田んぼの季節

 田舎道を走っていると、田んぼには水が入り始めトラクターが置いてあったり、畦に立って眺めているオジイチャンがいたり、いよいよ今年の田んぼが動き始めたという感じである。
 会所農場でも満水になっている1号からやり始めている。ちょうど1年前はユンボを借りて1からの田んぼづくりだったが、今回拡張はしているけれどもとの部分の水平はほぼできているからかなり楽である。一部土が顔を出していたが、トンボで均して水没させた。もっとも深いところで水深は15cm位だと思うので、少しずつ浅くしながら均していく。去年の4~5月はこの作業を延々とやったが、今年は早く終わりそうだ。去年はいつ終わるかも見当がつかず、苦行といった感じだったが、今回は早く結果が見えるので、大変だが楽しい仕事という感じに変化している。

代掻き均平作業
    手前は均平用の角材。これと1ヶ月以上つきあうと、それは拷問に近い。

comment

Secret

No title

大多喜町もかなりの場所で荒代掻きが始まりました。
これでいよいよ春田がスタートしたとなります。
角材を引いての均平作業は大変ですね。 腰に負担をかけませんように、、、

No title

この仕事はあまり腰にはきませんね
腰を曲げたりする方がずっと辛いですよ

No title

田んぼに入っての作業はなんか、楽しいですよね
でも、この角材を引っ張っている姿は・・・・・
昔、我が家にいた牛を思い出します

No title

働いている牛は見たことないんで、映画でみた船をこぐ奴隷をイメージしたりします。しかし、田んぼの底を足で確かめながら土を寄せていると、はたでみるよりも楽しいですね。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード