イネ刈り実施計画

 いろいろ調べた結果、稲刈りの時期についてはかなり収斂してきている。一応具体的な日付で予定を立ててみようと思う。
 
  9/17(金)    平日
  9/18(土)1号・コシヒカリ+古代米 423㎡
  9/19(日)オダ作り
  9/20(月)3号・コシヒカリ       415㎡
  9/21(火)    平日
  9/22(水)    平日
  9/23(木)4号・コシヒカリ       797㎡
  9/24(金)    平日
  9/25(土)2号・コシヒカリ       288㎡
  9/26(日)先週分の脱穀作業
  9/27(月)    平日

こんな感じである。作業時間についてはかなり余裕のある設定である。頑張れば1号と3号くらいは1日でできると思う。ただ、今回のボトルネックは干し場所である。1号で刈ったイネはフェンスに干せばいいのだが、刈った後にはオダを作り、3号のイネはそこに干すようにしなければならない。後半の4号と2号は、天日乾燥が順調に終わって、干し場が空いてからやることになる。だから、予定日は書いてあるが作業の順番の確認といったところがあり、天候や出来具合で全体の予定が変わる可能性がある。
 前後と中の平日も入れてあるが、状況が許せば仕事を休むこともありである。

オダ掛け計画
    赤線がオダの位置、
    赤い雲形がフェンス利用、青い雲形が田んぼに作るオダ

 そのボトルネックになるオダだが、昨年はフェンスを35m程度、竹で組んだオダを15m程度用意した。昨年は、株自体が貧弱でわらが少なかったこと、田植えに1か月かかっており、稲刈りから脱穀までも1か月ほどを要し、山崩しもできたのでこれで間に合ったが、今年はそうはいかない見込みだ。去年の実績では、田んぼ面積の0.085倍の長さのオダが乾燥のために必要であることから、最大で80~90m程度必要ということになる。使うフェンスの範囲を40m程度に増やしても、さらに40~50mのオダがいることになる。ということで、1号田んぼはオダの設置場所となる予定。
 なお、今年も田んぼは湛水と畑利用にわけるが、去年の畑利用の場合、10月中ごろだった播種時期が遅くて生育不十分だった嫌いがあるので、今年も少しでも早く空く2号と3号を畑にして早く種をまき、1号と4号が冬期湛水田んぼということにしよう。

comment

Secret

No title

稲刈りして自然乾燥させて脱穀
9月後半が農繁期ですね

わたしは、今年が始めての収穫に近いのですが
10月に入ってから2回に分けての(うるちともち)作業です。
稲刈り機が無いのでコンバインを借りて一気に脱穀までやってしまおうかと思ってます。
自然乾燥もさせたいけど・・・・

No title

出穂(半分以上穂が出る)から40~50日が刈取り適期らしい。
今年は暑いから積算温度も早いペースで上がるし、それが早まると思う。
10月だと遅い感じもしますね。イノシシも心配。


去年の経験では、自然乾燥と機械乾燥では
ちょっとうまさが違ったような気がします。
ただ、バインダーがないと結ぶのが結構大変ですね。
隅などは手で刈らざるを得ないんだから、それを
天日干しにして比較してみることを勧めます。
天日干しがうまいということになれば、来年に向けて
機械を探せばいい。
バインダーはタダ同然で取引されているんじゃないかな。
探せばタダでもらえそう。
脱穀はコンバインでもできるんじゃないでしょうか。

No title

稲刈りですね。この週末からさらに加速しそうな雰囲気です。
今のところお天気に心配がありませんので数日で終わってしまった人もおりました。猪の存在が稲刈りを加速させているようです。
天日乾燥にこだわるのでしたら、コンバインで脱穀してからバラの状態で干す手もあります。
天日乾燥の場合水分を確認するために水分計があれば楽ですね。
今風の乾燥機でしたら総てお任せで問題は無いと思われます。

猪のご飯になりませんように、、、

No title

なるほど、籾を干せばいいんですね。

しかし、こだわっている人に言わせると、
逆さに干せば茎葉に残っている養分がすべて米に移るんだ、なんだそうです。穂ができたあとは、根が吸った水養分から米になる割合が7割、あとの3割はやはり葉茎に溜まっている成分が米になるんだと言うこともどこかにかいてありました。

これはやっぱり、ジャッキーさんに両方トライしてもらって確認するしかなさそうです。評価は手伝いますよ。会所米も比較用に送りましょう。

No title

今朝、かみさんから聞いたのですが
親父が作っていた頃は10俵以上採れていたらしいです。
少なくても5俵かな? 全部、天日干しは大変

でもバインダー探してみますよ

Re: No title

> 親父が作っていた頃は10俵以上採れていたらしいです。

去年のうちは、1反3畝で4俵でした。
反収でいうと3俵ですね。
肥料ゼロだったし、失敗もあったのでこれは最低水準だと思います。

ジャッキーさんの田んぼの様子を写真で見ると
なかなか順調だと思うので、相当取れるんじゃないでしょうか。

天日干しはやっぱり大変ですね。
うちは50m分程度はフェンスを使えるんですが、
竹を100本ほど調達して、それでも2回に分けなきゃいけませんから。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード