イノシシについての学習

 今年のケモノの被害はひどいと思う。稲刈りとその前の準備で忙しくなるのだが、やられたら元も子もなくなってしまう。ということで、あらためて youtube から参考になりそうなものを探してみた。都会にお住いの皆さんにはあまり関係はないと思うけれど、山間地の農家にとっては実に切実な問題だ。この後、シカやサルも探したいが、消化不良になりそう。

 電気柵は、少なくともイノシシには有効な形にしたつもりだが、本日行ってみた具合では箱ワナを作るといった思い切った対策も必要かもしれない。時間との相談になるけれど。 

 

 
 
 

島根県の箱ワナ設計図

 さらに、こんな本も注文した。待ったなし、の状況である。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ありがとうございます、なんだか急上昇中です、虹色のバナークリックをよろしく。 

BLOG名の変更 「定年後・田舎作って・コメ野菜」

 タイトルは一度変えてみましたが、なんだかしっくりいきませんでした。特に「挑戦」なんて言葉を入れたんですが、年齢相応にゆったりやることも必要で、そんな雰囲気のあるタイトルがいいと考えていました。
 ちょっと話は変わりますが、9/7から「ブログ村」のバナーを入れてみました。そうしたら、皆さんのご協力のおかげなんですが、ランクがどんどん上がってきて、すごいことになっています。たとえば総合ランキングだと、56万サイトのうちの12万位くらいだったのが、今朝は1.4万程位に上がってきました。ライフスタイルというカテゴリーでは、3.1万サイトのうち5000位程度だったものが、300位くらいです。「定年後の暮らし」では一ケタの6位でした。順位は週間合計ベースらしいので、来週初めにはもっとすごいことになる可能性があります。
 私のBLOGの基本コンセプトは、同じ世代の皆さんに「やってみませんか」というメッセージを送ることです。私は40年間サラリーマンをやってきましたので農業など未経験でしたが、それでも大丈夫、やってみるとこれは面白い、そんなことを伝えたくてやっているのです。それから考えるとブログランキングは今後利用しようと思います。それに、中身をもっとよく表現したタイトルにもしなければと考えたのがこれです。「定年後・田舎作って・コメ野菜」、我が国古来のリズムです。なんだか力が抜けていて、ちょっと気に入りました。
 そんなわけで、これから記事には「定年後の暮らし」のバナーを貼らせてください。まあ、手抜きの記事もありますが、納得できるときはクリックお願いします。なお、何回押しても1日1ポイントらしいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ありがとうございます、なんだか急上昇中です、虹色のバナークリックをよろしく。 

ブドウが食べ頃になった

 横浜の家で、半分日よけの役割で作っているブドウについては何度か書いたことがある。最近では、6月に「横浜のブドウが育っている」という書き込みで報告したことがある。その頃はスズメに狙われ始めており、カミサンが袋を被せていたのだが、ようやくちゃんとしたブドウに育ってきた。その程度で防げるのだから、農場のケモノよりはよっぽどかわいいものだ。

うちのブドウ

 そのブドウだが、粒は小さいけれどなかなか美味い。甘いだけでなく酸っぱさも微妙にあって、ちゃんとした果物になっていた。この樹は3年目、去年は大したことはなかったが、もう一人前、堆肥などをやってもっと頑張ってもらうことにしよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ありがとうございます、なんだか急上昇中です、虹のバナークリックをよろしく。 

管理機の不調・回復

 ちょっと前から大きい方の管理機のエンジンがかからなくなっていた。ずっと電気柵メインだったからチェックもせずに小さい管理機を使ってしのいでいたが、先週末は第2農場でまとまった面積の畝立てをする必要があり、状況を確認した。
 
管理機不調2
 
 原因はすぐに判った。エアクリーナーのオイルがFULLよりも上、満タンになっている。燃料コックを閉めなかったため、そこにガソリンが流れ込んだという初歩的なミスだったようだ。中身を捨ててきれいにして、オイルを入れてエンジンをかけるとあっけなく始動。
 毎回、使うたびにアポロの耳が壊れていたが、今回は100坪もやった割には大丈夫。少し設定を深めにし過ぎていたようだ。

管理機不調1

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ありがとうございます、なんだか急上昇中です、赤丸はついていませんが。左のバナーをよろしく。 

変なタマネギ

 お盆休みの終盤にタマネギを植えた。「本日(8/19)の作業」ではちょっと説明したが、かなり怪しい素性のものである。一部重複するが、2年前に種を播いたが、時期が遅かったのか十分に育たなかった(小さい)タマネギを、昨年もう一度植えたもので、今度は分けつしてニンニクかラッキョウのような変なタマネギになってしまった。それをまた植えたのである。

変なタマネギ

 本当のタマネギには多分ならないだろうという前提で、もっともケモノにやられそうな場所を耕耘して植えたのだったが、そんな連中に限ってずいぶん元気で、こんな芽が出始めている。雑草をもしのぐ勢いだ。葉が何本も出ているので既に盛大に分けつしているらしい。やっぱりちゃんとしたタマネギに育つのはあきらめた方がいいだろう。こうなると葉タマネギとして考えるしかなさそうだ。
 それにしても、こんな状態になった変種のタマネギについては全く情報を探せていない。まあ、この先ちゃんとしたものに育ったら研究することにしよう。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ありがとうございます、なんだか急上昇中です、赤丸はついていませんが。   左のバナーをクリックしてください、お願いします。 
 


イネ刈りの準備

 先週は竹を切りに行けなかったが、今週末から稲刈りの準備を本格的にやらねばならぬ。天日干しは、当面の分は屋敷と田んぼを区切る柵に並べれば大丈夫だが、まず田んぼの水を落とす必要がある。シカもしくはイノシシに倒された1号は既に水を止めてあるので、今度の週末は残る3枚への水を止める。
 そうなると気になるのがメダカやドジョウである。4号田んぼを通さずに3号との間の通路に沢水を通す配管はやってあるので、本来なら4号田んぼの尻側にある越冬池に沢水が直行するはずなんだが、その通路はイノシシに掘られている。ケモノの被害は実にいろいろである。会所農場のイネ刈りは2回の3連休でやるつもり。だが、去年はイノシシの侵入を事前に察知して、頭にライトをつけて夜中にバインダーで刈った。そんな異常事態にはしたくないが、なにぶん相手次第のところである。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ランキングを意識してみました。左のバナーをクリックしてください。

眼鏡を作る

 最近、ものがよく見えなくなってきた。目も悪くなっている(加齢黄斑変性症)ようだが、眼鏡の度も合わなくなっているんじゃないかと思い、仕事を早引けして眼鏡屋に寄ってみた。
 いまの眼鏡は、どう考えても10年近くは使っており、細かい傷が沢山入っていて、眼鏡拭きでもきれいにならない。最近の休日農作業が拍車をかけた感じだ、泥まみれだからな。眼鏡屋では普通それまでの眼鏡の度を測って参考にするらしいが、私の古い眼鏡は測定不能だと、係員さんは残念がっていた。
 約40分間の測定とサンプルレンズでのチェックで、私の乱視入り2焦点眼鏡の仕様は決定した。フレームは一番単純なチタンフレームのものにしたが、最近の眼鏡の流行は小さめのようで、これまでの眼鏡だとはみ出してしまうオーバーサングラスも楽々入りそうな大きさのものになった。そのサングラス、調光式+偏光の高機能のもので、田んぼでの作業にはきわめて重宝。遠くのメダカもちゃんと見えるのである。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ランキングを意識してみました。左のバナーをクリックしてください。

雨、降って欲しい

 いま、横浜市中区では大雨が降っている。ウエザーニュースの雨雲レーダーで見ると、最近流行といってもいい局地的な雨である。それにしても、台風の影響で日本のほとんどに大雨が降ったけれど、会所農場の周辺はほとんど降っていない。そんな状況が7月初め頃から続いており、この前は沢水の量も測る気がしなかった。
 日曜日にはタネをかなり播いたが、中でも気になるのがホウレンソウだ。中央アジアあたりが原産のこの野菜、なかなか発芽しないのである。一生分の水分に会うとようやく発芽するという安全装置がついているらしい。一昼夜水につけておいて、発芽抑制酵素を洗い流すといいらしいが、いつも予定通りにやっているわけではないのでそこまでやったことはなかった。水を撒くほどの時間的余裕もなく、雨期待だった。去年はイネ刈り後の田んぼに植えたのだが、遅かったのかそれとも水が少なかったのか、とても育ちが悪かった。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ランキングを意識してみました。左のバナーをクリックしてください。

プリウスαの燃費分析(標高差について)

 前の記事 「標高差と燃費(会所の場合)」 を、もう少し掘り下げてみた。プリウスαが来てから10日が経過したが、平日は仕事があるのでなかなか距離を伸ばすことができない。ODOメーターはまだ547キロ、最初に給油をしてからの走行距離は452.5キロだが、まだ19.3Lしかガソリンを消費しておらず、給油まではまだ400~500キロくらいは走れてしまう。細かい燃費の情報は何度か書いているが、給油してからの平均燃費は23.42㎞/Lである。
 メーターパネルの隅にあるオドメーターは、距離だけでなく瞬間燃費・平均燃費・走行可能距離を表示させることができるが、私の場合はもっぱら平均燃費を表示させており、走行条件による燃費の上下を確認して、このとんでもなく面白い機械の性質を分析中である。このBLOGをご覧になっておられる皆さんは、沢水や降雨量の分析をしたりする私の特性や習性をご存知かもしれないが、これはなかなかに面白い分析対象である。
 まだ農場との間を2往復とその他の経路を少ししか走っていないけれど、もっともよかった区間燃費は33.0㎞/Lとなかなかのものだった。しかし、これにはわけがあった。海抜200mの農場からスタートする場合と到着する場合では大きく違うのである。会所農場を起点として、向かうときともどるときのデータを整理すると次のようになる。
 
                標高差  区間距離  区間燃費    同上り
 会所--->木更津東  ▲180m   32Km   32.0㎞/L
               ▲180m   32Km   30.9㎞/L
 木更津東--->会所  +180m   32Km            21.1㎞/L
               +180m   32Km            21.1㎞/L
                    
 会所--->茂原     ▲188m   45Km    33.0㎞/L
 茂原--->会所     +188m   45Km            21.3㎞/L
                    
 会所--->鴨川     ▲190m   23Km    26.9㎞/L
 鴨川--->会所     +190m   23Km            18.0㎞/L
     鴨川往復はカミサンが初めて運転した結果

会所から出かけるときの数値はかなり良い。カタログの10・15モード値を上回ることもあるが、反対向きの数字と比較すれば出来過ぎのようだ。やはり出発地と目的地の標高差がかなり影響していると思わざるを得ない。1.5tの物体を200mも持ち上げるエネルギー、またその位置エネルギーの大きさはかなりのものだと思うが、これは物理を復習してみないといけないかも。ハイブリッドだと、下り道では発電によりエネルギーの回収ができるから、燃費の向上にかなり寄与していると思う。会所発の下り道の燃費を向上させるには限界があるように感じているので、上り道をどのようにしのぐか、これが向上のポイントではないか。茂原や鴨川は日常的に行っているし、木更津東往復は毎週通う道であり、データはどんどんたまる。継続的に研究してみたい。
 なお、往復の差にはバラつきがあるけれど、これは2地点間の距離、途中の坂の多さ、平坦な部分の割合などの違いによるものではないかと思う。このあたりがわかれば向上の手がかりになるだろう。そろそろ瞬間燃費を表示させて、そのあたりをさらに調べてみようと思い始めているところだ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ランキングを意識してみました。左のバナーをクリックしてください。

農地取得が少し容易に(大多喜町)

農地取得等に係る下限面積要件が変更されました

 最初に町の頁へのリンクを置いたが、私の農場がある大多喜町では、農地取得に関わる下限面積を10アールに引き下げたらしい。これは新規就農の敷居を下げるには役立つ可能性がある。
 農地の売買には農地法というものが大きく立ちはだかっている。もともと農家であれば、農地を取得して自分の名義とすることに問題はないが、私のように全く無関係だった人間が農地を買っても認められない。仮登記ということになる。
 それを乗り越えるには、農業をやっている実態、あるいは計画を自治体の中に設置してある農業委員会に提出し、承認を得る必要がある。これは、単に作物を作っているだけでは認められず、できた農作物を販売する計画、要するに「農」だけではなく「業」としてやっていることを証明しなければならない。これだけでも障壁は高いが、営農面積が50アールを超えるということも条件になっていた。私の場合、自己所有で仮登記済みの農地は40アール程度、それだけでは不足していたが、ご近所の農地(20アール)を借りることができたので、こちらの条件も満たすことができたが、普通の感覚では5,000㎡の農地というのは半端ではない。私のところは、実質でいうと畑2反歩(2,000㎡)+田んぼ2反歩だが、週末農家ではいくらあくせく働いてもこの規模では手に負えない部分が出てくる。定年になってのんびりとやろうと思ったら、10アール=1反歩くらいがちょうどいいような気もする。そんなこともあってか、50アール以上といった農地は普通のマーケットにはまず出てくることもない。が、10アール以上なら農地売買が可能ということになれば、事情も変わってくるに違いない。大多喜町、いいところですよ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ランキングを意識してみました。左のバナーをクリックしてください。

今年の落花生

 2年続けて害獣にやられたので、今年は一応電気柵で保護されたエリア(第2農場)で作っているが、この間想定外のところからシカが侵入して、落花生の隣に植わっている大豆の葉を食べられた。今のところ落花生の株に被害はないが、波乱含みである。出来栄えはまだ不明だが、中盤に草にいじめられており、その影響が懸念材料である。
 私は半立種という晩生を作っているが、ご近所さんや地主さんは早生か中生を作っており、もう収穫を始めているので、少し落ち着かない気分になっている。それに、うちの落花生には今頃花がついているし、葉も青々としており、まだそんな雰囲気ではない。もうちょっと辛抱してみよう。こういう時に、害獣への警戒が必要だが、特に何もせずに帰ってきてしまった。

 豆つながりだが、今年は大豆も作っている。しかし、茎や葉は大きくなっているにもかかわらず、花が遅れており、実もほとんどついていない。播いた時期が遅かったのだろうか。一応、直売所で買った大豆には「在来種」と書いてあったが、ちょっとそのあたりも疑う必要があるかもしれない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ランキングを意識してみました。左のバナーをクリックしてください。

今日の燃費(プリウスα)

 2回目の会所->横浜間の燃費だ。

 区間別燃費                    正味距離     区間燃費    同先週
 A)会所-->木更津東IC             31.4㎞    30.9Km/L   32.0Km/L
 B)木更津東IC-->アクアライン浮島     31.7㎞    27.0Km/L   28.4Km/L
 C)アクアライン浮島-->横浜市中区     24.6㎞    25.2Km/L   22.4Km/L

Aの信号がほとんどない田舎道では、今回もカタログ10・15モード並み、ただ標高差が180m程度あるための高燃費だと思う。Bの80Km制限高速では、70~80キロで走行した結果27Km/Lとなかなか好調、70㎞程度で走った先週には若干及ばない。Cはアクアライン浮島から一般道で横浜本牧までだが、先週よりは改善して25.2㎞。合計では27.7Km/Lと先週の27.9Km/Lと大体同じ数値。逆行した場合は21キロ程度とずいぶん数値が違うのが不思議である。

9/4の農作業

 ずっと害獣対策に追われていたが、昨日ゲートの上にテープを張ったことで1段落(したつもり)。今日は久しぶりに普通の農作業を行った。
 朝から軽トラに管理機を積み込んで第2農場に出かけた。まず、地主さんのトラクターを借りて、ジャガイモ畑のあとを耕耘。続いて、前にタマネギを植えている北側の畑をもう一度耕耘。そのあと、管理機を降ろしてタマネギの横に持っていき、畝を立てた。

第2北地区1

第2北地区2

 この畑は大体120㎡くらいで、うち20㎡にタマネギらしきものを定植している。残りに小松菜4列(×10.5m)、ホウレンソウ(洋)3列、ホウレンソウ(和)3列、赤カブ2列を播いた。ここで午前中終了。

第2ダイコンカブ畑

 午後は管理機をジャガイモ畑の跡に移動させ、畝立て。ここには、聖護院カブ8列×15m、ダイコン2列、赤カブ4列。ここにはあと3列空きがあるが、あとは葉物を何か植えよう。
 これで本日の仕事終了。いつもいい加減に播くから間引きが大変というカミサンの強い指導で、適正量を播くことに努めたので、普段の数倍疲れた気がする。本当は水を撒く必要があるのだが、300㎡ほど播いたのでそこまではできなかった。雨乞いでもするか。

 第2農場を借りるときの一応の約束は屋敷の南側を借りるというものだった。しかし、タマネギに続いて菜っ葉などを播いたので、地主さんに「裏も借りるよ」と一応声をかけたが、「ああいいよ、だけどシカが入ってるよ」。確かに足跡が。ここの電気柵は改良の余地がある。

足跡


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ランキングを意識してみました。左のバナーをクリックしてください。

大多喜町の新米測定結果について

 1ヶ月ほど前、ポストにチラシが入っていたのだが、その内容は測定結果が判明するまで、今年のコメの販売や贈答などを行わないように、という大多喜町からのお知らせだった。
 その後、何も結果の知らせがないと思っていたが、先ほど町のHPで確認したところ、会所の隣の地区(粟又)をはじめ、町内3個所で測定した結果が出ており、いずれもセシウムは検出されなかった模様で、以下の見解が出ていた。
 
     なお、米につきましては、本分析結果に伴い安全性が確認されましたので
     出荷・販売・譲渡・贈答ができるようになります。
     
 それはいいのだが、こちらでは放射能ではなく別の問題(獸害)が発生しており、月末まで大きな被害がないように祈っているところである。今月2回ある3連休にイネ刈りを予定している。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ランキングを意識してみました。左のバナーをクリックしてください。

本日の農作業

ダイコン・カブ畑1

 今日は大して仕事をしなかった。カミサンがダイコンとカブを植えていたので、その手伝い。1週間前に植えたものはちゃんと芽が出ている。明日は第2農場にホウレンソウや小松菜のタネを播こうと思う。

ダイコン・カブ畑2

 サトイモは、一時期何かのケモノにやられたが、回復して元気になっている。

サトイモ畑



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ランキングを意識してみました。左のバナーをクリックしてください。

標高差と燃費(会所の場合)

 午後は雨風で大荒れというので、茂原まで一っ走り行ってきた。行きは、40キロの工程を33㎞/L。帰りは50.3キロ追加して、累計では25.3㎞/Lまで低下した。帰りだけに限ると21.34㎞/Lである。会所は海抜200m程度であり、木更津東ICや茂原はそれより180m程度低いはずである。こういう条件では往復で大きな差が出るようだ。しかし、5割も違うとは結構大きいが。
 燃費を伸ばす勘所は、エンジンを回さず滑走することである。しかし、それではスピードが落ちてしまう。それを補うためにエンジンが回らない程度にアクセルを踏み、モーターの力を借りる。下り基調なら、下り坂のところで数字を回復させながら充電もできるため、数字は上がる。上り坂はかなりきつい。空走はもちろん無理だし、モーターだけのサポートでは次第に速度が下がる。どうしてもエンジンに頼らざるを得ない。ということで、会所起点の燃費は通常より高くなるようである。

本日のケモノ対策

 朝、カミサンが近所のおばあちゃんに聞いたところでは、イノシシだったら全てなぎ倒してのたうち回るので、穂先だけ食べているのはシカだろうという意見。それももっともである。しかし、子細に見るとまだ土手を崩してミミズを漁ったあとはあるし、イノシシも入っていると思う。やはり、マルチ対応が必要だろう。

最後の穴

 さて、電気柵を一通り巡回したが、問題はあるようには見えなかったし、侵入した穴も見つからなかった。先週塞いだ穴のこちら側を塞いだトタンには足跡がついていた。残念ながら中に入った証拠だろう。唯一、これはないだろうと思った個所があった。それは通行用ゲートのところだ。1.2m位の柵を開けて出入りするのだが、その上がノーガードだった。シカでもイノシシでもジャンプして飛び越えることは可能だ。ここをテープで塞いでみた。これでも入ったら、もう打つ手はない。
 
最後の穴塞ぐ

 第2農場にも出かけたが、大豆の葉がかなり食べられていた。シカだと思う。地主さんが出てきていうことには、電気柵とは反対側の川の方からシカが入ったらしい。足跡も残っていた。ここについては明日何らかの対策を考えるつもりだ。やっぱり、ケモノに振り回されている。

足跡


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ ランキングを意識してみました。左のバナーをクリックしてください。

プリウスαの燃費 (9/2)

 今日は本牧ふ頭から湾岸線に入り、アクアラインと圏央道を通るという高速ルートを使用。速度は、先週のように70キロ近辺ではなく、80キロ+αのペースで走ってきた。木更津東からはいつもと同じ一般道路(それしかルートはないが)。しかし、せっかくエクセルで作った燃費チャートの入ったメモリーを忘れてきており、電卓での計算になってしまった。さて、本日の燃費。
 
 A)横浜市中区-->アクアライン浮島    17.5㎞   20.5㎞/L
 B)アクアライン浮島-->木更津東IC    32.5㎞   23.1㎞/L
 C)木更津東IC-->会所            33.2㎞   21.1㎞/L
 
 AとBは制限80キロの高速であり、今回はその速度で走行したが、普通に走ると大体22キロ/L程度になるらしい。田舎道は、先週の逆行の際は、32キロ/Lということでカタログの10・15ノードの31キロを超えたが、今回は21.1㎞/Lと大きく数値が下がった。日曜にどのようになるかが気になるが、やはり標高で200m程度上がるため、今日の向きでは上り坂が多い。そこで数値が落ちてしまうようだ。ただ、納車後すぐに走ってきた先週と比べると1割程度向上している。
 

会所到着 ああ、やっぱり!

 暗いため侵入個所は探せないが、今週もイノシシが入ったらしい。1号田んぼの古代米とコシヒカリは相当な打撃を受けた。8割くらいは倒れており、ここからの収穫は期待できなくなってしまった。かなりがっかりしている。2~4号はまだ大して被害を受けていないようだが、少し遅れて実ってくるから、このままでは順次やられるだろう。触ったところでは電気柵は活きており、どうも不思議な状況だ。明日朝から対策を検討する。

BLOGの注目項目

 このBLOGの管理機能の中で、検索エンジンからの訪問者がどんなキーワードで検索していたかがわかるというものがある。8月の上位20項目をみると次のようになっている。
 1位はダントツといっていいと思うが、プリウスαである。これは、私のBLOGの本来のテーマとはちょっとずれているが、世の中としては非常にもてはやされ注目されていることがよく解る。あとは農的生活に密着した単語が並んでいるが、私の中では実現していないものもあり、ちょっと申し訳ない感じもある。四手網関係が2項目、実質的には同じ内容だから合計すると2番手に着く。いかにも夏休みらしい。
 
1 プリウスα                   66
2 籾殻運搬                   17
3 60歳からの帰農               14
4 水槌ポンプ                  14
5 田んぼの雑草                14
6 レーザー 米選機              13
7 ライト管                    12
8 四手網 自作                 12
9 ロケット花火発射機              9
10 定年帰農                    8
11 水撃ポンプ 塩ビ                8
12 鴨川カインズホームチェンソー       7
13 四手網 作り方                 7
14 沢水取水                    6
15 竹の保存                    6
16 竹の保存方法                 6
17 竹の切り方                   6
18 3相200v プラグ                 6
19 山で暮らす愉しみと基本の技術       6
20 沢水 取水                    6

 このリストは時々見ているけれど、常連だった「ウルトラポチ」=乗用耕耘機がTOP20から外れてしまったのはちょっとさみしい気がする。もう10年選手のこの機械は、当農園のスケールに結構マッチしており、まだまだ現役として働いてくれるはずである。
 たびたび申し上げているが、このBLOGはどうやったら定年後の人生を楽しく充実した形で送れるだろうか、ということについての実験のレポートみたいなものなので、このようにいろいろなキーワードで検索してこられる方々に、ちゃんと充実して役に立つ内容を書いていきたいと思う。

エンジンの必需品はオイル

 楽天に参加している自動車用品屋から、へこんだオイル缶の販売情報が届いた。いろいろなエンジン製品がある当農場では、意外に早く2サイクルオイルがなくなっていくので、8缶ほど注文した。190円/Lは安いが、送料が600円。3~4年分以上あってもしょうがないと思い、8缶を注文した。ホームセンターで買う普通のノーブランドの怪しげなオイルの約半値。しかし、カストロール:アクティブ 2T エンジンオイル / 1Lをアマゾンで見たら、通常品の価格は約5倍という上級品と判明。そんなものを刈り払い機などに使うのももったいない気もしないではない。

 カストロールの2サイクルオイルというと、その昔は植物性オイルで、燃えた時に独特のにおいがするものだった。車やバイクの世界ではとっくの昔に混合式どころか、2サイクルエンジン自体が過去のものになっているが、カストロールブランドも以前ほどは輝いていないだろう。

週末に向けて作業予定を考える

 このところずっと、田んぼにイノシシ他が侵入し、その対応に追われていた。一応の対策は講じてあるが、今週末も波乱含みである。しかし、いろいろな時間軸は進行中なので、やらねばならぬことも迫っている。
 その一つがイネ刈りの準備である。毎回このころになると、ご近所に竹を切りに行って資材をそろえておくのだが、天気が回復すればそれはやっておきたい。また、先週末はダイコンやカブの種まきをしたが、今回は第2農場のジャガイモ跡地の耕耘を行い、葉菜類を植える準備を進めておきたい。
 まあ、不測の事態対応もありうるし、定番の草刈りもあるので、実施事項はこのくらいにしておくか。余った時間はプリウスαで買い物だ。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード