池の鯉

 大きくなった池を見ていると、いろいろな生き物を住人として入れたくなる。既にアブラハヤ3匹とエビ若干は導入済みで、古い池の底土を入れているから春になればその他のものも多少は自然発生してくるものと思われる。ただ、それではなんだか物足りないので、とりあえず池なら鯉だろうということで検討中だ。鯉は、田んぼに放すと泳ぎ回って泥を涌かすので雑草の発芽を抑えるらしいし、池の鯉にとどまらず有効に使えそうである。さすがに池も凍る時期であるから時期尚早だが、無選別の稚鯉を何㎏か買い込んで放してみようと思う。ドジョウもおんなじだ。
 それと、植物ではハスがいいんじゃないかと検討中である。花もきれいだと思うがレンコンも獲れる。漂白していないレンコンを(切っていないことも条件だが)池に放り込んでおけばいいらしい。実はレンコンは嫌いで、まだ生まれてこの方ほとんど食べたことはないのだが、自分で作ったら食べなきゃならないだろうな。ということで、いろいろおもしろいことはありそうだ。

comment

Secret

鯉はだめだよ~!

鯉はイメージに反して食害がひどい魚で、水草・エビ・小魚何でも食べてしまい、鯉しかいない池になる恐れが大。ビオトープとは逆の方に行ってしまう。
現にアメリカでは害魚指定されて駆除が進んでるほど。
とりあえず現時点では様子見が一番。
夏にどのくらい水温が上がるか、プランクトンがどのくらい沸くかを見て魚を放すのがいい気がする。
ただそれでは寂しいので、ちょっと水温上がってきたら、カワニナとミナミマエビぐらいは放してみたい気もする。
どちらも腐植土入れておけばそれをえさにするし、繁殖も見込める。
あと、エビや魚・昆虫の産卵床になる水草も入れたいところ。
水温の低さ考えるとホザキノフサモあたりが良いかも。

No title

レンコンもいいですね。。。。笑

普段、食べている野菜なのに…
東京生まれ、東京育ちだと(?)野菜の事は何も知らない…と痛感しました。
どんな風に生っているとか。。。。

ホント、日本に帰国する度に会所へ行くのが楽しみで仕方がないです!!!!

No title

kcへ
じゃ、鯉はやめておくか。
今日は洗い池にいた蛙を1匹、上の池に移した。

tomoへ
次回は何か植えるといいよ。
トウモロコシのリベンジだ。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード