大きなミツバチ

 今年の当家のヤマユリはほぼ終了に向かっている。最も早いものはもう花びらを散らし始めた。第2農場(隣の隣のお宅)では、梅の木の下にあるヤマユリが盛りである。やはり日当たりの違いで少し遅いのだろうか。うちもそうだが、こちらのお宅も植え替えなどはしていないようで、同じ場所から何本もの株が出ている。花も多くて、どうみても当家のヤマユリよりもずっと立派である。

ヤマユリ

 ところで、ヤマユリというと、球根か鱗茎で増やすようだが、色々調べていたら時間はかかるがタネから育てることもできるらしい。ただ、自家受粉はしないそうだから他の株のおしべを取って受粉させてやる必要がある。通常であればミツバチがあちこち飛び回って媒介するのだろうが、今年はまず当家のヤマユリに対しミツバチの代わりの受粉をやってみた。この第2農場のヤマユリにもやってみたのはいうまでもない。秋になってタネができてきたら、また余分な仕事が増えそうな気配である。

ミツバチ代行
      ミツバチの手

comment

Secret

No title

仕事があいたので今夕現地入りします
最大目的は冷蔵庫の整理

No title

冷蔵庫は空にしていいよ
SPAMはこの前食ってしまったからない
収穫物(ナスなど)は、できればとってください。
食えれば食ってもいいが、ナスは獣にやられていなければ大量
残ったら冷蔵庫の野菜入れに保管頼む。

ワサビの本はkc君のデスクの上
ワサビタネは、その本に従い濡れた新聞紙にくるみ
ビニール袋に入れて冷蔵庫の扉の一番上に入れてある。

3つの水槽だが
左のトロ箱はドジョウ
真ん中はエビ
右はメダカという方向で整理するつもり

4号の水の落ち口あたりには
シロメダカがよく集まっている
クロメダカもいるかもしれないが、よくみえない

No title

無事到着
獣よけのガラガラが雑草に絡まって止まっていたのを直すともう夕方
暗くなってきたのでナスは明日収穫
沢水は水量ないものの四号まで流れている
衣装ケースの水質が悪くなってる、何か考えないと
生体反応がないので金魚のえさまいたら水面まで乗り出して食ってる
でかいヤゴみたいなのがいたぞ

Re: No title

> 衣装ケースの水質が悪くなってる、何か考えないと

何とかしてくれ、たのむ
すべて田んぼに放すという考え方もあるし、任せるよ

No title

>>kc殿  事務連絡
熱中症に注意
のんびりやってください
ナスは被害を受けていないだろうか

ドジョウの本到着
500GのポータブルHDD注文済み

No title

衣装ケースをさらおうとしたら、小さいのがワラワラたくさん出てきて断念、とりあえず三分の一ほど水変えしてお茶を濁す
水質保全にはアナカリスみたいな水草が有効なので今度買って来る
ナスはとりあえず食べられそうなのを収穫、冷蔵庫へ
池ではアブラハヤだけ異常に元気、上から見るとなぜかメタボ
四号はすごい数のオタマジャクシに混じって白・黒ともメダカ健在
ここが一番環境がいいんだろうな

昼から外をふらふらしてたらさすがにフラフラ
太陽のきつさは半端ではない、でもクーラーの必要まったく感じず

No title

とりあえず音楽分だけkeishiのデスクトップに2010musicというフォルダを作って入れておいた
30ギガ以上あるので内容みて厳選されたし
こっちのパソコンもcpuファンの掃除で熱と騒音問題解決しそうだがそこまで手が出ない

No title

4号のシロメダカも相当メタボだよね
なに食って生きているんだろう

今年はイトミミズが湧いていないんじゃないか

ジャガイモは山ほどあるし、暇ならいつまでもどうぞ
避暑してください。

No title

天国のようなのんびりさでもう少しいてもとも思うが、明日午後から天気が崩れるという予報もあり、まあ、今日夜引き上げ予定、また来週の平日お邪魔します
四号は明らかにプランクトンのワキがいいみたい
ドジョウの本にそこら辺のことが書いてあるので参考にされたし

いつもこちらへ来ると馬車馬のように働かれているようだが、一度農作業忘れてのんびりすると、また別の面が見えてくる気がするが、いかが
性格的に無理か…

No title

のんびりは今のところ無理だねえ
週に5日くらい農作業ができるようになれば変わってくるだろう

4号は畑にしていた2号3号と違って、冬も水を入れていた。
しかし、1号の方が水を入れていた期間は長いんだが
1号はどうだろうね
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード