竹藪退治

 退治といってもなくすつもりはないが、入植して2年で一層竹の数が増え、田んぼの方にも侵出してきた感じである。うかうかしている訳にはいかないと思う。そんなこともあって2週続けて竹を切って一部は焼却した。去年も一昨年もちょっとは伐採しているが、タケの処理についてはようやく少し様子が解ってきたようだ。
 この間からヒノキや雑木を切る作業もやっていたから、それに比べれば楽というところかもしれない。竹は軽いものなので、他の竹に掛かったときなど、異常事態からの回復も楽である。伐ったものの移動も当然楽なものだ(いくらかだけれど)。鋸も竹挽用の刃とすれば楽に切れる。相当太い孟宗竹でも20秒も掛からないほどである。

竹やぶ

 今回は川原で(ほとんどその場で)燃やしたから「楽」などといっていられるが、実は竹藪から家の周辺までは上の写真のような崖になっている。高さはちゃんと測ったことはないけれど、20mを超えているんじゃないかと思う。カミサンは、今度山ウド用の竹を一輪車で運ぼう、などと気楽にいっていたが、とても無理だと思う。そんなとき下にいれば、竹や一輪車が上から降ってくるに違いない。運搬車を通せればいいんだが、写真の一番上左側の降り口のあたりが狭いため、現状では無理と思われる。川原を150m位下ると林道のような新設道路があり、そこまで運べば大回りで家の方に運べそうだが、700~800m程度は大回りを強いられるため、あまり現実的ではない。という具合で、燃さないでちゃんと竹を活用しようと考えると、障壁は結構高いのである。

tag : 竹藪 山仕事

comment

Secret

No title

確かにここから運ぶのは大変ですね。 人力だけですと、、、
やはり現場で煮炊き炭焼きお風呂でしょうか、、これだけの燃料は使わないともったいないですね。

No title

>やはり現場で煮炊き炭焼きお風呂でしょうか、、
>これだけの燃料は使わないともったいないですね。

なんだか薄暗く、楽しい空間でもないので
竹炭造りぐらいですかね、ここでできるのは。
しかし、
竹炭は作ってもあまりさばけそうにもありませんね。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード