今年の米の出来具合を振り返る

 当農場では、古代米(黒米・モチ米)とうるち米(コシヒカリ)を作っているが、気をつけていてもどうしても混ざってしまう。うるち米に黒米が混ざった場合には、精米することで目立たなくなるし、うちの黒米はモチ米だから食感としてはプラスだと思うので辛抱していただいているが、基本的に精米をしない黒米に白米が混ざっているのは何とかしないといけない。割合としては大したことはないのだが、非常に目立つのである。写真は、白米などを取る作業のために皿に入れたところ。
 
コメの仕分け
 
 しかし、じっくり見るとうるち米だけではなく、白変した(らしい、乳白米というヤツか)黒米や割れ米なども混じっている。白米ではなかなか気づかないけれど、こうやって黒米の中から探すと目立つのである。世の中では一等米が少なく出来が悪いといわれているようだが、うちの米も夏の異常な暑さの影響などで苦労したのかもしれない。ちょっと調べたところでは、投熟期(当農場においては8月頃だった)の異常高温と胴割れ米の割合には相関関係があるようだ。ただ、天日干しの具合や機械(特に籾摺り機)の調整などの可能性もあり、あらためて研究してみることにした。
 混入については一度簡単に書いたことがあるが、一番あやしいのはハーベスターである。籾摺り機や選米機では、掃除をすればそれほどひどくは混じらないようだ。ハーベスターを掃除したかというと、実はしなかったのだが。そろそろハーベスターも掃除して納屋の奥にしまう時期なので、じっくり構造をみてみることにしよう。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード