田んぼの代掻きについて

 1号田んぼに入る水と出る水の比率が5対1、つまり8割が吸われているという信じがたい計測結果に、あわてて代掻きを始めたんだが、その効果もまた信じがたく、若干困惑気味である。
 
6L満水時間
       20日8時半    22日16時半
  池    11.0秒     11.3秒
  1号   計測不能      計測不能
  2号   50.1      12.6
  3号   50.3      12.5
  4号   50.3      14.0
 
 ご覧の通り、どちらの日も2立米程度の沢水が出ているが、20日の時点では池と1号田んぼで1.5立米くらい吸水しているということになる。一連の作業(畦塗りはまだ、代掻きのみ)を終えた22日の夕方には、池と1号の吸水量は200L/時程度に激減する。池の吸水量を無視すると、田んぼで使われる減水深という基準(20~30㎜が標準)では11.4㎜となり、畦塗りもしていない段階では良すぎるのである(下側には畦波シートがそのまま残ってはいるが)。代掻きの前後で、1号田んぼの水深を変えたからその影響が残っている、実際より多目にでている可能性もある。ただ、一見どこからも漏れている様子がない田んぼが意外に水を吸うこと、ちょっとでもいじると吸水については大きく改善するという見当がついた。
 
 ついでに説明をしておくが、1号田んぼについては吸水口と田んぼの通常の水面に差がなく、普通の手段では水量計測ができない。いざとなれば、上の畑から露出で下りている配管の継ぎ手を外すという方法があるが、いつもやるわけにはいかない。

 なお、この週末の1号田んぼについての実施作業だが、ポチで全体を軽く耕耘(3/21実施)したあと、レーキと角材引きを1回ずつ、その後レーキで畦の側をかき回してみた(「田んぼの季節」参照)。畦塗りをするには、まだ畦の側の泥がやわらかくなっていない、それは来週かな。
  

comment

Secret

No title

確かに水がもたない田んぼは毎日水汲みが大変で、改善のためには一度水を切って数ミリひび割れたところで水を入れて代掻きをする、これを数回繰り返すと水もちが良くなるとのことです。

No title

去年は、以外に水もちがよかったうちの田んぼですが、それでも今年はどうなるかというのが心配です。田んぼをやっている人たちはみんな心配なんだろうと思います。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード