ドジョウについての整理

 断片情報は伝えたが、一応今週末のドジョウ関連情報を整理することにした。
 まず、到着直後に救出したドジョウの幼魚だが、昨日写真を撮っておいたので、あらためてアップすることにした。
 
救出したドジョウ
 
 ごらんのようにまだ小さいけれど、ちゃんとドジョウの形をしている。1匹だけオタマジャクシが混じっている。ドジョウは7匹いたはずなんだが、なぜか1匹足りない。写真は撮れていないが、夜中の田んぼをのぞくとあちこちにいるドジョウの子供は、この連中の仲間のようである。
 
池のドジョウ
 
 もう一枚は、夜中の池の中の写真だ。昼間は姿を見せないドジョウの成魚がオタマジャクシに混じって泳いでいる。非常にみづらいが、中央部に2匹いるのがみえる。今度は水中にカメラを突っ込んで撮ってみよう。
 
 ということで、どうやらドジョウは繁殖をし始めているようだ。おそらくは今年になってから池にいれたドジョウたちが子供を産んだものと考えている。池はオタマジャクシで超過密状態だったが、卵や稚魚は大丈夫だったんだろうか。沢水が直接流れ込む池は、水奉行がコメントで指摘していたように水温が低く、貧栄養でプランクトンも育たない。田んぼの環境がよくなってきたから、池の底をさらってドジョウを田んぼに移すことも検討してみよう。繁殖期は後半に入っているようだが、温かい水の田んぼに移ればまだまだ産卵はするに違いない。

comment

Secret

No title

泥鰌さんもめだかさんも増えてくれることを願いますが、いまどき無農薬の田んぼは珍しいので鳥さんもくるのでは、、、
近所の田んぼにはカルガモ?さんやカラスさんその他色々来ています。 除草剤が効いていないのか草だらけのところもあります。

No title

夜の田んぼの観察もいいかも
草取り中にいやに細いおたまじゃくしだなっていうのがいました
あれはどじょう?おたまじゃくし?


(小屋ができたら一晩位、泊まるかも。でもなんとなく怖い)

No title

池の大きなドジョウも、田んぼに流れ出た小さなドジョウも
昼の間は姿を隠していますが、
どうやら昼間にノコノコ姿を見せていると
鳥に狙われて危険ということが
DNAに刷り込まれているんじゃないかと思われます。
夜でもフクロウを一度見たことがありますが。

ジャッキーさんも、小屋ができたら勇気を出して泊まってみて
ドジョウの観察、してみたらどうでしょう。

その際には、明るいLEDライトが必須です。
私の場合、80ルーメンクラスのヘッドライトと
数百ルーメンのハンドライトを携帯しています。
特に後者は、ケモノを追い払う際に武器になりそうですよ。
突進してくるイノシシにはちょっと役不足かもしれませんが。

No title

確かに池のドジョウを田にうつすのは正解かもね。
でも昼間にやると水温違いすぎてショック死するかも。
池は取水口改良してわさび養殖やりたいな。
結構現実性ある。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード