月夜のイネ刈り

 20時半頃見回りに外に出た。ロケット花火を何発か田圃の向こうに飛ばしたら、どうも様子がおかしい。イネの向こう側なのでよく見えないが、うなり声のようなものと波板に何かがぶつかる音が何度かした。どうやらケモノが入っていたんじゃないかと思われた。
 すぐに家に戻って、「やるぞー」と宣言。カミサンはあきれ顔だったが、渋々蒲を片手に4号へ、私はバインダーを押して4号へ。乾いている、荒らされていない方から刈り始める。頭につけたLEDの明かりが頼りだが、時折イネのラインを外すこともある、やはり昼間とは違う。残り(400㎡)の6割ほど刈ると、田んぼはぬかるみイネは倒されるという悪条件になり、そこでバインダーで刈ることはあきらめた。
 明日は雨になるが、乾かないうちに降る雨はまだいいらしい。乾いてからぬれると芽が出るよ、と隣のおばあちゃんに教わった。刈ったイネはちょうど3号と4号の間のハザに納まった。残りは日曜にでも手で刈るが荒れていてかなり厳しいようだ。

comment

Secret

No title

獣が悪さをするのを察知して夜の稲刈りでしたか
ご苦労様。やられてがっかりするよりいいですよね

No title

夜の作業ご苦労様でした。 夜間は基本的には稲刈りはしませんのでキビシイ作業でしたでしょう。 これだけ厳重に囲っても動物に入られるとすれば柵も限界でしょうか? 厳しいですね、、

Re: No title

> 獣が悪さをするのを察知して夜の稲刈りでしたか
BLOG記事に書きますけど
滑り込みセーフという感じでした。

Re: No title

>柵も限界でしょうか? 厳しいですね、、

どこから入ったんでしょうね
電気柵が死んでいた可能性があります
まだチェックしていません
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード