燻炭作り

燻炭作り

 軽トラでまとめて運んできた今年は、燻炭を一度に大量に作ることにした。去年だと、1回にモミガラ5袋分を処理していたが、今回は作り始めの時でその倍くらい、最終的には4倍くらいの量を作ったことになる。昨日の場合は夕方から火をつけたため、火の盛りは夜になってからになった。隣に積んであったほぼ同量のモミガラを、勢いのありそうな所に積み増して眠りについた。今朝は5時頃に起きて様子を見に行ったところ、ほとんど真っ黒になり全体から煙が上がっていた。まだ朝早くて真っ暗だし、ホースを引っ張ってきて水をかけるのも面倒だったので、隣のモミガラをほとんど追加しておいた。

燻炭作り.2jpg

 結局、昼頃になって完成となったが、何度水をかけても火が消えない。奥の方でくすぶっていて、時間が経つと煙が吹き出す。そんなやりとりを午後ずっとやっていた。燻炭の山があまりにも大きいため、水をかけても奥の火まで届かず、火の勢いが盛り返すらしい。夕方からやってきた弟二人に手伝ってもらい、3人がかりで何とか消し止めた。ホース水まき係+レーキで掘り返す係+ライトで照らす係である。火の消し方を考える必要がありそうだ。

comment

Secret

No title

燻炭作り頑張っていますね。 一度に多く作れば楽ですが、、、
出来たところから分離してみるとか、、、程度の問題でしょうか、
畑や田んぼも相当な量が必要だと思われます。
やり直しはいくらでも出来ますので頑張って下さい。

Re: No title

> 燻炭作り頑張っていますね。 一度に多く作れば楽ですが、、、

他の仕事もあるので、週1回くらいしかいけないと思います
冬中やれば、それなりに効果が期待できるでしょう

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード