写真で見る今年の米作り

GWの田んぼ

 GWはこんな状態だった。去年は、最初だったし基本は手植えだったから、GWには一部植え始めていたが、今年は田植機を使うことにしていたし、この段階では代掻きなどをやっていた。田植えは5月の中頃だった。2年目だったから、基本的なところは問題ないとわかっていたはずだが、それでも何かと心配。均平作業や沢水関係の整備、あと苗の準備などに追われていた時期だ。
 
7月の田んぼ
 
 7月になるとイネもだいぶ育っている。普通の田んぼではビッチリ植えているから水面はあまり見えないようだが、私の田んぼは疎植なので隙間が水路のように見えている。3号は最後までほとんど草が生えなかった。冬の間菜っ葉を植えており、春になってその残渣をすき込んだからだろうか、田植えの直後に撒いた米ぬかがよかったのだろうか。まあ、その両方だろう。画面の左側手前では冬の間にボカシを作っていた。そのあとのイネはかなり立派、冷たい沢水が入ってくる右手前と、すでにずいぶん差がついている。全て左手前のように育っていたら、10俵/反くらいはいったと思う。倒伏はしていなかったが、味がどうだったかは紛れてしまってわからない。
 
8月の田んぼ
 
 8月の中頃の写真だから、出穂後1週間が経過した頃だ。7月の写真とは角度が違うが、イネは分けつして広がっているから、水は見えなくなりつつある。この時期になると、草が生えていても中には入りづらい。イネの間を歩くと、根を切っているような感覚を足の裏に感じる。苗の時は、大きく育つか分けつするかと心配し、大きくなると穂が出るかが心配となり、穂が出ると、中に米がちゃんと出来るかを心配する。しかし、米のDNAは大したもんだ。ろくに世話しなくてもちゃんと米を作る。心配しなくても任せておけばいいようだ。
 
さあイネ刈り
 
 ようやくイネ刈りの時がきた。元気に育ったのか、それとも籾が少ないのかわからないが、それぞれのイネは倒れることもなくきれいなアーチを作っている。他の田んぼよりちょっと遅めのうちの田んぼで稔りの時期が来ると、他はすでに稲刈りは終わっており、イノシシを警戒する時期に入る。今年は稲刈りの終盤に気配を察し、夜の9時頃から稲刈りを始めたりしたのだが、結果的にこれは正解だったようで、水が引かなくてバインダーを入れられなかった200㎡程度は、その夜にむちゃくちゃに荒らされてしまった。しかし、その程度で済んでよかったかも知れない。ご近所では、もっとひどい被害もあったらしい。ということで、今年のイネ刈りを駆け足で振り返った。いずれの写真も、私の記録写真ではなくカメラマンの甥のものを使わせてもらった。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード