田んぼの準備

 ようやく沢水の関係が一歩進んだので、昨日は久しぶりに田んぼの面倒を見た。とりあえず、鶏糞とモミガラを混ぜて積んでおいた「堆肥」と、これも作り置いていたボカシの一部を撒布した。これは結構な力技である。運搬車を通せるような畦ではないので、一輪車に山積みしてヨロヨロと撒布場所まで押して行き、スコップでできる限り遠くにしかも平均にばら撒くという労働だ。1号田んぼに堆肥とボカシ、4号田んぼの南半分にボカシを撒布、これが日曜の内容だが1時間ほどの労働ですっかり体中が痛くなってしまった。次回はやはり、運搬車でも通れるような畦にしながらちょっと楽になるようにしよう。
 来週は、いよいよ苗代を作ることになる。同じ会所の大ベテラン農家が道路沿いの田んぼに苗代を作っている。この方からはお話もうかがったことがあるのだが、技術もいただいてしまおう。この方のやり方だと、田んぼの中に泥で苗代の区画を作り、そこだけ水位を下げてヒタヒタにしている。そこの育苗箱を並べ、トンネルをかけている。これであれば、温度が下がったときなど土手を切ればすぐに水位を上げられる。ただ、うまく水の逃げ場を考えておかないと、大雨のときに水が大量に流れ込み、育苗箱が浮いたりする危険性もあるんじゃないかな。

comment

Secret

No title

そばに見習える人がいていいですね
わたしはこのブログを見ながら参考にして

姉の家のほうでは畑を掘ってビニールシートをして
苗を育てるようです

私は苗代に直播、田植え機ないし・・・・

No title

ジャッキーさんのところもいよいよ始まっていますね。
こちらの昨年の籾の量は思い出してコメントしておきました。理論値と実際の量が結構違っていますが参考にはなると思います。
ジャッキーさんの田んぼはどのくらいの広さなんですかね。航空写真でみると、2反5畝位はありそうですが。もっとも、となりとの境界がよくわかりませんが。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード