真夜中のやっつけ仕事

 日が変わる直前に燻炭の様子を見に行ったところ、一部が黒くなっていた。その前に予備のモミガラは全部被せておいたので、もう引き延ばしはできない。しかたなく家に戻って防寒対策をして燻炭場に戻り、中の燃えているモミガラをかき出して、全部混ぜた。そして注水した。少し生焼け気味だが、待っていたら寝そびれてしまうからやむを得ない。燻炭器も新調したが、それだけでなく乾燥していること、風が少し吹いていたこともあり、ずいぶん早くできたのだと思う。
 
今朝の燻炭
 
 翌朝の燻炭の様子はこの通り。ヘッドライトと懐中電灯の光の中でせっせとレーキでかき混ぜる様子を誰かがみたら、さぞかし異様に映ったに違いない。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

まだやっている燻炭作り

今日も燻炭

 昨日までの燻炭を片隅に寄せ、空いたところで2台目のモミガラを燻炭にし始めた。昨日、ポリタンクの灯油をすべてボイラーのタンクに突っ込んだので、今日は灯油の力を借りずに燃えやすそうなものをかき集めて燻炭器に入れ火をつけた。しかし、モミガラを被せてちょっと経つと火は弱まった。大きな山にすると空気が通りにくくなるため、普通の火では消えるのだろう。何とか灯油を取り出して、いつもの通りの灯油が浸みた新聞紙を作って火をつけて入れると、ようやく勢いが出てきた。

今日も燻炭2

 夜になっても勢いは衰えず、早くも外側に黒いブチができてきたので、隣の山からモミガラを取って燻炭器の山に追加している。寝る前に全部被せて朝までもたせるつもりだ。今回はかなり順調に燻炭ができつつある。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

牧場の牛たち

走り寄る牛


 うちの農場と借り畑は350m位離れているが、その間は牧場である。といっても、草原が広がっているわけではなく、牛たちは基本的に牛舎の中にすんでいるが、時々道路沿いの広場に出してもらえるらしい。彼らは結構物見高くて、私が歩いて通ったりすると寄ってきて、珍しそうに見上げてくる。大きい割にはなかなか可愛い動物である。

牛たち1

 今日は運搬車で通りがかったのだが、バタバタ賑やかに通ったにもかかわらず向こうに行儀よく並んでお尻を向けていた。一体何だろうと思って前に回ると、(想像通りだが)何かをむさぼり食っていた。おそらく飼料用のトウモロコシだろうと思う。

牛たち2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今年の大豆はよくできた(ようだ)

大豆・収穫中

 まだ青い葉も残っているが、莢が茶色くなってきたので本日すべて抜いて、天日干しにした。イネを干したオダが残っており、再利用である。うちの畑と借り畑双方に100平米強ずつ作付けしていたが、どちらも普通に大豆を播いたものと強化苗とを植えてあるので、比較もしてみた。


 先週試験収穫しているが、干すときに根っ子がついている方がいいというカミサン(干し係)の意見により、今日はすべて抜いている。畑に突っ込めて干し場まで持って行ける運搬車を活用したが、山ほど積んでも縄で縛れば落ちないし、かなり便利。借り畑往復はちょっと時間が掛かるが、のんびり歩くのも悪くない。結局、この積み方で3杯ずつ(計6台分)収穫して日没終了となった。借り畑で半杯分ほど残っている。

 ところで、苗の違いによる収穫量の違いだが、次のようになっている。1枚目の写真が普通に播いたもの、その次が強化苗である。
 
大豆・普通の苗

大豆・強化苗
 
 
 わずか2本ずつだが、在来方式が莢の数84個と97個、強化苗が190個と139個、明らかに差がある。強化苗は新芽の段階で生長点を取っているため、茎が2本立ちとなっており、少なくともその分は多い。また、今回はあまり細かくチェックしていないが、豆の出来具合の差はありそうだった。

大豆・獸害

 このサンプルはうちの畑のもの。借り畑でもサンプルを取ったのだが、よく見るとかなり少ない。どうやら何者かが食っているらしい。このため、莢の数のチェックは諦めた。あとで借り畑に行って見直すと、あちこちに食べたあとの莢が落ちていた。鳥かネズミではないかと思う。
 
大豆・天日干し
 
 先週干してあった大豆はかなり乾燥しており、試しに明日脱穀してみるが、具合がよければ今日の分も来週脱穀することになる。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ゴムクローラーはすんなりいかない

 燻炭を焼いたりモミガラ取りに行ったりで慌ただしい日だったが、ゴムクローラーが届いた。熊本の業者さんは、関東までは3日掛かりますといっていたけれど、2日目で到着。

クローラーはまだまだ

 さっそく取り付けたが、今までのものに比べて厚いようで、フレームなどに当たり、うまく回らない。それに内側の刃に駆動輪の爪がピッタリ合わない。仕様的には合っているはずなのだが、少し張りを強くしているので逃げがないのが問題だと思う。

クローラーはまだまだ2

 どうやらミッションや車軸をちょっと下げるなどの改造が必要らしい。冬季の暇つぶしに絶好という感じだ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

燻炭作りは続く

 今朝になって様子を見に行くと、二山のうち一方は真っ黒、もう一方はモミガラのままだった。モミガラの方は中もあまり燃えていなかったので、黒い山にモミガラを寄せて芯の燃えている部分を取りだして水をかけて完成とした。この違いは燻炭器が原因だった。ボロボロになっていた古い方は初めにモミガラが中に陥没していたくらいだから、よく燃えなかったようだ。一方、買ったばかりの燻炭器はやはり性能がいい。これまでなら夕方から始めて翌日の午後までかかっていたものが一晩でできたくらいだから。

 ところで、残りの一山が安定状態となったので、もう一杯モミガラをもらいに行くことにした。また長生村のSさんと連絡を取り、それぞれ二杯目をいただいた。戻ってきたらほぼ焼けていたので、注水して消し始めた。乾いたら二杯目を焼く予定。

燻炭ほぼ終わり
    中はほぼ黒くなっており、この少し後に混ぜて水を入れた
 
燻炭ほぼ終わり2
    昼過ぎに帰ってきたときの写真
    手前の小さい山は消したつもりだったが、しぶとく燃えていた

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

晩秋の定例業務:燻炭

モミガラ

 毎年今頃になると燻炭を作っている。うちのモミガラは大して穫れないため(1袋/俵らしい)、いつももらってくることになる。今年は、定農連仲間の茂原のIさんのお知り合いにいただいた。今日は長生村のSさんも合流してIさんに案内していただき、現地にうかがう。100俵分くらいあるらしいモミガラは、軽トラ2台(おそらく20袋/台くらい)では取り切れず、明日も再訪問の予定。

燻炭1

 Iさんのご希望でSさんのお宅(古民家)の見学につきあったので、帰宅時にはとっぷり日が暮れたが、満載のモミガラを二山に分けて点火、今現在は順調に燃えている。明日の夕方くらいにはできるのではないかと思う。

燻炭2
 

Sさんの刺し板

 ところで、事前にSさんに軽トラ荷台の刺し板を作ったか問い合わせたが、作ったけれども重いという言葉が返ってきた。あんな簡単なもの重いわけないと思ったが、出会って見せてもらったらとても立派な出来映え、板同士はボルトと蝶ナットで固定するようになっているし、後ろ側は上部を外せるようになっている。いい仕事である。こちらは積み込めればいいという単純なもので、簡単なことが取り柄。もし検索してここに来られた方はこのSさんのものを参考にするようお勧めする。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

直売所で好評な「ゴボウ」

 嫌いだったからこれまでほとんど食べたことがなかった「ゴボウ」だからバイアスがかかっているかもしれないが、どうも地味な野菜という印象を持っている。土に深く根を潜らせてなかなか容易にはぬけてこないところ、本体が土色であることなど、土の申し子といっても良いかもしれない。
 うちではそんなゴボウを毎年栽培しているが、収穫にはかなり手こずっていたので、今年は3つのやり方で作付けをした。その様子/やり方は「ゴボウのタネ播き(3種類の畝)」に書いたが、
   波板を寝かせてその上に播く
   高畝にする
   深い溝を掘って埋め戻して播く
この3種の方法である。育ち具合は高畝が一番、次が溝掘りで波板はイマイチのような感じもあったが、今は追いついており、何より収穫は簡単だ。という具合で、来年のやり方はもう少し様子を見ながら決めるが、なにしろゴボウはお客さんに評判がいい。常連さんのお一人は、サンマと一緒に煮たら味がしみ込んでとても美味しかったと言っていたし、とにかく柔らかいのが喜ばれている。

 収穫自体とても嬉しいことだが、このように明確な評価をいただくことはもっとありがたい。コメもイモも大変に好評で、百姓やって良かったと思う今日この頃である。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


農園では防寒対策を進めている

ブロッコリー防寒

 そろそろ霜が降りる時期が近いようで、農場の野菜には防寒対策を行っている。幸いなことにワラは沢山あるので、例えばブロッコリーの根元には襟巻きのように巻いている。

タマネギ防寒

 タマネギの苗は毎年大体消えてしまうのだが、燻炭を布団のように被せている。ワラと燻炭があれば、大抵のものは対策が可能である。

燻炭プール
    一応水を張れるプール、ここで燻炭を焼く。  テストで水を入れ始めている

 昨年作った燻炭も、今回の対策でほぼなくなったため、今週からモミガラをもらって作り始める。燻炭作りも毎年やっているが、一番難しいのは消火である。週末しか農場にいられなかった去年までは、次の週末にやってくると完全に燃えて灰になっていることが何度かあった。消したはずなのに火が残っていたのである。大量に作ると芯まで消火するのが難しい。うちでは燻炭場所に田んぼ用の沢水を引いて消すようにしており、この方法を採るようになってから再燃焼は防げている。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

横浜で自然薯

横浜自然薯1

 横浜の家は、昔から車を置く場所を最優先としていたこともあり、いわゆる庭のようなものはほとんどない。しかし、ちょっとした空き地にブドウを植えたり野菜を植えたりしているのだが、今日はカミサンがその一角を掘り起こしていた。

横浜自然薯0

 前から「ムカゴ」が穫れているのは知っていたが、そのツルを伝って山芋を探したらしい。結構深い穴に自然薯はできていた。しかしそこは40cm位掘るとコンクリートや石が出てくる場所で、どうやらそこで90度曲がり、地面と並行に芋が走っているらしい。私も手伝ったが、最も太くなっている場所でぽっきり折れ、その向こうの芋は諦めなければならなくなった。

横浜自然薯2

 それでも、大量のトロロを作ることができ、ミルキークイーンの新米と共に美味しく食べることができた。実は農場でも作ってはいるが、こんな立派なものはまだできていない(発見できていない)。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ヤマユリのタネ・一年後の処理

ヤマユリタネその後

 昨年、ヤマユリのタネを採って発芽前の処理を行っていた。ヤマユリを人工的に育てるのはかなり困難な仕事のようで、発芽までに冬と夏を経なければならないらしい。私はこれに従って、秋に採ったタネを地中に埋めて先週掘り起こし、プランターに播いてみたのである。運がよければ来春芽が出るということだ。

ヤマユリタネその後2

 関連記事は次の通り、

      ヤマユリのタネを取った
      ヤマユリのタネ、その後    
     
 一昨年採ったタネも見つかったので、これもビニール袋に入れて埋めておいたが、これはピートモスを混ぜるのを忘れたため、腐ってしまった可能性がある。昨年のものは、短くて小さいけれど根のようなものが観察できる。冬を越して芽を出して欲しいものだ。プランターは、うちの庭の木陰に並べてある。すぐそばにはヤマユリの株も生息しているところで、環境については問題がないだろう。

ヤマユリタネ3

 ちょっと余った去年のタネと、傷んでいるかもしれない一昨年のタネは、山に入ってばらまいてきた。昔はヤマユリは普通に生えていたのかもしれないが、会所のような山奥でも民地以外では見あたらない。できれば増やしたいと思う。
 
ヤマユリ
   これは今の時期ではない、7月頃農場の庭に咲くヤマユリ

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。




11/05直売所通信

おはようございます。農場ではコメやサツマイモの収穫も一段落し、冬野菜の収穫に移ってきました。大豆はもうすぐ出てきます。味噌造りは2月頃ですよ。
当農場の自信作「無農薬天日干し米」を出しています。ミルキークイーンとイセヒカリという個性的な2種を作りました。まずは5合のお試しパック(500円)をどうぞ、玄米もあります。古代米(黒米)もできました。ポリフェノールが豊富な黒米を少量混ぜてご飯を炊くと、お赤飯のようになります。

数が少ないもの(5袋未満)
ブロッコリー(200円)、スティックブロッコリー、冬瓜、ベビーリーフ、ゴボウ、サンチュ、スイスチャード、大葉春菊、サラダ水菜、イタリアンパセリ、落花生、バジル、スープセロリ、ツルムラサキ、ニラ、間引きカブ

5袋以上のもの
キャベツ(100~200円)、白菜(150~200円)、ホウレンソウ、ルッコラ、チンゲンサイ、ダイコン(100~200円)、里イモ、ミニトマト(150円)、サラダ菜、インゲン、長ネギ、ピーマン、タアサイ、サツマ芋、ジャガ芋、ニンニク、カボチャ、サニーレタス、リーフレタス、柿、渋柿、古代米(300円)
一部を除き100円です。
自家製梅干し(200円)あります。

旧運搬車の再利用計画

改造中


 クローラ損傷の旧運搬車は、重い荷台を外して足回りの修理を待っているところだが、湛水中の田んぼへ入れることも視野に入れており、イネ刈り時に潜ってしまったということもトラウマとなっており、再度荷台を載せることについてはちょっと躊躇しているところだ。
 カゴのようなものをアングルとネットで作ることも考えたが、米ぬかやモミガラなどを入れることも当然あるため、適当ではない。今色々考えていて、左官屋が使うトロ函を載せることを思いついた。カミサンが横浜の家の屋上で田んぼように使っていたものが残っており、色々使ってはいるが空いているものもあったはずだ。固定ではなく、載せたり取ったりできるということで、ちょっと検討してみたい。そうすると、網カゴバージョンを載せたりすることも可能になってくるだろう。
 
馬に載せた
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

運搬車の仕組み・調査中

運搬車1

 旧運搬車は修理中ということで新しい運搬車を使い始めており、いろいろ調べている。まだ実際には使っていないが、一応手動ダンプ仕様であり軽い荷ならば簡単にダンプできる。

運搬車2

 荷台を上げると、通常はエンジンの真下あたりにあるミッションがフロントにあり、前後を繋ぐ長めのVベルトが見える。後ろの変速レバーからミッションにつながるリンクも走っている。普通の運搬車などとはかなり構造が違うようだ。
 この運搬車は立ち乗り仕様であり、バランスを取るためにフロントが前部に追いやられている。ただ、ミッションは非常に入りにくい。大体、使っているうちにしっくり来るようになると思うが、まず構造を理解する必要はあるだろう。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

蕎麦打ち名人来訪

蕎麦打ち1

 本日、横浜からお客さんがやってきた。目的は稻ワラやモミガラだったのだが、蕎麦打ちの道具一式と自製そばつゆまで含め持ってきて、蕎麦を打ってくれた。信州高山製粉の新ソバ粉で、田舎蕎麦と更級蕎麦を打ってくれたが、大変にうまかった。このため、蕎麦を打つプロセスを撮ったにもかかわらず、できた蕎麦は撮りそびれた。

蕎麦打ち2

蕎麦打ち3
 
 
 なお、当家で作った野菜をメインにしたかき揚げをカミサンが作っていたが、マコモダケは僅かながら収穫でき、かき揚げの仲間入りをした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

山からの景色(イネ刈り後)

山から2

 今日は定点観測地に上がってみた。今までは単なる広角で撮っていたが「背景の変更 (田植え前とイネ刈り前)」、最近発見したパノラマ合成ソフト(Microsoft ICE)を使って3枚を1枚にまとめている。田んぼに生えているのは、イネ刈り後に出てくる「ひこばえ」である。この冬は、4枚とも水を張るつもりだが水がいつまで続くかが問題だ。

 山では草などが枯れ始めており、冬が近付いている様子。横浜では、色々な方々からシイタケが出たというお知らせをもらっているが、こちらのシイタケは出始めの段階、寒くなりはじめたからこの秋はあまり期待ができないかもしれない。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


秋深まる

田んぼのパノラマ


 さっき、鴨川に買い物に出かけて帰ってきたら、車の温度計は10度だった。19時前のことだったので、明日朝は5度以下にはなるんじゃないかと思う。この地域は、気候としては関東北部か東北南部という感じで、横浜あたりと比較すると朝夕や夜間の気温は5度程度は低い。真冬の最低気温はマイナス5度程度になる。ということで、そろそろ秋から冬への移り変わりの時期になっている。
 
紅葉
 
 種類によってはそろそろ色が変わってきた樹もある。うちの山にも1本。しかし、このあたりの紅葉は11月の後半から12月初旬にかけてが盛りで、関東地方では最も遅い紅葉ということだ。うちのそばの養老渓谷はその時期にはかなり賑わい、道路も渋滞することがある。今月23日には蕎麦屋(もみの木庵)のある分校跡でもみじ祭が開催される。一年のうちで最も会所が賑わうときである。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日の作業(あと始末は続く)

 やることを列記したばかりだが、なかなかそこまで辿り着かない。今日は田んぼと上の畑の電気柵を撤去した。田んぼ周りが110m×3段、上の畑は75m×3段だから、かなりの物量である。運搬車(新)を持ち出し、道具やもの入れ(バケツ)を積んで私も載っかって現場に向かう。

いざ出動

 運搬車はなかなか楽しい乗物である。歩くよりはちょっと遅いが、50cmくらい視線が高くなる。普段見えないものをのぞき込みながらのんびり進むのである。ただ、発進と停止やターンには唐突感がある。2速の発進は少し回転を上げないと停まってしまう。まあ、そのうち色々伸びたり弛んだりして馴染んでくるだろう。この調子だと、どこに行くにも道具を積み込んだ運搬車に乗るのが当たり前になりそうだ。

作業終了

 もう一つの後始末は草刈りだ。畦の整形をしようにも草だらけで手をつけられない。まあ、順番に進めていこう。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

沢水の勢いがすごい

 この頃、毎週沢水の出が悪くなっている。水源地に行ってメンテナンスすれば回復するのだが、雨が多い上に落ち葉のシーズンだから仕方がない面もあるが、取水装置の改修は必須のようだ。

元気な沢水

 今日は、取水装置の中のパイプの穴を掃除したら、水量は5.45立米/毎時という最大値となった。途中、パイプが細い部分があり、これを少し太くすることもやりたいことの一つだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

借り畑のワンちゃん達

借り畑のワンちゃん達

 借りている畑の地主さんは2匹の犬を飼っている。私はイヌ好きなので、よき友達だと思っているらしく、農作業に行くと飛んでくるし、仕事をしていると「そんなことやっていないで構っておくれ」と邪魔しに来る。

♀

 連中は放し飼いのため、ケモノを防ぐ効果は多少(!)あるようで、いつも「頑張ってくれよ」と言っているんだが、落花生は全滅してしまった。ただ、ここのサツマイモは何とか助かった。会所でサツマイモが穫れたのは、もしかしたらここだけかもしれない。

♂
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

カブ・ダイコンは好調

ダイコン・カブなど

 借り畑の野菜はかなり順調である。これまで私が播いたタネは何故か育ちが悪くて、カミサンからは「愛情がないから」という指摘を受けてきたが、今回は大丈夫。今年は結構暖かいので、冬野菜が早くできてしまう可能性がある。ここのカブやダイコンはちょっと遅めなので、正月前に収穫時期が来るんじゃないかと期待している。

ニンニク元気

 2週間前に植えたニンニクも芽が出ている。ちょっと遅いんじゃないかと思ったが、やはり暖かいことが幸いしているように思う。実は今日新たにニンニクを植えたのだが、これはちょっと心配である。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ゴムクローラーの発注

取り付け部

 切れかけのゴムクローラーを旧運搬車から外したままになっていたが、土や堆肥の運搬・田んぼへの投入にはあると便利だから、いよいよ注文することにした。ただ、あまりにも商品知識がないので、一体全体つくのかどうかという心配があった。まあ、特殊なタイプではなさそうだから大丈夫だろうと思ってはいたが、色々調べて販売店(インターネット通販)に確認することにした。

ゴムクローラ断面
車輪寸法

 クローラーの断面とガイド車輪の寸法は上の通り。
 
クローラ写真
 
 写真で見るとこの通り。
 
駆動輪
 
 一応大丈夫という連絡はあったが、ちょっと頼りない感じだった。
 
 熊本からだと関東には数日かかるというので、到着は来週だろうか。到着が楽しみである。なお、価格は11,500円/本とかなり安い。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード