来年のコメ・ロードマップ(続き)

 ゆるりゆるりと来年の米作りのことを継続的に考えている。前にちょっと触れたように、岩澤信夫さんの「冬季湛水・不耕起移植栽培」に共感を覚えて資料を読み漁っているところだが、千葉県が調査した在来の稚苗移植栽培との比較を行ったレポートなども出てきた。収量や肥料・農薬の量、生き物の数や費用の比較などがあって、興味深いところである。不耕起の方は米ぬか+α、農薬ゼロとシンプルなのに対し、在来の農法では肥料・農薬とも色々である。ラジコンヘリによる空中散布も当然含まれている。結果として、虫や生き物の数には大きな差がある。不耕起の方は、生育や樹勢が旺盛な割には登熟不良も多く精玄米重量は変わらない、という書き方をしているが、化成肥料や農薬なしでも同じだけ穫れるということは凄いと受け止めている。苗作りに時間がかかったり、草が出てきそうな懸念はこのデータからも推測できるが、やはり虫や生き物が棲める田んぼでコメを作ることのメリットや意味を考えると、努力のしがいがありそうだと受け止めてみたい。

 今日も現地では、弱いが雨は降っているらしい。絶対に涸れない水源があるため冬季湛水が可能ということはとても幸運なことだし、米で生計を立てているわけでもないということもあるから、やってみるしかないだろうと考えている。ただ、湛水は1号と4号の2枚だから、来年は2号3号を今年のやり方で行い、両方やってみて見比べるということになる。再来年のことは1年後に考えることにしよう。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード