アンドロイド端末

 世の中ではIPad発売で一時的に騒ぎは起きたが、まだ燃えているのだろうか。私は発売の少し前に息子のipod touchのお下がりをもらい、だいたいこの延長だろうと推定し、通勤中の主たる使途であるブログの原稿書きには役立たないことも判明し、購入を見送ったところだったが、先日こんな機械が売られていることに気づき、一応購入してみた。
 これはGoogleが推進しているandroidというOSを組み込んだタッチパネルタイプのポケットPCである。中国で作られている機械で、アップルのしゃれた機械とはずいぶん違う。たとえると、クロダイとボラくらい違うといえばいいだろうか。まあ、きわめて荒削りな機械で順調に使うまで、一苦労しそうだ。
 昔ホームサーバーとして使っていたマシンがクラッシュして復旧不能になって以来鬼門になっているLINUXベースらしいが、今更勉強を再開する気もないので、インターネットを訪ね歩くつもりだ。
 ところでこの機械、やすいところでは1万円強で購入できる。かなりひ弱な機械のようだから交換などは当たり前という感じもする。そんなことも考えて買うショップは決めた方が良さそうだ。動くWi-Fi環境が役に立つと思ったら、電池が放電していて役に立たず、明日から通勤電車デビューだが、なんだかちょっと恥ずかしい。

comment

Secret

androidは

Ver.2.3あたりから本領を発揮するらしい・・・・。
小職も今思案中。

Re: androidは

> Ver.2.3あたりから本領を発揮するらしい・・・・。
> 小職も今思案中。
こちらの購入したヤツは1.6です
今朝の電車内から色々いじり始めましたが
電源オフすると日付と時間が初期値になるというつまらない症状がでています。
これはアンドロイドというよりは安いハードの問題ですが
触ってみるとなかなか面白いもんですよ。
もうちょっと待つとASUSとか、台湾あたりのもうちょっとちゃんとしたメーカーから
出てくると思うので、そうなったら買い換えようと思います。
実験機(というよりはおもちゃ)で1万円+αなら安いと思います。
でも、買えとはいいません。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード