再び米ぬか投入

 池の住人はまだ少ないが、かなりのカエルの卵を入れたので大爆発の時期が近づいている。こんな寒い時期に本当に孵るのだろうかと思う気持ちもあるが。ただ、田んぼの生き物図鑑によれば、餌が少ないので早く孵ったオタマジャクシが他の卵を食べることもあるらしい。それもかわいそうな話だし、前からいる生き物たちにとっても生活しやすい環境を作りたい。
 そんなことで、前にも入れた米ぬかをもう一度入れてみた。今回は6キロ程度だろうか。それ自体では餌にはならないと思うが、昨年春に田んぼに撒いたときにはイトミミズやミジンコの発生を大いに促したようだ。ただあまりにも気温が低いから、春のように反応してドブ臭くなったりしないのはいいことなのか悪いことなのか、ちょっとわからない。今回のオタマジャクシには間に合わない可能性もあるが、生物多様性を高めることにはつながるだろう。
 もう一つ、川で捕ってきた魚を入れたことは書いたが、網に入った様々なもの(木片、落ち葉、石、正体不明のゴミなど)も池に入れた。じっくり探したが動くものは見つからなかった。だが、見えないほど小さい生物やその幼生、卵などが混じっている可能性は大いにある。暇ができたときにはそんなものも集めることにしよう。

再度米ぬか投入

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード