5/23の作業

雨の田んぼ

 朝から雨である。5時半頃1回起きたが、寝直して次に目が開いたのは8時過ぎ。起きたらカミサンが一仕事(友人に頼まれたタケノコ掘り、それと菜っ葉の収穫)済ませていた。こちらは雨で出番なしと思ったが、明日まで雨が降り続くという予想で、配水経路の点検を行った。

1号水抜き
これは1号の水抜き

 それぞれの田んぼは75ミリのライト管でつないでいるが、ひどい雨のとき下の方の田んぼでは抜けきらない可能性がある。そこで、すべての田んぼにオーバーフロー用の水出口を作った。それと配管のチェックをしたら、2号から3号へのパイプが詰まっていた。危ないところだった。これで畦の崩壊はないと思う。

comment

Secret

No title

雨が降ると、水回りが心配ですよね

私も、心配になると高速を使って見に行きます
行き500円(夜間割引)+帰り350円(通勤割引)
それから出勤。
(いままでは、まあいいかって思ったら裏切られてましたから)

No title

ジャッキーさんは近くていいですね。こちらはアクアライン使用で最速1時間10分、会社に出かけるのは6時半くらいですから、行くとすれば半休が必要、そのくらいなら丸1日休みの方がずっとよさそう。いっそのこと、農業に専念するかということになるかも。

No title

雨の一日で月曜日も雨の予報ですね。
露の予行演習のようなものだそうですがこれからはこんな日もよくありそうですね。 作物に雨はありがたいですが人には辛い場合があります。自分も雨の作業は足元が危ないのでしたくはありません。
週末だけ晴れれば良いですが無理か、、

No title

梅雨が近づいているんでしょうね。
一方で、ジャガイモの収穫まで2~3週間、
雨は避けたいので掘るタイミングを考えなけりゃいけません。
第1と第2農場で500キロくらいはあるんじゃないかと思うので、
作業工程や手順も考えないと。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード