スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農閑期米国旅行-出発直前編

 雪の予報ということでわざわざ前泊したが、起きてみると成田では雨、全く雪の気配はなくちょっとがっかりしたのだったが、TVニュースでは各地で雪が降っているという情報。どうやら千葉以外では降っているらしい。
 チェックアウト前に、駐車料金は宿泊者は200円/日と書いてあったことを思い出し、帰ってくるまで預かってくれるかを確認したところ、5日までは無料で以後は200円/日ということがわかった。これならわざわざ駐車場に入れ直すこともないということで、そちらはキャンセルし帰るまで駐めておくことにした。空港との往復もホテルのバスがあり全く問題なし。これならいつも前泊でよさそうだ。
 フロントでチェックアウトしていたら、もうすぐバスが出るというので、慌ててそれに乗り、第1ターミナルに到着。なにしろ16時台の出発で、チェックインまでもずいぶん待たされそう。そのうちに横浜の家(弟)から、大変な雪なので前泊は正解という電話が入った。ここ成田では、少し雨に白いものが混じり始めているが、離陸に問題がある感じではない。出発までの4時間強で、ワシントンの予習と会話の勉強でもやっておこう。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。
スポンサーサイト

明日首都圏は雪というので 、急遽

 夕食を済ませ、荷物の整理を行った。我々の荷物は着替え程度なんだが、前に書いたとおり依頼物品が半端じゃない。何とか2つのバッグに23Kg以内で収めようとしたがオーバーするので、機内持ち込み用バッグを一つ追加し、それに溢れた分を入れて何とかしのいだ。

旅行カバン

 NEWS845か何かで明日は雪になるとの情報があり、それなら今晩からいってしまおうということになり、急きょホテルを探した。予約している駐車場の道路反対側のホテルが取れたので、とるものとりあえず整理したばかりの荷物を放り込んで出発。ちょっと行ったところでPCの電源を忘れたことに気づき取りに帰ったが、その他は順調。淡々と走って1時間半ほどでホテルに着いた。
 到着後にさっそく予報を見たが、3時から9時頃まで雪とのことである。空港には14時20分に行けばいいし、パーキングまでは道路を横断するだけだから安心である。こんなこともあるだろうと、タイヤチェーンは買ってあるのだが、使わずに済むだろう。歳をとると、ちょっとは用心深くなるのである。
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

明日から旅行に行ってきます

 3街4農というペースも結構忙しく、正月頃から決めていたわりには、ほとんど準備が整わないまま明日からワシントン周辺に出かけるのであります。まあ、準備といっても大してすることはないんですが、訪問先の娘は日本の色々なもの(和風食材や化粧品類)を頼んだり、アマゾンや楽天にものを届けさせており、大きなスーツケースの1個半分くらいはそんなもので占められることになりました。一応、満杯になった鞄の写真は撮ってありますが、どうもここで披露するようなものではないようです。
 8日には帰ってきますが、その間農業とも縁が切れるし、更新頻度は減ることが予想されます。まあ、物見高いものですから、持って行くノートを使って色々書くだろうとは思いますので、そのときにお目にかかりましょう。

田んぼの面積を再計算・少ない

 最新のレイアウト図をさっそく使ってみた。もっとも気になっていた田んぼの面積の確認である。イネ=米は、なんといっても当農場の最重要作物であり、柱といってもいいものだ。特に私は、これをやりたくて農業を始めたようなものである。
 ということから、準備や収量予測の基準となる田んぼの面積は何度も計算してきている。2009年春、最初に作った田んぼの面積は1,320平米とみていた。次に、2009年暮れと翌年正月に行った大改修(計画した管理用道路などは使わないため田んぼを拡大)の結果で、面積は1,923平米まで大幅に拡大した(つもりだった)。ところが、今回の最新の航空写真をベースにした算定では、その数値を大幅に減らすことになった。
 
      当初     2010改修    今回
  1号   310    423    320平米
  2号   200    288    235平米
  3号   250    415    355平米
  4号   560    797    675平米
      1,320  1,923  1,585平米
    
 4号田んぼについては、一部(50平米)をサカナの越冬池にしたので、その分は減っているわけだが、それにしても減少が著しい。というか、前回の計測値が不正確であったと考えるべきだろう。前回までは、巻き尺で寸法を確認していたが、一人でやっていたため結構いい加減だったかもしれない。が、それだけではなく、基準としたレイアウト図の縮尺などの問題もあるのではないかと思う。今回は、念のために GoogleEarth の距離計測機能を使ったので、正確だろうと考えている。
 現在、ヤマト田んぼの間に防獸フェンスを設置中だが、将来山の周回路に防獸フェンスを作ったら、山裾の部分に田んぼを拡大することも考えようと思う。少々面積を増やしても、昨年のように獸害を受けたら元も子もないけれど、やるからにはなるべく多く作ってみたいから。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

農場のレイアウトの変遷と、現在の姿

 栽培計画を立てたり、改修や工事の計画を立てるため、入植以来何度かレイアウト図を描いている。最初は2010年末の改修に備え、当時(入植時に作った田んぼ)のレイアウトを描いたもの。

会所農場レイアウト

 続いて、その改修(2010年暮れから翌年正月に実施)計画のレイアウトを描いたものがある。
 
レイアウトV210_1024

 改修後の全体レイアウトを描いたものは次の通り。

現状レイアウト
 
 ただ、いずれも大まかな敷地外形などは航空写真を参考にすることができたが、田んぼの大きさなどについては巻き尺で計測したものがベースになっており、正確さには若干の問題があった。
 
 しかし昨年3月末に、おそらく震災の関係でGoogle Earthの航空写真が更新され(普通の状態では見えないが過去のイメージ機能で閲覧できる)、当農場の最新状態が記録された写真を見ることができた。これを利用して、最新状態のレイアウト図を描いたものが次の図である。

農場レイアウト1版

 山を含む全体レイアウトは前掲の2010/01現在というものがあるが、その時は山にはそれほど注目しておらず、ヒノキ林を杉林などと書いていたくらいで、今回のものほど正確ではなかったのである。ユンボを使っていろいろ手を加えていくことになるので、当面これを使いながら検討していく予定。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

横浜直売所(2/27)

 今週はふきのとうが出ていました。土の中では着々と春を待つ動きが進行中のようです。ただ、地上はなかなかそうもいかず、相変わらず少なめです。
 
 ふきのとう、ネギ、菜花、ブロッコリー(少)、タアサイ、高菜、カブ(塩麹漬)
 
 なお、来週はお休みをいただきますので、次回の直売所開店は3/12(月)と13(火)になります。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

フェンス設置の準備も進めている

上の畑山裾部分

 一昨日、上の畑の山裾部分にあった古い防獸ネットを撤去したが、今日はそのあたりをユンボで均した。このあたりは実質的に1年以上立ち入らなかったエリアで、草ボウボウ。ススキも結構生えている。とりあえず、フェンスの両側をユンボが走れるように整地した。

新スロープ部分

 前に設置した部分の続きと新スロープのあたりも残っており、山側の残りは合計60m位、少し遅れ気味である。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

沢水の復活・取水装置のトラブル

 昨日書いたように、沢水の調子が悪かった。今朝もう一度水源地に行き、取水装置の中をチェックしてみたら、パイプに開けた穴が詰まっていたようだった。ゴミを取り除くと、ゴボッと泡が出てきて配管の方に水が沢山流れていった感じ。

元気な沢水

 池に戻って計測してみると、16秒/10Lと大幅に増加したが、まだベストの状態ではなかった。夕方近くになって再度計測すると、10.7秒/10L=3.4立米/毎時となった。配管中の泥などが流されたようだ。これは、田んぼ全体の必要量の倍以上で、ようやく好調になった。
 2週間ほど農場を空けるので、ちょっとリスクはあるのだが、4号に加えて3号田んぼにも水を張ることにした。一応、3号にも4号にも適量の水が行くように設定したつもり。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

春の便り・ふきのとう

フキノトウ


 雨も降り、暖かい日があったせいでしょうか、今日はふきのとうがかなり出ていました。例年に比べると、10日から2週間遅れといったところです。カエルも産卵を済ませ、ふきのとうも出てようやく春が近付いてきた感じがします。しかし、今日は寒い一日でした。
 来週は、旅行のため農場には行けません。2週間後、春になっているでしょうかねえ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

フクロウの来訪を振り返る

 フクロウについては入居した頃から興味があったが、実際に農場内で見かけたのは2回ぐらいだった。しかし、巣箱を作ったりして心待ちにしているのである。ここ数日、カエルの産卵騒ぎで賑やかだったが、昨夜は何とか収まって久々の静寂がやってきていた。そんな中で、あまりなじみがない鳴き声が聞こえたような気がして外に出たのだったが、フクロウが来ているとは思わなかった。
 それにしても、昨日のフクロウはずいぶんのんびりしていたようだ。何しろこれまでは、田んぼの方に出ていくとすぐに飛んでいって、フクロウかどうかの確認も十分にできないくらいだったが、昨日はフクロウだと認識したあとカメラを取りに行って帰っても、まだかなりの枚数を撮ることができた。

フクロウ止まり木

今日は昨日フクロウが止まっていたポールを確認してみた。先端からその下の黄色い部分の中央まで約30cm、これは電気柵用のポールで、黄色い部分は絶縁材なのである。フクロウの写真をもう一度貼っておくが、比べてみると頭から尾の先まで大体50cm程度と推定できる。フクロウの仲間にも色々あるらしいが、この大きさだと昨日の来訪者はフクロウだと思われる。

フクロウ

 設置してある巣箱まで、この位置から20m弱である。昨年は空振りに終わったが、今年は何とか巣箱を活用してもらいたいものだ。(2個のうち1個にはハチの巣が居座っている)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

会所農場は雨と霧

霧の会所農場

 予報通り、朝から雨が降っている、それもかなりの雨。予報では午後遅くまで降り続くということだったので、茂原まで出かけていった。今は大して要るものもないのだが、川水の配水系統で使うLP50とLP75のライト管と継ぎ手若干を購入した。
 帰ってきてから見回ると、どうも沢水の量が少ない。水源地に行ってみると、落ち葉や泥がつまり一部しか取水装置に流れ込んでいなかった。掃除して計測してみると、それでも500L/毎時くらい。かなりの雨が降ったから、本来なら8倍以上は流れてきて欲しいのだが。これは配管の途中で泥などが詰まっているに違いない。大体の場合、水の流れで回復するので、このまま明日まで待つことにした。回復しなければ対策を講じよう。まあ、慌てることもないのだが、配管のつまりを通すためには水量が必要なため、今がチャンスなのである。

竹藪出入り口

 あと、竹藪の出入り口と新しいスロープも点検したが、大量の雨で表面の土が流れていた。これも明日手直しが必要だ。
 
新しいスロープ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

真夜中、フクロウを撮影

 さて寝ようかと思ったら、そとでなにやら鳴き声がする。じゃ、寝る前の見回りと行くかと外に出て見渡すと、田んぼの上の畑に刺してあるポールの上に何かがいる。ライトを当てるとトリのようだ。

フクロウが!1

 家に入ってデジカメと一脚を(三脚はないもんで)取ってきて、さっそく撮影。今のデジカメは誰でも撮れる代わりに、特殊な状況ではいうことを聞かないが、夜景と人物モードで何とか撮れた。そのうちに眼が光った。こちらを向いたようである。戻ってきてPCで見てみると、フクロウがちゃんと撮れていた。もうちょっとよく撮りたいところだが、猛禽類マニアとしては、フクロウが来てくれたことだけで満足である。

フクロウが!

 しかし、カエルとかフクロウとか   アヤシイBLOGになってきたな。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

カエルたちは今

カエル卵

 実は朝一番の仕事は卵の移動だった。水がなくなってしまう2号3号の田んぼに産んである卵をすくい、4号田んぼや沢水の池に移動させるという余計な仕事。結構重いため、重労働。

卵避難

 カエルの親たちは暢気に鳴いていたが、産み終わったメスはどんどん冬眠に戻るらしく、オスばかり残ってウロウロするばかり。上空ではトンビが狙って旋回中。しかし、次第にオス達もあきらめたようで夕方頃にはようやく静寂が訪れた。

トンビ

 ところで、もたもたしていたメスは大変である。田んぼの中にいたメスは、本体が見えないほど何匹ものオスにしがみつかれていた。救出してみたが、なお2匹ほど離れない。

ほぼ終了
 
 そういえば、暖かさのせいかメダカの池に変化があった。今まではいなかったはずのメダカが3匹泳いでいた。ついでにドジョウも1匹発見した。やはり春は近付いているらしい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

本日の作業(2/24)

キコリ
 
 春のような陽気の一日だった。明日は雨という予報だし、できるだけ頑張っておきたいところである。まだ十分ではなかったフェンス支柱用の丸太を増やすことにして、運搬車を引っ張り出し、ヒノキ林に入っていった。これまでに伐採したヒノキがだいぶたまっており、適当な長さに切りそろえて運搬車に載せる。一応10本ほど積んで降ろし、すべて皮を剥いた。

ヒノキ皮剥
    皮を剥くのはかなりうまくなった
 
 そのあと、フェンスを1ブロック延ばしたあと、この前作った斜路に土を足して固め、パレットを並べる準備をしてこれについては本日分終了。
 
 続いて、カミサンに手伝ってもらい、上の畑の山側にある古い防獸ネットを撤去。明日雨が小降りだったらここを整地し、パレットフェンスを並べる準備をする予定。

ジョウビタキ
    今日はジョウビタキがそばにやってきた

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

夜のカエル調査・2枚目の写真見て欲しい

眼光眼光

 昨晩から、すっかりヤマアカガエル達に翻弄された感がある。2月の始めに大量の産卵があり、それで終わりと思っていたのだが、まだまだ残っていたようで、今年二回目の大量産卵が始まっている。カミサンは、これで夏はヘビが増えると当惑顔だが、生物連鎖だ、しょうがないと押し切っている。
 今日は比較的暖かいので、先ほどまた田んぼに見回りに行ってきたが、ライトを向けると沢山光るものがある。よく見るとそれはカエルの目玉であった。田んぼの写真では光る物体だけだったが、次の池の写真では拡大することによりカエルの身体も映っていることが確認できる。なかなか面白いと思うので、ぜひご覧ください。

池のカエル3

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。



会所農場は大雨で大騒ぎ

雨の会所農場

 昨夜からの雨はかなりのもので、朝の時点で既に30~40㎜は降っている感じだった。作業をやれるような状態ではなかったが、昨夜目が覚めたときに聞こえたカエルの鳴き声は、弱くはなっているもののまだ続いており、傘をさして田んぼの方に出てみた。

カエルたち

 そうすると、私が歩いていくにつれ、あちこちで慌てて逃げ出すカエルがいる。水を張ってあった4号田んぼだけでなく、雨水が溜まった2号3号、それと沢水が入ってくる池の方にも沢山いた。この前、大量の卵を田んぼで発見したが、どうやら今日も卵が更に増えると思われる。カエルの楽園状態である。ただ、そんな状況だからアオサギは張り付いていて、アオサギの楽園状態にもなっているようだ。

沢水ドンドン

 カエルはともかく、沢水受けの池から一番下の4号水出口まで、それぞれのパイプがちゃんと抜けておらず、2号3号はそのために湛水状態となっており、4号も満水状態の水位を上回っていた。順々に詰まっている草や土を取っていくと、凄い勢いで水が流れ始めた。春までに、この配水系統も再整備が必要だろう。
 しかし、今のような水溜まりだらけの状態で卵を勝手に産むと、天気になったときに干からびるものが大量に発生する。いつもそういう卵を安全なところに移すのは私の役目になっている。カエルたちはわかっているんだろうか。
 
張本人


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

会所のトリたち

 最近、いろいろなトリの姿が目につくのは、望遠デジカメを使っているせいか、それとも繁殖期でトリたちが忙しく飛び回っているのだろうか。

ドジョウ天敵襲来

 一番目はアオサギ。好物のドジョウを狙って日常的に来ているヤツである。この写真では頭の後ろがとびだしており、逆光で色も確認できずアオサギじゃないと思ったんだが、繁殖期には羽冠が伸びると書いてあって、やっぱりいつものアオサギと判明した。オタマジャクシが孵り始めたので、引き続き常連さんである。
 
ヒヨドリ

 次はヒヨドリだ。このあたりには真冬にやってきて、春になるとどこかに行ってしまう。ひどいヤツらで、ハクサイやその他の菜っ葉類を根こそぎ食べてしまう。うちの畑ではついに食べられるものもなくなってきたが。
 
ハクセキレイ

 三番目はハクセキレイである。土をいじっていると後から追いかけてきてミミズなどを探して食べている。このため、当BLOGでも何度か「現場監督」として紹介済みである。色が薄いので見違えたが、冬は羽根の色が灰色になると書いてあった。
 
セグロセキレイ

 四番目はセグロセキレイである。実はハクセキレイとはちょっと似た感じで、今まで見ていたものはどっちだったかがよくわからなくなっている。特徴を整理して間違えないようにしたいと思っている。トリは、雄と雌の違い、夏と冬の違い、繁殖期の変化など、いろいろな姿の変化があり、なかなか難しそうである。しかし、こんなところにいるからには間違えずにちゃんと認識してやりたいものだ。
 
調べたつもりですが、慣れないものでトリの種類を間違えているかもしれません。その場合にはご容赦ください。ご指摘いただけると幸いです。

最後に、この前の農場の雪景色もアップしておきましょう。

雪の会所・双子杉


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

会所にもようやく春の足音が・・・

オタマジャクシ誕生

 カミサンが仲間と大多喜の温泉(渓谷別庭もちの木)に宿泊するという行事があり、最近のリズムを一日早めて会所にやってきた。到着後いつものように田んぼの方を見回ったら、オタマジャクシが孵っている。まだ寒いとはいえ、先週あたりに比べれば今日は少し暖かいから孵ったのだと思うが、まだ氷ることもあるだろうから結構厳しい状況である。先週は帰る際に、4号田んぼの水位を少し上げる設定にしておいたので、卵も一部を除いて氷らずには済んでいるはずだ。
 そんな状況だから、アオサギが当然来ている。田んぼのエリアに近付くと飛び立って不満そうな鳴き声をあげながら上を巡回したり、山の樹の上に避難したりするが、私がいなくなるとすぐ戻っているようだ。これで、会所にも何とか春の訪れがあるだろう。そういえば、今日はフキノトウも穫れたらしい。この調子でシイタケ・タケノコも出てくるといいが。

タケノコご飯

 そういえば、先週イノシシよりも強力なマイクロユンボで掘ったタケノコは、昨日の夕方タケノコご飯となって出てきた。これまでは嫌いなものの一つだったが、さすがに自分自身で穫ったものだからありがたくいただきました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

図書館ハシゴ02/21

図書館0221

 月末から旅行に行くし、あまり本を読むヒマもないから借りている本を返しておこうと、県立川崎図書館と市立図書館のハシゴをしようと考えた。昼頃から川崎図書館を目指す。ベイブリッジ一般道から第1京浜を通るルートはすっかり通い慣れた感じ。距離は18キロくらいだから30分程度、ガソリンは片道1Lも使わない。
 川崎図書館では、結局5冊返しただけでなく3冊新たに借りてきた。今回は期せずして3冊とも「再生」という言葉が入っている(写真右側3冊)。一応、自然をあるがままにしようと考えていることが反映した感じだ。
 そのあと、横浜市立神奈川図書館に向かった。ここには駐車場がある。市立図書館であれば、借りたところでなくとも返却ができる点が便利だ。逆に、最寄りの図書館になくても、インターネットで検索して取り寄せてもらうことも可能である。ここでも4冊返した代わりに3冊借りた。田舎暮らし2冊、有機農業1冊という内容。
 ということで、1週間で6冊読まなければならないので結構忙しい。旅行から帰ってくると、ジャガイモの準備やら田んぼの整備が始まるので、本などを読む時間は減ってくるだろう。ラストスパートである。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

定年帰農のための必要要素

 これの前に思いつきで居場所の確保について書いたけれど、もう少し地道に考える必要があると思い、あらためて体系的に考えよう。セカンドライフとして農業あるいは農的生活に進もうとしたときに必要と思われる色々なものを列挙してみる。
 
フィールド系
 F1.農林地
 F2.居場所
 
ヒューマン系
 H1.パートナー
 H2.協力者
 H3.先生
 
リソース系
 R1.資金
 R2.農業機械

成果品系
 S1.購入者
 S2.応援者

触媒系
 C1.ヒューマンネットワーク
 C2.公的支援

このうち最後の触媒系は上の4項とはちょっと違うものをイメージしている。触媒と表現しているように、反応というか行動を促す働きのものを考えている。一応この枠組みでいろいろ考えてみようと思う。不定期になりそうだが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

定年世代の就農を考える(拠点を作る)

 このテーマについてはいろいろ考える要素があるが、田舎における拠点として廃校が使えないかと思いついた。遊休農地と廃校とは人口減少地域という共通項があり、相関関係があるのではないかということで注目したのである。千葉県の廃校リストがwikipediaに掲載されていたが、たとえば、私の農場がある大多喜町には廃校となった小学校が3ヶ所ある。
 そのうち1ヶ所は会所にあり、ここは地域の人たちが管理を引き継ぎ、休日に蕎麦屋および蕎麦道場として使っている。もう1ヶ所は、民間企業(キャンピングカー販売会社)が借り受けてオートキャンプ場にしているらしい。最後の1ヶ所は、地域のみなさんが集会所に使ったり、災害時の避難所となったりしているようだが、はっきりした使途は不明である。ただ、町が平成20年に発表した「行財政効率化推進計画」では、有効活用の対象となっていた。
 民間企業がどのような形で借り受けたかは不明だが、NPOなどの法人をつくり、管理方法などの主体や基準を明確にすれば、廃校を借りることは可能かもしれない。また、自治体には家や農地などの物件の紹介・斡旋などを期待したいので、空き家バンク制度を所管している企画財政課企画係や農林課に相談してみるといいかもしれない。
 まだ思い付きのレベルだが、拠点があるとないとでは大違いで、これは検討してみたい。ただ、どこも地域の人たちにとっては想い出がある大切な施設である。役所との相談も必要だが、「それなら是非使って欲しい」と地域のみなさんが思うような光り物(企画)が必要だろう。
 
 ウイキペディア 千葉県の廃校(小学校)
 
 会所分校

 宇筒原分校

 田代分校


 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。


2/20 横浜直売所便り

 今回は雪も降り、野菜達は凍えていました。そんな状況ですからいずれも数は僅少です。

  菜花、ブロッコリー、タアサイ、カブ、タカナ、椎茸、ネギ、フキノトウ あとはイモ類です。

 椎茸とフキノトウが出てきました。例年であればフキノトウはかなり出る時期ですが、やはり寒さのせいで遅れています。
  
  
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

本日の作業(2/19)・剪定と丸太の皮剥き

 今朝起きたときにのどが痛んだ。さすがに寒さのせいで風邪を引いたのかもしれない。このため、今日は日陰など寒いところの作業は見送り、陽の当たる場所でのんびりやる仕事にした。

玄関前の柘植

 その一つ目は樹木の剪定。門の脇・玄関前・その他のツゲ、一部のイワツツジ、ツバキなどを剪定した。
 
通路脇のツゲ
 
ヒノキ丸太
 
 もう一つの日向での仕事は丸太の皮剥きだ。大体15本くらい丸太のストックができた。皮もきれいに剥けたものは何だか捨てられず、長さ60cm程度に切りそろえて取っておくことにした。山の坂道などに敷くと滑り止めになるんじゃないかな。

桧の皮
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

竹藪への出入り口・開通

竹藪出入り口
    ルートは、2本の竹の手前を90度左に曲がる

 竹ヤブを経由して養老渓谷に降りる出入り口は、4号田んぼの西側にある。ただ、出入り口のスチールの扉がガタガタであり、通ったあとの崖の上の道も細く、足元が崩れかけていて非常に危ない状態だった。そこで、タケノコシーズンを前に新しい出入り口を開くことが必要になっていた。これはマイクロユンボの出番である。本日、一応崖上の土手を開き、もともとあったワイヤーメッシュや有刺鉄線を切り開き、竹藪に通じる新ルートが完成した。といっても完成度はあまり高くない。

竹藪通路2
    これまでのルートは向こう側、上から崩れそう、足元も崩れそう

 田んぼの脇から下りの斜路で崖の道に出るが、そのまま進むと崖に落ちてしまう。小さいユンボでも運転しながら前を見ると、崖に落ちそうな感じでどうしても手前までしか進めず、今回は竹藪内の整備にユンボを使うことはあきらめた。しかし、運搬車は入れるようになった。これから要所を手作業で広げ、下まで運搬車が進むようにしていくつもりだ。場合によっては、それによってユンボも入っていけるかもしれないが、2年がかりくらいで考える目標だろう。
 
竹藪通路
    ルートは向こう側だが、道はところどころ狭くなったり崩れたり


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

ポンプ小屋建て替え

 昨日はいろいろなエピソードがあって書き切れていないことがあった。それはポンプ小屋の更新である。昨日ホームセンターに行ったときに、コンパネを買ってカットも頼んだのだが、帰ってきたらカミサンがさっそく作ると言い始め、最初の組み立てを手伝った。

ポンプ小屋

 壁はボロボロだったが屋根は傷んでおらずそのまま使用、屋根の裏には作成年月日が書いてあった。かすかに平成十年十二月十二日と読める。14年間で朽ち果てたわけだ。一応、一部SPF材(2×4)で補強して12ミリのコンパネで作り、ペンキ仕上げとなっているが、カミサンは丸太を半分に割って張るといっている。確かに今のままだと足元が早くボロボロになるから、そのくらいはやるべきだろう。
 
ポンプ小屋1
    建て替え前はこんな状態だった
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

今年初もののタケノコを発掘

 いろいろな仕事をこなしているが、今マイクロユンボでやっているのが竹藪への出入口の開削。先週は斜路を下から作ったが、今回は上から掘り下げながら坂を造るもので、また違った技能が必要だと思われる。今日はユンボが降りた状態から上れなくなり、鍬の出番があった。

タケノコ

 ところで、このあたりは竹が進出してきているエリアで、ちゃんとした竹も一本伐採したが、土を掘っているときに小さなタケノコを数本掘り出した。さすがユンボの威力で、土の中に潜っている子供のタケノコを掘ることができたのである。イノシシの連中はこんなものをもう掘り起こしているらしく、竹藪に入ると穴があちこちにできている。

タケノコの状態

 竹の根も掘ったので、土の中でタケノコがどんな状態になっているかも推定できた。こんなことの確認もタケノコを掘るのに少しは役立ちそうだ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

味噌のついでに、今大流行の塩麹も

米麹

 購入済みの麹のうち2Kg程度は余分なので、カミサンはそれを使って塩麹も作成していた。流行の原因となったNHK情報では、塩:麹:水=1:3:4だが、その通りにやると水が多い感じとなる。2~3日すると米麹が水を吸ってちょうどになるが、ヒタヒタにしてあとから水を足す方法でもよさそうだ。
 一応、麹1Kg分の袋を2個作成したが、このうちのある程度はアメリカの娘のところに行くことになる。その他は自家利用だが、肝腎の野菜ができないので、肉や魚用に活躍することだろう。

塩麹

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

運搬車の白煙、収まりそう

 nakakaneさんのアドバイスにより、運搬車のエンジン(ホンダGX140)のオイル交換は無事終了した。抜いたオイルだが、真っ黒な上にドロドロ状態、私は交換していないが、前世のハーベスターとしても10年近くは使われることはなかったはずだから、ずいぶん久しぶりのオイル交換だったわけだ。
 交換したオイルは、おそらく弟の車のオイルを交換したときのあまりだと思うが、0W-30というマルチグレードのものがあったので、規定量の0.6Lを入れた。この交換によりほとんど白煙は出なくなったが、まあ完全な冷間状態ではない。その後、ホームセンターで買ってきた「STP オイルトリートメント ヘビーデューティー」を追加したので、明日朝最終チェックを行う予定。ヤフーオークションでは、一応「GX140」をチェックしているけれど、交換不要ではないかと思っている。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

more...

冬らしい夜なべ仕事・味噌を作る

 うちで栽培した大豆を材料にして味噌を作ることはかねてから予定していたが、昨日農場への道沿いにある麹店(袖ケ浦市横田・露崎味噌・麹店)で1.3Kg、予約していた大多喜の芝崎麹店で10Kgの麹が揃ったので、夕食後味噌造りに取りかかった。もちろん私は助手である。

味噌作り開始

 当家の納屋にあったミンサーと昨晩から水に浸け本日煮てあった大豆3Kg、その分の麹3.7Kgと塩1.4Kgを揃えて作業を始めた。最初は露崎の麹分、乾燥状態の大豆2Kg分。初めて使ったミンサーはうまく機能するが、少し粒があってもいいだろうということで、2割くらいはビンの底でつぶした。次の1Kg分は芝崎の麹を使用、こちらはミンサーを使わず、すべてビンの底でつぶした、潰し屋は私。

自家栽培無農薬大豆

 二人がかりで片付けまで入れて2時間弱というところだろうか。2種類ある麹ごとにわけて作るため2回になったが、3Kgを一度にやるのも結構混ぜたりするときに大変かもしれない。まあ、とりあえず仕込みは完了した。あとは11月頃まで待つだけである。昨年は大豆を作らなかったので、カミサンの友達の注文に便乗して大豆・麹・塩のセットを購入して作ったのだが、なかなかうまい味噌ができた。自家製大豆で作る今年の味噌には期待がかかる。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

雪の会所に到着、仕事にはならない

雪の会所1

 横浜を出るときには、今にも何か降ってきそうな空だったが、途中まで何とかもった。しかし、アクアライントンネル通過中についに「出口ユキ」という表示が出され、あとはずっと何か混じった雨が降っていた。そして房総の背骨のあたりを通るときはすっかり雪景色になり、たどり着けるだろうかという心配までするほどだったのだが、北側のトンネルから会所に入るとちょっと南になったせいか少しはましになった。

雪の会所3

 という具合で、農場ではちょっと積もった程度、しかしとても寒くてカミサンはコートを脱がずに部屋の中にこもっている始末。私も外の仕事はやる気にならなかったが、例の煙を吐く運搬車の面倒を見なければならず、納屋の中でいじり始めた。ところが、どうもドレンボルトが見あたらない。見当をつけて外してもオイルは降りてこない。結局、ポンプやスポイトなどを買ってきて吸い出すことにして鴨川まで出かけることにした。戻ってきたらすっかり暗くなったので作業は明日ということにした。

運搬車の煙

 ところで、会所の南側のトンネルを抜けて勝浦に出ると、なんと雪が積もっていない。距離では1キロほどしか違わない。房総の山はそれほど高いわけではないが、それでもトンネルのあっちとこっちではずいぶん気象が違うものである。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。