草刈り合戦

 果てしない草との戦いが続いている。都会はコンクリートやアスファルトで覆われてしまっているから問題になることは少ないが、田舎で土だらけの土地を抱えていると容赦なく草が侵入してくる。カンカン照りで雨も降らないのに、そんなことにひるむ様子はなくどんどん増殖し、隙があればタネをまき散らそうとする。このBLOGのコメントでも、この時期の「草刈り」の出現率は極めて高く、対応の大変さを浮き彫りにしている。今回は、新米百姓の僅かな経験の範囲内ではあるが、草対策をあれこれ整理してみた。
 
 草取りというと鎌で根っこごと取るという地道な方法があるが、市民農園から比較的小規模の畑止まりが限界だと思う。カミサンはこの間のお盆休みの間、畑の作物周りの草取りをこの方法でやっていたが、第1農場・中の畑(300平米弱)しかできなかったようだ。

 ちょっと機械を考えに入れれば刈払い機というものがある。小型エンジンで回転式の歯を回すものだ。夏前後の時期に田舎に行くとこれで刈っている人は多い。ただ、日の高いときはみんなやりたがらないかも。これはなんといってもなかなか能率はいい。金属の歯は危なくて苦手という人にはビニールひもを回転させるものやプラスチックの歯を付け換えることも可能。切れ味や保ちなどについてはそれぞれ違いがある。ただし、これは基本的に地面に顔を出している部分を刈る道具である。根が残っているため、比較的早めに草は復活してくる。ある程度の期間草を生やさないようにするには不向きだと思うが、逆に根絶ではなくある程度になったら切るという繰り返しをするつもりがあれば、これでいいということになる。

 畑となると、耕運機やトラクターを利用する方法がある。ジャガイモ終了後、第1農場の方はポチで耕運したのだが、2ヶ月以上雑草の発生は押さえることができた。一方、そのままにしておいた第2農場の方は1ヶ月ちょっとで草ボウボウとなり、このままトラクターを入れるのもはばかられたので、刈払い機でなぎ倒したあと時間をおいて耕運しようと思っていたが、ちょっとボヤボヤしていたらまた草だらけになり、結局トラクターで刈って鋤き込んでしまった。耕運機やトラクターを使う場合、耕すためのロータリーという刃を回転させて草を切ったり根を起こしたりするのだが、生の草を切る場合には刃に草が巻き付いてしまう。これを面倒と考えるかどうかについてはケースバイケースと思われるが、私は最近いろいろやってみて、絡んだ草を取る手間はあっても、この方が楽だと考えている。

草の怨念
      このロータリー刃には絡みよけの棒がついているが、それでもからむ
      ただ、芯にべったり巻きつかないので取りやすい。
      草を取る前に高速で正逆回転を繰り返すと緩んで取りやすくなるようだ。

 この他に、ハンマーナイフモアという草刈り専用機もあったりするらしいが、使用したことがない。乗用も歩行型もあるようだが、詳細は不明である。多年草のススキは放置しておくと根が張ってすごいことになるが、こうなると一筋縄ではいかない。ユンボを借りたときに掘り起こしてみたが、このくらいでないと歯が立たない。ただ、掘ったまま放置しておくとまた根が着いてしまうこともあるので、根周りの土などもよく落とさないといけないだろう。

 ということで、草取りのやり方を整理してみた。まあとにかく、草は生えるか生えないかのうちに取れというようだが、全くその通りである。最初に書くべきだったかもしれないが、3角形の歯を持つ「ホー」という一種のクワ、ロの字型の歯を持つ「削ったろう」という商品名の草取り道具、こういうものも使うときがあるが、根が張り始めるとかなり苦労する。本当に小さいときなら、立ったままこうした道具を使っても掻き取れるのである。

都会の草
    ここは、横浜の家付近の売り地(タナザラシ)
    都会でも油断するとこうなってしまう
    比較的最近、きれいに草を刈っていたが、今はこんな状態
    これでは売れないでしょう

comment

Secret

No title

この時期は草刈が厳しいですね。 平坦な土地ならばトラクターが有効と思います。定期的に耕せば綺麗でいられます。
しかし終わりは無いでしょう、、、除草剤を使おうと一時的な効果しかありませんので根気良く行きましょう、、、伸びが良いのも後二月です、、、、、

No title

草取り なかなか大変ですね
ちょっと時期が遅れると手がつけられなくなりますからね。
私の場合 トラクターのロータリーに巻き付いてもかまわずに
そのまま耕して と言うか草を倒しておいて
1ヶ月後 再耕転すると案外きれいにできましたよ。

ブログにリンクありがとうございます
遅くなりましたがこちらもリンクさせてもらいました。

Re: No title

> 私の場合 トラクターのロータリーに巻き付いてもかまわずに
> そのまま耕して と言うか草を倒しておいて
> 1ヶ月後 再耕転すると案外きれいにできましたよ。

巻きつくと、単なるローラーのようになりますよね
耕運機だと、ロータリーの回転で飛び出したりするので、
トラクターの場合でも一応時々とるようにしています

> ブログにリンクありがとうございます
> 遅くなりましたがこちらもリンクさせてもらいました。

勉強になるんで、時々お邪魔しています
何しろ手さぐりでやっているもんですから。

勝手にリンクさせてもらいました、すみません
これからもよろしくお願いします

No title

畑も広いから大変ですよね

農業って草取りと草刈ばっかり。
稲穂に混じって生えているヒエが気になって
田んぼの中を歩いてます

No title

田んぼの草は気になりますね。
畑などの草を取っていたこの1か月弱で、比較的少なめだった
田んぼの草は大攻勢に転じて、ちょっとひどいことになっています。
しかし、もうイネも育ってしまったし、田んぼに入るとイネの根を
痛めてしまう感じがあるので、放っておくことにしました。
もう、稲の足元にも日の光はそれほど入らないから大丈夫と
思うことにしています。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード