沢水量推定モデルによる田んぼの水過不足見通し

 せっかく考えた数量モデルなので、一応いろいろ使ってみたい。下のグラフは昨年1月以降の推定値推移を1年分プロットしたものである。5立米/時以上は現在の配管のキャパシティを上回るため割愛してある。
 昨年の用水管理の結果では、田んぼの吸水量はかなりばらついており、6月頃は100立米/日を上回っていたが、7月頃からは50立米/日程度から20立米/日台の時もある。比較的低位安定の7~8月の平均でいうと40立米/日位であり、時間単位では1.7立米。ただ、面積が4割以上増加したことや、比較的大きな池を最上流に配置したため、2.5立米/時が一つの基準値だろうと認識している。グラフでは1.5立米/時を下回った期間を要注意期間としてオレンジ色でマークしてある。要注意期間となったのは、4月上旬の田植え準備期間、5月末(梅雨入り前)、7月から8月は3回ほど、あとは9月末の稲刈り前である。期間は長くても7日程度だから、その前が満水状態でさえあれば干上がるまでには至らないだろう。ただ、天候不順であった昨年と同じようになるとは限らず、川水での補完は考えておく必要がある。ただし川水は3号に入るため、1~2号は沢水のみでまかなう必要はある。
 実際に計測した結果見比べながら作ったモデルの予測値だが、実は感覚的とはかなりずれている。計測結果の方が少ないのである。これは、沢水を持ってくる配管系のトラブルが多かったためといっていいだろう。別途検討を進めている取水装置の改良により、流れている量をちゃんと取り込めば、面積増はあったにしても川水に依存することは避けられるのではないかと思う。

推定グラフ2

comment

Secret

No title

年間を通じてこんなに水量に変化があるんですか
私も計測してみようかな・・でも
継続が苦手だし、週一では・・でも
堰の補修もして計測しやすくはなったのでやってみますか

No title

私も続けるのは苦手なもんで、計測結果は1年間で20回くらいですよ。
週1はこちらも同じ。いつも見に行ければそんな面倒なことしなくてもいいでしょう。現地に行かなくてもある程度見当がつくようにやっています。私の場合本拠地との直線距離は50キロもないと思うんですが、気候は驚くほど違うものですから。
しかし、1年やってみて予想以上にイネはたくましいので、あまり神経を使わなくてもいいんじゃないかと思いつつありますけどね。
計測はかんたんですよ。容量を量った洗面器などを軽トラに積んでおいて、一杯になる秒数をはかればいいんです。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード