ちょっとしたシミュレーション

 今後の拠点となるのは大多喜町会所というところ。大多喜町の中でももっとも外れに位置しており、トンネルを越えると鴨川とか勝浦の海沿いエリアとなる。最寄り駅としては外房線の上総興津駅(10.1km)、次いで小湊鐵道養老渓谷駅(13.2km)、久留里線亀山駅(20.0km)となる。一番近い駅でも徒歩2時間以上になるし、過疎地域ということでバスもないから、車に頼るしかない場所である。

 あまり現実的ではないが、勤め先のある赤坂見附に朝の勤務時間帯に到着できるかどうかを調べてみた。

会所(28分/車)上総興津(5:31-7:54 ) 赤坂見附
会所(34分/車)養老渓谷(7:03-9:46 ) 赤坂見附
会所(44分/車)上総亀山(5:08-7:49 ) 赤坂見附

という具合で、5時に飛出せば普通に到着することはわかったが、毎日これではたまらない。帰りはどうなるかというシミュレーションは、とてもじゃないが気が進まずやらなかった。それにしても、養老渓谷ルートは悲惨である。1日9本しかない五井行きの始発がこの時間、仕事場には、午前中の半分をすぎたころにのんびり到着となってしまうわけだ。
このほかに、アクアライン経由のバスなども検討対象にはなると思うが、いずれにしても通常の通勤には無理があることにかわりはないだろう、きっと。
ただ、このくらいの距離になると青春18切符が役に立ってくる。JRが4割引になると思うと、春休み(3/1~4/10)・夏休み(7/20~9/10)だったら、農作業もありそうだし使ってみるのもいいだろう。でも往復6時間だ!!!

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード