子供の頃に戻れる場所

 前にも書いたことがあるが、農場の400m位手前に平成13年頃に廃校になった分校(町立老川小学校会所分校)がある。終戦後の開拓時代(昭和22年)に開校となったらしいから、このあたりの2代目以降の人たちはみんなここに通ったのだが、廃校時に壊さずに地域の人たちみんなで使っていこうということになったらしい。そこで、樅の木庵という蕎麦打ち教室兼蕎麦屋ができあがり、地元の有志たちの手で運営されている。週末の二日で農業を何とかやっている我々は、年中昼休みも慌ただしい状態で、残念ながら2回しかいったことがないし、そこのお手伝いも出来ていない。

分校の廊下

 甥っ子の写真を見ていたら、弟たちが行ったときのものがあった。ご覧のように廃校になったときのままになっている。10年近く経っているから、壁に貼ってある絵や作文の作者はもう成人になっているはずだが、代が替わっても新しい担い手になって、続けて欲しいと思う。
 写真をよく見て欲しい。こぢんまりしているし、都会の学校とはちょっと違うかも知れないけれど、新宿区立の真新しい小学校にしょうわ29年に入学した私の場合でも無性に懐かしい気分に包まれた。「ろうかはしずかにあるきましょう」なんて書いてあっても、小走りに走りたくなる。

分校の教室

 しかし、12月だけなぜ12日ではなく20日なんだろう。間違えたのか、それとも終業式の日にしたのか、わからない。書いた人に聞いてみたいところだ。

comment

Secret

No title

大多喜は分校が3ヶ所ありましたがどこも廃校になりました。
そのなかでも会所分校が一番活用されまた当時の面影があると思います。 今後も皆さんに愛されますように、、、

No title

会所の人たちは団結力がありますね
でも、我々も仲間に入れてもらっています
ありがたいことです
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード