スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大瀧詠一さん死す

 Facebook友達の「えらいこっちゃ、ナイアガラが死んだ!」で知った。毎年、今年も新アルバムは出なかったなと必ず思うのだが、今年は違う年納めになってしまった。同じ歳ということもあって、LP時代からほとんどすべてのアルバムを買って、CDになってからも買い直してきた。一方通行だが、勝手に仲間のような感じもしていた。一時期の三ツ矢サイダーCMの連発はもともと好きだった三ツ矢サイダーを「条件反射的飲み物」にしてしまった。そんな具合だから、音楽とはちょっと距離があるこのBLOGでも一度触れたことがあった
 今年は、3月に須藤薫さんがなくなっている(58歳)。須藤薫さんは、私の意識の中では1980年代のままだから大きな衝撃があったが、またもやの衝撃である。二人に共通しているのは、60年代のアメリカンポップスの雰囲気である。大瀧詠一作詞作曲 唄:須藤薫 といえばこれかな。
 
 あなただけ I LOVE YOU/須藤薫【CHEF'S SPECIAL】

この動画は残念ながら著作権のクレームで削除されました、次のメドレーの4’30”あたりからお聞きください。

須藤薫メドレー

 
いつもボソボソと話す、かなりシャイな、俺のようなおっさんが、なんでこんな曲を作れるんだと、サビのあたりを聞くたびに思うのであった。 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
スポンサーサイト

いよいよ寒い冬がやってきた、でも

1230田んぼ全景

 農場のあたりは寒いといつも書いているが、朝の気温がマイナスになるのが普通になってきている。田んぼは水が溜まっていれば氷、溜まっていなければ霜柱、それが夕方まで消えないこともある。

1230氷と霜柱

日曜の朝、ハウスに入ってみたら、中の水槽に氷が張っていた。しかし、昼になるとハウスの中はかなり暖かくなり、遅く植えたソラマメやエンドウは元気に芽を出している。外で元気がなかったため植え替えたブロッコリーも、何とか花をつけ始めた。春までいろいろ活用できそうだ。

1230エンドウ

1230スティックブロッコリー

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ふきのとうを発見

1230ふきのとう

 日曜日にゴボウを掘っていたら、ゴボウの脇に大量のフキの根っこがあり、それを掘っていたらふきのとうがついていた。いつも2月ごろに顔を出すのだが、土の中ではすでに準備が始まっているとみえる。発見したフキの根は、新設中の山に上る道の脇に植えてみた。いまのところ山の斜面は草やら実生の木の苗などがゴチャゴチャに生えているが、山野草を増やして生産用スペースに換えていこうと考えている。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

12/30 直売所通信 今年もご愛顧ありがとうございました。本年最後です

おはようございます。お正月向けいろいろ揃えました。お雑煮用のほうれん草・小松菜、おせち用黒豆など、サトイモもあります。明日も開店予定ですが、どうぞお早めに。

数が少ないもの(5袋未満)
サラダセット、ターサイ、ゴボウ、赤カブ、ベビーリーフ、白菜、春菊、長ネギ、ミニ白菜、山東菜、三つ葉、自然薯、カラー(切り花)

5袋以上のもの
黒豆、大豆、ブロッコリー、スティックブロッコリー、キャベツ、サニーレタス、水菜、リーフレタス、ニンジン、カブ、菜花、小松菜、青首ダイコン、味まるみダイコン、ほうれん草、サトイモ、玉ねぎ、新米(ミルキークイーン)、古代米(黒米)、サツマイモ(安納芋・鳴門金時・ベニアズマ)、銀杏、ゆず

味噌造り用大豆の予約受付中です。麹も手配します。この大豆は煮豆などにしても大変おいしいです。直売所で200g袋を販売していますので、お試しください。

塩分少なめの梅干しあります(200円)
無農薬・天日干しのお米(ミルキークイーン)は700円/Kgです。
新年は6日から開きます。

開店前でも中で準備をしていますから、声をかけてください。
配達無料サービスやっています。遠慮なく配達希望とお書きください。

付録スピーカーの発掘

 先日、予約して買った雑誌「ステレオ」にはオーディオ用のアンプが付録になっていた。もちろんそれ目当てで買ったのだが、昨年の夏に買った同じ雑誌の付録「スピーカー」を放置していたことを思い出し、箱を買って入れてみた。ボックスはFOSTEXというスピーカー専業メーカーの10cm用のものをamazonで購入した。これが一番安そうだったから。

1228付録スピーカー
    スピーカーもアンプも発掘してきたので埃だらけ

 本日届いてスピーカーを取り付けようとしたが、持っていたスピーカーは10cmということにはなっていたけれどFOSTEXよりは半径が小さいらしく、具合が悪い。急遽、ベニヤ板でサブバッフルを作り二段構えで取り付けた。きっかけとなっていた新しいアンプは横浜に置いてきたため、昨年の付録アンプを使って鳴らしているが、これが予想外にいい音がする。最近よく聞く「Jango」というインターネットラジオの「American Standards」を聞いているが、楽器の音もボーカルもやさしい音である。のんびりとこんな古いスタンダードナンバーを聞くには最適のような気がする。近いうちに居間の鴨居にでも取り付けようと考えている。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

小屋裏の山入口を作成

1228山出入り口1


 小屋の背中側は山になっているが、もともと害獣侵入防止のためのパレットフェンスが設置してあった。小屋を作る際に出てきた土を利用して山に上る通路を作りかけているが、この部分の開口部を何とかしようと考えていた。昨日、ジョイフル本田で見つけたフェンス用のビニール被覆メッシュを2枚買っておいたので、それを使って出入り口を作った。

1228出入り口足元

 メッシュは3×6サイズであり、縦に2枚使う必要がある。地面に接する部分は、イノシシが鼻で押す可能性があるため、角材を埋めてそれで止めることにした。下のメッシュの上側、上のメッシュの上下は洋灯吊(ヨートー)を利用しているが、いかにも弱弱しいので適応な金物を探して取り替えるつもり。
 これで、山への出入りが簡単になったので、暇を見つけて通路の工事を再開しようと考えている。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

デッキ完成

1228デッキ完成

 昨日買ってきた材料でデッキを作ったが、本当のところは作るというほどの手間はかけていない。やったことといえば、昨夜適当に並べておいた板を入れ替えたり裏返したりといった調整が主なる作業だった。木材にはつきものの反りや捩じれは買うときに一応チェックしたつもりだが、やはりきちんと並べてみると目立つものもある。それをなるべく吸収するような並べ方をあれこれ模索することが作業である。

1228デッキ調整

 そのあと、木口に角材をビス止めして何とかおさめるのだが、長さもずいぶんばらついており、比較的目立たない裏側部分の木口では、長い板を切って短い板に継ぎ足すといった細工をして何とか恰好を付けた。今回は既存の倉庫の床部分を残してその上に作ったので、ほとんど手間をかけることなく、それなりのものが出来上がった。真夏にはかあり大きなビニールプールを広げるのだが、この場所はちょうどプールサイドになり、バーベキューをやったりスイカを食べたりする場所になるはずだ。また、何かを干したりちょっとした作業をやるにも使いやすそうな場所が出来上がったと思う。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

最近の動物情報

 11月中旬から狩猟期間に入ったせいか、シカを見かける機会がめっきり減った。ちょっと前までは暗くなってから車で走っていたら必ずといってもいいほど見かけたものだったが。それに、隣の休耕田にもいなくなった。夜の見回りの時にライトの明かりに反射する目がいつも光っていたのだけれど。ということで、ちょっと静かである。
 トリについていうと、毎日のように来ていたアオサギがほとんど来なくなった。ドジョウを食い尽くしたつもりなのかもしれない。フクロウの鳴き声も今は全く聞くことができない。
 水生動物については、夜田んぼをのぞくと数は少ないけれど、ドジョウ・メダカ・ヌマエビや小さな虫などが泳いでいる。もう、毎朝氷点下になるくらいだから(明日朝はマイナス3度の予報)、そろそろ姿を消すのではないだろうか。一番条件がいいはずの沢水が入る池(水温は真冬でも10度以上ある)には、15cmほどあるサカナ(種類は不明・アブラハヤかタモロコではないか)がいつも数匹泳いでいたものだが、最近は藻の中に姿を隠しているのか、みることができない。そんな感じで、あと3か月ほどはちょっと厳しい冬が続くのである。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

デッキの材料を購入

1227軽トラで運搬

 昨日からの雨が今日も少し残っており、土を動かすような仕事は全く無理なので、午後からデッキ用の木材を買いに出かけることにした。台風25号の襲来で壊れたスチール倉庫の床のみを残してあったが、置いただけのスチールパネルは歩くたびにギシギシいうし、ちょっと味気ない。この上に何か板を並べようと思っていたのである。
 一応、市原のスーパービバホームを目指したが、枕木がありそうなジョイフル本田市原店に寄って下見をしていくことにした。市原までは牛久まで北上し297号に入って約1時間ほど、暮れにしては道路はそれほど混んでいなかった。ジョイフル本田市原店は初めて行ったのだが、他の店同様に店も駐車場もアメーバのように増やしていった感じだ。最初に枕木を見たが、やはり重量の関係もあり無理と判断し、結局SPF材にすることにした。デッキ部分は3.6m×2.95mであり、うまい具合に10Ftの防腐剤を注入した2×6があったので26本購入。例によって軽トラ・キャリイ君で運んできた。

1227デッキ

 ついてから並べてみたが、10Ftが少し長かったけれど切らずに済みそうだ。明日天気が回復したらビスで緊結固定する予定。ただ、湿度による伸縮があるはずなので、そのあたりは要検討事項だ。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

シーズンオフの仕事

 先週は旅行に行って結局土日だけやってきたし、今週も水曜日に高校の同期会があり本日木曜に到着、少し休み的雰囲気が続いている。まあ、農閑期だからいいのだが、来シーズンのために少し態勢を立て直すことにしよう。あらためて今シーズンオフの実施事項を整理してみる。
 まずは田んぼ関係だが、4枚の田んぼそれぞれがいまだに高低差を持っている。今は溜まるほどではないが水が入っており、その状態がよくわかるが、これを冬の間にできるだけ平らにしなければならない。これは力仕事。
 次は毎年だましだまし使っている水源地の堰とそこから田んぼへの配管の更新、これも足場の悪い沢に砂を詰め込んだ土のうを運んだりといった肉体労働が含まれる。
 あとはシイタケの榾木作りだが、うちの山の雑木はかなり伐ったから、他で探さないといけない。といったところでやめておこう。あまりやることが多いとまたできずに終わりそう。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

このあたりはウラジロの宝庫だった

1221ウラジロ1

 直売所では、木更津の仲間が作ってくれるお正月飾りの注文をとったが、それほど多くは集まらなかった。しかしその過程でウラジロが売られていること、うちの農場のあたりなら自生している可能性が高いことなどが判明した。先週うちのカミさんがご近所のおばあちゃんに聞いて探しに行ったら、確かにあることはあるのだが、少し大きすぎるようなものしかなかった。どうやら販売している業者が取りに来て、規格外れのものしか残っていないと推測された。
 昼食休憩の後、私も加わってもっと探してみようということで二人で出かけた。そうすると、道路わきに生えているものがウラジロみたいだと気付いた。裏返しすると確かに本物。そこからどんどん奥に入っていくと、あたり一面に自生しているところが見つかった。ここはまだ誰にも知られていない場所らしい。さすがは山の中、こういうものは得意科目らしい。来年は山野草を少し研究してみることにしたい。

1221ウラジロ2


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

裏磐梯ホテルの裏事情

 先週宿泊した星野リゾート裏磐梯ホテルの調査は継続している。当初は裏磐梯猫魔ホテルという名称だったこのホテルは、福島交通の経営者小針暦治の会社である日本ロイヤルクラブからの発注だった。小針については wikipedia を参照してほしいが、東北の小佐野といわれた政商で政治家との関係をバックに、特定の金融機関と極めて近く、融資によって300億円ともいわれる工事費を手当てしたと思われる。
 ただ、小針は竣工前後に病死しており、もともと関係のあった間組への支払いは一部を除いて済んでいなかった模様で、後年訴訟沙汰になっていたらしい。間組はもともと土木系企業であり、建築としては経験のなかった大型且つ高級ホテルであり、社をあげて取り組んだと思われるが、気の毒なことに工事費のかなりの部分が焦げ付き、おそらくそのこともあって屋台骨が揺らいだと思われる。
 その後、日本ロイヤルグループはいよいよおかしくなり、1999年ごろに間組から提訴を受け、翌年東京地裁から破産宣告を受けたらしい。そのころこのホテルは売却されたらしいが、その額は15億円以下という信じられないものだったそうだ。この時点で負債総額は2000億円弱、うち間組関係は282億円だったらしい。間組は当然ゴルフ場の施工もやっていただろうから、その分も含まれているだろう。打ち出の小づち(といっても借金だが)を持っていたワンマンオーナーがいなくなった後は、坂道を転がり落ちるように崩壊したのだと思う。
 設計者については、その後の調査で「大高建築設計事務所」だったことが判明した。代表者の大高正人は丹下健三・菊竹清訓などと並ぶ日本の建築家の中の重鎮で、日本建築学会賞やBCS賞などの受賞歴がある。もちろん多くの有名建築も含まれる。ご本人はピークを過ぎていたかもしれないが、設計というものは個人というよりチームでの作業という側面があり、こういった事務所には優秀な若手建築家が集まるので、作品としての質はそれなりに高いと思われる。実際にみてみると、コスト面の制約を考えずに建築家がやりたいようにやるとこういうものができるという実例だと感じた。私などは、設計されたものを作る立場に身を置いていたこともあるので、どちらかというともっと安いものや方法で代替案を提案して儲けようと考えていたから、うらやましいという気持ちもある。しかし、一方ではこういう相手からの工事は絶対にやってはいけないという本能も働いている。ゼネコンにとって、仕事をやるべきか見送るべきかという選択は最も困難だが重要な選択肢だ。このケースでは、会社のトップと親交がり、しかも政界と通じている大物から発注される工事であり、しかもこれまでやったこともないような看板工事だったから、間組社内では「大丈夫か?、危なくないか?」といった懸念は表面には出なかったのかもしれないが、結果的に古くからの中堅ゼネコンが躓いてほとんど消滅に近い状態となってしまったわけだ。「猫魔」は魔物だったのかもしれない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

12/23 直売所通信 味噌用大豆ご予約受付中・正月向け野菜充実

おはようございます。おしせまってきましたが、直売所は来週30・31も開店です。お正月用の黒豆、八つ頭など揃えていますがお早めに。来週分の予約はご相談ください。新年は6日から開きます。

数が少ないもの(5袋未満)
サラダセット、カブ(あやめ雪)、ベビーリーフ、ゴボウ、クレソン、赤玉ねぎ、春菊、ミニ白菜、サニーレタス、聖護院カブ、ミニトマト、芽キャベツ、山東菜、冬瓜(巨大)

5袋以上のもの
黒豆、大豆、ブロッコリー、スティックブロッコリー、キャベツ、白菜、水菜、リーフレタス、ニンジン、カブ、菜花、小松菜、長ネギ、ダイコン(青首・味まるみ)、ほうれん草、サトイモ、玉ねぎ、新米(ミルキークイーン)、古代米(黒米)、サツマイモ(安納芋・鳴門金時・ベニアズマ)、ラディッシュ、銀杏、ゆず、キウイ、マンリョウ(株、鉢植え用)

味噌造り用大豆の予約受付中です。麹も手配します。この大豆は煮豆などにしても大変おいしいです。直売所で200g袋を販売していますので、お試しください。

塩分少なめの梅干しあります(200円)
無農薬・天日干しのお米(ミルキークイーン)は700円/Kgです。

開店前でも中で準備をしていますから、声をかけてください。
配達無料サービスやっています。遠慮なく配達希望とお書きください。

山への入り口を増やす

 小屋の建設に伴い発生した土は、裏から山に上る通路を設けるために活用した。ただ、通路については途中から小屋の建設に集中したため中途半端な状態でとまっていた。今日は、その作業再開を睨んで小屋の裏側に出入り口を設置した。といっても、柱の材料となる丸太集めから始まるんだが。

 まず近所の山にチェーンソーを積んで軽トラで上り、間伐材の中から手頃なものを伐り出す。それを皮剥きして穴を掘って埋め込み、砂で固める。これまで仮に並べていた5枚のパレットのうちの2枚を外し、ありあわせのアルミ柵部材を使ってゲートを作った。しかし、このありあわせがちょっと気に入らない。幅も高さも少し小さかった、やはりありあわせである。トラクターゲートのような扉を作って取り替えようと考えている。
 
1221山ゲート
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

裏磐梯の宿泊先について

1221n裏磐梯ホテル

 泊まったのは星野リゾート裏磐梯ホテルだったが、これが本当にすごいホテルで私にとっては大当たりという感じだった。興味を持って滞在中にもいろいろ調べてみた。1991~3年にかけて建設されたのだが、時代はバブルの終盤でありこの建物自体はバブルの申し子のようなものである。おそらく坪単価でいうと200万円クラスじゃないかと思う。外装には御影石、内装には大理石がふんだんに使われ、仕上げには非常に手がかかっている。また、スペースの余裕も半端ではない。客室部分の面積は半分もないようで、廊下やロビーなどは非常にゆったりしており、何に使うんだろうというスペースもとても多い。旅行に出かけるということは、ある意味非日常的な瞬間を過ごすということになるが、その舞台としては申し分がない。

1221nエントランスホール
    エントランスホールの不思議な木のファニチャー

1221nEVホール
    各階EVホールは広大、背中側にも続いている

 バス送迎プランがあること、面白い自然体験ができたこと、食事はいわゆるバイキングだけれど結構ちゃんとしたものを食べることができたことなど、色々なプラスポイントがあったけれど、どこにいてもゆったりした気持ちになる上質の空間が一番気に入ったところだ。現在はスキーシーズン本格化の前の閑散期だが、1泊目は自前のバス客が3分の2程度だろうか、50名程度の宿泊客、2泊目はクラブツーリズムのバス(40名程度か)と自前のバス客が加わり倍程度に膨らんだが、客は少なめ。風呂も常時ガラガラ状態。スタッフはそれほど多くないが、急に増やすことも困難と思われるため、客室のフル稼働はまずあり得ないと思える。バスの客に対しては24時間滞在を売り物にしているが、あえて稼働率を下げているからチェックアウトとチェックインの時間を同じにできているのだと思う。

1221n5階展望ラウンジから
    5階(最上階)の展望ラウンジからは檜原湖が一望

 宿泊料金などについては、自社サイトだけでなく旅行会社各社が取り扱っているので、興味があればすぐに見つけることは可能。価格的にはかなりリーズナブル、特に送迎バスプランは安い。ただ、プランとしては一泊のみとなっている。連泊にすることはできたが、そのまま倍となるため割安感は薄れる。それであればクラブツーリズムの2泊3日プランの方が割安である。価格やサービスの程度がこのままのレベルであれば、他の季節にもぜひ訪れたいと思う。


nekoma.jpg
 
 裏磐梯ホテルについて
 工事期間:1991~1993
 当初の発注者:(推測)福島交通あるいは系列企業
         ホテル棟325室 延4万8000㎡ 工事費推定300億円
         当時の福島交通トップと近い間組(現在は安藤ハザマ)が施工
         設計者;大高建築設計事務所

 2001年   おそらく倒産により営業停止
 2004年6月 埼玉の不動産会社「リベレステ」が取得、
         そのころ、加森観光が運営受託した模様
 2009年4月 裏磐梯猫魔ホテル事業を星野リゾートへ運営委託
 2013年7月26日より「星野リゾート 裏磐梯ホテル」としてリニューアルオープン
         現在もリベレステが所有していると思われる

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

東北道羽生PAの変貌

 3連休直前の東北道から首都高速はかなりの混雑で、裏磐梯から東京駅まで5時間以上かかったが、2回目の休憩場所であった「羽生PA」にはちょっと驚いた。到着直前にバスのドライバーさんから「もしかしたら開店しているかも」という事前情報があったが、駐車場に入っていくとと乗客たちは大騒ぎ。江戸時代の街並みがライトの中に浮かんでいた。

1221鬼平1

1221鬼平2

 羽生PAは、鹿沼のゴルフ場に通っていた頃はしばしば立ち寄ったはずだが、どんな施設かは全く記憶がない。もっとも、以前はどのSAもPAも何も特徴がない施設ばかりだったから、そんなものの一つだったわけだ。ところが今度は大違い、まるでテーマパークだ。前日の19日オープンだった鬼平江戸処、東北道自体も混んでいたが、それ以上に大混雑。東北道などめったに走ることもないから、たまに通りがかってこういうものがあるのはなかなか面白い。いろいろあるのもいいだろう。

1221鬼平4

1221鬼平3

 ただ、日常的に利用するトラックドライバーさんたちにとってはどうだろう。この日は到着時間もいつになるかわからないという状況で、なにか食べるものを買おうと思ったんだが、色々趣向を凝らした店が入っているようで、かえって当たり前のものが少ないような気がする。コンビニが入っている方が便利なんじゃないかな。まあ、20分おきぐらいにPAなどはあるから、いろいろあってもいいということになる。団体のバス移動であり、20分ほどしか時間がなく、探検が不十分だったことが少し残念だった。

    鬼平江戸処  

1221鬼平江戸処


 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

雪の五色沼・軽トレッキング

 二泊にしたため昼間の時間に余裕ができたので、昨日はホテルでやっている(正確にはnatural bizという会社が受託している模様)スノーシューウォークに申し込んで、午後の2時間ほどかけて五色沼のほとりを洋風カンジキで歩くというミニツアーに参加した。

1220スノーシュー

 もちろん何も持って行かなかったけれど、スノーシューというカンジキのようなもの、ウエア・ブーツ・帽子・手袋はすべて貸してくれる。ホテル内の集合場所で衣装合わせとスノーシューの装着方法の説明があり、それからホテルを出て駐車場の隅でシューを履き、ガイドさん2名に挟まれてコースに向かう。メンバーは我々2名と母娘2名の2組、母娘組は当日1時半に到着したホテルのバス(東京駅発:我々は前日乗ってきた)でやってきたようで、事前のリサーチがちゃんとしていれば1泊でも参加できるのだ。

1220トレッキング

 片道1時間弱のコースで、るり沼までを往復する。途中は50cmほどの雪に覆われた遊歩道で、長靴などだったらめり込んで歩けそうもないが、スノーシューは優れもので、スルスルと歩いてゆける。途中、色々なところで自然についての説明をしてもらう。

1220兎足跡

例えば動物の足跡だったり、木々の実などの説明である。大多喜で過ごすようになってから自然にはかなり詳しくなったが、例えばウサギの足跡はわかっても進んでいる方向はわかっていなかったことが判明した。
   ‥:  ‥:  正解は→ 私は左向きと思っていた。

1220るり沼
      るり沼

 目的地のるり沼ではメープルシロップのおやつが出た。それも悪くはなかったが、沼の水の色がとても綺麗でそれが素晴らしかった。るり沼も綺麗だったが、一つ手前の青沼もやはり素晴らしい。この青色は水に含まれるアルミニウム化合物のせいらしい。磐梯山は125年前の明治時代に水蒸気爆発で土砂を吹き飛ばし、それでこのあたりの湖沼群ができたそうだが、アルミニウム成分もその時に飛んできたものらしい。

1220青沼
    これは青沼
 普段とはちょっと違う自然との接点を体験し、なかなか面白かった。別の季節、雪のないころにも来てみようと思ったが、果たして時間を作れるだろうか。
 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


中国中央TVで放送されました

先日取材を受けたCCTVの番組放送が昨日あったようで、記者さんから視聴できるWEBについて連絡がありました。
こちらは温泉から帰るバスの中で、劣悪な通信環境のため途切れ途切れですが、何とか視ることができました。

http://jingji.cntv.cn/2013/12/19/VIDE1387459448160508.shtml
[経済情報ネットワーク]ホット日本の退職者は、農業に戻 :自給の種類の中から音楽販売20131219から
タイトルはchromeの翻訳のままで、変なところもあります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

一泊追加



ここは、星野リゾート裏磐梯ホテル。どこを見ても旧裏磐梯猫魔ホテルと書いてあるので、左前になったホテルを星野リゾートが買いとって営業していると思われる。
しかし、ちょっとバブリーな建物ではあるが、温泉はいいし桧原湖をのぞむ風景もなかなか良い。どこかにバス送迎プランは連泊不可と書いてあったが、フロントに聞いたらあっさりOKとなった。その結果、こののんびりした時間はー日延びることになった。勉強中のandroidプログラミングの本を持ってくればよかったかな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

明日は温泉へ

 コメも野菜もやっているとあまり休みはとれない。小屋なんか作っているからかもしれないが。昨シーズンは春先にどこかに出かけようと思っていたのだが、フクちゃんがやってきてついに旅行に行けなかった。今シーズンは早めに行こうと検討は始めたが、直売所の月火と収穫の土日を避けると、あまり行きたくなるようなツアーも見当たらない。いろいろ探して、東京駅からバス送迎付きのプランを探した。連泊はできないらしいので1泊で帰ってくるが、何度も温泉に入ってのんびりしてこよう。行先は裏磐梯で、雪の可能性も考えバス送迎にしたのだが、どうやら正解だったらしい。雪に覆われ外にも出られないんじゃないかな。

 ところで、今回はPCを持って行かないことにした。BLOGも書くと思うが、タブレット・スマホ・androidデジカメを組み合わせてやることになりそうだ。

1217サンタとスノーマン


 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

華香亭と奇珍楼・五目焼きそばを比較する

1217華香亭

 横浜の家から下に降りたバス通りには中華料理屋がいくつもある。駐車場の問題や混雑で中華街にはなかなか行きづらいが、バス通りが11~15時は駐車禁止ではなくなるため、実は穴場的なのである。降りてすぐのところにある「華香亭」は、うちの一族が集まるときの定番的存在で昔からときどき行っているが、私は農場生活の方が長くなったため、ちょっと足は遠のき気味である。

1217奇珍楼

 先週は、ぶらりと出かけて麦田町にある「奇珍楼」に立ち寄って五目焼きそばを食べた。この店は華香亭同様古い作りの店で、なかもちょっと雰囲気がある。だが、どうも五目焼きそばの味は華香亭にはかなわないような気がした。今週は、「華香亭」に行ってそのあたりを確認してみた。やはり私の場合は「華香亭」に軍配を上げる。この店は味付けは薄めだがしっかりした味なのである。油にうまく味がついているのかもしれないが、このあたりは全く専門外でただただおいしく食べさせてもらうだけである。

これは奇珍楼の五目焼きそば
1217奇珍楼焼きそば

華香亭の五目焼きそば
1217華香亭焼きそば
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ナイター営業開始

1217ナイター営業


 もうすぐ冬至だが、夕暮れの到来は早くなってきた。直売所の棚には何もつけていなかったので、5時になると品物も全く見えなくなっていしまう。当直売所の場合、夕方にお見えになるお客さんは少ないが、それでも夕食用の野菜で足りない分を探しに来られるかもしれない。ということで、LEDランタンをAMAZONで買って点けてみた。毎週火曜日の夕方閉店時間ごろにバイクで来られる常連さんが来られ、さっそく役に立った。

1217LEDランタン

 実はこのランタン、お店が終わると車に積んでおき、農場では小屋の照明用やBBQ時の補助ライトとして使う予定だ。小屋にACを引くことも考えているが、66mもケーブルを延長する必要があり、キャブタイヤケーブルでも転がしっぱなしにしておくわけにはいかないので、ライトについてはこれを活用することにした。電池は単1が3本で、72時間程度使用可能らしい。動力源として必要な場合は、電工ドラム2基と30m延長コードをつなげば充分小屋まで届くから、これで間に合わせるつもり。照明用としてはほかに考えている方法(12Vバッテリー+LED48W作業灯)があり、おいおいに揃えていこうと考えている。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

12/16 直売所通信 味噌用大豆ご予約受付中・黒豆売出します

おはようございます。寒くなりましたね、鍋用の野菜揃えています。味噌用大豆ご予約を承っています。お正月用の黒豆、八つ頭など揃えています。配達しますのでお申し付けください(もちろん無料です)。
お正月用お飾りのご注文を承ります。木更津の生産者さん謹製です。見本などは直売所にありますのでお問い合わせください。
このあと年内は23・24日と30・31日に開店です。新年は6日から開きます。お正月用野菜の予約はご相談ください。

数が少ないもの(5袋未満)
ブロッコリー、キャベツ、水菜、サラダセット、聖護院大根、ベビーリーフ、春菊、スティック春菊、シシユズ、切り花(水仙、菊)

5袋以上のもの
黒豆、小豆、大豆、ニンジン、スティックブロッコリー、カブ、ミニトマト、リーフレタス、菜花、小松菜、白菜、長ネギ、ダイコン(青首・味まるみ)、ほうれん草、サトイモ、玉ねぎ、新米(ミルキークイーン)、古代米(黒米)、サツマイモ(安納芋・鳴門金時・ベニアズマ)、サニーレタス、ラディッシュ、銀杏、イモガラ(里芋)、ゆず、キウイ、切り干し大根

塩分少なめの梅干しあります(200円)
無農薬・天日干しのお米(ミルキークイーン)は700円/Kgです。

開店前でも中で準備をしていますから、声をかけてください。
配達無料サービスやっています。遠慮なく配達希望とお書きください。

小屋のパートナー

1215軽トラの居場所

 現在、ほとんどモミガラ運搬車となっている軽トラを、普段の置き場所(玄関前)ではなく小屋の脇に停めたんだが、これがなかなかピッタリくる。残念なのは小屋の電気が電工ドラム2基と30mケーブルに頼っていることで、窓からコードがぶら下っているのがだらしない。このあたりを含め、改善を加えて私の道具小屋に発展させようと思う。母屋を追い出されたりして。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

小屋組立時の注意事項など

 「コストコの小屋」などのキーワードで検索して来られる方も多いので、組み立てに関する注意事項などをまとめておこう。順番などは適当だがご容赦いただきたい。
 
 まず最初、梱包は2個口である。長さは2.4mあり重量は2個で250Kg、何とか軽トラで運ぶことが可能である。ただし、荷台から40cm程度飛び出すため、全長の1割以内という制限は越してしまうため、厳密にいうと法律違反である。注意が必要。揚げ降ろしについては、4人程度いた方がよさそうだ。
 価格も書いておく、119,800だった。ただし、ドル円レートなどにスライドする可能性がある。私が注目していた2年間で、最安では10万円を切ったことがあった。
 私は土間コンを打ったけれど、結果的に正解だったと思う。Lifetime社も薦めており、特に完全な水平にするよう書いてある。この小屋は、屋根のトラスをのぞき木材や鉄骨などの骨組みがないため、壁パネルをビス止めしていくのだが、パネルの寸法精度はそれほど正確ではないため、何枚もつないでいくとかなり誤差が生ずる。最後の隅の壁あたりになると酷いことになる可能性もある。完全に水平でがっちりした床でも歪むので、床がいい加減だと納めるのは大変だと思う。
 土間コンは想像よりは簡単だったが、想像よりも大変だったこともある。1・75立米の生コンを頼んだが、4t位はあるので床全体に散らすのが大仕事だった。当初は夫婦でやるつもりだったが、おとなりさんのご夫婦が手伝いに来てくれて4人がかり、このくらいの人数は必要な仕事だった。均しは初めてでも何とかなるレベルだった。強度が出るまで1週間ほどは見ておく必要があるので、スケジュールに織り込む必要がある。
 組み立て作業は説明書に従えばあまり問題はない。ねじなどの小物部品もすぐわかるようにビニール袋に小分けされている。ちょっとわかりにくかったのはドアの取っ手やラッチのあたり、わずかながらドアパネルの反りもあり、ガチャリと閉まりづらかったのでワッシャを足して微調整したが、その程度のコツは必要だろう。
 壁の最後の方や屋根パネルの後半の取り付け作業では、組み立て時の誤差を補正しながら進める必要があり、かなり力が必要だ。しかし、そうやって進めていくとだんだんガッチリしてくる。モノコックボディになっていくわけだ。脚立は必要だが、これを使えば屋根パネルの取り付けも室内から行える。
 組み立て時間は、我々の場合延べ4名。実際の作業時間については15人×時間程度、2人なら7.5時間というところだが、歪み直しをしながらの組立は2人ではきついだろう。なお、youtubeにはLifetime社がアップした組み立て作業のビデオがあるので参考にするとよいだろう。

1214小屋周り
    周囲はぬかるむのでモミガラを撒いた。
    砕石を敷いてもいいのだが、畑のそばでは使いたくない
 
 組み立てについてはかなり容易といってもいいと思う。ただ、出来上がった小屋はそれなりのものだ。一応雨風はしのげるといっていいだろうが、強い風には弱そうだ。だから私はかなり補強をしているが、それについてはまた別項でまとめよう。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

モミガラ集め

1213モミガラの山1

 今日の午後はちょっと時間があいたので、気になっていたモミガラ集めに出かけた。一昨年までもらっていた場所だが、今日行ってみたら大変なことになっていた。軽トラよりもはるかに高い山があった。しかし、中腹まで登れば投げ下ろす形で積み込める。次回はパイプか何かを持参して天辺から滑り落とすようにしてみよう。

1213モミガラの山2

 今回からは燻炭を作らずに畑に撒いたり、片隅に山積みにしておくことにしている。2年前に積んでおいたモミガラは、だいぶ分解が進んだのでカミさんがたい肥作りに使ったりしている。そのくらいになればモミガラも肥料に使えるのである。


 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

小屋(Lifetime shed)の補強作業と使用開始

1213床の固定

1213屋根押さえワイヤー

 形ができてもまだ終わっていない。昨夜から強めの風が吹いており、土間の上に載せただけの状態ではちょっと心配だった。補強の一つは床パネルの固定である。壁際に2×3材を置き、これをオールアンカーで固定した。もう一つはステンレスワイヤーで屋根パネルを固定するというものだが、昨日言ったホームセンターでは金具類が足りず、とりあえず2本だけにしている。実はアンカーを打ち込む場所を間違えており、さらに一カ所の穴の周りが割れており、ワイヤーの追加はちょっと厄介なのである。だが、工夫してもう2~3本はかけようと思っている。

1213ツールボックス

 ところで、今回の組立作業ではこのツールボックスを使った。以前スーパーセブンに乗っていた時の残党だが、普段はこれでなければならないということはないのだが、今回ステンレスワイヤー(φ=2.0)を留めるワイヤークリップ(3㎜)のナットが特殊サイズで、7/32というサイズがピッタリだった。かなり固く締めないと緩む厄介な金物だが、普通の人はどうやって締めているのだろう。

12137/32

 
1213田植え機トラブル

 補強作業も一段落したので、小屋に機械を収めた。当初はウルトラポチとマイクロバックホーを入れるつもりだったが、実際にはちょっと狭いことから、田植機・バインダーとマイクロユンボの3台を入れることにした。ところが、機械を入れてある納屋から移動する際にちょっとしたトラブルが発生した。田植機のエンジンがかからなかったのである。今年と去年の田植えの際には使わなかったので、最後は2年7か月前に使ったのだが、どうやらガソリンを抜き忘れたらしい。キャブレターから抜いたガソリンは、もうガソリンの臭いではなく油絵の溶き油のようになっていた。タンクのガソリンも抜いて新しいものに換えエンジンをかけたが、まだかからない。プラグに火は入っているようだが、ずいぶん紐を引っ張ったにもかかわらずプラグは濡れていなかったから、キャブの中身を抜いたあと補充されていない感じだ。始動前には燃料フィルターからキャブに押釦で圧送する仕組みだが、パイプを外すとガスは出ているんだが。当分、もうちょっと歳をとって手植えがきつくなるまで、田植機の出番はないのでこのままおいておくことにした。

1213小屋の住人たち

 一応、この3台の組み合わせだと中に余裕はあり、気候がよければ住めそうである。ただ、まだ周りが土のままであり、霜が融けてぬかるんでいる。小屋の中には段ボールを敷いているが、このあたりの対策も考えなければならない。まだまだ完成には至らない。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

コストコの小屋(Lifetime Shed)の組み立て作業

1211一応完成


 本日は予定通りの組立作業の日である。朝、定農連仲間のNさん(長柄町)が手伝いに来てくれて作業開始。Nさんはコマ撮りができるツールを持ってきてくれたので、作業の様子・雰囲気はこれを見ていただくとよくわかる。
 
 
 
 途中、10時半ごろに休憩、昼過ぎに昼食休憩をとったので、正味作業時間は約6時間程度だったと思われる。作業のメインはNさんと私の2名、後半はカミさんが参加、屋根を取り付ける作業からお隣のMさんが参加、トータルの作業時間は延べで15~16人×時間というところだ。


 作業のうち困難な部分は壁パネルの取付だ。床のプラスチックパネルに開いた穴に壁パネルの詰めを差し込むのだが、当て木をかってもかなり苦労した。プラスチックの板だが、工作精度の問題もありそうで、隅のL字型パネルと窓開口のあるパネルが難関だった。当て木をどうセットするかがカギかもしれない。
 前にはボルトナットで組み立てると思っていたが、それは間違いでタッピングビスを使う。このためしっかりとくっつけて丁寧にねじ止めしないとバカになってしまう。最初のうちはいいのだが、組み立てを進めると歪みが発生しねじ穴などがズレてきてしまう。力いっぱい引っ張ったり押したりしながらそれを合わせてねじ込むのだが、こういうときには人数がいると非常に助かる。今回の場合は、壁パネルを取り付け屋根トラスを架けて屋根パネルを並べていく段階(建物がねじれてストレスが溜まっている)に4人でやったのでなんとか納まったが、組立手順を考えて歪みを直しながらやる方が楽ではないかと思う。
 ということで、暗くなる前に一通りの組立作業が完了した。ご近所さんから振動ドリルを借りアンカーをもらってきたが、あまりにも強力な機械なので明日明るくなってから続きを行うことにした。土間コンの上に置いただけという状態だが、明日にかけて強い風が吹きそうなので、重石にユンボを入れておいた。これからアンカーで床パネルと壁パネルを固定する方法を検討し、明日資材を買ってきて作業を行う。

材料はこんな箱2個口
1211箱開封

床パネルを敷いたあとは屋根トラスの組立
1211屋根トラス

壁パネルを全部入れるとホッとする
1211壁パネル

屋根パネルの取付は歪み直し作業も兼ねており、かなりハードな作業になる
12111やねパネル

ちょっとした棚もセットに入っている
1211内部写真

アンカーで壁際に1×4(SPF)を留め、同時に壁も固定する予定
1211アンカーと金物

 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

nexus 5 の近況

1210Screensho.jpg

 世の中ではNEXUSデバイスに対しKitkatの新バージョン(4.4.1)が降りてくると話題になっており、私の端末にはいつ降りてくるのだろうと期待していたが、本日自動アップグレードが行われた。しかし、チェックしてみると4.4.2でさらにマイナーバージョンアップが加わったものになったようだ。

1210camera.jpg

 最も大きな変化はcameraアプリで、事前の情報でも聞いていたが、高画質化するHDR+機能が強化されてZOOMも可能になった。これで、毎度デジカメを持たなくてもよくなる可能性が高い。今年は2台(いずれもandroidデジカメ)を買っているが、出番が減るかもしれない。
 ところで、わたしのNEXUS 5は、root化しているので、自動更新が可能かどうか心配があった。galaxy nexusではだめだったからだ。今回は問題なくできたが、どこが違うのかちょっと調べてみることにしよう。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

コストコの小屋、作業手順など

1210組立説明書

 組立説明書に基づき、手順を整理した。といっても、タイトルを並べただけだが。一応、「01:土台作り」までは終了している。型枠脱型作業は組み立て終了後の追加工事の方に移した。組み立て後の追加工事には未検討項目があり、組み立て後の木曜日に材料の購入を含めてやる予定。気になっている項目は、コンクリートに穴をあけてホールアンカーを入れ、適当な金物で床パネルと壁の間柱を固定するところだが、このあたりは実際に組み立ててから現物合わせで詳細を考えようとしている。
 屋根をおさえる仕掛けは、土間にホールアンカーを入れてステンレスワイヤーを張ろうとしているが、小屋の足元から少し離して広げ、らせん杭にする方法もありそうだ。これも組み立て後の検討。なんだかんだで、今週は完成後の細々した仕事で終わりそうだ。

 
-------------------
LIFETIME SHED 作業手順
-------------------
00:必要工具類・部品リスト
XX:注意事項
01:土台作り
02:床パネル
03:屋根トラス組立
04:壁パネル取付
05:ドアパネル(左)組立
06:ドアパネル(右)組立
07:妻壁組立
08:ドアパネル・妻壁取付
09:トラス・屋根パネル取付
10:棚取付
11:窓取付
12:最終調整  歪み直しなど


-------------------
追加工事
-------------------
A1:型枠脱型
A2:土間カッター目地・面取り
A3:床・壁アンカー設置
A4:屋根押さえアンカー・ステンワイヤー張り


 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。