本日(8/19)の作業

 朝からカミサンと第2農場に出かける。昨日途中でやめていたサツマイモの草取りの続き。相当暑かった。

タマネギ畑

 一段落したあと、タマネギの植え付けに取りかかる。昨日耕耘していた畑はこんな感じ。設置したばかりの電気柵のそばである。ラッキョウのようなタマネギの写真を撮り忘れ、箱の隅に残っていたものを撮ってみた。100平米も耕耘したけれど、その10分の1しか使わなかった。結構余ったが、この場所はケモノに一番近いところなので、まあ、モルモット的な畑である。

タマネギ

 その後は、第2農場の一番南の畑に移動し、サトイモと大豆の草取り。大豆は、時期を変えて全部で4カ所に植えたが、ここの大豆には害虫がついていた。マメハンミョウというらしいが、最近は滅多に見なくなったということなのに、うちの大豆にはついている。

大豆の害虫

 これで午前中は終了。午後になったら雨が降り出し、特に用はなかったが茂原まで買い物・遊びに行ってきた。

久しぶりに登場

 今回の休みに入ってから、いつもやってくるガマが姿を見せて居らず、心配していたのである。おそらく、プールを出したことが影響しているとは考えていた。いつも屋敷の前の庭を横切ってお気に入りの場所に行っているルートを塞ぐようにプールを設置していたからだ。しかし、彼らの敵もいろいろいるので、ちょっと心配もしていた。

ガマ君

 本日、定位置の石垣の前で、石垣に向かってじっと座っている彼を発見した。プール設置も長引いているし、思い切って出てきたのだと思われる。

8/18の作業

 今日は第2農場に出かけて、これまで使っていなかった北側の一角(100㎡程度)を耕耘した。不思議な状態のタマネギがあるので、それを植えようと考えている。どのように不思議かというと、ちょっと小さめのタマネギが小分かれしているのである。分けつしているといえばいいのだろうか。最初の年に種から育てたものが大きくならず、ミニタマネギ状になり、それをもう一回植えたらこうなったらしい。どうやらラッキョウと同じような感じで、もう一回植えるとまた小分かれしてラッキョウのようなタマネギができるのではないかというのがカミサンの推理。そんな見通しなので、普通の畑を占領させたくないため、空いている場所で実験してみるのである。

大豆2救出
    左の方に最初に植えた大豆が育っている。かなり大きいが、花はいま。
    中央部は、落花生の間に大豆を植えている。

 耕耘終了後、大豆の草取りをしていたカミサンに合流。畝間の草を取る。うちの大豆は遅くて今頃花が咲いている。枝豆の時期はちょっと季節外れになりそうなので、大豆がメインとなるかも。ただ、今回草を取ったのは最初に撒いていま花が付いているものよりは半月くらいあとに播いたもの。大豆については4回ぐらいに分けて播いたから、どれもちゃんと大豆を穫れるかどうかは微妙である。
 そのあと、サツマイモの草取り。本当は蔓や葉をひっくり返すのだが、そこまで育っていない株も多く、どれほど収穫できるかには心配がある。半分ほど終えたところで昼。今日は午後から来客の予定で、作業はここまで。帰宅して昼食をとったあとは昼寝。二人とも頭がちょっと痛かったので、軽い熱中症だろうか。作業は午前中のみ。

本日の作業

 夏期休暇の中日である。あまり仕事はやっていないが、それでも中だるみ気味で暑さもかなりこたえる。まあしかし、のんびりでもやらないとね。

第2農場電気柵

 最初の仕事は、昨日の続きで第2農場の電気柵の草刈り。ほとんど地主さんがやっていたので簡単に済んだが、そのあたりにはちょうどイノシシが掘り返した跡があり、下のワイヤーと地面に隙間が空いていたので、ポールを1本増やして手当をした。

ジャガイモのあと

 続いて、全面腰くらいの高さの草に覆われていたジャガイモ畑あとにトラクターを入れ、草をなぎ倒した。9月になったらもう一度耕耘して畝を立て、ダイコン・カブ・ハクサイ畑にする予定。

ジャガイモ畑耕耘後

カボチャ1

 帰宅後は昼寝。延々と寝ていて、nakakaneさんが様子を見に来てくれたので、夕方まで寝ずに済んだ。そのあと再起動して草刈り。カミサンがやっていたカボチャの跡の草刈りを手伝ったらゴロゴロと5個も出てきた。それで本日は終了。

カボチャ2

本日の作業

 こう暑いとイネがどんどん大きくなるように感じる、特に1号については、少し前から立派になったと感じていて、BLOGにもたびたび書いたけれど、他の田んぼのイネもぐんぐん育ってきた。ということで、追いまくられる感じはほとんどなく、余裕たっぷりの夏休みになっている。

電気柵1
    右側の50m位先までと、底から左方向に設置したが、この写真ではよくわからない。

 今日は第2農場の電気柵。5月頃からやろうと思っていたが、延ばし延ばしの間に地主さんの被害はジャガイモ・サトイモ・その他色々。もうろくなものは残っていないという状態だったが、秋以降に向けてやらねばならぬ。
 ただ、当初考えていたコの字型(西・北・東)の3方向は必要なく、北と東側のみでよいことになり(西側は崖の上)、60m程度でOKだった。午前中の2時間程度で配線まで終了。私は来客。地主さんはお寺に行く用があり、それで本日分終了。地主さんは明日仕事なので、私が出かけていて、配線の足元の草を刈って電気柵の通電を行う予定。
 
電気柵2
    今回、ケースはコームセンターで買ったエアコン室外機設置用架台
    耐候性のあるプラスチック製、2個で約300円。

 午前中の残りと午後は、カミサンの友人ご夫婦が来られ、農場の説明や案内。こちらのご夫婦は山梨に別荘をお持ちで、そばに畑を借りるなどの農的生活をされており、こちらの視察に来られたもの。

プール(大人用)

プール大人用

 子供たちは昨夜帰ったので、当分の間プールは私の専用である。まあ、一人で入っても別に面白くもないのだが、汗まみれで戻ってきて入るととても快適である。ただ、1週間もするとヌルヌルしてくるので、トロ函を脇に置き、一応体を流してから入ることにした。昨日気がつけばよかったが。
 それに合わせ、水量も増やしている。いま現在で水深50cmていど、膝のちょっと上くらいだ。もうこうなると、大人でも十分ではないかと思う。泳げはしないけど。

本日の作業

 今日から仕事を始めた。とりあえずGS酵素+玄米アミノ酸を撒くことにして、運搬車に20Lタンク3個とセット動噴を積み、田んぼに向かう。1号から始めたが、4号の南半分までで20L×4杯、レイアウト上4号北側には散布できないため、40Lを別に流し込んだ。続けて第1農場の畑(下→中→上)に20L×6杯。これで、午前中終了。

人工の虹

 午後は20L×3杯を載せた運搬車を軽トラに積んで、第2農場へ出動。落花生、大豆、サトイモ、サツマイモ、どれも草に囲まれているが、とりあえず本日は酵素を撒くことに専念。終了後帰宅。

ゲート対策1
 
 次はトラクターゲートのケモノ対策を行った。以前自分で作ったゲート扉だが、目合いが10cmと大きめであり、両脇に隙間があることから気になっていたもの。サトイモが10株ほどやられて電気柵を追加整備したが、実はここから入った可能性もゼロではなかったのである。ということで、全面にネットを張った。これで大丈夫と思いたい(またか)。

ゲート対策2

ゲート対策3

プールの客

カエル水中撮影

 プールに無理矢理連れてこられた客がいた。田んぼのあたりでボーッとしていたらしいヤマアカガエルが、拉致されてうちのプールへ。2歳児と1歳児が入っていたが、歓迎を受けていた。私は、一世代前の防水カメラを持っていたので、水中や底からお客さんの姿を撮ってみた。これはなかなか面白い。

カエル水中撮影2

 なお、お客さんはしばらくあとに解放された。

田んぼにホタル

 夕食後、田んぼの方に行って月の出待ちをしてたとき、3号の手前側にホタルがいた。わずか1匹で寂しそうではあったけれど、青白い光を放っている。
 電話でみんなを呼んで観察、そのうちに満月も出て田んぼを照らし始めて、雰囲気は満点。川の方や水源地に行けばもっとたくさんいるような気もするが、時々来てくれればいいかもしれない、前回のホタル来訪は2年前。
 

プール稼働

夏はこれ

 好天に恵まれ、冷たかった水温も上昇して10時頃には25度以上になった。井戸水を入れるのをやめた昼過ぎには30度近くまで上昇。大人も子供も喜んで入るようだが、例外もいる。

プールNG

 プールに入れたのは地下4m位の浅い井戸水だが、水温は17度くらいで。そのままだとかなり冷たい。家庭用水に浸かっている地下50m位からくみ上げている深い井戸の水もほとんど温度は変わらない17度程度。

井戸の水温

ペルセウス座流星群

 本日も朧月夜で、流星群の観測は無理だった。残念、次は11月だったかな。

プールの状況

ポンプ

 本日は一族が集まるため、朝からプールに空気を入れようとしたら、電池で駆動する空気入れが動かない。中を見ると電池の液漏れが起きており、一部の端子も錆びている。電池を予備のものに換えて錆びている端子に半田を付けて試したが駄目。調べるとスイッチが完全に駄目になっていた。そこで電線を半田でとめてみたが、それでも駄目。最後の手段で、電池を空気入れのモーターに直結するところまで試したが、結局モーターが壊れていたらしい。くる予定の家族にポンプを頼んだ。

プール1

 夕方のちょっと前にポンプが到着、さっそく空気を入れて井戸水を張る。甥っ子の子供たちは待ちきれずにプールの水で遊び始めた。プールではスイカも冷え始めている。井戸水の水温は20度以下、水は少なめにして明日徐々に増やすことにしよう。

プール2

削減率29%

 7月の東京電力検針結果が届いていたが、前年同月比29%減。今年は暑いけれども、原則寝るときもエアコンに頼らないでやってきたし、昼間も最低限にしているらしい。ちなみに、設定温度は29~30℃だ。
 4月と5月は確か25%減、6月は21%減でまあまあ順調に減っていたが、今回は更に減少率が大きかった、エアコンの使い方が効いたようだ。実は私の仕事場も設定温度をかなり上げていて、しかも西日が当たるたそがれシートなので、家に帰ってエアコンが点いていなくても、あまり苦痛ではなくなっている。
 ということで、経産省の節電アクションの景品をもらえる資格は十分ある。

サトイモの被害

サトイモの被害

 一回りしてきたら、夜間には気づかなかった被害を発見した。上の畑に植えてあるサトイモが10株ほど掘り返されていた。どう考えてもイノシシの仕業と思われる。さっき書いたように、入る可能性のあるところには電気柵を巡らせてあるし、電圧も2000V以上出ているし、ワイヤーにも乱れはなく、下の土も掘り返されていない。nakakaneさん情報ではおしりから入るイノシシがいるらしいが、ショックを受けずに入る方法を編み出したヤツがいるんだろうか。一応、ワイヤーの段数を増やすなどの対策を実施することにした、腰がよくなったら。サトイモにとどまらず、サツマイモや米も引き続きやられるおそれがある。

サトイモの被害2

 カミサンの意見は、イノシシにしては上品すぎる。ヤツらならもっと大がかりに激しくやるはずだから、小動物じゃないか、というもの。それも一理ある。対策については、もう少し色々な要素を考えてみよう。

会所へ(一日遅れの報告)

 昨日は、移動時間を除くと基本的に寝ていた。深夜の流星観察のあとクラッカーを食べたが、それまではほとんど何も口にしなかったから、普段の蓄積はかなりあるということだろう。 会所農場は特に問題はなかった。危ないところには全て電気柵を設置したので、その効果だと思う。水は32立米/日も揚水している割には余っていない。まだ計測していないが、沢水が少ないようだ。イネは昨日速報で写真を掲載したが、かなり元気である。疎植でがっちり育て、一株あたりの収穫量を上げる戦略がうまくいっている(と思いたい)。1号はほぼ穂が出そろった感じだが、2号以下はまだこれからで、思いのほか差がついた。収穫では、トマトがかなり穫れた。質・量・時期からいって、自家用である。
 ちょっと困ったことができた。今朝起きたら腰がちょっと痛んだ。それほど酷い状態ではないが、立ち上がるときは何かにつかまるか膝に手をかける必要がある。まあ、食中毒だったし仕事は適当にやれということか。

1号のイネはとても元気だ

1号のイネ

 1号のイネはこのように立派になってきた。もう草にも邪魔されないだろう。古代米とコシヒカリが半々だが、どちらも順調である。2号以下も、ちょっとここよりは遅れ気味だが、育ちつつある。田んぼ中が浮き草で覆われている。手前側はイノシシに掘り返されて広がっている。ブルドーザー並みである。

かかし軍団

小学校の田んぼ

 以前にも「謎の案山子軍団」として取り上げた君津市立小櫃小学校の案山子だ。今日は、食中毒明けのリハビリ中だからカミサンに運転を頼んだので、走る車の中からでも写真を撮ることができた。たまには運転から離れ、外を見ながら移動するのもいいものだ。
 5年生の子供たちが作るこの田んぼの、特に案山子は有名らしい。検索すると写真をBLOGに掲載している人は多い世だ。

流星群の観察

会所には夕方のちょっと前に到着し、ほとんど何も食べずにずっと寝ていた。しかし、流星群を見なければと、起き上がって外に出てみたが、少しモヤがかかっていておまけに満月の月明かりがあり、空中が薄く白っぽくなっている。明るい星だけが何とか見える状態。少し頑張ってみていたが、流星を見ることはできなかった。

食あたり

 昨日は休み前ということもあって仕事が長引いた。同僚とラーメンを食べて帰ったのだが、帰宅後酷い目にあった。詳細は書かないが、上と下から体内のもの全てが出た感じで、ほとんど寝られなかった。最初は、疲れているところに脂っこいものを食べたから胃が受け付けないのかと思い、胃薬を飲んだりしたのだが、どんどん状態は酷くなるばかり。明け方になって何とか納まり、脱水症状を何とかしようと、おそるおそる水分を摂り始めた。
 仕事に出かける時間になっても起きられず、頭の中ではメールで連絡をしようと思うが、PCのところまで行けずにいると、いつの間にか出勤時間を過ぎていて会社から電話。一緒にラーメンを食べた同僚からだったが、なんとほぼ同じ症状だったらしい。死ぬかと思ったそうだから、酷さも私と同じだったみたいだ。
 どう考えても食中毒ということになり、保健所に連絡した。しかし、夕方になって連絡があり、単一のグループからの申し出だけでは捜査はできないということだった。三田製麺所、もう行くことはないだろう。
 

またまた培土器の修理

培土器修理

 2ヶ月前にも同じような写真を掲載し、同じようなkとを書いたが、管理機に着ける培土器(土寄せや畝立てを行う補助具)が壊れて修理をした。
 前回も同様だが、雨の後などで湿り気のある畑で使うとき、思わず力が入り、土が強く抵抗して割れてしまうらしい。前回は左側、今回は右側で同じところが壊れている。強度が低いのか、粘土質の土が重すぎるのか、両方なのかよくわからないが、もう一回やったらさすがに馬鹿といわれそうだ。
 週末農業の哀しさで、コンディションが悪いからといっても翌週回しにできないこともあり、気をつけて使うしかなさそうだ。
 

いよいよ夏季休暇

 明日から9日間の夏季休暇が始まる。事情が許せば明日も半日で終わらせようと思っていたが、予定が入ってしまった。まあ、慌てることはないんだが。流星群を見るためには明日の夜から入りたいんだが、そのほかにも行きたい理由はある、暑さだ。ここへきて、また本格的な真夏になり、寝苦しい夜が復活した。例年ならエアコンをつけるのだが、今年は扇風機で我慢している。もともと扇風機は補助的だったから1台しかなく、それを持ち運んで使っていたが、さすがに面倒なので1台追加した。しかし、今晩は昨日より暑いらしいからエアコンをつけざるを得ないかも。ところが、会所に行くとそこは別天地。夜間の気温でも4℃以上違うが、折から流れてくる空気は温度の差以上に涼しく感じるのである。自然のフトコロはまことに居心地がいい。

夏休みの宿題(流星群)

 調べたところでは、ペルセウス座流星群のピークが8/13らしい。夜の会所は真っ暗で星の観測にはもってこいだが、これまで流星群をちゃんと見たことはなかった。今回は天気にも恵まれて見ることができるんじゃないかと思っている。考えてみると、そもそも生まれてこの方流れ星を見たことはそれほどはなかった、流星群も記憶にない。都会暮らしではなかなかチャンスには恵まれないのである。今年は楽しんでみたい。

 その後の調査で、満月に近い月の明かりがマイナス要素ということが判明。でも、期待している。



軽トラの用途拡大

軽トラ2

 BEーPALの今月号に軽トラの特集記事が掲載されるというので買ってみた。9頁と量は多いが中身は薄かった、いつものことだが。しかし、荷台にシートを敷いて水を溜めてプールにするというのは面白い。会所農場ではビニールプールを設置するが、現在のヤツが破れて、つぎはぎでも使い物にならなくなったら軽トラプールも考えてみよう。
 普段は本当に仕事の道具に徹している。第2農場に農作業に出かけるときなど、管理機から鍬・鎌、飲み物や収穫用のカゴなどを満載している。その延長でなんでも満載して出かけるにはもってこいだ。それとたとえば、今の季節だと荷台は超HOTな状態である。適当な日除けをすれば1坪弱のスペースは作れる。土の上ではなく鉄板の上の方がいいかどうかは疑問もあるけれど。確かに遊びに使うという観点では、いろいろ考える余地はあるはずだ。

軽トラ1


軽トラ3

3号田んぼの水が減少

 土曜日に3号田んぼの水が減っているのを発見した。沢水のルートから3号への導水路が泥で詰まっていたからで、そのあたりをイノシシが掘り返したことにも原因がありそうだ。おかげで3号の草がちょっと元気になった感じだ。午前中から午後の早い時間にかけて、川の水を直接4号に入れた。こんな時に8立米/時は心強い。3号だと2cm/毎時で水位が回復する。2~4号のミルキークイーンも、来週末からの休み中には順次穂を出すはずで、しばらくは水を十分溜めてイネに米を作ってもらう期間が続く。

3号注水

夏の収穫

夏の収穫

 キュウリとナスは不調だったが、他はまあまあというところだろうか。土曜日の収穫の一部を一応撮っておいた。シシトウとピーマン、いんげんと3尺ササゲ、ナスはちょっとだけ。当家の場合、採ったらすぐ井戸水で冷やすが、さすがに井戸水でかなり冷たい。仕事を終えた後に手や顔を洗うのは実に気持ちがいい。残念なのはスイカを作っていないことだ。カミサンも、スイカの栽培にはちょっと躊躇があるらしい。

鴨川市街の一角で

門

 日曜日の午後、カインズホームに行くために鴨川に出かけたが、夏休みということでいつもよりは車も多く、シーワールド沿いの国道を避けようと横道に入ったのだが、ナビもない中で細い道をたどっていると、結構大きなお寺にたどり着いた。何とかわかっている道に出ようと走っていると、ずいぶん風情のある門のところに出た。カインズホームでの買い物もあり、帰ってからの仕事も残っていたので、デジカメに収めるだけで先を急いだが、あとで調べてみると、ここは鏡忍寺という日蓮上人ゆかりのお寺だったらしい。一目で気に入った門以外にも伽藍があるようで、今度ゆっくり訪問してみようと思っている。

夏休み③ 電気柵設置(第2農場)・④ 装置組み立て

 今使っている電気柵は、A.第1農場山側(上の畑部分)=25m、B.第1農場田んぼ周囲(北側・西側)=125m、C.第2農場南エリア西側80m、以上の3か所である。いつも電圧は測定しているが、約25mと短いAは3000V位出ているが、他の2つは2000Vどまりとちょっと心配である。検電器がないときは手で触ってみるが、ゴム長・皮手だとちょっとビリッとくる程度。そこで電圧を上げようと考えている。そのあたりは「3連休のミッション」に書いたが、都合6台目となる機材は発注して届いたが、組み立て作業が追い付いていない。これを何とか片づけたいと考えている。うまく行ったら高電圧バージョンに交換するつもりだ。
 
 ただ、電圧の低下は絶縁の程度に大きくかかわっている。土曜日に、第2農場のケモノに切られたワイヤーを部分的に応急修理した際、区間が短かったこと(20m程度)と草が多かったので2段だけ張ったところ、検電器のランプが5000Vまですべて点灯したことから、絶縁のレベルを上げることと箇所数を減らすことも電圧アップには予想以上に有効であるようだ。
 
 機器についてはそんなこともあるが、あとで改良することも可能だと思うし、とにかく今回の休み中に第2農場北エリアの電気柵(延長100m)はなんとしても設置したい。地主さんは、半分くらい色々作っていたけれど、最初はシカ、ついでイノシシにやられ、就農意欲も薄れているかもしれないが、できることは手伝って応援しなければ。
 
 
 

夏休み① 田んぼの草取り

 田んぼの草取りについては、4号のコナギを中心に4回くらいは取っている。昨日、夕方の1時間程度カミサンが取っていたが、まだ半分くらい取り残しがある。一時期ほど多くはないが、かなり執念深い草である。ただ、イネも大きくなって日陰になりつつあり、そろそろイネの根を切らないような注意も必要になってくるので、最後のコナギ取りを夏休みの仕事にする予定。
 あと、2号と3号のイネの生育が悪いところには、コナギではない草がずいぶん出てきている。判るのはホシクサだけで、あとは名前もまだ調べていないし、イネへの影響もわからない。ただ、普通の草と同様、どんどんはびこってくる危険がある。昨日、2号・3号の草の一部は私が取ったが、削ってみたら、どの草も根を見せて浮いてきた。コナギほど根が張るものではないようだ。1号は、ほぼ完全に水面を浮草が覆ってしまったため、もう大丈夫だが、削って浮かすという作業は2号と3号についてやらなければならないようだ。
 田んぼの草取りについては、毎年大変になるような気もする。今シーズンが終了したらいろいろ検証してみよう。
  
 ところで、先ほどいろいろ調べていたら、除草ゲタ「くさとり君」というものがあるらしい。文字通り、下駄のように履いて田んぼの中を歩くようだが、2.5cm間隔でピアノ線が張ってあり、これが草を刻んで土の中を埋める仕掛けらしいが、実用になるかどうかは未知数。もう一つ見つかったのは、すいすいカッター「アイガモン」という名称の道具で、これは刈払機の先につけて田んぼの畝間の草を刈っていくものらしい。結構怪しい名前である。
 わたしは、たびたび書いたことのある「けずっ太郎」を使ったが、これも悪くはない。草は結構浮いてくる。来週見たら再定着している可能性もあるけれど。デッキブラシでも同様の効果は得られると書いたものもあったので、実験してみたい。

夏休みの仕事を検討してみる

 この間は「会所農場の夏休み」で、田舎の夏休みを楽しもうと書いたが、やっぱりそうもいかないようだ。今回も農場でいろいろやってきたが、時間をかけてじっくりやらねばならないことがたくさんある。優先順位などは別として、やるべきことを並べると次のような感じ。

 ① 田んぼの草取り
 ② 畑の草取り
 ③ 電気柵設置(第2農場)
 ④ 電気柵装置組み立て
 ⑤ 冬野菜用の畑(耕耘)
 ⑥ 田んぼの修理
 ⑦ 水源地整備
 
 まだまだあるが、これだけでも休みは終わってしまいそうだ。週末までにこれをちょっと具体的に検討してみよう。
 

引き続き電気柵、そしてまだ続く

 朝から第2農場に出かけ、前に設置済みの電気柵を全部やり換えた。細いステンレス線からナイロンにステンレスワイヤーを編み込んだより線に交換した。また、絶縁体も交換した。色々研究して材料については収れんしつつある。
 
電柵材料
 
 どちらもカインズホームで購入。より線は500mで3,980円。これはインターネットで買うより相当安い。絶縁用部材はカインズのプライベートブランド商品で「ウエーブクッションシート」というもの。60cm×90cmのクッション材だ。使い方は別途説明するが、60カ所分取れる。
 
 
 第2農場の地主さんと話をしていたら、私が使っていない方の北側の畑にイノシシが入り、サトイモをほじくり返されたらしい。ずいぶん前からそこにも電気柵を設置するつもりだったが、田植えを始めいろいろやることがあり、後回しにしていたものだった。もう待ったなしなので、今度のお盆休みに設置することにした。より線は300m位残っているが、ギリギリなので今日の昼間鴨川まで出かけて買ってきたのだった。より線はこれで3本目。他に園芸ようポールも20本買ってきた。今度はしか対策も考えて2400㎜という長いものを買ってきた。ということで、ずっと電気柵に追いまくられている漢字だ。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード