。
 
 明日から2011年だが、また色々なことに挑戦する予定だ。ここにきて読んでくださる皆様、来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

本日の仕事(剪定とラーメンスープ)

 ラーメン作りはタキギ作りから始まった。田んぼの方に置いてある割れた竹を持ってきて、カットして割る。一輪車1杯分作って準備完了。

たきぎ


ラーメン

 薪用コンロにお釜で作ることにした。火をつけたのは午前中11時頃だったが、ずっと夜まで炊き続けている。さっきみんなで試食したがとてもうまい。今回はかなり噴きこぼれて脂っ気も減って、それがかえってよかったかもしれない。弟たちに海産物を頼んだので、あっさりしてちょっと和風である。

ラーメン2
 
モミジ途中

 もう一つの仕事は剪定、気になっていたモミジに午後の大半を使った。写真は途中、左半分は終わっている。右のように枝が絡んでいる状態から思い切ってすっきりさせた。夕方に大体終わったが、写真は撮れていない。次のターゲットは納屋の裏にある柘植。二日からこれに取りかかる予定。

物置裏の柘植1

tag : 剪定

ラーメン・スープ

 以前は、まとまった休みにはラーメンのスープを作っていたのだが、この頃はサボっていた。家族からは臭くて汚く油だらけ、と評判は悪かったから、サボった方がありがたがられていたのだが。今回は久しぶりにやってみようと材料を買ってきた。
 会所だと、屋外で炭を使って炊けるから、全く問題はない。剪定やりながらスープ作りもやってみよう。

ラーメン材料
    豚のゲンコツと背骨、それと鶏ガラが入っている。

コードの修理

 28日に庭木を剪定していた。柘植の場合には買ったばかりの電動トリマーを使って揃えるんだが、あるとき瞬間的に動いてすぐに切れた。そのあと足下には切れたコードが横たわっていた。自滅だ。電動トリマーの場合、自分でコードを切る事故が多いらしく取説にも注意が書いてある。絵のようにこれをやってしまった。

切れたコード

 横浜に帰っている間にコンセント(♂・♀)を買っておいたので、会所についてすぐに修理した。コードをネジだけで止めるのは少し心配なので、中では半田付けをしてある。

修理済み

 明日はのんびり剪定でもやろうと考えている。

tag : 道具

本日の直売所

直売所1

本日は横浜で直売所開店、今日でかなりのものが売れてしまったが明日も開店。私は直接担当ではないが、今回は青竹の花入れを出したので、時々店頭に出る。常連さんもかなり来られ、すっかり定着している感じだ。常連さん以外にもちゃんと説明しようと、あらためて説明や農場の写真を張り出した。

直売所2

沢水のトラブル

凍てつく朝1

今朝の冷え込みは厳しいものだった。外を見ると何もかも真っ白、梢も真っ白、雪でも降ったようだった。前の山から太陽が上がってから外に出た。ゆるみ始める畑や野菜を見ながら見回りを始める。

凍てつく朝2

池に行って驚いた。沢水が止まっているのである。パイプからは氷柱のように凍った水が下がっている。池は凍っていないが、パイプの途中で凍り付いているのだろうか。さっそく調査してみる。

沢水1

道路脇のパイプをたどっていくと、なんだ途中で外れていた。外れる原因はあると思うが、今日はそこまで追求せず、両側からパイプを引っ張ってはめ込んで処置完了。

沢水2

水源地の状況は特段の変化なし。取水装置は順調である。しかし、途中のパイプは色々問題含みであり、春までには直したいところだ。ブルーシートもちょっと格好が悪いな。

沢水3

tag : 沢水

本日の作業

 休耕田の草刈りは一段落でお休み。大体1,400平米くらいはやったんじゃないかと思う。ただ、ススキの地上部を刈っただけ、根はしっかり残っているし、ススキも刈ったままである。
 
 今日の作業は田んぼエリアに侵入してきている竹(4本)を切って、更に正月用の花入れに使えるようにカットしてみた。本当はマンリョウでも植えようかと思ったが、数日前にカミサンが掘って鉢に入れておいたものはあまり元気がなかったし、あらためて掘りに行く時間がなかったので、竹だけ持ってきた。

青竹花入れ
 
 あとは、昨日の夕方に引き続き庭木の剪定を進めている。柘植をあと二本、それと槇を1本、モミジは時間切れで途中まで。これはかなり面白い仕事だと思う。基本は忌み枝をきること、あと伸ばそうと思う枝を残して不要なものを剪定していくのだが、将来形を予想しながらやっていくのはかなり興味深い。まだまだ素材はいっぱいある。
 
あとは収穫の手伝いを少し。

命名:フクロウ山

夕焼け空

 今日の夕方の空は綺麗だった。凄い夕焼けというわけではないが、「たそがれ」という感じであった。

フクロウ山

 いつも撮ることが多いうちの山だが、今回フクロウの巣箱を設置したことでもあり、「フクロウ山」と命名することにした。肝心のフクロウは、これまで数度しか見たことがないが、確かにいると思っている。

tag : 会所農場

剪定もやった

 今日の仕事で一つ書き忘れていた。それは剪定作業である。門の脇の丸い生け垣、入ったところの椿、玄関前の柘植、その脇のイワツツジを数本剪定。まだまだ沢山あって正月前には片付きそうもないが、春までにはやらなければと思う。剪定後の写真は暗くなったため撮っていないので、またあとで。

明日の作業予定

 年末休暇の前半はとりあえず明日までである。29・30日は横浜で直売所を開けるので、明日は収穫が主たる作業となる。先ほどカミサンが収穫予定品目をリストアップしていたが、イモ類を除いて14品目あるらしい。私は普通の収穫は任せて、竹を切りに行こうと考えている。何か竹細工でも考えてみるか。

枯れススキ、いろいろ

ススキ1

 今隣の田んぼ跡ではススキの駆除作業を進めているが、刈り取っただけで消えるほど甘い相手ではない。うちの田んぼの方では、全面対決には至っていないが、あちこちに小集落ができていてちょっと警戒中だ。入居直後にはバックホーで根っこごとひっくり返したから、隣のような大物は少ないが、去年よりは増えたかもしれない。

ススキ2

ススキ3

冬本番

 昼間、隣のおばあちゃんと裏のおばあちゃんから「ハクサイは縛っておかないと」というアドバイスがあったらしい。ここでの鉄則ということだろう。
 今さっき、見回りのついでに紐で縛っておこうと考えたのだが甘かった。既に凍ってパリパリになっていたのである。今日の会所は冷えている。空を見ると、前の山から冬の星座の代表「オリオン座」が出ていた。このところ、空気が乾燥しているようで霜はほとんど降りない。その代わり霜柱が立っている。明日朝は霜柱だらけと思われる。

凍れる菜っ葉
    これはハクサイではありません

イノシシの侵入口

 イネ刈りの頃からイノシシが侵入していたことや、その侵入経路になっているトタンの穴は、何度塞いでも再び開けられるということなども書いたが、今回裏の田んぼ跡に入ってみて向こう側の状態が判明した。

イノシシの穴2

 隣地との境は柵が設置されており、その下部はトタンでふさがれている。通常はこうしてあれば入ってこないのだが、この侵入個所のトタン(手前側)は破れていた。向こう側(つまりうちの田んぼ側)から何枚も追加しているが、向こうも何回も突破していた。

イノシシの穴1

 それには理由があった。この場所はお茶の木の後ろだったのである。ススキの中の獣道をたどり、お茶の木の陰に潜り込んでトタンをくぐったり、穴を掘ったりしていたのだろう。ということで、ここのお茶の木は伐採した。
 ススキ狩りはキリがないのだが、一応このあたりで一段落として、今後は境界の柵の補修などに移行していく予定。

イノシシの穴3

tag : 害獣対策

サカナ見回り記録

 田んぼなどを一回りしてきた。最近、例のアオサギを見かけないので、うちの4号田んぼの連中が食い尽くされたんじゃないかと思い、まず4号の越冬場所を見てきたが、少なくともメダカは残っていた。寒さのせいもあるだろうが少し元気がない。ドジョウは、一瞬パッと逃げたヤツを見かけたから、いることはいるようだが、そのほかはほとんど動かない幼魚を数匹程度、泥の中に潜っているのではないかと思われる。
 ということで、減っているのかもしれないが生存は確認できた。この状態で春が来れば爆発的に増えると思うので、餌になるような微生物がわく環境にしておこうと思う。
 田んぼを見回りながら、沢水を受ける池も見てきた。池の底には水草が増えてきて、水底の半分以上は隠れてしまっている。この頃アブラハヤはかなり数が減り、いつも3~4匹くらいしか見えないが、実際に減っているのか、水草の中に隠れているのか、どちらかは不明である。ドジョウもほとんど見かけないが、水草の中? 泥の中? どちらだろう。

tag : 水生生物

草刈りの続き

 昼食を食べたあと、裏の田んぼに向かう。今日は家の方の境界沿いの東側を攻める。ガンガンやっていたら、隣の若旦那さんが助っ人にきてくれてかなりはかどった。

草刈り東
 
 次の写真は道路から西側を見たところ、手前の湿地はまだ手をつけていないが、境界沿いのススキはずっと川の方まで切り倒した。

草刈り西
 

フクロウの巣箱

フクロウハウス準備

 今日は懸案であったフクロウの巣箱を取り付けることにした。用意した巣箱は2台、ほかに脚立とロープ、ドリルなどを1輪車に積んで山に向かう。
 
フクロウハウスA設置中
 
 1台目は双子スギの横の常緑樹(種類は不明)にかける。脚立を立てかけ、念のために脚立を木の幹にくくり、巣箱をロープで引っ張り上げてロープは付近の樹に結んでおく。あとは何本もの縄でぐるぐる巻き。

フクロウA設置後

 2台目は、山の梅の木のちょっと上、これも種類不明の常緑樹。同じように取り付けた。どちらも載せる枝の向きなどの関係で北側を向いてしまったが、冬は寒くても夏には涼しくなるということで、フクロウには納得して入居してもらいたいところだ。いや、ぜひ住み着いてウサギやネズミを退治して欲しい。

フクロウハウスA
 

tag : 生き物 フクロウ DIY

珍しいヤツ登場

昨日の昼間、庭の草取りをしていた母親がガマガエルと鉢合わせしてびっくりしたらしい。例のヤツだろう。いつも屋敷と田んぼの間の通路にいることが多いのだが、すぐそばで冬眠していたらしい。それにしても草取りをしたら出てくるようなところで冬眠できるのだろうか。

tag : 水生生物

本日の作業

籾摺り

 朝からかなり冷え込んでいた。そんなこともあって、今日は籾摺りをやることにした。最後のモミは120~130キロ、玄米にすると100キロ弱というところだ。

玄米

 手順や用意については、ほぼ問題なし。すっかりなれた感じだ。順調に終了させ、次に掃除を行った。中には相当量米が残っており、黒米と白米の切り替えの時はやっぱり掃除が必要と感じた。選米機の掃除は比較的簡単。次に、ハーベスターも掃除。これで今シーズン終了。

掃除
 
 あとは庭の草むしりをちょっと手伝ったほか、ヤマツツジをちょっと剪定した程度。比較的楽をした一日だった。

ソーチェーンの目立て

目立て

チェーンソーの目立てというものに挑戦してみた。夕方ホームセンターに行って器具を買ってきたのだが、それをガイドにして4㎜のヤスリで刃を削っていくものである。比較的簡単にできたが、研ぎ方が不十分だったような気もする。草刈りのあとはまた山の仕事に戻るので具合を見てみよう。

tag : 道具 チェーンソー

イモの後始末

ずっと気になっていた借り畑に出かけ、イモのあとを耕耘した。サツマイモのあと、サトイモのあと、どちらも200平米程度だと思うが、トラクターは強力で1時間もかからなかった。サツマイモの掘り忘れが5~6個顔を出していたが、地中にも相当あるんじゃないかな。

借り畑耕耘

春までこのまま休ませておき、ジャガイモ、次いで落花生、それからサツマイモ、こちらの借り畑では大体200㎡単位でまとめて作るつもりである。

草刈り探検隊

 裏の田んぼ跡の草刈りは探検状態になっている。何しろこの2年間、ススキの穂くらいしか見えていなかった場所に潜り込み、どんどん秘密を暴いている感じだからである。google map では、何年か前の状態を見ることができるのだが、その後は完全に放置されていて、動物しか入り込まなかった様子である。

獣道1

 獣道は縦横に走っている。ススキの背が高いところはトンネルのようになっていたりする。写真は撮り忘れたが、草が横に積み重なり明らかに巣のようになっている場所もいくつかあった。

獣道2

 どんどん刈っていくと、昔の田んぼだった時代の様子も次第に見えてくる。なかなか興味深い。一応、境界から10m程度と考えていたが、できる限り昔の状態を復活させてみたいと思っている。

燻炭終了

 朝カミサンが見に行ったらもうかなり黒く燃えていたようで、モミガラをかけてくれたらしい。残っているモミガラを全てかけて草刈りに出かけた。
 午前中の分を済ませて家に帰ったら早くも燻炭が仕上がりかけていた。昨日の夜からかなり風が強かったので順調だった。消火は準備していた沢水の引き込みだ。1号田んぼ側の栓を開けると水が流れ込んでくる。燻炭スペースは次第に下がるように作ったので、鍬で水を置くまで引き込むと、ほぼ鎮火する。と思っても、あとになると煙が上がっていたりするので、二度ほど水を引き込んだがかなり楽になったと思う。
 休みは長いので、もう一度くらいはモミガラを取りに行けると思う。

燻炭消火装置

tag : 燻炭作り

今日のメインはススキ狩り

ススキ

 朝から裏の田んぼ跡に行って草(ススキ)刈り、昼過ぎの2時間弱を除きずっと草刈りだった。昨日は田んぼの入り口から当家との境界まで一直線に刈ったが、今日は境界と平行に刈ってみた。ススキの高さは私の精を遙かに超え2m位、株は根のあたりで径80センチくらい、巨大といっていい。このくらい高くて密集していると普通に刈ったのではちゃんと倒れずに小さな山になってしまうので、まず上を刈って次に中程を刈り、そして根元近くを切る。あとは地面の高さで根を削り取っていく。

草刈り西2

草刈り後西

 屋敷の裏の柿の木辺りから川の上まで、大体80m位を10m幅で刈った。後半は刃が丸まって明らかに切れ味が悪くなり、スピードが落ちた。トータルでは4時間程度だと思うが、かなり疲れた。体中の筋肉が痛い。
 
草刈り東

草刈り後東

今日の作業

ドングリ1

 今日もゆっくり到着、お昼を食べたあと仕事を開始。裏の田んぼ跡の草刈りをしようと出かけたが、おばあちゃんは昼寝中で出直すことにした。
 そこで、昨日仕事仲間のお嬢ちゃんからもらったX’masプレゼントのドングリを植えることにした。どうせなら、ということで私も近所に探しに行ってみた。今までは気づかなかったが、うちの雑木林の落ち葉の中などに結構転がっていて、落ち葉に潜っているヤツは根が生えているものまであった。

ドングリ2
 
 お嬢ちゃんからのドングリはポット植え、私が探したやつはプランター植えで芽が出るのを待つことにした。それまでは飢える場所の樹を切りながら待つことになる。
 
ススキ1
 
 さて草刈りは15時頃開始。相当なものである。元田んぼの入り口のあたりからイノシシの侵入口まで5~6mの幅で刈っていく。ガソリン2杯、1時間半ぐらいしかできなかったが、うちの田んぼとの境界のあたりまで到達した。広さでいうと200㎡くらいだろうか。残っているススキの根は相当難物だ。一応、明日も続きをやろうと思う。

草刈り前

草刈り後
 
 そのほかでは、燻炭に火をつけた。一応夕方までは順調に燃えている。

燻炭

年末・年始の休みに向けて

 まだ完全にフィックスしたわけではないが、本日をもって今年の仕事は終了、新年も4日は休みを取る予定であり、1月5日が私の仕事始めとなる。急な呼び出しがないとも言い切れないが、うまく行けば14連休である。ただし、その間は百姓として連日働くことになる。

 大きな予定としては、隣の休耕田の草を刈る仕事がある。イノシシやシカが侵入してくるのは大体ここからであり、うちの敷地との境界120mを少なくとも5m幅では刈り取りたいと考えている。主体は数年物のススキであり、カネの刃は使うけれど1台の刈払い機&一人の人間ではかなり大変ではないかと考えているが、田畑への害獣の侵入予防になると思えば、やらないわけにはいかない。これまでどちらかというと道ばたや畦を刈るという直線的な使い方だったから、平面的な作業がどの程度の作業量となるかはちょっと見当が付かない。ススキの大株などは、上を刈るだけでなく、根っこも掘り起こしてひっくり返す必要があるかもしれない。明日到着したら、裏の家のおばあちゃんにことわって作業開始だ。
 もう一つの大きな予定は山の仕事だが、これについてはいろいろ考えて頭の中も整理できており、暇さえあればやるという感じである。

 あと、今回はバックホーを借りるほどの土工事はなかったけれど、イノシシの侵入などで田んぼの畦や土手がかなり傷んでいる。今のところ田んぼの漏水につながるほどではないと思うが、この補修は春までにやっておきたい。

tag : 作業計画

剪定バサミ

 日曜日に、買ってから1週間ほどしか経っていない剪定バサミをなくした。山のどこかにはあると思うんだが、一回りした程度では見あたらなかった。これはホームセンターで500円程度の普及品だったが、少し高いものにすればなくさないんじゃないか、ということでアマゾンで購入した。ベルトにつけられるケースも付属しているから、少なくともまた落とすというリスクは小さい。まえのやつの4倍程度だから、中級品だろうか。まあ、とりあえずこれで腕を磨くことにする。

剪定バサミ

 ところで、アマゾンは配送料が無料になってから、また一段と身近になったように思う。今回の前には、約500円のeneloop用充電器、その前は約1000円のHDDケースという具合で、申し訳ないくらい安いものも買っている。今日は孫へのプレゼント、お急ぎ便でさっき頼んだのに明日到着予定。これは300円程度のエキストラを支払ったが、本当にすばらしく便利である。

tag : 農具 道具 剪定

山の仕事

 田んぼと畑は一段落ということで、長い休みの間にやらねばならないことも特段ないから、山の仕事に重心が移っているのだが、これがなかなかおもしろい。基本的に平面の中で物事が移っていく農業と比べると、山の仕事は立体的(三次元的)である。田んぼでも畑でも、見渡せば状況はおおむねつかめるが、山の場合はそうはいかない。すべてを見通すことは難しく、いろいろな意外性が潜んでいる。危険も潜んでいるのかもしれないが。
 米だけでなく野菜もやっていると農閑期というものがなかなか見えないが、なるべく時間を見つけて山に入ろうと思っている。徐々にではあるが一度開いていき、雑木林に換えていこうとしている。これまでの米や野菜、芋類とは違う木本類とつきあうということで、いろいろ新しい知識を入れなければならず、滅びゆく脳細胞にはきついのだけれど、これもまたおもしろいものの一つ。

チェーンソーの使い方

 まだそれほど樹を切っているとは思わないが、早くもチェーンソーの切れ味が悪くなったように感じる。使い方もちゃんと認識しているわけではないが、次のテーマは目立てである。
 付近の人たちは、刈払い樹は当たり前のように使っているが、チェーンソーというと常用しているわけでもないようだ。ただ、営林署で仕事をしていた方もいるようだから、今度の休みの間にいろいろ教えを請うことにしようと思う。また、チェーンソーについては、仕事で使う場合には教育を受ける必要があるらしい。講習を受講するということも考えてみようと思う。

tag : チェーンソー

樹を切るのはなかなか大変だ

昨日はチェーンソーを持って山にはいった。目的の一つはヒノキを切るというものである。ヒノキ林は道路から4m位高くなっているところにあるので、リスクのある一番道路側の列は避けて2列目の樹を切り始めた。倒す側をクサビ型に切り取り、反対側から切っていくという定石通りに作業を進めたのだが、完全に切っても樹が倒れない。上の方にかたまって生えている枝が隣の樹のそれと絡みついているのだった。2列目といっても道路際の崖に近いところだから、とても心配な状態である。あわててロープを持ってきて手の届く限りの高いところに結びつけて引っ張るが、バネのように振れるだけで倒れない。いろいろやっているうちに、山の高いところに上って引っ張ったのが効果的だったらしく、ようやく途中まで倒れた。そのあとは切り取った根元を引っ張ったりいろいろやって、何とか全部地面に付いたが、かなり大変だということを思い知らされた。まだまだ沢山あるので、次第に慣れるとは思うのだが、おそらく20m以上もある樹木の伐採はかなり慎重にやらなければならないと感じた。ということで、ヒノキは1本で終わり。
 次はホダ木用である。この間選定した山の梅(屋敷裏の梅ではない)の上には、コナラなどのホダ木に向いた樹が何本かあるので、やはりチェーンソーを片手に上ってみた。おそらく10年くらい前までは、当時の持ち主が定期的に切っていたと思われるのだが、その後の空白期間の間に伸びてしまった樹は、側まで行くとかなりの太さだし高さも相当である。周囲は斜面だが、そこには実生の小さな樹の株が沢山あるので、それらを鋸で払いながら足場を作るが、ヒノキのようにまっすぐではないし、根元も垂直ではないし、倒れる方向の検討がつけづらい。あれこれ考えたが、結局もう少し細くて手頃なヤツから切っていこうということで、次の休みに先送りとした。
 
 木を切るということは、なかなか大変のようである。

tag : 山仕事 ホダ木

ヒノキとスギの間で

 ろくに見もしないで、勝手にスギ林だと思っていたんだが、切り倒した樹の切れ端からは「どう考えてもヒノキだろう」という匂いがしてきて、もしかしたらヒノキ林なんじゃないかと考えたのが昨日の夜のことだった。もう少しいうと、杉と桧の区別はできなかったと言っても間違いではなさそうだ、ちょっと情けないのだが。
 今朝になって、カミサンが何でも教えてもらう隣のおばあちゃんをつかまえて、ヒノキとスギの見分け方を聞き始めると、お宅にはヒノキが植わっているんだよ、と答えがすぐに出てしまったのである。

ヒノキの肌

 一応昨晩、一通りの勉強はしておいたので、すぐに確認しに行ってみた。なるほど樹の皮がささくれている、これはヒノキだ。でも待てよ、1本だけド真ん中に違うヤツが立っている。スギの皮はほらこの通り、ヒノキよりすっきりしている。

スギの木肌

ということで樹の肌では区別ができるようになった。葉は、遙か上の方にあるが、ツンツンしたのがスギ、柔らかくちょっと太い感じのものがヒノキ。

ヒノキとスギ
    上の方がスギ、下の方がヒノキ

 なんとかスギとヒノキの区別ができるようになったと思う。

ヒノキの葉


    切り倒したヒノキの葉はこんな感じである。

tag : 山仕事

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。