今日のメインは田んぼ回り

 1号田んぼに入って草取りをやっていたら、葉の一部が黄色くなっているものが見つかった。それも何株も。すぐに家には行って調べるといもち病の葉とよく似ている。こりゃ病害発生かと戻って引き抜こうとしたら、カミサンが眺めていて症状が現れている株には小さな虫がついているのを発見した。再びインターネットで調べるが不明。とりあえずストチューを作り、かけながら虫を捕殺する。そのうちに、通りがかった近所の人にカミサンが問い合わせて「ドロムシ」ということがわかった。「そのままにしておくと稲が真っ白になってしまうよ、薬はどこでも売っているよ」といわれたそうだが、いかなる場合でも農薬は撒かない、いよいよ本格的に捕殺することにした。一応、見える虫は捕ったつもりだが来週はどうなっているだろう。
 撮り終わったあとは、ストチュウ的な液体(焼酎+木酢液+GS酵素を薄めたもの)を60L作り、田んぼに撒いてみた。何しろ、イネ自体を強くすることが先決だ。
 その他の作業は、とりあえずはエンドウが終わって空いてきた鉄筋ハウスを3尺ササゲなどの棚にしたり、サトイモ(第1農場)の草取り。草の勢いは半端じゃなく、サトイモでも草に後れをとっている。

comment

Secret

No title

害虫がつきましたか、
無農薬栽培での一番の難敵がきましたね
今日の手当てで退治できることを祈ります

気温が上がらず稲の生長が進まないせいですかねえ
今は田の草取りで精一杯ですが、うちの稲も心配です。

Re: No title


> 気温が上がらず稲の生長が進まないせいですかねえ

寒冷地の虫らしいですよ
寒いから出たんじゃないですかね
もう手で取るしかないと覚悟を決めました。

No title

害虫退治と草取りは過酷ですね。薬を使えば楽ですが、、、
これ以上被害が広がらないことを願います。
当方も休みとなれば草刈の毎日となりました。土手とあぜ道はあまり延びないうちにナイロンロープが有効ですね。石があっても大丈夫ですが当人は泥だらけになりますが、、後がきれいですからね。

No title

>薬を使えば楽ですが、、、
泥追い虫の薬を調べたら、甲殻類には影響ありだそうです。
去年のエビが生き残っていればアウト
いつかは発生して欲しいカブトエビも豊年エビもアウト
薬はみなそういう側面があるんでしょうね
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード