会所農場は渇水状態

 7~8月は雨が少なかったと書いたことがあるが、もう沢水などはチョロチョロである。今年のイネ作りにはあまり役に立たなかった。それよりも驚いたのだが、昨日手押しポンプで井戸水を汲んでいるとき、何度か手ごたえがなくなったことがあった。普通に考えれば、中の木ゴマが漏れるというトラブルだが、水は落ちていない。もしかすると水位が下がってしまった可能性がある。一応並行してつけてある電動ポンプを使うと水は出てくるのだが、手押しポンプの筒先はちょっと上にしてあるので、そういう状態がありうるのだ。

井戸ポンプ

 うちの井戸はもう一本あり、そちらは地下数十メートルまで掘ってあるので、水がなくなる心配はないのだが、それでも1本が使えなくなるという状態は気に入らない。「涸れたことがない」と昔の住人さんが自慢していたのは、今回異常があった浅い方の井戸のことだろうと思うが、やっぱり渇水状態はひどかったということだろう。
 しかし、ずっと房総半島を避けていた雨もようやく降り始めた。これで状況が大きく変わるといいんだが。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  「定年帰農」を「ライフスタイル」の定番にしよう。虹のバナーをクリックしてください。

本日の作業

 午前中はバインダーの清掃、昨日最後の刈り取りをやっているときに、刈り取り部あたりのトラブルで停止してしまったものだが、中はぎっしりとイネが詰まっていた。外せるところは全て外し、プライヤーやラジオペンチで抜いていく。大きなドライバーでほじくるのが結構有効だった。プライヤーも、つかんだままグルグル回すと、テコの働きで抜けてくる。しかしまあ、めいっぱい詰まっていた。終了後、田んぼの方に持って行き、タイヤを外してみると、裏側に泥が一杯詰まっている。ポンプで全体の泥を吹き飛ばした。あとはガソリンを抜き、油を差して終了。
 
 昼休みは昼寝付きで2時間強、そのあと第2農場に出かけた。色々調べたら、一部の落花生が掘り時になっており、3年目にしてようやく落花生を取ることができた。本日の収穫は4キロ、全体の1割弱といったところだ。これからちょっとずつ掘っていく。
 
 帰ってきてから、干してあるイネの周りに電気柵を設置した。狭い範囲に設置したため漏電も少ないようで、電圧計の3000Vのランプが点灯する。このくらいあると指で触ったら痺れるほどである。いままでの2年とも、天日干し中のイネが被害にあったことはなかったが、今年のケモノは以上なので、万全を期した。もっとも、囲ったのは干してある分の半分強、フェンスに干した方は無防備状態だから、最低でも半分は確保しておこうというものである。
 
 それぞれの詳細は、また個別に書くことにする。

 なお、畑奉行担当の種まきは
 タアサイ、水菜、春菊、ネギ(?)、ニンジンだったらしい。今晩から雨ということで、いままで播いたけれどでていないものにも期待したい。
 

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。総合順位と「ライフスタイル」は水曜日をピークにちょっと低下。ほどほどで頑張りますが「定年後の農業」を「ライフスタイル」の定番にしたいものです。応援と賛同のクリックお願いします。 

明日の作業予定

イネ刈り後の田んぼ2

 イネ刈りは比較的順調で3連休の2日目で終わったが、後始末は残っている。まずはバインダーの掃除・整備だ。最後はイネをむちゃくちゃ巻き込んで停止した状態なので、できる限り分解して絡んだイネを取り、ガソリンも抜いて、場合によってはオイルも交換してみようと思う。あと、天日干し中のイネを電気柵で囲うことも必要な作業だが、組み立てしないと台数が不足している。思案中。
 それから、うちはコメだけではないから他にも色々やることはある。今週中は雨が降る予報なので、タネは色々播いておく。それと、大豆や落花生、サツマイモの出来具合もチェックしてみる。落花生は、ご近所はみんな掘り起こしており、うちだけ残っている状態、大豆も遅れ気味。

 まあ、こんな時くらいは仕事の予定は増やさないでおこう。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。総合順位と「ライフスタイル」は水曜日をピークにちょっと低下。ほどほどで頑張りますが「定年後の農業」を「ライフスタイル」の定番にしたいものです。応援と賛同のクリックお願いします。 

イネ刈りが終わった

 終盤はケモノに追われるようにバタバタでイネ刈りにたどり着いたが、1号が先週末、昨日で2号と3号、今日は4号のイネ刈りを終えた。

イネ刈り2

 今日は、弟(賄い係)と甥っ子一家が手伝いに来てくれたので、非常に助かった。4号は半分くらい荒らされており、バインダーでは厳しい部分もあったが、倒れているイネは土まみれになっているものも多かったので、機械でやることにした。

イネ刈り親子

 刈り取りと平行して天日干し用の台を組み立てる。鉄筋ハウスを2台組み合わせ、4本の単管を打ち込む。この台を3台作り長いパイプで緊結したので、ビクともしない状態になった。去年は台風がやってきて竹の台も鉄筋ハウスも倒れたのだったが、今年は大丈夫。

イネ刈り

 4号の一番奥は水がひいておらず、コメの出来も悪かったので去年同様刈り残した。全般的に倒れているイネも多く、残念な出来具合だった。1号とほぼ同様の状態。結局、全体の出来具合は3分の2くらいではないかと思う。3分の1程度が獸害にあったわけだ。
色々反省事項は多い。

天日干し2

 今週は雨が降るらしいが、じっくり天日干しして10月の3連休に脱穀・籾摺りの作業を行うことにする。刈ったので一安心だが、ケモノ対策に電気柵で囲うつもりだ。
 
天日干し1
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。総合順位と「ライフスタイル」は水曜日をピークにちょっと低下。ほどほどで頑張りますが「定年後の農業」を「ライフスタイル」の定番にしたいものです。応援と賛同のクリックお願いします。 

侵入者は一体ナニモノだろうか

4号踏み荒らされる
   4号田んぼの惨状(どうもこの1週間でやられたようだ)

 田んぼに入っているヤツはイノシシだろうと推定していたが、どうもご近所の人たちの意見ではシカではないかとのことである。今朝、借り畑の地主さんがうちの前を歩いていたので、ちょうどいいということで様子を見てもらった。地主さんのところでは以前田んぼをやっていたから、専門家である。そうしたところ、これはシカだなとの意見。足跡がシカだと言うことと、イノシシだと手がつけられないほど荒らすから、だそうだ。最近は、イノシシだという前提で穴ふさぎをしていたが、シカならちょっと考え方を変えなければならない。
 しかし、明日でイネは全て刈り取るから、ようやく安全圏に脱出である。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。総合順位と「ライフスタイル」は水曜日をピークにちょっと低下。ほどほどで頑張りますが「定年後の農業」を「ライフスタイル」の定番にしたいものです。応援と賛同のクリックお願いします。 

イネ刈り順調

2号終了

 朝から2号のイネ刈りを始める。まずは、ひどく倒れているところを手で刈る。2号は一番被害が少なく倒れているイネは2割くらい。ある程度手で刈ったあと、バインダーで刈り始めた。まだ青いモミもかなりあるが、ケモノにやられるよりはいいだろう。
 手で刈るのは倒れているヤツだが、バインダーで刈った普通に育っているイネの束は、これまでの2年よりも重い感じがする。よく育っているようだ。バインダーは比較的順調に働いた。
 3号も状態はほぼ同様。バインダーもだいぶ慣れてきたので、ここでは手刈りを省略し、ほとんどバインダーで刈った。3号にうつってからバインダーが不調になりはじめた。時々結ばなくなり、その頻度が次第に増えてきた。困ったときのnakakaneさんに助けを求めたが、どこかで修理中ということで、アドバイスをもらったが、これが実に適切で復調。その後は一気に刈り進んだ。

天日干し2回目

 今年は天日干しの台を変更してみた。「機材の運搬 顛末」で紹介した鉄筋製かごを使ってみたのである。去年は竹を使ったが、台風で倒れたりろくなことがなかったための変更。これはなかなかよかった。特に2段で干せるので、イネをたくさん干せる。明日はこれを2組組み立てる。4号の分は干せるだろうか。

新型天日干し台2

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。総合順位と「ライフスタイル」は水曜日をピークにちょっと低下。ほどほどで頑張りますが「定年後の農業」を「ライフスタイル」の定番にしたいものです。応援と賛同のクリックお願いします。 

満タン燃費とメーター表示の誤差(プリウスα)

[プリウスα] ブログ村キーワード
 トリップカウンターはAとBがあるので、Aを給油時にリセットすることにして、Bを区間燃費用として使い始めている。スタンドでの給油量は33.72Lだったが、メーターでのガソリン消費量は33.51L。その差0.21Lは0.62%とかなり正確といっていい。同じスタンドで、前回と同じ係が給油している。この状況であれば、メーターでの区間燃費は十分信頼できる数字だといっていいだろう。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。総合順位と「ライフスタイル」は水曜日をピークにちょっと低下。ほどほどで頑張りますが「定年後の農業」を「ライフスタイル」の定番にしたいものです。応援と賛同のクリックお願いします。 

プリウスの(満タン)燃費

 今日は、まだ少し早めではあったが、農作業用の軽油とガソリンを購入するついでがあったので、プリウスαにも給油をした。結果は、753.1km走行して33.7L入り、22.35Km/Lとなった。農場往復のみなら25Km/Lが目標だが、市街地走行も混じるので、このくらいになってしまうようだ。
 今日、出発直後に左側を派手に擦ったことが精神的には相当こたえた。そのため、あまり色々考えずに好きに走ることにしたので、いままでとパターンが違う。エンジンを回さないといったことも意識せず、普通のスピードで走行した。80キロ制限の高速では80~90Km、一部ではそれ以上。高速以外も我慢せずに走った。その結果はトータルで22.3Km/L。このくらいが普通に走ったときの燃費ではないかと思う。
 
 横浜から浮島     湾岸線   18.9Km    22.6Km/L
 浮島から金田     アクア    15.6Km    24.2Km/L
 金田から木更津東  圏央道  16.3Km    23.3Km/L
 木更津東から会所  田舎道  33.5Km    20.9Km/L
 トータル                84.3Km    22.3Km/L
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。総合順位と「ライフスタイル」は水曜日をピークにちょっと低下。ほどほどで頑張りますが「定年後の農業」を「ライフスタイル」の定番にしたいものです。応援と賛同のクリックお願いします。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

新米のご飯

モミガラとヌカ

 イノシシやシカとのつばぜり合いで色々心配は続いたが、やっとここまで来た。精米機で籾摺りもやると、肝心の米よりも廃棄物の方が多いようにおもう。いつもは1回ヌカを捨てるだけでいいものが、3回ほどモミガラとヌカを出した。しかし、50分ほど回していると白い米だけが残る。

 さっそくそれをご飯に。「洗ってすぐ炊いたし、どうかね」とカミサンは言っていたが、一口食べただけで幸せな気分になれるのは3年連続同じ。これを食べるために1年間頑張ってきたのである。まあ、手前味噌というかひいき目という部分も当然あるが、自分で作った米ほどうまいものはない。ご飯だけどんどん食べておかずを残してしまうほどだった。今年のメインは明日から刈るミルキークイーンだが、楽しみは続く。

新米のご飯

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。総合順位と「ライフスタイル」は水曜日をピークにちょっと低下。ほどほどで頑張りますが「定年後の農業」を「ライフスタイル」の定番にしたいものです。応援と賛同のクリックお願いします。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

本日の会所

 今日の出鼻で問題発生、車の左側を結構派手に擦ってしまった。カミサンにいわせると、初心者によくあることだというが、全くその通り。まあ詳細は割愛するが、歳取って能力が低下していると自覚。買ったとき、初めて車両保険に入ったことがこのように早く役に立つとは予想もしなかった。
 
今日の田んぼ
 現地の状態だが、一応ケモノの侵入はなかったと思う。というか、先週に比べて目立つような被害はなかったので一安心だった。作業の方は、ハーベスターを持ち出して、先週刈った分の黒米とコシヒカリを脱穀。今日は籾摺り機を出さず、コシヒカリを5キロほど循環式の精米機で籾摺り&精米してこれから試食だ。

脱穀準備

コシヒカリ収穫

 本来なら2俵くらいは取れるはずのコシヒカリが40キロ程度、1俵は穫れるだろうと思っていた黒米は20キロ程度と、いずれも少なかった。今回の1号田んぼは、成育がよかったことが災いしてイノシシの餌食になってしまった。まあ、明日からの2~4号がそれほどひどくやられていないので、期待しよう。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

眼鏡完成

 先日作った眼鏡が予想外に早く届いていた。10日後の完成と聞いていたから、3連休の谷間に届くと予想していたのだが。それで、直ちにかけてみて驚いた。全てのものがはっきり見える。眼が異常に衰えていたと思っていたのだが、それは眼鏡が合わないか、あるいは傷などで駄目になっていたかららしい。細かい字もディスプレイもちゃんと見える。
 気になっていた眼鏡の上からかけるサングラスもほぼピッタリ。ずっと前から気にはなっていて、ずいぶん前に眼科にも見てもらい、眼にはとくに異常はないとの診断結果だったが、もっと早く眼鏡屋に行けばよかった。

顔180


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

定年到達者、及び予備軍の皆さんに告ぐ(檄文)長い

 定年は一つのチャンスである。特に企業という一つのカルチャーにドップリ浸かっていた人にとって、新しい世界を経験するきっかけになりうる。しかし、転身というそれまでの延長でははかれない事態を自ら作ることは大変な労力のいることであり、おそらくは自分一人の決断ではすまない場合が多い。そのように考えを進めると、この機会を逃すと結局あまたのしがらみに抑え込まれ、転身は夢に終わる可能性が高い。
 私自身は、いろいろな幸運や環境・運に恵まれ、そして自信の脳天気も幸いし、定年を機に農業を始めるという機会に恵まれた。恵まれた状態がずっと続くかどうかは定かではないものの、自分の田畑を耕し、自分で作ったものを食べ、日々歳々自然と対峙・会話する生活を営むこと、これは究極の老後の生活ではないかと考えている。
 ところで、私は62歳。サラリーマンとしてはすでに定年を迎えたが、日本の農業者の平均年齢よりは若い。若手農業者といってもいいかもしれない。しかし、考えてみるとゆゆしき事態である。食糧自給率の危機的低下が叫ばれて久しいが、これを防ぐ対策が何か講じられている様子はない。そのような中で農業を担う人の年齢が高齢化し、ついには耕作することもできなくなってしまう事態も珍しくはなくなっているのである。
 そこには我々定農連(定年農業者連盟)の出番があるんじゃないだろうか。たしかに農業を生業にすることには無理がある。ずっと農業をやってきた人でもそうだから、サラリーマンで定年を迎えた方は無理と考えるのが当然。だけど、十分ではなくても年金を頼れる人は少なくないだろう。それに、田舎で自給自足生活というのはあまりお金も必要にはならないようである。このあたりはまたいろいろ説明する場もあるだろう。
 私はこれまでの人生のほとんどを都会で過ごした。従って、農業などはっきり言って視野にはなかった。わずかに関わっていたことといえば、家内が市民農園を借りていたこと、多少は手伝った。それに屋上に田んぼを作っていたこと、これも手伝ったが、イネの不思議さにはなんだか心牽かれた。カミサンがやっていた市民農園は最盛時で40平米くらい、経験もしれている。それにほとんど初めての私が加わって田んぼを含めて3反の農業を始めるというのだから、周囲からは狂気と映ったかもしれない。でも、やってみるとすべては杞憂に終わった気がする。どうやら、放っておいても作物は育つ。問題があるとすれば、農薬を使わないから虫にやられるということ、イノシシやシカに食われることくらいかな。このあたりは過渡期的に週末農家でやっている今の状況にも関係している。専業になる来年はましだと楽観しているが。ともあれ、挑戦すれば何とかなると大きな声でいってみたい。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

今年は米の混合問題を何とかしよう

 普通のうるち米の他に古代米(黒米)を作っている当農場では、使用する機械に残った米が混じってしまうという問題がある。白米の中に黒米が混じる方は、精米したときに黒が白に変わるので始末がよいほうだが、、黒米の中に白米が混じるととても目立つので、暇なときの夜なべ仕事でより分けたりしている。しかし、できればそんなことはしたくない。それなので、一応黒米の処理を先行させ、白米の前に使った機械の掃除をすることにしているが、今までの2年はそれが徹底できておらず、非効率な選米作業を回避できなかった。

黒白選別

 混じる可能性のある機械はハーベスターと籾摺り機だが、今年は明日の午後行ったときに黒米の脱穀籾摺り作業をやってしまい、夜になってから清掃をやることにした。昼間の時間帯に一々バラして奥の奥まで掃除している悠長な時間はないからである。今年はうるち米も2種類(コシヒカリとミルキークイーン)あるが、一応分けるけれどこちらについては多少の混入はやむをえないと考えている。古代米はカミサンが横浜の家で屋上田んぼをやっていたときから10年以上続いているもので、なかなかやめるという気持ちにはならないものだが、そろそろやめてもいいかもしれない。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

ガソリン価格低下中

[プリウスα] ブログ村キーワード
 新聞を読んでいたら「ガソリン半年ぶりの安値」という見出しが目に付いた。省燃費車を買ったばかりの私としてはちょっと複雑な気持ちの部分もある。省燃費の効果が薄れるような気がするからだ。しかし、次の週末には携行缶20Lと軽油20L給油のついでにちょっと早めのプリウスαへの2回目の給油を予定しているから、トータルコストは安い方がいいに決まっている。
 それにしても、主たる使用目的の農場への往復についてみると、180キロ程度を7L弱で走っている。納車直後の1回目は23.5Km/Lだったが、翌週には24.4Km/L、先週末の往復では26.3Km/Lに向上している。これはプリウスαのJC08モード(26.2Km/L)をわずかながら上回っており、満足していい水準ではないかと考えている。

根岸発タンク車

 ガソリンといえば、毎朝根岸線の駅で遭遇する新日石根岸製油所発のタンク車だが、以前はほぼ14量編成だったものが、このところ8~10両に減少している。価格低下との関連は判らないが、ガソリンの需要も減少しているのではないかと思われる。
 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

今週末のイネ刈りに向けた準備

 現場を離れている今、できることといえば状況を推定して予定を立てておくことくらいである。しかし、やらなければならないことは山ほどあるため、箇条書きレベルでもやっておかないと、作業開始後思わぬ事態にあわててしまうことになるだろう。
ということで、とりあえずの箇条書きだが、

  ①先週刈ったイネを脱穀する
    これはハーベスターを、刈った後の1号田んぼに持ち込んでの作業になる。
    面倒なのは、古代米(黒米)に引き続きコシヒカリを脱穀するので
    途中で、ある程度分解して清掃しなければならない。混じったらあとで手選別。
  ②天日干し用のハザを用意する
    あいたところだけでは到底足らない。単管パイプや竹で台を作り、
    それに刈ったイネをどんどん干していける準備をする必要がある。
  ③倒れているイネを先に刈る
    端やUターン部と共に、倒れている稲を手で刈る
    
この3項目が、どちらかというと事前準備に近い仕事である。その後はバインダーで一気に刈って行く。それ自体は対して時間がかからないが、ハザがけの準備や脱穀が済んでいることが前提条件になる。一応、今度の金曜日は午後半日休む予定なので、できることをやっておくことにする。特に、②はそれなりに手間もかかるので、すべての作業に先行してやっておく必要があるだろう。
 まあ、何よりも田んぼにイノシシが入っておらず、問題がないことがすべての前提である。何度も書いているが、それほど今年のイノシシの害はひどいので、現地入りまで本当に心配である。が、それでもイネ刈りというのは何か心が浮き立つようなところがある。去年のイネ刈りのあとから、結局1年かけて色々やってきた、その終着点だからに違いない。以下は、去年のイネ刈り風景、中に登場するプロらしい人は、何でも教えてくれるとなりのおばあちゃん。重要なポイントでは釜やマンノウを持って手伝いに来てくれる。(1枚目の左側の人物ではない)

去年のイネ刈り1

去年のイネ刈り2

去年のイネ刈り3


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

自給自足で菜食シフト中

 今までの60余年間、私の食生活はかなり肉食に偏っていたのだが、自分で作物を作るようになってから、それが大きく変化しつつある。今年変わった主なものは二つ、そのうち一つはトマトだ。

トマトがうまい

 加熱調理したものは別だが、生のトマトはなんだか酸っぱい感じがして、全く食べないということはなかったが、いざとなると顔までが自然に酸っぱくなり、一切れ食べて終わりという感じだった。しかし、今年はトマトがよくできて、農場に行けば真っ赤なやつが穫れて食卓に並ぶ。それがなんだかうまくて、酸っぱくないわけではないけれど、どんどん食べるようになった。前の2年間も作ってはいたけれど、屋根まで作った割には今年ほどうまくできていなかった。7~8月の渇水状態がよかったのだと考えている。ただ、いいといっても量としてはそれほど多くなく、自家消費+α程度だったけれど、来年は少し株数を増やしてもいいだろう。

カボチャがうまい

 もう一つはカボチャだ。トマトよりもずっとなじみがなかったものだ。ほとんど食べたことがなく、なにしろ、皮ごと食べるということすら知らなかった。それが今年の百数十個という豊作である。毎日出てくるので、必然的に食べることになった。
 移行中のものはもう一つ、モロヘイヤだ。どうもあのネバネバは苦手で、食べないものの一つだったが、よく取れているようでたくさん出てくる。おひたしでは量を食べられないということで、最近はタマゴトジになって出てくるのでガンガン食べており、ほぼネガティブではなくなりつつある。
 ネバネバといえばオクラもあった。この野菜、週末農家としてはてこずるものである。1週間経つと、出ていなかったものでも巨大に成長している。去年畑奉行はよほど懲りたらしく、今年はタネを播かなかったので、これはまだ私の中で苦手野菜として残っている。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

最近の沢水の状態

 再三書いているが、いつも雨が降っている印象がある会所に、最近はほとんど雨がない。7・8月とも100mm未満である。そんな具合だから、少々雨が降ったところで沢水の量には反映しない。長く最低記録更新が続いているが、9/11(日)は140秒/6Lであった。水源地に行ってチェックしたら、パイプの落ちどころがずれていて若干取水装置の外に滴るようだったが、それを直してもたいして量には影響がなかった。

水源地

 取水装置やそのあとの配管は、ずっと整備をしようと思いつつ、手をつけることができないでいる。害獣対策にちょっと手間がかかりすぎの傾向にある。この前の週末で、川水の揚水はストップさせて田んぼを干しにかかっている。今後の沢水の役割は、冬の間4号の一角で春を待つ魚たちへの注水である。今年はずっと沢水が少なかったため、川水の揚水量は4時間/日ポンプ稼動で32立米だったが、ほとんど必要なかった昨年と比べると急増である。来年は回復してもらいたいと考えている。
 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、定年後の暮らしでは1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

ブログ村のランキングの件

 先週の中盤から、記事ににほんブログ村のバナーをつけてみました。読者の皆さんがこれをクリックする数でランキングを決めるというものです。本当にご覧になっている皆様の応援の結果なんですが、あっという間に登録しているカテゴリーのトップクラスに上ってしまいました。あれよあれよ、とはこのことです。管理情報をみると、ブログ村から来られる方の急増傾向が顕著です。
 そこで、その上位のカテゴリーの「ライフスタイル」の中での順位に注目してそのバナーも貼ってみました。なんだか調子に乗っているようですが、私の気持ちとしてはそんなことはありません。私のBLOGが目指す定年帰農者を増やすという目標のようなもののために役立ちそうだからです。定年後の農業生活を、一つの典型的な「ライフスタイル」にしてしまうことは私の目標とごく近いと考えたのです。
 話は飛びますが、私の田んぼの隣は耕作放棄地です。10年ほど前まではコメが作られており、一家の生活を支え、息子さんたちが育っていきました。そのうち、ご主人が亡くなり、残された奥さん(現在85歳くらいかな、おばあちゃんです)は、たった一人でそこにとどまっています。しかし、田んぼまでやることもできず、終戦後にご夫婦で開拓した田んぼはイノシシの住処になってしまっています。私としてはもちろん困ったことですが、それぞれ生活を持っている息子さんたちもどうすることもできないし、その中で何とか解決策を模索していくしかないんでしょう、きっと。
 これは、日本の各所で当たり前のように起こっている現実だと思います。こんな状況の中で一つの区切りを通過し、新しい転機を迎えた我々の仲間が何か力を発揮できそうな気がしています。私は62歳ですが、農業者の平均年齢はもっとずっと高く、私など若輩者なんですから。そんな思いから「定農連(定年農業者連盟)」なんていう団体を立ち上げるのもぜひやってみたいと思います。私の作るコメ野菜は質実剛健です。薬は使いません、だから強いモンじゃないと実になりません。ちょっと曲がっていたり傷があるのも当たり前です。しかし、自然の味で安全です。そんなものを孫たちに食べさせたいと思いませんか。それをさらに広げて、社会の中に自分たちの生産物を広げていくのも、これまた楽しみに違いありません。こんなことにご賛同いただけたら、ぜひクリックしてください。もちろん、定年と無関係でも一緒にやりましょう。
 
ちなみに、9/12 23:00現在、「ライフスタイル」では64位です。始める前は5,283位でした。ついでにもうひとつ、総合ランキングというものがあります。これは始める前の122,778位から3,276位になりました。大躍進ですね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、定年後の暮らしでは1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

秋めく夕空

 今朝も暑かったが、夕方になって仕事場で振り返ると、富士山が見えた。なんだかこんな富士は久しぶりである、秋だね。ちょっと前に「怒る富士上・下(新田次郎)」という本を読んだが、そのことを思い出した。
 私のデジカメは、壊れたり擦り切れたり、はたまた貰ったりして数か月たつと変わるのだが、現在は耐震防水型2代目。こういう時の描写力や解像度には不足もあるが、週末のヘビーデューティーな生活にはよく応えてくれる。富士の写真も雰囲気は伝わるから及第ということにしておこう。

秋めく夕空


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、定年後の暮らしでは1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

プリウスαの高速燃費について(9/11走行結果)

[プリウスα] ブログ村キーワード

 昨夜の走行結果は書いたが、実は途中の高速道路については分けて確認している。つまり、木更津東ICから圏央道・アクア連絡道経由で木更津金田までと、アクアラインを分けて測っている。それによると思わぬ差があることが判明した。
                   区間距離     燃費
 B1)木更津東IC--->木更津金田  16.6Km  29.7Km/L
 B2)アクアライン             15.1Km  34.2Km/L

両区間の特徴を整理してみよう。
     B1区間            アクアライン
     ガラガラ            それなりに車は多い
   丘陵をいくつか越える      トンネル両端は上り、海ほたる周辺高い
  緩やかなカーブの連続        ほぼ直線

B1区間は完全に自分のペースで走れるが、丘陵地帯を縫うように走っており、上り勾配がアベレージを下げるが、続く下り勾配ではあまり回復しない。これからちょっと調べてみるが、下り勾配がゆるかったりすると、充電せずにむしろ速度維持のためにモーターで電気を使ってしまうことになる。そのケースではないかと思う。
アクアラインは、私が通過する20時台はまあまあの交通量で、かなり広めの車間距離で走っている状態。80キロの制限を余り下回るわけにはいかず、速度の維持は必要になる。昨日のアクアラインでは、メーターを瞬間燃費表示にして、微妙にアクセルをコントロールしながら80キロ近辺を維持して走ったが、踏み加減で10キロ/L内外から30キロ/L以上と結構な差がある。こうした走り方が好結果の理由だろう。また、両側の勾配は結構あって長いので、エネルギーの回生はしやすい。とくに川崎方面行きの場合、海ほたる手前からトンネルに入る下りは長いので活かせば効果的、うまく使えば好結果につながるようである。

 短距離区間の走行の考察結果であり、絶対的なものではないだろうが、これからも農場往復の際は個々の区間別の数字を測定し、継続的に分析してみたい。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、定年後の暮らしでは1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

最初のイネ刈りを終えて

今日の田んぼ
 
 イネ刈りのあとの田んぼでは、切り株が規則正しく点々と並ぶものだが、うちの1号田んぼは残念ながらそうはみえない。倒れたイネが土を覆って敷き詰めたようになっている。本当にイノシシというやつはとんでもない。昨日、借り畑の地主さんと話をしていたら、その日葬式で火災まで出かける道すがら、2回もイノシシに遭遇したそうだ。例年よりも人の住む領域に進出してきているらしい。そんな連中に気に入られた私の田んぼは、相当大変である。考えてみると、お盆休みのころから電気柵を張るなどの害獣対策にかなりの時間を取られていたが、今度の土日にいろいろやった対策の効果を期待したい。まあ、祈るしかないかも。
 あらためてこうやって見てみると、向こう側の休耕田を何とかしないと、いくら穴を塞いでも向こうから入ってくるわけだ。正月に刈ったときは、向こうのおばあちゃんはとても恐縮して、かえってこちらが申し訳けなく感じるぐらいだったが、去年までと明らかに違う今年のイノシシの攻勢を考えると、月に一度くらいは刈りに入らないといけないだろう。まあ、来年は専業農家だし、時間はできるはずだ。
 
 1号のイネ刈りは、イノシシに踏み荒らされたイネを救う緊急避難的なもので、刈っていても張合いがないことおびただしかった。本来の予定は9/17~19と9/23~25の2回の3連休としていたが、いろいろ書いたように4号田んぼのかなり被害を受けている状況も判明したため、前半の方でできるだけ刈ってしまうことにした。多少ぬかるんでいるだろうし、若干早いかもしれないが、やられるよりはましである。天日干しの量が倍に増えるので、何らかの工夫が必要になる。

天日干し



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、定年後の暮らしでは1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」を「ライフスタイル」の定番にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

本日の燃費(プリウスα)

田舎屋の玄関先
    農家の玄関先のプリウスα

  区間別燃費                    正味距離     区間燃費    同先週
 A)会所-->木更津東IC             31.4㎞    34.4Km/L   30.9Km/L
 B)木更津東IC-->アクアライン浮島     31.7㎞    31.5Km/L   27.0Km/L
 C)アクアライン浮島-->横浜市中区     24.6㎞    24.2Km/L   25.2Km/L

Aの信号がほとんどないガラガラの田舎道では、34.4Km/Lと、これまでの区間燃費の最高記録。Bの80Km制限高速では、70~80キロで走行した結果31.5Km/Lとこれも先週より向上。Cはアクアライン浮島から一般道で横浜本牧までだが、これのみ先週より下がった。合計では29.9Km/Lと先週の27.7Km/Lから向上した。

A区間がいいのは、完全に自分のペースで走れるからだと思う。信号もいくつかあるが、ずっと前から赤信号を避けるような調整もできる。B区間は瞬間燃費を表示させて走ったが、微妙なアクセル調整で、80キロ走行でも30Km/Lといった高燃費で走れることもわかってきた。その結果、高速でもかなり高い数値になった。トータルでは、30キロを若干だが下回った。自宅の手前に700mの急な上り坂があり、ここでガソリンをはき出してしまい、悪化する。全般的に上り坂では数値が急激に下がるので、それのしのぎ方がポイントかも。平坦な道を選ぶこともよさそう。

エンジンルーム
    エンジンルームはとてもきれいだ

 初回の給油後、640.9キロを走り、その間の平均燃費は23.6Km/Lであった。トラクター用の経由と農機具用のガソリンを買う必要があるので、来週末はちょっと早いが給油をすることになる。車載メーターとの誤差はどのくらいだろう、興味深い。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、定年後の暮らしでは1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

9/11午後の作業

耕耘1

 カミサンが冬野菜のタネを播かないと遅れてしまうというので、ウルトラポチを連れ出して耕耘、そのあと管理機に取り替えて畝立て、という一連の作業を行った。場所は、下の畑の葱/カボチャ跡、大体100平米強。続いて中の畑・キュウリの跡、ここは狭くて40平米くらい。

耕耘2

 終了後、第2農場に出かける。実は早朝にちょっと雨が降ったので、ホウレンソウのタネに水をやる仕事を後回しにしていたのだが、見に行くと案の定カラカラ。すぐに家に帰り、運搬車に見ずとポンプを載せ、それごと軽トラに積み込んで第2農場に戻った。まだ少ないかもしれないが60Lほど水をやり、午後の仕事は終了。

水撒き

水撒き1

 そういえば、最後に4号の水位を下げた。午後一番で越冬池に魚粉を撒いて、できるだけそこにサカナを集めたつもり。田んぼに残っていたら、間違いなく干物になってしまうからね。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、定年後の暮らしでは1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

ケモノの動向

 今日の明け方、開けていた田んぼ側のガラス戸を閉めるとき、LEDライトを田んぼ側に向けたら、何かの気配がした。すぐに外に出てみたが、何もいる様子はない。よく、鳥が田んぼに泊まっているので、そのケースかなと納得して2度目の眠りについた。

4号北側2

 今朝、電気柵下の草を刈るため、4号の休耕田側にいってみたら、何だかイネが荒らされていた。よくよく見てみると、電気柵の内側に沿って荒らして回った様子だ。犯人はイノシシに間違いないだろう。他から入って出ようとして電気柵に阻まれた様子。そのときかどうかは不明だが、以前塞いだ柵にあいた穴も、こちら側から出ようとして掘った形跡が残っていた。

休耕田側の穴
 
 さらに草を刈っていくと、一番奥の竹藪ゲートのあたりに侵入した形跡が残っていた。

竹藪ゲート1

竹藪ゲート側侵入口

まず、ゲートがこちら側に倒されていた。そして田んぼ側の柵にも侵入痕、その内側の電気柵には跡は残っていなかったが、隙間が広いので下をくぐった可能性がある。ということで、
    ゲートはちゃんと立てて、下側にトタン板
    柵にはワイヤーメッシュ
    電気柵には少しワイヤをを垂らす
という具合に、3段階で防御対策をした。

竹藪ゲート2


竹藪ゲート側侵入口2

 4号田んぼだが、普通に通っている位置からは見にくいが、約3分の1くらいは被害を受けていることが判明した。これは昨夜だけではなく、以前に受けた被害もあると思う。今日もこれから再チェックをするけれど、安心はできないようだ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、定年後の暮らしでは1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル(9/11昼現在90位)」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

明日の仕事の計画

 明日の朝、雨が降るとの予報である、先週末ホウレンソウのタネを播いたあと、結局雨が降っていなかったので、ようやくという感じだ。ただ、こういう状況では何度も騙されているので、雨が降らなければ水をやろうと思う。第2農場の一番奥なので、気分的にはかなり遠い。

 その次の仕事は電気柵の下の草刈りである。先ほど電圧を測ったら2000V位だったが、できれば3000Vのランプがつくくらいの状態にはしておきたい。ここでイノシシ人でも入られたら悔しいからね。

 その次の仕事は、イネの天日干しの台(ハザ、オダ)をつくること。3連休2回で残りを刈るが、量的には今日の分の倍以上必要になる。空になった1号田んぼに設営をすることにしよう。

 いつもイネ刈りの時は足が疲れる。干してはあるが田んぼは足元が悪いし、今日は倒れたイネが多かったから同じところを何度も通ったりして、いつも以上に歩き回ったようだ。早めに寝て回復させないと。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ありがとうございます、どうやら急上昇中です、虹色のバナークリックをよろしく。 

午後もイネ刈り

 昼休みを挟んで、午後もイネ刈り。今年の1号田んぼは途中までとても順調で、分けつも多く穂も大きかったのだが、食い荒らされているため束にしてみるととても軽い。などと愚痴を言っても仕方がないが、どうもモチベーションが低いため、疲労感がある。それで、干してみるとこのくらい。
 
天日干し2

 コシヒカリは70~80キロ、古代米が30キロくらいだろうか。一応自家消費分は確保できた感じだ。古代米はそんなに食べられないが。2~4号の水はとめたので、来週からそちらのイネ刈りを始める。残りはミルキークイーンである。
 電気柵のおかげで先週はケモノが入らなかったため、今日は少し余裕ができて、予定より早くイネ刈りを一部終わらせることができた。明日の予定は今のところ未定。

天日干し
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ありがとうございます、どうやら急上昇中です、虹色のバナークリックをよろしく。 

1回目のイネ刈り

バインダー1

 バインダーのヒモが少なくなっていたので新しいものに交換し、その試運転も兼ねて1号田んぼのイネ刈りをした。再三書いているが、この田んぼは獸害を酷く受けており、半分以上のイネが倒れている。倒れたイネは、ほとんど穂を食べられているか土についており、残念ながらどうにもならないので、それらを踏んづけながらバインダーを歩かせた。

刈り取り後

 今年で3回目のイネ刈りだが、これほど酷く倒れていたのは初めてであり、稻束の出来も悪く、機械のあちこちにイネが潜り込んで詰まる。時々分解しながらの作業となった。刈り取った跡には穂のついたイネが一面に散乱しておりとても残念である。だが、この1号を除けばまだ被害は大したことはなく、時期が来る今月後半までケモノ対策には万全を期したい。
 

刈り取り後2


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ありがとうございます、どうやら急上昇中です、虹色のバナークリックをよろしく。 

今日の燃費(プリウスα)

 横浜から農場へのルートはこれで3回目、トータル燃費は20.4㎞/L(8/26)、21.7㎞/L(9/2)、そして今日の23.5㎞/Lと次第に向上している。次第に慣れてきているということだろう。今日はアクアラインの木更津金田で一般道に降り、高速の比率を少し減らしてみた。本日の総走行距離は91㎞だった。種類別の燃費は次の通り。
 
 A)横浜市中区-->アクアライン浮島  24.3㎞  23.2㎞/L
 B)アクアライン浮島-->木更津金田  15.7㎞  22.5㎞/L
 C)木更津金田-->会所         51.0㎞  24.0㎞/L

 Aは市街地の一般道、Bは80キロ制限の高速道、Cは田舎道(信号は少なめ)である。大体制限速度レベルで走行した。前の車(カローラフィールダー1.8L2000年式)の倍は走りたいと思っていたが、これならいいときの倍だ。(取り替える直前、N走行を多用して15㎞/Lを超えたことはあったが、それは例外、標準は12㎞/L程度)
 ただ、一般道が増えた分時間がかかった。ほとんど車がなく、房総側の一般道は信号も少なくて自分のペースで走れるから、プリウスαで走ると結構快適だが、時間のことを考慮すると高速(アクア連絡道+圏央道木更津東まで)を使う方が合理的であると痛感した。。
 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ありがとうございます、なんだか急上昇中です、虹色のバナークリックをよろしく。 

会所農場は小康状態だった

 到着して田んぼを見回るのはちょっと心配な仕事であった。しかし、ずっとイノシシ+シカに入られていた農場の田んぼは、この1週間目立った被害を受けていなかったようだ。月明かりで見た程度なので多少はやられている可能性もあるが、相当酷い状態になっている1号田んぼ以外は先週とそれほどかわっていない。イノシシが入ったとすればこれでは収まっていないだろう。どうやら、ゲートの柵の上を塞いだことが効いたのかもしれないし、休耕田側の穴を塞ぎ、電気柵をヴァージョンアップしたことも効果があったと思う。ただ、ずっと近所の犬が吠えているので、あたりにナニモノかがいるのは間違いのないところだ。
 1号のイネは、残っているのは3分の1程度、明日刈ってしまうことも考えている。2~3号のイネは、まだ葉が青いので刈り取りは2週間後くらいだろうか。今週、水をとめることにした。
 いまの被害は、古代米7割程度、コシヒカリ4割程度、ミルキークイーンは2割程度。米全体をざっくりにらむと2割強の被害といったところだ。ここで踏ん張ってとめておきたい。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ありがとうございます、なんだか急上昇中です、虹色のバナークリックをよろしく。 

専業農家への転身について

 定年後、再雇用という立場で引き続き勤務先に世話になっていたが、今年いっぱいで3年間が経過する。総理大臣に換算すると3人分だ。まだ年金が満額でるわけではないが、そろそろ潮時という感じがしていた。田んぼ2反と畑2反は週末農家には手が回りかねるところもあり、40年間続いたサラリーマン生活を終わりにして農業に専念することにした。大多喜町の農業委員会からは農家として認定されたけれど、まだまだ生業というレベルには達しておらず、自給自足+α≒かかった経費の回収程度だが、趣味として考えればこれほど面白いものはないんじゃないかと思っているので、仕事を離れることによる空洞化現象はないと思う。むしろ、今までやっつけ仕事で済ませてきたもの(農業の方での話)を、きちんとやれるのはありがたいと考えている。まあ、何をやってもやっつけ仕事になってしまうという性格上の問題はあるので、変わらないという推測もしているが。

 ということで、現在の契約が終了する今年の暮れであらためて退職して専業農家に転身する。これまでは週末と長い休みに農場に行くというパターンだったが、週二日の横浜の家での仕事(直売所他)以外は柔軟に行き来することになる。当然、農業以外の制約もなくなるため、旅行などへも行きやすくなるだろう。だが、体がよく動くうちに農場の状態をレベルアップし、齢をもうちょっととっても農業を続けられるようにしておくということが、今の最も大きな目標である。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ありがとうございます、なんだか急上昇中です、虹色のバナークリックをよろしく。 

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード