オジサン探検隊

 昨日のことをもう少し書いてみよう。友人を連れて水源地にも行ってみた。ムカゴ播き以外は大した仕事もなかったので、水がわき出るところまで案内していったのである。実は、私自身もそこまで踏み込むのは2回目だった。周りを高くなった斜面に囲まれたすり鉢状の地面から湧き出る水は、意外に少ない。特定の場所というよりは、そのあたり一帯からにじみ出し、そしてうちの取水堰のほうに流れているらしい。
 
箱ワナ
 
 昨日はさらに崖を登ってみた。私も踏み入れるのは初めてだ。ちょっと平らになったところには箱ワナが置いてあった。柵は落ちているが中には何も入っていない。仕掛けた人の名前も表示していないし、どうやら使われていないようだ。大きさは中型で、シカやイノシシの成獣にはちょっと小さいかも。それに錆びていて、大きなイノシシだと壊して逃げてしまいそうだ。
 
自然薯のあと
 
 そこからちょっと離れたところに土を掘り返した跡があった。使われていないらしい畑とこちら側を遮断するネットフェンスの手前、イノシシでも掘ったんだろうかと思い近づくと、直径30㎝位の穴、深さは1mにもなるだろうか、かなり深い。ああ、これは自然薯を掘った後だと気付いた。ほぼ平らなところなので穴は垂直に掘られている。これだけ深く掘るのは容易ではない。周りを調べてみると蔓とイモの上部が見つかった。蔓は意外と細かったが、葉も一枚ついていて、今後の参考になる。
 
自然薯残留物
 
 あとでいろいろ調べたが、掘った穴は埋め戻すのが常識というかマナーらしい。イモの上端も埋めておけばまたイモに育つということである。私としては自然薯掘りの実態を見ることができたし、イモの上端も持ち帰ってうちの山に埋めることができたから、とてもありがたかった。しかし、ちょっとした失敗も発見した。水源地見学の前にムカゴを埋めたのは、基本的にスギ林の中だったが、自然薯は光を好むそうだから、ちょっと薄暗い林の中は適当ではなかった可能性がある。またムカゴを手に入れて再トライしてみるか。
 

comment

Secret

No title

昔オリエンテーリングをやっていた時の事を思い出すと、針葉樹の林には自然薯の穴はありませんでした。
確かに広葉樹林の中にはありました。
結構傾斜のある所でも穴があったような気がします。
結構掘りっぱなしの人もいましたが、非常に危ないですね。
こどもだったらはまって出られなくなりそうです。

No title

そうだね
うちの山の杉林と雑木林の両方にムカゴを埋めたが、
土の様子は大違いだった。
針葉樹の方は、土も硬く土の中も根っこなどが張っていて
掘るのが大変という感じだった。
雑木林の方は、土も全体的に軟らかいし、何より落ち葉が布団のように
なっており、こりゃあ雑木林の方が向いていると思った。
何年か経つと大きな違いになりそうだ。

No title

お天気が良ければ山歩きは楽しいですね、蛭もそろそろ出にくくなるでしょう。 
子供の頃は近所の山に行きましたが当時はトラバサミが仕掛けてあったり(警告なし)かなり危なかったと思います。
たまに狩猟での事故もありますので猟区の場合は目立つ服装や音を出すようにして行きたいですね。

弓木周辺に数十匹の集団でお猿さんが出てきて農作物を荒らすようです。会所に行きませんように、、、
日本最後の紅葉を楽しみにそのうち見に行きたいと思います。

Re: No title

> たまに狩猟での事故もありますので猟区の場合は目立つ服装や音を出すようにして行きたいですね。
>
先週末は、周りの山から銃声が聞こえました。
気を付けようと思っています。

サルは今のところやってきませんね。
もっとも、夏が長かったので野菜がちゃんと育っていませんが。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード