図書館探検記

県立施設

 「農業者の休日は図書館だ」ということで、紅葉坂(横浜野毛)に出かけていった。三十数年前、当時1年ほど会社から国内留学をしていたが、その頃に一応勉強のために通ったことがあったが、それ以来である。周辺にはマンションなどが林立し、すぐしたの紅葉坂住宅は大規模集合住宅として建替中だが、図書館や隣の県立音楽堂はおそらく昔のまま残っていた。

MM21方面

 例によって静かな館内に入り、利用案内片手にとりあえずそれほど多くはない公開書架を見て回る。続いてPCで検索してみると、どうやら書庫に入っている本はかなりあるようだ。また、農業を含む自然科学書は県立川崎図書館に多いらしいことも判明した。読みたいと思ったものの多くは川崎にあるとでていたからだ。
 いくつか公開書架から取り出して手に持ちながら利用手引きをみたら、返却は県立図書館2個所か、横浜駅付近にある生涯学習センターに持ち込む必要があると判明。今日は独立した祝日だから横浜にいるが、返却する1ヶ月後はそうはいかない。これならインターネットで予約して、近くの市立図書館に送ってもらう方が良さそうだと帰ることにした。

奉行所跡

 家に帰って、さっそく横浜市立図書館のHPで検索してみると、メモしてきた本が引っかからない。どうも県立と市立は別系統らしい。横断検索も出来ると書いてあるが、今のところはうまくいっていない。結局、19時までやっている生涯学習センターで図書館の利用登録を行い、その後インターネット検索で予約し、届いたらセンターに取りに行くという手段しかなさそうだ。ただ、このルートではCDやDVDを借りたり返したりは出来ないようである。まあ、そのくらいはあきらめよう。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード