納屋の中の昔(5)筒仕掛け

 子供の頃の夏休みというと、決まって兵庫県の真ん中あたりにある田舎に行ったものだった。中学から高校生だった叔父が遊び相手になってくれ、いろいろな田舎の遊びを経験したが、その一つにつけ針というものがあった。ハエ縄漁のようなものだが、昼の間に捕ったミミズを長い糸についている枝バリにつけ、暗くなってから川の縁や田圃の間の用水につけておき、翌朝回収しに行くのである。獲物としては、ウナギやナマズ、ギギというナマズに似た魚などがとれたが、それを食べたかどうかは覚えていない。

筒仕掛け


 そのときの道具の一つに、小型の筒仕掛けもあった。叔父がミミズをつぶして入り口の竹に塗り付けているのをみていた記憶がある。私も釣りはやったが、水奉行は私より長く深くやっていたから、今度こんなものも持ち出して横の川でウナギでもねらうことにしよう。まあ、こちらが山蛭にねらわれる方の確率が高そうだが。

 昨日あらためて川に降りてみたが、ウナギがいそうには思えなかった。水奉行は、堰を作れば魚が寄るということで頑張っていたが、どうだろう。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

泥鰌筌

それはどじょう‐せん【泥鰌筌】といって、ドジョウを捕るための物みたい。
秋に田んぼの水抜く前に中のドジョウ採るために使われていたらしい。ちゃんと水田出来れば活躍する可能性ある

re:泥鰌筌

なるほど、ウナギじゃないのか。
ドジョウよりはウナギがいいんだが。

ところで、うちの田んぼは
草を枯らすときと穂がでてから以外は基本的には通し水で
常時は湛水しないんだぞ。
ドジョウはえら呼吸じゃないから生き延びるかもしれないが
何か工夫が要るね。
田んぼごとに水がいつも溜まっている退避穴を作るとか。

ウナギじゃなくともドジョウ鍋でも文句はない。
ドジョウの蒲焼きにも挑戦してみるか。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード