害獣との戦い

 大多喜町会所というこのあたりの田畑は、いずれも柵で囲まれている。私の購入した土地も例外ではない。山の方はどうなっているかまだ不明だが、畑と住まいの周囲はぐるっとネットフェンスが回っている。不動産業者の資料にもちゃんと書いてあるし、その後の調査でも判明しているのだが、このエリアは鹿やイノシシが闊歩するところ、おまけに鹿の居所にはつきものの山蛭もいるらしい。もしかすると猿も登場するかもしれない。というわけで、ここでの農業はそれら害獣との戦いも含まれるのである。
 せっかく時間をかけて作った作物を奴らに盗られたら、それほど悔しいことはないだろうから、この対策も検討しているところだ。防衛策のうちで比較的有効性が高いと思われるのは電気柵だ。ただ、柵の延長は少なく見積もっても400メートル。金額的には10万円+α程度と思われるが、厄介なのは草を払わないと漏電して効果がなくなるという問題がありそうなところ。防草シートも張り巡らすとなると、その手間はかなりになると見られる。
 こんな作業は、山蛭が出てくる5月頃までには終わらせておきたい。というようなことを考えていくと、かなり春頃までは忙しい週末となりそうだ。

tag : 害獣対策 電気柵 会所農場

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード