怪しい研究(赤外線投光器編)

 先日購入した赤外線撮影が可能なデジカメについては、初期のモノ珍しさの期間は過ぎ去り、逆にこんなものをっ持ち歩いていてもあらぬ疑いをかけられかねないことから、懸賞で当たった普通のデジカメに戻すことにしている。
 今後は現地に置いて、野生動物の観察用として使うのだが、デジカメについている赤外線LEDの光は数m程度しか届かず、ものの用には明らかに足りない。たとえば、フクロウの巣箱は100m先、イノシシやシカ・ウサギが闊歩する田んぼは、30~80m位先である。一応検討した結果では、秋葉原の秋月電子通商という有名店(アッチではない普通の電子部品)に行って、LED素子をいっぱい購入し、電子基板に取り付ける。それとシートレンズ(フレネルレンズともいう)を組み合わせて光束を絞ればかなり遠くまで届くのではないかと考えている。
 これがうまくいけば、WEBカメラとして使うことも検討していくことにしよう。
 
 

tag : 害獣対策 赤外線カメラ

comment

Secret

No title

出来たらすごい、売り出しませんか?
うちのたんぼにもつけて家から監視したいものです

No title

ライブカメラは経験があるんですが、
夜中の動物となると結構ハードルは高いと思います。
まあ、徐々にやってみることにします。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード