今年のタケノコは終息へ

 今年もかなり獲れたタケノコだが、直売所でも好評でリピーターの方も多かったと思われるが、先週末採取したときのことを考えると今年のシーズンは、もう終わりではないかと思われる。1ヶ月半強は楽しんでいただけたと思う。
 竹やぶにはいるとかなりひどい狼藉の痕が残っている。出ているタケノコはもちろんだが、それがもっと育って竹になりかかったものも倒され、折れた箇所には歯形が残っていたりする。他のエリアでもタケノコが終息に向かいイノシシたちも惜しんでいるのだろうか。ということで、出ているタケノコはそんな状態だ。ちょっと視点を換えると、結構育ったものでもえぐくないんじゃないかといえるかもしれない。

竹まで食う

 一方、まだ土の中にあってこれから出てくるものはどうだろうと長靴の底で探ってあるいたりもしたが、残念ながらそうしたものは探せない。もしかしたら私の捜索能力の問題かもしれないが、新しく出てくるものもグンと減っている感じである。
 最盛期には、通路の横で崖の上になるところのものなど、意識的に獲らずにおいたものもあったのだが、結局のところそうしたものまで食い荒らされている。カミサンは、残しておくものには唐辛子でも塗っておこうなどといっていたが、本当にそうしたいくらいである。冬の間に多少は伐採して密度を下げたから、去年よりは心なしか多かったような気もするが、竹やぶは崖もあるし密度もまだ高く、切った竹も散乱していて手入れは不十分。来年までにはもう少し何とかしたいところだ。

comment

Secret

No title

竹の子は全体的に不作だそうで相場も時期はずれまで値崩れが少ないそうです。 そこに来て動物さんたちが増えたのでえさが不足しているようです。 害獣が集中的に来る山はまったく取れなくなってしまう場合もあり大変です。 会所がこれ以上荒らされませんように願います。

No title

今のケモノたちがもっと早く来ていたら
収穫は減って大打撃だったでしょう
それほど食い荒らし方がひどいんですよ

No title

うちの竹の子は昔の畑を侵食しているので
ちょっと大きくなると足蹴りして折ってやります
(食べるより折った本数のほうが多いかも・・・
太くてあんまりうまくないので)

私も竹藪の整理をしたかったのですが
今度の冬まで延期です
田んぼの側を通っているハイキング道に沿って竹垣でもと考えてます

No title

>うちの竹の子は昔の畑を侵食しているので

気を許すと、どんどん浸食するようですね。
タケノコ産地である大多喜町を走っていると
荒れた藪がとても多いですよ。

昭和49年頃の航空写真を見ると、うちの敷地に
竹藪はなかったようです。少し時計の針を逆回転させないと。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード