私の趣味は田んぼです

 この週末は田んぼとじっくりつきあった。実際に田んぼの中に入り込むと、nakakaneさんのご指摘どおり、去年の田んぼとはずいぶん違う。比較的浅いところにしっかりした底ができているのである。去年は傾斜地をユンボで棚状にしたので、深く掘った後埋め戻すような作業をずいぶんやったんだが、こうした場所をポチが通るたびに深いわだちができ、場所によって底の深さが違うため田植えの時には大変苦労をしたのである。まだ去年の一回りしかしていないが、こうやって1年1年が過ぎていくと、努力が積み重なってだんだんいい田んぼになって行くんじゃないかという期待ができてきた。
 まだまだ課題は多く、一応田んぼにみえてきた1号と4号とも、50mで10~15cm程度のレベル差があるため、水の力を借りて土の大移動が必要だし、自動的に水平を出す仕掛けのないポチでやっているから、時折ポチ全体が揺れて耕したあとが波打ってしまったところもあり完全ではないが、手をかければすぐに状態に反映することも感じてきたので、実にやりがいがある。一応、古材を利用してトラロープを結びつけ、人間が引っ張ったりポチにくくりつけたりして均平について効果を上げているが、いろいろ調べていたら両端に泥の漏れ止めをつけるといいらしいことがわかった。向こうにいってから工作で作ってみよう。
 一年と少し前までは、まさかこんなことをやるとは思ってもいなかったのだが、今はもうDNAに刷り込まれた米作りの遺伝子に後ろから押されているし、田んぼでの米作りをやって良かったなあ、と思っている。

comment

Secret

No title

田んぼが安定してきたようでおめでとうございます。 角材を引くことは有効ですが会所の土は粘土でしょうからよほど軟らかくしないと動きが悪いと思います。 土が軟らかくなって角材を使う場合は刃を回転させないほうが土は動くでしょう。 ドライブハローがあればリヤカバーを固定して引くことができるでしょう。
今年はもっと良くなるでしょう。 後は水持ちですね。

No title

刃を回転させないとわだちが残るようです。だから浅くして回転させています。土が横から漏れていくので、その対策を講じればもっと動くと考えています。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード