イネ刈り実施計画

 イネ刈りの計画である。どうも計画することが多いんだが、すべてにおいて計画的なわけではない。やはり農業という未経験の分野については、いろいろな情報を集めて自分なりに考えて計画として整理しておかないと、どうも心配である。必ずしも計画通りにことが進むわけではなく、想定外の出来事によって混乱してしまうこともないではないが、そういうときも計画があれば修正はそれだけやりやすくなると考えている。
 さてイネ刈りは金曜と土曜に決めたが、干し場の関係でおおむね半分程度を刈ることになる。予定では1号と3号を今週、2号と4号を来週としているが、生育状態と田んぼの状態をチェックして最終的に判断する。今のところ台風10号が発生しているが、影響については現時点では不明。週末の予報次第では半分といわずできるだけ刈っておこうといった状況が今後の台風などの動向によっては考えられるところだ。
 実際の作業だが、まず畔際や東西両端部を手で刈って、バインダーの移動を容易にしておくことから始める。1号から着手するつもりだが、刈ったイネはネットフェンスに干して行く。1号田んぼ分は干せるはずだ。終了後、1号田んぼにオダを設置する。先日切ってきた竹で22mのオダが3本できるはずだ。これは、無理すれば2号と3号を干せる程度の長さだと考えているので、最大限1~3号のイネも刈って干せる。そこまでいけば残りは4号田んぼ(約800㎡)だけになる。乾燥機もあることだから、台風や天気の状況次第では4号まで刈ってしまうことも考えに入れてあるが、はてさてバインダーでどのくらい作業がはかどるかは去年のデータでもひっくり返さないとちょっとわからない。
 大詰めになってきた。結局昨日は稲刈りまでできなかったが、一体全体今年のコメの出来はどうなんだろう。去年は、量的には相当貧弱だったけれど、その代わりうまかった。今年は、去年から堆肥やワラをまき、薬も化成肥料にも頼らずじっくり育ててきたが、もうすぐ結果がわかる。

comment

Secret

No title

台風が気になりますね。今までが何も無くただ暑い毎日でしたから心配になりますね。もしも今のような暑さでしたら刈り取った稲は放置せずに直ちに竿に掛けたほうが胴割れを防げます。
田んぼが乾いて機体が沈まなければ一日で全部刈れると思います。台風がこちらに来ませんように、、、

No title

>田んぼが乾いて機体が沈まなければ一日で全部刈れると思います。

順調にいけばけっこう早いんですね
刈った稲の束を干す手間もけっこう大変です。
去年は運搬車が大活躍しました
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード