本日の客人

0308農文協外交員1

 本日の午後、見知らぬ青年がスーパーカブ(新聞配達仕様)で現れた。都会ならば新聞の勧誘員が巨人戦の切符か何かを持って現れたと思うだろうが、このあたりではそのようなことはあり得ない。聞いてみると、雑誌「現代農業」を発行している農山漁村文化協会の人だということが判明した。取材にしては事前の連絡がないし、何だかわからぬままとにかく話を聞き始めた。
 聞いたところでは、来週金曜までの期間勝浦を本拠地として周辺の農家などを訪ね、現代農業の定期購読の注文をとりながら色々な情報を収集するということがミッションらしい。農文協の本拠地東京都港区ナンバーのスーパーカブは6万キロも走っており、彼は昨年春入社の新人だそうだが、同じような地回り部隊が30数名ほどいるらしい。現代農業という雑誌はこの仕事を始めてから愛読しているが、その多彩な情報はどうやって集めてくるのだろうということが当初からの不思議に思っていたのだが、その謎が解けた気がする。彼は竹製の花器を持っていたが、今日訪問した先で「持って行けよ」といわれたらしい。農家を訪ねて色々な話を聞き、親しくなって色々な記事のネタ集めもするのだろう。

0308農文協外交員2

 ただ、私がこの仕事を始めた5年前、インターネットで集められる情報もそれほど多くなくて、「現代農業」は貴重な情報源だった。ただ、当時と比べるとインターネットを流れる情報量も増えて、私自身としては「現代農業」に頼る割合が多少減ってきた感じもある。ただ、インターネットとはあまり縁のない先輩たちもまだ頑張っているから、創刊のころから70年も続いているという、この地回りの仕事もぜひ引き続き頑張ってもらいたいものだ。
 サラリーマン時代には出入りの書店経由で定期購読していたが、その後は本屋で買っていたこの現代農業、せっかく来てもらったので、農文協直接の定期購読を注文したことは言うまでもない。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

2棟目のハウス建設に着手

0308ハウス2棟目1

 今朝はハウス予定地の高低チェックと地均しを行ったが、前回(といってもかなり前)の作業で高低差は10cm程度まで減少していたので、午後からテスト的に本体のパイプを建て始めた。今回は「パイプヌキサシ君」という新兵器があるので様子を見たのである。

0308ヌキサシ君2
    引き抜きモード

 ところがこれがかなりの優れものであった。去年はカミさんと二人がかりで格闘したが、今度はヌキサシクンを踏んで押し込める。押し込み過ぎた場合の引き抜きも簡単にできる。前回はL=8間のハウスで1日半ほどかかった作業を、たった半日で終わらせてしまった。作業効率は倍以上ということになる(今回は7間:間口は3間で同じ)。

0308ヌキサシ君1
    差し込みモード

 一応、明日は天井の1本と足元の2本、計3本の縦パイプを取り付けながらパイプの建付けや間隔などの微調整をやる予定。来週は補強の縦パイプと妻面のパイプ組み立てを行うつもりだが、注文したパイプがすべては来ておらず、直管(3間)が14本ほど不足していたため、それが届くのを待ってという部分もできそうだ。

0308ハウス2棟目2

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

農場内の見回り結果

 大雪のあと風邪をひいたり旅行に行ったりで農場内の見回りをサボっていたが、今日は久しぶりに見て回った。そうしたら、田んぼの向こう(竹藪の入り口付近)でイタチが死んでいた。死因は不明だが猛禽類の仕業だろうか。
 その他の異常としては、3号田んぼから4号を迂回するパイプがあるが、これが詰まっていた。パイプを通すツールでいろいろ突っついて詰まっているところを探し出したが、ここにはカエルが詰まっていた。
 という具合で、写真を掲載するようなものではないため、文字によるレポートのみ。雪はようやくすべて消えた。私は鴨川経由で来たので雪をみなかったが、軽トラで房総の背骨を横断してきたカミさんによると、まだ雪は残っているらしい。もうずいぶん経つんだが。屋敷の裏の梅の花が咲き始めており、3分咲き位。いよいよ春は近い。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

熱海で梅見

0306梅林

 宿泊先から下に降りたところに熱海梅園がある。まだ間に合いそうなので立ち寄ってみた。梅まつりは今度の週末までで盛りは過ぎていたが、種類によっては満開直後という感じのものもあった。

0306梅とウグイス1

 ある樹にはウグイスのグループが集まっていた。農園ではいつも鳴き声は聞こえるものの姿を見る機会は少ないのだが、この梅園では間近からみることができてちょっとうれしかった。

0306梅とウグイス

 農園の梅はちょうど咲き始めたばかりで来週くらいが満開ではないかと思うが、ずいぶん時期が違うものだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

農閑期旅行(第2回)熱海へ

0306熱海1

 昨日から熱海に一泊で出かけてきた。今回はカミさんの他に、アメリカから帰国した娘が同行している。宿泊先は星野リゾートのリゾナーレ熱海というホテルで、先日の裏磐梯ホテルと同様に潰れたホテルを再生したものである。今回も熱海を見下ろす山の上にあるなかなか立派なホテルだが、建物は裏磐梯ホテルほどのグレードではないし、少しやつれているけれど、部屋はとても広く温泉もなかなかいいため、ゆっくりと休むことができた気がする。

0306熱海2

 昨日到着時は霧で何も見えなかったが、次第に霧も晴れて夜景が見え星も出たが、夜景は百万ドルとはいかず1万ドルくらいだろうか、往時の熱海とはちょっと違うということだろう。すっかり晴れた今朝は、真鶴岬の向こうに三浦半島、その向こうに房総半島が見え、MM21のランドマークまで見えた。

0306ランドマーク

 さてこれでシーズン入りということになる。明日農場入りしてハウスの設置を本格的に進める予定。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

風邪の続きで「Brill Building Sound」

 先々週からの風邪にはかなり悩まされた。結局、「あたしにはうつる気がしない」と豪語していたカミさんに風邪がうつり、移したら治るはずの私の風邪もかなり引きずっていた。雪の残りも引きずっていたため、幸いなことに仕事の機会損失は最低限で済んだが。農場は咳の嵐に見舞われた。が、今週になってようやく下火になりつつある。

0303BrillBuilding.jpg
 
 ところで、私は風邪をひいている間に新しいテーマを見つけた。先日到着した「Brill Building Sound」には結構密度の濃い冊子がついているのだが、これの翻訳をやってみようと思っている。昨夜1ページの半分ほどやってみたが、65歳の日本人爺にとってはかなり大変なので、OCRで読み取り翻訳ソフトを使って機械翻訳して、それから作業をつなごうと試みているところだ。これも65歳の爺には厄介な部分がないわけじゃない。しかし、HPプリンターのユーティリティとMICROSOFTの無料ツールを使うとなかなかいい感じでデジタイズできることがわかった。これから農業も忙しくなるので、早く片付けようと思う。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

03/03 直売所通信 おはようございます

3月に入り、ようやく畑の雪も融けました。雪に閉じ込められた野菜はおいしくなっています、ぜひお求めください。

数が少ないもの(5袋未満)
サラダほうれん草、サラダからし菜、サラダ水菜、クレソン、ルッコラ、春菊、赤かぶ

5袋以上のもの
サラダセット、ブロッコリー、スティックブロッコリー、味丸み大根、白菜、キャベツ、ニンジン、ふきのとう、小松菜、菜花、水菜、ほうれん草、長ネギ、玉ねぎ、サツマイモ(安納芋)、サトイモ、生椎茸、黒米、苗(キンセンカ)

塩分少なめの梅干しあります(200円)

開店前でも中で準備をしていますから、声をかけてください。
配達無料サービスやっています。遠慮なく配達希望とお書きください。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード