田植えが順調に進行

 朝から田植機を出し、田植えの準備。田植えの動作をしないというトラブルが発生し、いつものお助けマンに電話をしたりしたが、一応色々いじるうちに自己解決。
 まずはもらった苗を使い3号田んぼ、約4枚使用。続いて2号は自前の苗を使用。結構順調で、両方で1時間程度で終了。カミサンが補植を始める。こちらも補植に参加。

田植え1

 午後からは続けて4号に挑戦。8畝と広いため、ここはもらった苗を使用して補植をなるべく避ける方針。ここまでくるともう慣れてきて、隅以外の補植はほとんどなし。あまりにも順調なので、1枚残った1号田んぼの3分の2程度をやってみる。今度は自前の苗使用。

田植え2

 ということで、手植えでやる予定の黒米用のエリアを残しすべて完了してしまった。手植え主体だった昨年は、5月はじめから末までほぼ1ヶ月かかったのだが、機械はやっぱり早い。
 残りは半日もかからない程度である。ずいぶんあっけなく終わってしまった。機械が早いことに加え、苗作りがとても重要であることを再認識した。もらった苗と自前のそれを比べると、薄播きだったせいか自前の方ががっちりして根もよく張っていたようだが、虎刈りの部分は欠株になってしまい、あとの手間がかかる。今年の設定だと苗箱は100㎡/箱程度、20箱程度で足りるようだ。去年はちょっとこだわって手植えを多くしたが、機械で植えて補植するやり方が合理的でよい。次回もこれで行こう。

田植え3
 

comment

Secret

No title

田植えが順調に行きましておめでとうございます。
これが機械化の本来の姿だと思います。 省力化によって時間を節約して有効活動して下さい。
天候不順が気になりますが去年以上の収穫を期待しています。

No title

確かに、時間に余裕ができますね。
去年のように1ヶ月も田植えに時間はかけられません。
来年は苗をどうするか考えどころです。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード