農地を借りる(その3)

農地を借りる(その2)」の予定通り、本日は仕事を休んでの役所回りである。強風による通行止めを警戒して昨夜からきていたが、やっぱり通行止めになっていたらしい、正解。今朝はまず大原にある法務局いすみ出張所に行き、農地法3条申請に必要な公図と登記簿謄本を発行してもらった。続いて、大多喜町役場農林課(農業委員会事務局)に移動し、「農用地利用集積事業利用権設定同意書」を提出、これは今月後半に開催される「農業委員会」にかけてもらうことになった。続けて3条申請の書類だが、「申請書」とともに「営農計画書」とそれを補足する資料として「作付計画書」、「収益見通し」、「保有機械リスト」、さらには入居前と入居後の農地エリアの鳥瞰写真などを持って行ったので、窓口レベルでは「はい、わかりました」という感じで、これも今月の農業委員会にかけてもらえることになった。その前には担当の農業委員さんの視察や確認のための打ち合わせはあると思うが、まあ実績は積み重ねているから大丈夫なんじゃないかな。

 認めてもらったら、晴れて法務局に出かけて「仮登記」から「本登記」に変更してもらう予定である。

comment

Secret

No title

ご苦労様です。 本来はやる気がある方は積極的に認めるくらいの度量を行政にも求めたいですね。 ただでさえ農地の荒廃が進み害獣は好き放題、お役人様は何を考えているのでしょうね。
野生動物の保護も結構ですが、猪(野生)は絶滅して今のはイノブタで増やしたと聞いていますのでこれは人災だと思います。
何とかしてもらいたいですね。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード