苗代の準備

 横浜宅で苗が育っていくが、芽が出揃ってある程度の大きさになったら会所に持って行く予定だ。その後は田んぼの一角を苗代にして水を張って管理することになる。去年はシカに食べられたし、沢水も波乱含みといえなくもないので、多少の心配はあるんだが。
 ということで、1号田んぼの東側(水の入り口側)で用意をしようと思う。育苗箱は40枚程度なので4~5m角程度のスペースで間に合うはずだ。並べたあとはビニールでトンネルを作る。ちょっと気になるのはオタマジャクシの存在である。この前代掻きをして水が濁ったから、1号にいたオタマジャクシは大量に下流に逃げていったようだが、それでも半端でない数が残っていると思われる。苗代の間田んぼに張る水は土のレベルギリギリにするつもりなので、真ん中と両側の畦際に溝を掘って、そこに逃がすようにしよう。

comment

Secret

No title

おたまじゃくしにまでやさしい配慮ですね

育苗機も結構気を使うんじゃないですか?

私は、24日に苗代に種をまく予定です

No title

一般的にはビニールハウスで育苗する人が多いと思いますが、水の件がありますから苗代は有効ですね。 もう少しお天気が良ければ水温も上がり生育にもいいと思いますが今年はどうでしょう。
鹿さん他の動物さんにご遠慮いただきたいですね。

No title

当方は沢水が冷たいので、苗代に移すのは
かなり大きくなってからにしようと思います。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード