里山をつくる

 図書館で「雑木林をつくる」という本を借りた。多摩エリアにある公園を、地元の有志たちが里山に仕立てるというプロセスを書いたものだが、これがかなり興味深い内容だった。
 雑木林というと、落葉広葉樹が自由に生えている林だと思っていたが、これが農家の生活と深く結びついたものであり、エネルギー源や肥料の産出源として重要な役目を負っていたことが初めて理解できた。
 今回の田舎暮らし用地では、最初は広い農地として捉えいろいろ考えていたのだが、この本を読んでからは約半分を占める山にも興味が生まれた。養老渓谷の源流に接する敷地の川沿いの半分が小さな山になっているのだが、その7割くらいは樹木に覆われ、残りが竹林となっている。いずれも手はほとんど入っておらず、2月に乗り込んで最初の仕事は樹木と竹を払って密度を薄くして、明るい林、明るい竹藪にすることになりそうだ。
 その先には、雑木林の里山造りが待っている。さらには、果樹も植えてある部分は農地としての果樹園となるエリアもできてくるはずである。

 ところで、この本の中でも触れられているが、炭作りも面白そうだ。今日図書館で、「炭やき教本」という別の本を借りてきたが、樹木も竹も炭にしようと思っている。実は今回の家には小さいながらも囲炉裏がある。昔の農家の熱源としての炭をつくるところから体験してみることになる。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード