イネの低温対策

 いろいろ調べていたら、昨年北海道を中心に低温・寡照状態が問題となり、農水省からの通達なども出ていたことが判明、そこに具体的な対策なども出ていたので参考にした。
 
 やれることとしては、
    ① 田植え時期を遅くする。
      5月末ごろを予定していたが、これを2週間程度繰り下げる。
      この寒さで苗の生育が遅れており、ちょうどいいかも。
      ただ、薄播きではあるが、時期を延ばして頑丈に育てるには
      肥料などの工夫要。
      
    ② 深水管理可能な畦作り
      おそらく水深20cm程度は大丈夫と思うが、崩壊防止も考えて
      強化しよう。今年から水のルートを一筆書きから不足分注水型に
      変えたので、これはよかった。
      
    ③ 穂肥としてのボカシを準備して、出穂前後の時期に十分な発育を
      見せていない場合に後押しをする必要があるかもしれない。
      窒素成分が多ければ倒伏必至だし、ボカシ系がいいと思われる。
      次のサイトの追肥の記述を参考にしようと思う。
      
        http://www.geocities.jp/symbio721/sub32.html
      
 杞憂の可能性もあるが、マイナスになることでもないから、できるときに対処しておこうと考えている。

comment

Secret

No title

確かに冷害は心配ですが千葉県は東北や北海道よりは温暖ですから平成5年でもまったくゼロではありませんでした。

保険金も千葉ではたいしてもらえないので入らない人も多いそうです。
今年は遅く植えたほうが良いと思う人は多いようです。

No title

nakakaneさん、質問ですが、
GW中、畑を借りるお宅のトラクターを借りるつもりです。
まずは畑をつぶして荒起こしをした田んぼ2枚を
注水前に均そうと思います、それは心配ないんですが、
標準のタイヤだけで
既に水を張ってある田んぼの代掻きに使った場合、
刺さったりしませんかね。

No title

今年は冷害の心配もしないといけないですね
勉強させてもらいます

それよりも、いまだに水漏れのほうが心配です
今日、苗代の芽が出たか見てきます

No title

トラクターの件ですが、水を張らない状態で沈む心配が無いくらいですとかなり安定していますのでいけると思います。
万が一を考えますと深い場所に頭から入るのは危険ですからバックで入れば脱出が楽です。
水を張って歩いてみて深いところで膝の半ばくらいでしたらいけると思います。

逆転ロータリーは水を入れ無いうちに使用すれば隅の土を移動出来ます。チャンスがあれば試してください。

鉄車輪があれば深みには強いのは当たり前ですが、それでも土がまとわりつきますと最後はもぐります。 それを防ぐには水がたっぷりあるほうが有利です。
一般的にはトラクターは水が無いかたっぷりあるかどちらかで使用します。 中途半端の方が怖いです。

No title

追記
暫くぶりに使う場合は空気圧を確認下さい。
水平装置等の電気系統が作動するかを見て下さい。
ファンベルトも緩みを確認願います。

No title

2号3号とも注水モードにしました。夜のうちに2号は満水になり、3号もある程度溜るはずです。700㎡×0.2m=140立米、これを5立米/時で割ると28時間。明日の夕方くらいに満水かな。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード