害獣・害虫編

 どこかにちょっと書いたはずだが、この大多喜町会所のあたりは山蛭の名所でもあるらしい。そこからちょっと先は紫陽花で有名な麻綿原高原につながっていくのだが、そちらの案内にも半分名物のように触れられている。まあ、ちょっと気にはなったが物件の魅力がその懸念を上回り、購入してしまったわけだ。
 この動物はご承知のように大型動物に吸い付いて血液を吸い出す。人間も餌食にはなるが、どうやら鹿の生息地域とかなり重なっているようである。足にくっついて血液を吸うと、ぽとりと落ちて卵を産むという習性らしいから、鹿のフンを観測した当家の畑にも蛭はいるに違いない。西側を流れる養老渓谷源流にはハヤなどの魚が結構いるらしいが、そんなものを獲りに行くとこちらが餌食になってしまうという危険もある。
 という具合で、彼等が動き出す5月頃までが予防期間である。天敵はないそうだから、こちらが天敵的に活動するしか方法はない。とりあえず検討しているのは、山の草を刈り落ち葉を集めて、樹木と竹を少し払い、おそらく大勢で冬越しをしているはずの山のエリアに光と風が届くようにしようということくらい。落ち葉などには殺虫剤をかけたいところだが、無農薬で行こうというのにそれはないだろう。周りに塩をまいて連中が外に出ないようにすることくらいだろうか。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード