かばんの中のデジタルグッズ

 毎日一晩どまりの出張並みの荷物を持ち歩いているが、その原因はこれ。

デジタルグッズ

 この写真を撮ったあと、かばんの底からもう一つの iPod(Classic)が出てきたが、面倒で写真を撮りなおすのはあきらめた。このほかの候補としてはVAIO Type-Uも控えているが、ANDROIDが使えるようになれば(?)出番はない。
 重要な役目を果たすのが左上の黒いボックスに刺さっている小物(Willcomのもの)で、FOMAの電波を拾ってインターネット接続を可能にする。黒いBOXはルーターで、それをWi-Fi環境にしてくれるものだ。だから、これが入っているカバンの回りでは無線LANでインターネットにつなげることができる。ただ、この機械の問題は、電池を8本も必要とすることで、それ(M001の上においてある電池ケース)は見た目よりもずっしり重い。
 そうそう、EKENのM001というANDROID端末は右の真ん中の白い機械で、結構大きいが軽い。これだけだと持ち運びは苦労ではないだろう。文章を書くだけだと、左の pomera で十分なんだが。結局なんだかんだで一つ一つ専用機を持ち歩いているのが実態だ。

comment

Secret

No title

こういうハイテクは弱いので内容は何も言えませんが、総重量は何キロでしょうかしかもこういうものはショックに弱いのでは、、扱いがデリケートだと思います。当然水にも強いとは思えませんし毎日持ち歩くのは大変ですね。私は普段移動は車が多いので重量物もあまり気にしませんが、、、毎日がこれでは私なら、、、、無理かも

No title

重さは3キロくらいですかね
炭3電池8本というのも結構重いですよ
鞄の肩紐が食い込みます
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード