満腹の小銭入れと不審な中身

 大昔は小銭はズボンのポケットにジャラジャラと入れて歩く習慣だったが、ポケットの中の小ポケットがぼろぼろになったり、ポケット自体が破れて中身が裾から落下するなどのトラブルが頻発したため、いつからか貰いものの小銭入れを使い始めた。控えめなマークから「ロエベ」と思われるが、興味も縁もないブランド物で唯一身に着けているものがこれである。

小銭入れ

 以前は色々便利に使わせてもらっていた小銭入れだが、最近出番が減ってきた。それはお財布携帯を使うことが増えたからである。細かい金のやり取りも年齢とともに面倒になてきたことが拍車をかけている。スイカが使えない場合は、同じ理由で小銭入れから拾わずに札を出して釣りをもらうことの方が圧倒的に多い。自動販売機で買うときは、向かって歩きながら小銭を取出し、12枚の10円玉で缶コーヒーを買ったりすることもあるが、小銭入れは常時満腹状態である。ご覧のようにオジサンのおなかのようにプックラと膨らんでいる。
 先ほど久しぶりに中身をチェックしたところ、見慣れない硬貨が出てきた。6枚あった五百円玉の一つが、他と全く違うギザの形状を持っていたのである。見てみると、
 
ブラジル1
 
ブラジル2
 
 一応五百円と日本国という文字が見える。インターネットで調べてみると、どうやらブラジル移民百年を記念した硬貨で、2008年に発行となったもののようである。昔はそんなものが出るというと大騒ぎだった気もするが、そんな時代じゃなくなったということだろうか。まあ何らかのご縁なので、間違えて使わぬよう目印をつけて小銭入れに戻した。

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード